お墓の魂入れ・開眼供養について、基本事項を全部解説!

お墓といえば親族の人でなくなった人の遺骨を納めるためにありますが、皆さんはお墓がいつからお墓になるかというのはご存知でしょうか?実は魂入れと呼ばれる儀礼を経てはじめてお墓とみなされるようになるのです。今回はお墓の総仕上げである魂入れについて見ていきましょう。

目次

  1. お墓への魂入れについて
  2. そもそも魂入れとは
  3. お墓に魂入れをしないといけないタイミング
  4. 魂入れまでにやらないといけないこと
  5. 魂入れで気を付けないといけないマナー
  6. 浄土真宗の場合
  7. お墓の魂入れまとめ

お墓への魂入れについて

お墓

皆さんもお墓参りしたことが一度はあるはずです。
お盆の時期やお彼岸の時期、または亡くなった親族の一周忌などの節目や家族でお祝い事があった時などの報告など、お墓参りをする機会は割と多いものです。

さて、そのお墓についてですが、お墓がいつからお墓らしくなるかというのはご存知でしょうか?
墓石を建てさえすれば、その時点でお墓らしくなるのではないか、と考える人も多いかと思います。

が、実はお墓がお墓らしくなるためには、お墓に魂入れ(お性根入れ)をする必要があります。

そこで今回の記事では、

  • 魂入れの意味
  • お墓の魂入れをやるべき時はいつか?
  • 魂入れの準備としてやっておくべきこと
  • お墓への魂入れの際に守るべきマナー

などについて見ていきます。

そもそも魂入れとは

お墓

魂入れとは、お墓の中にkoji魂を入れる儀式・法要のことをいいます。
この魂入れを行うことによって、形はお墓であってもあくまで単なる石に過ぎなかった墓石が、はじめてお墓としての役目を果たすようになると考えられています。

また宗派によって魂入れという法要の呼び方は様々です。
後述しますが、例えば浄土真宗では魂入れという言い方はせず、入仏法要と言います。

お墓に魂入れをしないといけないタイミング

お墓

さて、墓石をお墓にするために行う魂入れですが、それを行うにはいくつかのタイミングがあります。
ここでは、お墓への魂入れが必要なタイミングについて見ていきましょう。

新しいお墓を建てたとき

お墓の魂入れで最も多くみられるタイミングが、新規でお墓を建てた際です。

お墓を建てる工事が完了した段階で「お墓ができた」と思われる方が多いのですが、実はこの時点では単なる墓石ができたにすぎません
そこで、最後の仕上げとしてお墓に故人の魂を入れる魂入れを行います。

具体的に言えば、魂入れは四十九日や一周忌などの故人が亡くなった後の節目に合わせて、故人の遺骨の入った骨壺を納骨する際に一緒に執り行うものです(納骨の際には火葬場で印の押された火葬許可証が必要です)。

この魂入れを行うことによって、できたての墓石に故人の魂が入り、初めてその故人のお墓となるのです。

改葬の場合も

魂入れが必要なのは改葬、つまりお墓自体の引っ越しをする場合でもいえることです。
この場合は、お墓の引っ越しの前に魂抜きと呼ばれる儀礼が必要になってきます。

つまり、新しい場所に立てたお墓に移動していただくべく、故人の魂に古いお墓から退出いただくための儀礼で、この際に故人の骨壺も抜き出します。

その後、あらためて新しいお墓にて魂入れを行い、その際に故人の骨壺も納骨します。
これによって、改葬も完了して、故人の魂も新しいお墓にて安らかに眠ることができるようになるのです。

ただし、単にお墓を動かすのではなく、玉砂利や土を入れ替えるといった間接的なリフォームの場合は魂抜きさえしていなければ、魂入れを再度行う必要はありません。

なお、改葬の際には役所の発行する改葬許可証が必要ですので、忘れないようにしましょう。
また、移転前と移転先とで儀礼を執り行うお坊さんで宗派やお経の上げ方等が違うなどする場合は、事前に調整が必要になります。

改葬についてもっと知りたい方は以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

お墓の引っ越し!改葬はどうやってやるのが正解なの?

お墓の引っ越しをして、今住んでいる近くに移動させたいと考えている人もいるのではないでしょうか。ですが、お墓の引っ越しはそれほど簡単にできるものではなく、様々な手続きや費用が必要になります。ここでは、そのお墓の引っ越しについて解説します。

お墓の建て替えをしたときも

お墓の建て替えをした場合でも魂入れは必要になります。
この場合もお墓を一時的に閉じるため、魂抜きが必要です。
魂抜きの後で遺骨の入った骨壺を取り出した後は、工事が完了するまでお世話になっているお寺などに預かってもらいます。

お墓の建て替え工事が終われば、あらためてお墓への魂入れが必要です。
この際に預かってもらっていた骨壺の納骨も行います。

魂入れまでにやらないといけないこと

困った人々

このように新しくお墓を建てた場合や、お墓を新しい場所に移す場合、そしてお墓を建て直した際などに魂入れは必要となってきます。
一方で、魂入れを行う場合、私たちの方でも準備をしておくことがあります。

ここでは、魂入れに先立って私たちがしておくべき準備について見ていきましょう。

寺院への連絡

魂入れを行う際にはお坊さんがいなければ話になりません。
そのため、魂入れの前に必ず寺院への連絡を済ませておきましょう。

ただ、お寺が持っている墓地以外(霊園など)では寺院から遠く離れたところが多いため、お坊さんも遠くからくるというケースも少なくありません。
そのため、お坊さんとの日程調整は早い段階で行うことが大切です。

依頼するお坊さんですが、故人が生前にお世話になっていたというお寺のお坊さんであればそのままその方に依頼すればよいです。
しかし、もしそのような立場のお坊さんがいない場合は、お墓を建てた墓地の管理人の方や、お墓の工事を担当した石材店のつながりでお坊さんを紹介してもらうことになります。

最近ではお坊さん便というサービスもあり、こちらはサービスに登録してあれば全国どこでもお坊さんを派遣してもらえるサービスです。

お布施を準備

せっかく多忙なお坊さんにご足労をかけてきてもらって、魂入れを行うのですから、お布施(謝礼)も用意する必要があります。

なお、お墓を閉じる際の魂抜きでも同程度のお金がかかります。
さらに、改葬の場合は今までお世話になった分、より多くの心づけを差し上げるのが一般的です。

さて、お布施を包むためののし袋ですが、白無地の封筒や奉書紙に包み、紅白の水引を用いるようにしましょう。
お墓が開かれるめでたい記念日であるため、不祝儀袋は使わないようにしてください。
そして、表書きは「お布施」と書くとよいです。

このほか、お墓を建てた場所がお坊さんの寺院から遠い場合は「御車代」が、また魂入れの後でお坊さんが会食に参加できない場合は、代わりに手渡すための「御膳料」が別途必要です。

納骨の際に渡すお布施についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

納骨式で渡すお布施の金額の相場や表書きの書き方を解説!

納骨式とは故人が亡くなってから49日目にお墓に遺骨を納める法要の事を言います。納骨式には僧侶による読経で故人が成仏できるように供養をしますが、その際に渡すお布施の相場やお布施を入れる封筒の選び方、渡し方などを紹介します。

参列者への引き物も

新しくお墓を建てた場合や改葬した場合の魂入れの際には、故人の親族や友人など参列者が参加する場合も少なくありません。

そこで、参列のお礼の意味を込めた手土産(引き物)も用意する必要もあります。
この場合も引き物を包む際に用意するのし紙は紅白の水引のついたものであることが大切です。

お墓へのお供え物

お墓を開く記念すべき魂入れなのですから、お墓にお供えするものも準備しておく必要があります。
具体的には、お供え物を配置するための祭壇や法具を借りたり、お供えするお花やお供え物を手配するというものです。

事前にあわてることがないように、準備に際しては導師となるお坊さんや石材店の方とよく打ち合わせておくようにしましょう。

会食の手配も

魂入れが終わった後、導師を引き受けてくれたお坊さんや参列者の方にお礼をこめて会食に招待するというのも一般的です。

会食のための施設としては霊園や墓地に付属する施設、あるいはホテルや料亭を使っても構いません。
なお、お坊さんの方が会食に参加できない場合は、その代わりに「御膳料」を手渡します。

魂入れで気を付けないといけないマナー

お墓

さて、いよいよ魂入れ当日ともなれば、きちんとしたマナーを守りつつ、気持ち良く魂入れを行って故人の魂がお墓の中で安らかに眠れるようにしたいものです。

ここでは、魂入れの際に守るべきマナーについていろいろと見ていきます。

告知

魂入れを主催する側が参列者に告知する際は、多くの場合は親族などが行ったことのない場所で執り行われます。
そのため、案内状に単に日時や場所を記すだけでなく、会場へのアクセスを明記した地図が添えられていることがマナーです。

さらに、四十九日法要や納骨式も行う場合はその旨もはっきり記しておきましょう。
これは、参列者の方の服装やのし袋の種類にも影響してくるためです。

服装

魂入れの際に着ていくべき服装が気になるという方も少なくないでしょう。

結論から先に書けば、あまり派手さがなければどのようなものでもよいです。
招く側も招かれる側もできるだけ地味な服装にしましょう。

なお、お墓を開く際に四十九日の法要などを行う場合は、喪服を着ていきましょう。

お布施関連

お布施に関するマナーもやはり魂入れの際にはいろいろと考えてしまうことも少なくありません。
ここでは、お布施の表書きや中に包む金額、そしてお布施をお坊さんに渡すタイミングについて見ていきます。

書き方

主催する側の場合は、まずお布施の表書きは「お布施」と書くのが一般的です。
のし袋は紅白の水引のついた祝儀袋(白い奉書紙などに紅白の水引をつけてもよい)を用います。

なお、四十九日の法要や納骨式を行う際は、白黒の水引のついた不祝儀袋(香典用ののし袋)を用意します。
ただし、こちらも表書きは「お布施」です。

一方で参列客として参加する場合は、魂入れの場合のみであれば「開眼御供養」と表書きに書いたのし袋を用意します。
こちらも紅白の水引のついたのし袋であることが大切です。

四十九日の法要や納骨式の場合であれば、黒白の水引のついたのし袋に「御香典」「御仏前」と表書きに書いたものを用意します。

金額

地方にもよりますが、お布施の相場は3万円から10万円の間が一般的です。
もちろん、地域や宗派などにより異なりますので、事前に石材店や、同じ寺院の別の檀家さんなどに相談しておくことをおすすめします。

お坊さんに手渡すタイミング

最後にお布施を手渡すタイミングですが、魂入れの法要に先立ってあいさつをする前がベストです。
逆にお坊さんのお帰りの際に手渡すと、お坊さんの方が次の予定などがあってあわただしい場合があるため、あまりよろしくありません。

なお、お布施を渡す際には直接手で渡すのは失礼に当たります。
どのように渡せばよいかといえば、お布施の入ったのし袋を切手盆、もしくは小さめの盆に載せた状態で、文字がお坊さん側から読める向きで渡すようにします。

もちろんこの際に法要を取り仕切っていただいたことへのお礼の言葉は忘れないようにしましょう。

管理者とのお付き合いについてのマナー

無事に魂入れを済ませた後も、お墓を管理する墓地の管理者と今後いかにしてお墓を守っていくかについて相談する必要があります。

具体的には、お墓の維持費・管理料にまつわることがメインとなります。
檀家になる場合であれば、お祭りや法要の旅にお布施が必要となってくるので、忘れないようにしましょう。

浄土真宗の場合

お墓

ここまで魂入れについての基本的なことやマナーなどについて見てきましたが、単に魂入れといいましても宗派により考え方に違いがみられることもあります。
ここでは、魂入れに関する考え方に特徴がみられる浄土真宗の場合について見ていきましょう。

魂抜きとは言わない?

改葬やお墓の建て替えに先立って必ず行う魂抜き(閉眼供養)というものがあることは先ほども触れたとおりですが、浄土真宗では「魂抜き」という呼称は使いません。

それでは、浄土真宗では魂入れや魂抜きについてどのように呼んでいるのでしょうか?
魂入れについては入仏法要入仏式と呼びます。

一方、魂抜きについては浄土真宗では一切行いません。
そのかわり、これまで仏様がその場にいてくださったことへのお礼のための法要は執り行います。

浄土真宗の考え方

このように浄土真宗では魂入れを「入仏法要」や「入仏式」と呼び、魂抜きについては行わないというスタンスがとられています。
それでは、そこにはどのような考え方があるのでしょうか?

浄土真宗の場合、仏壇や本尊、そしてお墓に魂が宿るという考え方をしません。
あくまでもそこに仏様が存在すると考えるためです。
このため、仏壇にある仏像やお墓そのものにも仏様が存在し、そこで信じる者やお墓に眠る人を守っているとみなすのです。

余談ですが、浄土真宗といえば六字の念仏(南無阿弥陀仏)を唱えることで有名ですが、それは常に自分のすぐそばに仏様の存在を感じてその力にすがろうという信仰によるためといえます。

浄土真宗の納骨事情についてもっと知りたい方は以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

浄土真宗の納骨の方法・場所やお墓の費用相場を解説。

浄土真宗といえば鎌倉時代に親鸞が開いた仏教の宗派で、全国に多くの信徒を抱えています。さて、仏教の宗派によっては納骨の方法も違ってくるものですが、浄土真宗の場合はどのようなものなのでしょうか?今回は、浄土真宗における納骨事情を見ていきましょう。

お墓の魂入れまとめ

お墓

今回はお墓に故人の魂を入れるための魂入れについていろいろと見てきました。

この記事の内容についてまとめますと、

  • 新しく建てたお墓は魂入れを経て、ようやくお墓としての機能を果たすようになる。なお、魂入れはお墓を建てた時だけでなく、改葬やお墓の建て替えの際にも必要。
  • 魂入れに先立って、お坊さんに依頼したり、お布施や会食などを用意する必要がある。
  • 魂入れの際は服装は地味でもよいが、四十九日法要などを行う場合は喪服である必要がある。
  • 魂入れの際のお布施にはご祝儀袋を使う。
  • 浄土真宗ではお墓に魂が入ると考えないため、魂入れを「入仏法要」と呼んでいる。

このように魂入れはお墓を建てて故人がそこで安らかに眠れるようにするために避けて通れない儀礼です。

そして、その準備の際には導師となるお坊さんやお墓を建てた石材店の方とよく相談しながら進めることが大切といえます。
なお、地域や宗派によって考え方が異なる場合もあるので、そこも確認が必要です。

愛する故人の方に安らかに眠っていただくためにも、魂入れについてはきちんとした知識を持つようにしましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「お墓・魂入れ」に関連する記事

「お墓・魂入れ」についてさらに知りたい方へ

  • お墓の魂抜きの費用はいくら?魂抜きの相場についてまとめました!のサムネイル画像

    お墓の魂抜きの費用はいくら?魂抜きの相場についてまとめました!

    いざ、お墓の魂抜き(お性根抜き)をしなければならなくなったとき、その費用であるお布施料はどれくらいかかるものなのか。実際のお墓の魂抜きに必要なお布施の相場や金額の決め方などの費用に関する情報や、お布施を渡すときの基本的な作法についてわかっておくと安心ですね。

  • お墓の魂抜き・閉眼供養について。意味・相場・手順を紹介!のサムネイル画像

    お墓の魂抜き・閉眼供養について。意味・相場・手順を紹介!

    魂抜き、という言葉をご存知でしょうか?お墓を改葬したり墓じまいをする時に必ず聞かれるこの言葉、普段はあまり耳にすることがありません。今回は、知っておくと役に立つ、お墓の魂抜きとその内容について、一緒に学んでいきましょう。

  • 位牌の魂入れなどの情報についてまとめてみましたのサムネイル画像

    位牌の魂入れなどの情報についてまとめてみました

    亡くなられた方・故人の戒名や法名が書かれた木の札のことを位牌といい、位牌は故人そのものとも考えられています。しかしながら位牌だけでは単なる物である為、開眼供養という魂入れの儀式を行います。ここでは位牌の魂入れなどについてご紹介します。

  • 仏壇を処分する時には魂抜き、閉眼供養をしてからのサムネイル画像

    仏壇を処分する時には魂抜き、閉眼供養をしてから

    仏壇を処分しなければならない時、一生に何度もあることではないのですが、仏様の魂がこもっている仏壇の魂抜き、閉眼供養をしてから処分することが礼儀です。仏壇の魂抜きの方法や、その後の処分の方法などを紹介します。

  • 墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?のサムネイル画像

    墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?

    墓石に刻まれる名前。墓石には文字入れを行い、誰のお墓か分かるようにします。ではその文字入れは、いつ行い、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?今回は、墓石に文字入れを行う際の気になることをまとめました。

  • お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!のサムネイル画像

    お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

    お墓を別の場所へ移動するのは、人によって様々な理由があるかと思います。ですが、お墓の移動をするのが初めての場合、一体どのような手続きが必要となるのか知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、お墓の移動方法について解説します。

  • お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介しますのサムネイル画像

    お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介します

    亡くなった身内の方の葬儀で最後の段階がお墓への納骨ですが、もちろん勝手にやることはできずに所定の手続きが必要です。特に、納骨を行うのが初めての方にとってはどのような手続きが必要なのか想像がつかないでしょう。今回は、お墓への納骨の際に必要な手続きを見ていきます。

  • お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

    お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

    お墓をお守りするご家族にとって、次の世代にお墓を引き継ぐことが難しい時代となってきました。継承者不足や費用の面から泣く泣くお墓を処分するケースも少なくありません。もしお墓を処分する場合にはどの位の費用がかかるのか、墓じまいにかかる費用の相場について解説します。

  • お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

    お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

    お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

  • 墓誌の名入れの料金の相場は?時期は?基礎知識を全て解説のサムネイル画像

    墓誌の名入れの料金の相場は?時期は?基礎知識を全て解説

    墓誌って何かご存知ですか?一族の名入れを行い、歴史を記載するものですが最近では建てていないお家もあります。墓誌は必要なのか、名入れはどうすればよいのか、今一度墓誌に関する知識のおさらいをしてみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「お墓・魂入れ」についてさらに知りたい方へ

お墓の魂抜きの費用はいくら?魂抜きの相場についてまとめました!のサムネイル画像

お墓の魂抜きの費用はいくら?魂抜きの相場についてまとめました!

お墓の魂抜き・閉眼供養について。意味・相場・手順を紹介!のサムネイル画像

お墓の魂抜き・閉眼供養について。意味・相場・手順を紹介!

位牌の魂入れなどの情報についてまとめてみましたのサムネイル画像

位牌の魂入れなどの情報についてまとめてみました

仏壇を処分する時には魂抜き、閉眼供養をしてからのサムネイル画像

仏壇を処分する時には魂抜き、閉眼供養をしてから

墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?のサムネイル画像

墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介しますのサムネイル画像

お墓の納骨手続きについて、必要な書類や方法などを詳しく紹介します

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介のサムネイル画像

お墓の処分にかかる費用相場はどれくらい?墓じまい・改葬方法を紹介

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

墓誌の名入れの料金の相場は?時期は?基礎知識を全て解説のサムネイル画像

墓誌の名入れの料金の相場は?時期は?基礎知識を全て解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと