お墓の管理費の相場や払い方、滞納した時にどうなるかなどを解説!

お墓にはいろいろと費用がかかってきます。その中でも長期的に発生するのがお墓の管理費で、長期的であるだけにその相場や支払いについては誰もが気になる話題ではないでしょうか。今回は、お墓の管理費について、その相場や支払い方、そして滞納した場合の対処法を見ていきます。

目次

  1. お墓の管理費の相場はどれくらい?
  2. お墓の管理費の相場
  3. お墓の管理費は誰が払うの?
  4. お墓の管理費はどうやって払う?
  5. 管理費を滞納するとお墓はどうなるの?
  6. お墓の管理費が払えない場合
  7. お墓の管理費まとめ

お墓の管理費の相場はどれくらい?

お墓

終活の一環でお墓のことを検討している方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そして、お墓のことを考えるうえでどうしても避けられない課題がお金の問題です。

お墓にかかる費用は非常に高く、土地使用料(永代使用料)や墓石代、墓石を設置するための工事費用、そして管理費が発生します。
管理費以外の費用については、お墓を建てる時に支払うだけで済みますが、管理費だけはそうもいきません。

お墓を使用し続ける限り、管理費を墓地を管理する寺院や霊園に支払い続けることになります

このため、長期的に考えて管理費のことをよく知っておくことは非常に大切なことです。
そこで今回は、お墓の管理費についてその相場や支払いの方法、そして滞納の危機に直面した時の対処法などを見ていきましょう。

今回の記事では特に、

  • お墓の管理費の相場はどのくらいか?
  • お墓の管理費は誰が払うものか?
  • お墓の管理費の支払いはどうやっていくか?
  • 管理費を滞納するとどういうことになるか?
  • お墓の管理費を払えなくなった場合はどうすればよいか?

の各ポイントを中心に記事の内容を進めていきます。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容について解説しています。
お墓の費用について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

実際に、全国の霊園を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

お墓の管理費の相場

お金

お墓の管理費といえば、やはりいくら発生してくるものかはお墓のことを考えるうえでは誰にとっても気になることでしょう。

そこでここでは管理費の相場について経営母体別に見ていきます。
あわせて、支払われた管理費が墓地でどのような用途で使われているかについてもふれてみましょう。

管理費の相場(経営母体別)

お墓の管理費は実は経営母体によって大きく異なってきます
特に都道府県や市区町村といった地方自治体の場合は、公的事業の一環として霊園を経営しており、その運営には住民が納めた税金が投入されている分、安めの傾向にあります。

以下の項目で管理費の相場についてより詳細に見ていきましょう。

公営霊園

墓地や霊園の中でも地方自治体によって管理されているのが公営霊園です。
その運営も先ほど少し触れたようにその都道府県や市区町村に住む住民が納めた税金を元手に行われています。

このため、墓地の管理費も民営霊園や寺院の墓地に比べると比較的安く設定されています
全国的な相場では年額4000円から1万円となっており、非常に安心できる価格といえます。

この料金は非常に魅力的ですが、法要や供養の際に発生する料金はここに含まれていないため、別途自分持ちで手配し支払う必要があります。

このほか、公営霊園内の施設の利用はそのままできますが、そこでの法要や会食の準備も利用者自身で行わなければいけません。
言い換えれば、利用するための施設や最低限の管理はやってくれますが、それ以上のことは自分たちで準備してやってほしい、ということになります。

民営霊園

石材店など民間企業が管理・運営するのが民営霊園です。
公営霊園ほどではありませんが、都道府県によって中長期的に霊園経営をやっていけるほどの経済的地盤を持っていると認められているため、よほどのことがない限りつぶれない強みを持っています

さて、民営霊園の場合は公営霊園に比べると管理費はやや高めになり、その平均的な相場は年額で5千円から1万4千円です。

公営霊園に比べてこれほどばらつきがあるのは、民営霊園の管理にあたるアルバイトの人たちの時給に地域差があって、それによっても管理費も大きく異なることが理由として挙げられます。

ちなみに民営霊園の場合は管理費は少し高めですが、そのぶん故人に対する通常の埋葬や供養、回忌供養などを楽に手配することができます
この点は、管理費が安く設定されている一方で、供養や法要などをすべて自前で手配しなければいけない公営霊園に比べると手厚いサービスといえます。

寺院の墓地

寺院の持つ墓地の場合は、管理費は大きく分けて護持会費行事参加費とに分けられます。
寺院にお墓を持つ場合、あらかじめその寺院の檀家(寺院を財政的に支える、いわばその寺院のスポンサーのこと)になることが前提とされています。
護持会費はいわば檀家としての年会費の意味合いもあり、その相場はおおよそ1万円前後です。

寺院墓地の護持会費は寺院によってあまり変動しにくい傾向にあります
これは檀家1人1人が寺院を支えているという意識があるためといわれています。

行事参加費の方は、寺院で毎年1、2回開かれる恒例行事への参加費です。
寺院で開かれる行事は具体的には夏場の盂蘭盆会や、春や秋のお彼岸の時期に開かれる彼岸会、さらに浄土真宗の報恩講(開祖親鸞聖人の命日法要のこと)などを指します。

行事参加費の相場は1回につき1万円から3万円とされておりますが、これはお墓にある塔婆立て(卒塔婆を建てるために置かれているもの)の数によって変動することが多いです。

ここまで見てくると全体的に管理費が高くつくということで敬遠しそうになりますが、管理費が高そうに見えるぶん、供養や法要を手厚く行ってもらえるというメリットがあります。
しかも、日頃お世話になっている寺院の本堂だけでなく、自宅近くの葬儀場に来てもらって法要等をしてもらうということも可能です(後者の場合はお車代も忘れないことが大切です)。

さらに、葬儀や供養、法要のことについて費用面も含めて丸ごと寺院の住職に相談に乗ってもらえるということもできます。
このように寺院墓地の管理費は高い分、公営霊園や民営霊園の場合とは異なり、寺院との深くかつ手厚い付き合いを持つことができるのが強みです。

管理費はどのように使われているの?

お墓の管理費ですが、その内訳や支払われた後の使われ方はどうなっているのでしょうか?

実はこれは霊園や墓地の種別により若干異なってきます

公営霊園

まず、公営霊園の場合は基本的に墓地全体の清掃やトイレの清掃にかかるお金や、水道使用料や電気料金といったライフラインに対するお金という形で使われます。

ただし、お墓1つ1つの掃除に必要な掃除用具までは用意されておらず、あくまでも墓地の全体的かつ最低限のメンテナンスのために使われる傾向にあります。
ただ、そのおかげで年間管理費が安く抑えられています。

民営霊園

民営霊園は公営霊園に比べるとやや管理費が高い傾向にあることは先ほど触れました。
ただし、公営霊園に比べると墓地全体の掃除や水道使用料、電気料金などに加えて、供養や法要のための施設や休憩所、そして送迎バスの運行といった設備が整っているため、これらの維持にも管理費が使われています。

寺院墓地

寺院墓地の場合は、墓地全体のメンテナンスや掃除、そしてそれぞれのお墓の掃除に使う道具(ほうきや手桶、柄杓など)の手入れ、水道使用料、電気料金に使われます。
このため、利用者は自宅から掃除用具を持ってこなくても、墓地で掃除用具と水を借りて掃除することができるというわけです。

お墓の管理費は誰が払うの?

お金

お墓の管理費の内容についてここまで見てきましたが、それでは実際には誰が管理費を払うことになるのでしょうか?

ここではお墓の管理費を払う担い手について見ていきましょう。

事前に指定された承継者が払う

基本的にはそのお墓の承継者、つまり跡継ぎの方が管理費を払っていくことになります。

実はお墓は相続財産(いわゆる遺産)に含まれないため、あらかじめ承継者を指定しておく必要があります
つまり、指定された人が承継者としてそのお墓を守るための費用である管理費を出していく義務が発生するのです。

さて承継者の決め方ですが、その方法は特に問われることはなく、事前に口頭や簡単な手紙という方法で指定することもできます。

が、もし亡くなった後に何らかのトラブルが起こるのを未然に防ぐのであれば正式な遺言書を残しておくという方法が無難です。
遺言書の作成については弁護士や公証人の力を借りるとよいでしょう。

なお、承継者が決まったら役所に行って墓地使用者の名義変更のための届け出とその際の手数料の支払いを忘れないようにしましょう。

承継者がいない場合

近年ではお墓の承継者がいないという問題に悩まされる家庭も少なくありません。
承継者がいない場合は誰がお墓の管理費を負担すればよいのでしょうか?

この場合は縁故者の人たちの中で相談して決めるのが基本です。
しかし、それでも揉めて決まらない場合は家庭裁判所が仲裁に入って最終的な承継者を決めて、承継者に決まった人がお墓の管理費を負担していくことになります。

お墓の管理費はどうやって払う?

お墓

お墓がある限り支払いを続けることになるお墓の管理費ですが、その支払いはどのように行われるのでしょうか?
ここでは、お墓の管理費の支払いがどのような形でなされるのかについて見ていきましょう。

基本的には年払い

基本的には1年に1度、年額で支払います
多くの墓地や霊園では管理費について宣伝する際に年額で表記していますが、これは年払いを前提に宣伝しているものです。

なお、墓地や霊園によっては数年分をまとめて払う場合もあります。

封筒に入れなくてもいい!

管理費の支払いの方法ですが、公営霊園や民営霊園の場合はあらかじめ指定した銀行口座からの引き落としという方法が一般的です。
年払いであれば、年に1度の指定の日に引き落とされることになりますので、期日に間に合うように指定した口座への入金を忘れないようにしましょう。

寺院墓地の場合はお彼岸やお盆といった節目にお寺に直接持っていくか、でなければ檀家の代表やお寺の住職が自宅に集金に行くという形で支払うということになります。
この際、封筒に入れるのが望ましいのですが、その際には「護持会費」という表書きを忘れないようにしましょう。

管理費を滞納するとお墓はどうなるの?

お金

お墓の管理費はお墓を置いている限りは払い続けるものですが、もしも何らかの理由で滞納してしまうとどうなるのでしょうか?

ここではお墓の管理費を滞納した場合に何が起こるかについて見ていきましょう。

管理費を払わないとお墓は撤去される!

最初に結論を書いてしまえば、管理費の滞納が3年続けば、そのお墓は管理者から見て撤去の対象になってしまいます。
ただし、すぐ撤去するわけではなく、まずお墓の使用者や埋葬されている故人の名前を官報に載せたり、墓地内に立札を掲げたりしてお墓の使用者やそれ以外の遺族に1年以内に申し出るように促します

もし1年経っても申し出がなければ、管理者側は法律(墓埋法=墓地および埋葬に関する法律)の規定に基づいてそのお墓を撤去し、中に納骨されている故人の骨を無縁墓に改葬することになります

なお、管理費の滞納の場合に管理者がこのようなことができるのは、お墓の利用者はいわば管理者側の土地を借りてお墓を建てたということになるためです。
わかりやすく言い換えれば賃貸の住宅を借りているのと同じようなものです。

このようなことになる前に管理費はきちんと定期的に支払うようにしましょう。

民法上の時効は10年

ちなみにお墓の管理費について墓地の管理者は民法の債権規定(民法166条、167条)から10年以内請求することができます
これはお墓の管理費も民事債権の1つとして挙げられるためです。

もちろん滞納したままであれば10年にわたってつきまとう問題にもなりかねません。
先ほど、お墓の管理費の滞納が3年以上に渡った場合はお墓の撤去がされるということでしたが、仮にお墓が撤去されても時効が10年であり、その間は管理費の請求が続くということは覚えておくとよいでしょう。

お墓の管理費が払えない場合

お金

管理費が払えなくなれば、最悪の場合お墓が撤去されてしまうという現実はなるべく避けたいですよね。
ここでは、お墓の管理費払えない場合に取れる選択肢を紹介します。

永代供養という選択肢

まず、永代供養という方法があります。
永代供養は基本的には他の故人の遺骨と一緒に専用のお墓に合祀される方法であるため、一度合祀されると管理費が発生しません。

手元供養(自宅供養)という選択肢

永代供養に抵抗を感じる場合は手元供養という選択肢もあります。
自宅に故人の遺骨を保管することで、お墓を持つことなく自分自身の手で供養していくことができます。
また、故人を身近に感じながら日常を過ごすことも可能です。

お墓の管理費まとめ

お金

お墓の管理費についていろいろな視点から見てきましたが、いかがでしたか?
今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • お墓の管理費の相場は経営母体によって異なる。公営霊園であれば4千円から1万円、民営霊園であれば5千円から1万千円、寺院墓地であれば1万円前後(護持会費のみ)が一般的な相場である。なお、管理費は基本的に墓地や霊園の敷地・施設のメンテナンスに使われる。
  • お墓の管理費を支払うのは基本的にそのお墓の承継者あらかじめ指定された人間である。あらかじめ決まっていない場合は縁故者で相談するか、家庭裁判所が指定することになる。
  • お墓の管理費を滞納した場合、3年以上滞納が続けばお墓は撤去されてしまう。なお、撤去後も支払いがない場合、管理者は民法の規定により最長10年にわたって請求できる。
  • お墓の管理費を支払えない場合は永代供養や手元供養といった管理費を払わなくても故人を供養できる選択肢がある。

お墓の管理費の問題は、お墓を持ち続ける限り子孫の代にわたって付きまとってくる問題です。

終活の一環としてお墓の購入を考えている方、現時点でお墓の購入が必要な方は管理費のことも念頭に入れつつよく考えてお墓を建てるようにしましょう。

終活ねっとでは「お墓の管理料」以外にも、お墓に関する費用について解説した記事が多数掲載されていますので、ぜひそちらもご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・管理費」に関連する記事

「お墓・管理費」についてさらに知りたい方へ

  • 墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!のサムネイル画像

    墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

    墓地・霊園の管理費についてご存知でしょうか。近年では、お墓の管理費について詳しく知らず、突然請求がきて慌てる方も増えています。この記事では、墓地・霊園の管理費の相場やその使い方について詳しく解説していきたいと思います。ぜひ最後までお読みください。

  • お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

    お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

    お墓を建てる費用として、永代使用料や墓石代などの大きな費用に注目しがちですが、お墓が継続する間は永久に管理費を支払わなければなりません。この管理費とはどのようなものなのか解説します。

  • 墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめましたのサムネイル画像

    墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

    墓地・霊園を使用する立場としては、定期的に払っている管理費がどうなっていて、また墓地・霊園の管理もどのように行われているか気になるところではないでしょうか?今回は、墓地・霊園の管理費がどのようなもので、かつ墓地・霊園の管理がどう行われるかをみていきます。

  • お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説のサムネイル画像

    お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説

    お墓の管理料はどのくらいかかるのでしょうか。 お墓を引き継ぐことになったり、お墓を購入しようと思っても、先々の負担がどのくらいなのか、わからず心配だという方も多いと思います。 お墓の管理料はどのくらいかかるのか、滞納したらどうなるか、などについて解説します。

  • お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介しますのサムネイル画像

    お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介します

    お墓は定期的に管理費が必要です。また、お墓がある場所によっても管理費には違いがあります。そこで今回は、一般的にかかるお墓の管理費についてご紹介します。

  • お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

    お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

    お墓の管理費用はなぜ納めないといけないのでしょうか? 管理費用は長期に渡って支払う為、きちんとした理由が気になりますよね。 それでは、納めた管理費用は何に使用されて、その相場はどのくらいなのでしょうか? ここでは、一般的なお墓の管理費用の相場と使い道を解説します。

  • 墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?のサムネイル画像

    墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?

    墓地・霊園のお墓の維持費についてご存知でしょうか。墓地・霊園のお墓の維持費は管理費だけでなく、様々な費用が含まれている場合があります。この記事では、維持費の内訳や、運営先によってどのような違いがあるのかなどについて詳しくご説明します。

  • お墓の維持費・管理費の相場はどのくらい?のサムネイル画像

    お墓の維持費・管理費の相場はどのくらい?

    終活中、お墓について考える時があるのではないでしょうか。お墓には、永代供養料の他に毎年維持費・護持会費がかかる事をご存知ですか?今回は、維持費についてお話ししていきたいと思います。是非、最後までお付き合いください。

  • 墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!のサムネイル画像

    墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!

    お墓を建てる際には様々な費用がかかりますが、その中に必ず支払うこととなる墓地管理料というものがあります。この墓地管理料とはどういった料金で相場はどのくらいのものなのでしょうか。また、もし管理料を滞納してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

  • 墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

    墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

    墓地の管理人は誰がしているのかご存知でしょうか?また、終活でお墓の継承者や管理についてどうしようかと考えている方もいらっしゃると思います。そこで、今回終活ねっとでは墓地の管理人や、墓守の仕事について説明したいと思います。どうぞ最後までご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・管理費」についてさらに知りたい方へ

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!のサムネイル画像

墓地・霊園の管理費について徹底解説!管理費の相場や用途を紹介!

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこうのサムネイル画像

お墓のランニングコスト、管理費について知っておこう

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめましたのサムネイル画像

墓地・霊園の管理について管理費や管理に関わる仕事までまとめました

お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説のサムネイル画像

お墓の管理料ってどれくらいかかるの?滞納・時効などについても解説

お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介しますのサムネイル画像

お墓の管理は大変?管理費の相場について紹介します

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?のサムネイル画像

お墓を管理するために支払う費用はどれくらいが一般的?

墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?のサムネイル画像

墓地・霊園のお墓の維持費はどのくらい?払えなくなったらどうなる?

お墓の維持費・管理費の相場はどのくらい?のサムネイル画像

お墓の維持費・管理費の相場はどのくらい?

墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!のサムネイル画像

墓地管理料の相場や滞納した時の解決方法などを徹底解説!

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!のサムネイル画像

墓地の管理人は誰になる?墓守のするべき仕事とともに解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと