墓石なしのお墓の供養方法について解説します

先祖代々が眠るお墓ですが、最近墓石を持たない「墓石なし」の供養方法が注目を集めています。 墓石なしのお墓とはどのようなものなのでしょうか?墓石を持たない代わりに、どのような供養をするのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

目次

  1. 墓石なしのお墓とは
  2. ご遺骨の埋葬には決まりがある
  3. 墓石なしでも可能な供養方法
  4. お葬式もお墓もいらない、ゼロ死
  5. 墓石なしのお墓の供養方法まとめ

墓石なしのお墓とは

これまで先祖のお墓は子孫が代々継ぎ、守っていくのが一般的でした。
しかし、少子高齢化や核家族化の増加に伴って、お墓の管理ができないという家庭が増えているのです。
1人でいくつものお墓の管理をしなければならないこともあります。
管理の行き届かないお墓は、荒れてしまったり無縁仏になる可能性が出てきます。
そこで最近注目されているのが、墓石なしの供養方法です。
墓石なしの供養方法とは具体的にどのようなものなのか、

  • ご遺骨の埋葬には決まりがある
  • 墓石なしでも可能な供養方法
  • お葬式もお墓もいらない、ゼロ死

の3項目について詳しく見ていきたいと思います。
少子化の影響から、お墓の管理を引き継いでくれる子どもがいない家庭や、遠方に住んでいて定期的な管理が困難な家庭が増えている時代です。

そんな中で、先祖代々のお墓をきちんと管理していくことは難しくなっているようです。
親世代の中にも、子どもにお墓の管理を任せていくことに抵抗があったり、迷惑をかけたくないと考えている人が増えてきています。
これを最後まで読んで、ぜひこれからのお墓のあり方について一度考えてみてくださいね。

ご遺骨の埋葬には決まりがある

お墓

遺骨をどのように埋葬するかについては、法律で定められています。
昭和23年に制定された、「墓地、埋葬等に関する法律」です。
墓埋法(ぼまいほう)や埋葬法と呼ばれることもあります。
宗教的な面や衛生面、公共の福祉などを考え、火葬や納骨、埋葬が滞りなく行われるための法律です。

火葬するには死後24時間以上経過していなければならない(例外もある)、火葬や納骨は定められた場所以外で行うことができないなど様々な内容が記載されています。

また、火葬や埋葬には自治体の許可が必要であることも示されています。
しかし、お墓を建てなければならないという記述は特になく、墓石なしで供養することは十分可能です。

しかし、この法律が定められたのは昭和23年とずいぶん昔のことです。
当時のお墓事情とはずいぶん変わってきているのです。
お墓を建て、子孫に受け継いでもらうのがよいことであるという考えもずいぶん薄くなってきています。
今後、お墓に関する法律もどんどん変化していく可能性も考えられます。

墓石なしでも可能な供養方法

お墓

墓石なしの供養方法と言っても、いくつもの種類があります。
それらの違いやメリット、デメリットについて詳しくご紹介しましょう。

永代供養

墓石なしの供養方法として選択する人が多いのが、この永代供養です。
永代供養とは、何らかの事情でお墓の管理ができなかったり、管理する人がいなくなってしまう場合、お寺が代わりに供養してくれることを言います。
永代供養の場合1人1人の墓石は持たず、他の人と同じ合祀墓に納骨されます。
まれに個人墓を建てる永代供養もありますが、一般的には合祀墓のスタイルです。

墓石代がかからないということもあり、一般的に安価であると言われています。
平均で30万円~50万円くらいでしょうか。
安価であると言えるのか?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、墓石を購入する場合は100万円~200万円が相場とされているので、それに比べるとずいぶん安価であると言えます。

また、基本的に一度料金を払えば後はお寺が責任をもって供養してくれます。
後の追加料金や定期的な法要、お墓参りも必要ありません。
どのような宗教や宗派であっても受け入れてもらえるというのもメリットの1つです。

しかし一度永代供養を行ってしまうと、遺骨を取り出すことができないというデメリットもあります。
先述したように、他の人の遺骨と合祀されてしまうからです。
永代供養を行った後にやっぱり墓石ありのお墓にしたいと思っても、それは不可能なのです。
選ぶ際は慎重に検討したいですね。

納骨堂

納骨堂とは、簡単に言えば建物の中にあるお墓のことです。
しかし、墓石なしのロッカー式や仏壇式などさまざまなタイプが存在します。
寺院や公営、民営により運営されており、今注目を集めています。
室内なので天気を気にせずお参りすることができ、高齢の方でも安心です。
比較的交通の便のよいところにあるのも魅力的です。

また、管理費などの費用が比較的安価な所が多く、もし継いでくれる人がいなくなった場合には永代供養してもらうことも可能です。
こちらも永代供養と同じように宗教や宗派を問わず供養してもらえる所が多いようです。
最近ではインターネット墓参りという方法もあります。
インターネットで納骨堂のホームページにアクセスし、画面に表示された仏壇に向かって手を合わせるのです。
道徳的にどうなのか?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、なかなかお参りできない状況の人にとっては心の支えになっているのではないでしょうか。

納骨堂の場合は永代供養とは違い、契約期間が限られているのが一般的です。
ですから、一度納骨したらそのままにしておいてよいわけではありません。
きちんと契約期間を確認し、延長する場合は更新手続きを行う必要があります。

墓石ありのお墓とは違い、納骨できる人数が限られていることも多いです。
制限以上の人数は納骨できないため、新たに場所を購入する必要も出てきます。

手元供養

手元供養とは文字通り遺骨を手元に置いて供養する方法で、自宅供養とも呼ばれています。
お墓から遠い場所に住んでいたりして、定期的なお墓詣りや管理ができない人に人気のようです。
手元供養の方法は主に2種類あります。

1つ目は、遺骨を全て手元に置いて供養する方法です。
2つ目は一部を従来通りお墓や納骨堂に納骨し、残りを自宅に置いておく方法です。

遺骨を分けることに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、宗教上や法律上は何の問題もないようです。

では、実際に手元供養を選ぶ理由にはどのようなものがあるのでしょうか?
まずはやはり費用がかからないことです。
墓石を必要としないので、その分かなり費用は抑えることができると考えらえます。
小さな骨壷1つを用意すれば、あとはほとんど何の費用もかかりません。

もう1つ大切な理由として、自宅に遺骨を置いておくことで、亡くなった人の側にいるという感覚を持つことができます。
暗いお墓に納骨することよりも、家族の暮らす自宅に置いておきたいと考える人が増えているのです。

また、「亡くなってからも側にいたい」と考える人のために、遺骨を使って作るメモリアルグッズも人気を集めています。
遺骨を入れることができるブレスレットやペンダント、遺骨を使って作った宝石などその種類は様々です。
ずっと身につけていられるアクセサリーなら、いつでも側にいるような気持ちになれますね。
墓石なしの供養方法には、このようなものもあるのです。

散骨

散骨は近年注目されている墓石なしの供養方法です。
遺骨を粉骨し、海や山、空などに撒くのです。
亡くなった人が生前に好きだった場所や思い出の場所を選ぶこともあります。
「墓石を持たず、遺骨は自然に還してほしい」と願う人もいます。

遺骨を粉骨するのには理由があります。
火葬後の遺骨をそのままの形や、遺骨と分かる状態で撒いてしまうと、「遺棄罪」として罪に問われてしまうのです。
散骨する場合は2ミリ以下の粉末状にすることが必要です。

また、私有地や人の生活圏に散骨することは、思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。
現在散骨についての詳しい決まりや法律はありませんが、最低限のマナーや節度を守って行うことが大切ですね。

海外で散骨を行いたいという場合は、その国の法律をよく調べなければなりません。
国や地域によっては環境や景観の問題から、散骨を禁止している所があります。
業者に依頼してもそれほど費用はかからないので、心配ならば業者に任せるというのもよい方法だと思います。

樹木葬

樹木葬とは、墓石なしの代わりに木を墓標とする供養方法です。
遺骨を埋葬してそこに苗を植える方法と、一本の木をシンボルとし、その周辺に遺骨を埋葬する方法があります。
樹木葬は散骨と違って遺骨を埋めるので、「墓地」と決められた場所にしか埋葬できません。
墓石ありの墓地に埋葬するのと同じように、埋葬・火葬の許可証も必要です。

日本での樹木葬の歴史は浅く、樹木葬墓地が初めてできたのは1999年とされています。
自然に還りたい、墓石を持つよりも家族に迷惑をかけない、などが樹木葬を選ぶ主な理由です。
しかし墓地の不足で墓石を建てる土地が購入できなかったり、未婚のまま亡くなる非婚層が増えているなど、現実的な問題が理由にもなっているようです。

お葬式もお墓もいらない、ゼロ死

お墓

「終活」という言葉をメディアで見聞きしたことがある人は多いと思います。
では、ゼロ死という言葉を知っていますか?
ゼロ死は新しい終活の方法であるとして、今注目を集めています。

ゼロ死とは

ゼロ死とは、お葬式もお墓もなし、死後は何も残さないようにするという意味です。
お葬式をしないことを「ゼロ葬」、お墓を建てないことを「ゼロ墓」と言うそうです。
人間1人が亡くなると、葬儀や供養のためにおよそ500万円が必要であると言われています。
しかし、ゼロ死を選択すれば、火葬のみであとは一切費用がかからないというわけです。
火葬のみの「直葬(じかそう)」であれば、10万円程度の費用で済ませることができます。

火葬後の遺骨は粉骨され、自然の中に散骨されます。
業者を通さず個人で行っても法的に問題はありませんが、マナーを守ることは最低限必要です。
何らかの理由で遺族が遺骨を引き取ることができない場合は、火葬場が引き取り、適切に供養してくれるところもあります。
つまり、お墓も遺骨も何も残さず全てをゼロに戻す、というのがゼロ死なのです。

ゼロ死を選択するうえで準備すること

ゼロ死を考える上で必要なことは、まず家族と生前からよく相談しておくことです。
自分はそうしたいと思っていても、「葬儀なし、墓石なしなんてありえない」という考えの方ももちろんいます。
従来通りの供養方法が当然であると考えている人も多くいます。
遺骨を残さないのは寂しいと考える家族もいるでしょう。
遺族側と故人側、どちらも納得できるような方法をきちんと話し合い、決めておく必要があります。

また、自治体の制度も見ておくとよいでしょう。
1人ぐらしのお年寄りの死後をサポートしてくれる制度がある自治体も存在します。
自分が死んだらどのように供養されたいかを本人が自治体に示し、実際に亡くなった後は希望通りに供養してもらえるのです。
このような制度が整っている自治体も増えてきています。

家族がいる人であれば、エンディングノートなどをうまく利用して、自分の意思を伝えておくのもよいですね。
自分が死後どうされたいかを自分で選択できる時代が来ているとも言えるのです。

墓石なしのお墓の供養方法まとめ

人々

いかがでしたか?
ここまで墓石なしの供養方法について見てきました。
この記事の中では、

  • 遺骨の埋葬は法律に従って行わなければならず、墓地以外の場所には埋葬できない。
  • 社会の状況によって、法律も変化していく可能性がある。
  • 墓石なしで行える供養方法には、永代供養、納骨堂、手元供養、散骨、樹木葬などがある。
  • 葬式も墓もいらない「ゼロ死」が注目を集め、死後は何も残さないという考えの人が増えている。

というような、墓石なしの供養方法の現状を見てきました。
現代の人々のお墓に対する考えが変わってきているのです。
人が亡くなれば先祖代々のお墓に入り、そのお墓は子孫が守っていくものであるという従来通りの考えではなく、お墓というもの自体が多様化してきています。
自分で死後のことを選べる選択肢もどんどん増えてきています。

しかしそこには少子高齢化や核家族化、生活の困窮などさまざまな現実的問題があるのも事実です。
お墓を建てても継いでくれる人がいない、お墓を建てて供養してあげられるだけの金銭的余裕がないなどその状況は様々です。
お墓を建てても供養してもらえず、荒れ果てて無縁墓になるくらいなら、墓石なしでよいと考える人もいるのです。
残された家族にお墓のことで負担や迷惑をかけたくないという人もいます。

今後の日本は今よりももっと生き方が多様化していくことが予想されます。
生き方の多様化にともなって、お墓に対する考え方もどんどん変わっていくと言えそうですね。

終活ねっとでは多様化した供養の現状を皆様にお伝えしていきたいと思います。
是非また訪れてください。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・墓石・なし」に関連する記事

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

    もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

    先祖代々のお墓を守ったり、お墓を建ててそのお墓にご遺骨を納骨するという供養方法ではなく、最近では新しいスタイルの供養方法を選ぶ人が増えてきています。ここではお墓の新しいスタイルについて紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!のサムネイル画像

    お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!

    お墓を建てた後は年に何度か定期的にお墓参りしなければいけないと考えている方は非常に多いでしょう。しかし、中にはお墓参りが不要な場合もあります。それでは、お墓参りが不要である場合とは具体的にどういうことなのでしょうか。

  • 永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

    永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

    独身でいることでお墓のことに不安を感じている人もいるのではないでしょうか。 お墓がある人でも承継者がいない、お墓がない人は自分でお墓を建てるのかと不安を感じている人に最適なのが永代供養です。 ここでは、独身の方でも安心な永代供養について解説していきます。

  • お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

    お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

    お墓の継承者がいない、子供に迷惑をかけたくないなどの理由から、お墓を持たない選択をする人が増えています。お墓を持たないことは可能でしょうか。今回はお墓を持たない選択に至る背景と、お墓を持たない場合の供養方法について詳しく解説していきます。

  • お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

    お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

    今、お墓をめぐる様々な問題があふれています。継承者のいないお墓が増加する一方、お墓を持たないことを選ぶ人も少なくありません。少子高齢化や未婚率の上昇、経済の低迷など、目まぐるしい社会の変化と共に表面化してきたお墓が抱える問題についてご紹介します。

  • お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

    お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

    お墓を作らないのは一般的ではないと思われている方も多くいらっしゃいます。しかし実は今、お墓を作らない人たちが増えています。これは現代の様々な問題によってお墓のあり方自体が変わってきていることを表しています。この記事では現代のお墓の在り方について見ていきます。

  • 手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

    手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

    跡継ぎやお墓参りが難しくなり、墓離れが進む現代。手元供養という新しい方法があるのをご存知ですか?今回は手元供養の方法や手順について詳しく解説していきます。お墓の継承に悩んでいる方、新しい供養の方法を検討してみてはいかがでしょうか?

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・墓石・なし」についてさらに知りたい方へ

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!のサムネイル画像

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とはのサムネイル画像

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!のサムネイル画像

お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!のサムネイル画像

手元供養の方法について供養の仕方や手順、注意点を全て解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・墓石・なし」についてさらに知りたい方へ

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!のサムネイル画像

お墓参りが不要でも大丈夫?お墓が不要な人の供養方法も解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと