納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

残された方への負担が少ないと言われている永代供養。 中でも納骨堂は、雨風にさらされないことで注目を集めています。 では納骨堂での永代供養は、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか? 費用の相場を詳しく見ていきたいと思います。

目次

  1. 納骨堂での永代供養の費用について
  2. 永代供養・納骨堂の費用に関する基本事項
  3. 永代供養の納骨堂にかかる費用の相場
  4. 納骨堂での永代供養の費用の内訳
  5. 納骨後に追加で払う費用
  6. 永代供養・納骨堂の費用まとめ

納骨堂での永代供養の費用について

お墓

永代供養はお墓を建てるより安価と言われています。

しかし、永代供養と従来のお墓を建てるのとではどのくらい費用に差が出るのか、そして納骨堂では何にいくらかかるのかなど分からないことばかりですよね。

  • 永代供養ってそもそもどんなもの?
  • 納骨堂のメリット・デメリットは?
  • 納骨堂で永代供養するといくらくらいかかるの?
  • 納骨堂での永代供養にかかる費用の内訳って?
  • 追加で必要になるお金はあるの?

などなど、今回終活ねっとでは納骨堂での永代供養にかかる費用について解説します。

一生に一度、あるかないかの大きなお買い物です。
後悔のない選択ができるよう、ぜひ最後までご覧ください。

永代供養が出来る霊園・墓地をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

永代供養・納骨堂の費用に関する基本事項

お墓

まずは永代供養についておさらいしていきましょう。
永代供養は、お墓を継いで管理できる人がいない場合、寺院や霊園が代わりに供養してくれるものです。

お墓を建てて供養するとなると、子孫が何代にもわたって受け継ぐ必要があります。
しかし、永代供養は個人または夫婦、家族のみで祀られ、子孫に引き継ぐことなく、基本的には一代限りの供養となるのが特徴です。

また、最初から、もしくは一定期間が経てば複数人の遺骨と合祀されることがほとんどです。
永代供養を行うと無縁仏にならずに済むのがメリットですが、合祀されてしまうと特定の個人に向けてお線香をあげるなどといったことができなくなるので、永代供養を検討する際には合祀までの期間は要チェックです。

その永代供養の形として、近年都会を中心に人気なのが納骨堂です。
納骨堂は、お墓のように遺骨を埋葬するのではなく、建物内に安置して供養する場所です。

ロッカータイプや仏壇タイプなどスタイルは様々ですが、屋内にあることが多いです。
遺骨を安置してある場所に立ち入ることができない納骨堂もあり注意が必要です。
しかし、共同祭壇はほとんどの納骨堂にあるので、天候に左右されず好きな時に手を合わせに行けるのは大きなメリットと言えるでしょう。

雨風にさらされることがない分、お手入れや掃除も必要なくいつも清潔で、冷暖房完備やバリアフリーのところも多いので、お年寄りでも手ぶらでも行きやすいですね。

納骨堂によって供養方法や種類、規模、設備などは多様で幅広く、費用もだいたい10~100万円と、納骨堂でも費用に差があります。

お墓を新しく建てるには120~200万円以上かかると言われているので、やはり納骨堂での永代供養は比較的安価になりますね。

ただ、祀るのが個人なのか夫婦や家族なのかで費用は大きく変わり、場合によってはお墓を建てるより高くついてしまうことも考えられます。

毎年維持管理費がかかることもありますし、必要なサービスやどんなオプションがあるのかなど、しっかり確認し見極めることが大切です。

永代供養の納骨堂にかかる費用の相場

お墓

納骨堂を選ぶ際のポイントとして重要なのが、何人分の遺骨を納めるかです。

納骨堂には1人用、夫婦用、家族用があり、家族用では10霊前後まで納骨できるものもあります。

当然ながら納骨堂に納骨する遺骨の量によって必要なスペースが違ってきますし、たくさんの方の遺骨を納めようと思えばやはり広く大きな納骨堂でないと入れないので、それなりの費用がかかります。

ただし、納骨堂では13回忌または33回忌後に遺骨を他の方の遺骨と合祀することが多いです。
それまでは個人の納骨堂が設けられますので、故人の納骨堂を設ける期間を契約時に決めておけば、管理費を一括で支払うことができるため、遺族への負担を減らすことは可能です。

分割払いに対応している納骨堂もあるので、納骨堂選びの際にはこちらも確認してみてください。

以下、永代供養の納骨堂にかかる費用の相場を1人用と家族用に分けて解説します。

1人用

身寄りのない方や独身の方など、1人用の納骨堂で十分という方はたくさんいらっしゃいます。

個人専用の納骨堂も徐々に増えてきているようですが、ここで注意したいのが、1人用の納骨堂はもともと設けられていないところもある、ということです。

まずは利用したい納骨堂に1人用があるのかを事前に調べる必要がありますね。

ロッカータイプと呼ばれる納骨堂は、コインロッカーのような形でひとつひとつのスペースが小さめに作られているので、少人数の納骨に適しています。
1人で入ることが決まっているなら、ロッカータイプの納骨堂を中心に探すと比較的見つけやすいかもしれません。

もちろん、他のタイプでも1人用の納骨堂がないわけではありません。
例えば、仏壇タイプの納骨堂はコンパクトな仏壇がお墓のように並び、花を手向けたり線香をあげたりすることができるのが魅力です。
納骨は、1人分でもお墓と同じようにしっかりお参りできるような環境を望まれる場合などは、仏壇タイプが好まれるでしょう。

立体駐車場のように機械で自動搬送される機械式の納骨堂もあります。
機械式だと24時間いつでもお参りできるので、お参りに来られる方の生活リズムが合わなくてもそれぞれで好きな時に供養できますね。
何かと忙しい現代社会にマッチした最新の納骨堂です。

このように納骨堂には色んな種類がありますが、1人用の納骨堂での永代供養の費用相場は50万円程度と言われています。
いずれにしても、1人で入るなら、よっぽど豪華で最新設備の整った納骨堂を選ばない限りは、お墓を建てるより断然安くつきます。

家族用

仏壇タイプに多いのが家族用の納骨堂です。
夫婦とその子どもなどが入れるもので、人数に応じて費用が決まっているパターンと、1霊ずつ追加費用がかかるパターンがあります。

一般的に、家族用の納骨堂での永代供養の費用相場は大体100万円前後のようです。

しかし、家族用では人数にばらつきがあるので価格にも差が出やすいです。
また、家族用の納骨堂で親子2代にわたり遺骨を納めるのであれば、33回忌での合祀だと期間が短いということもありますよね。

そんな時は管理費を払い続ける限り、個別で供養できる納骨堂もあります。

もちろん管理費を支払い続ける納骨堂は、永代供養の納骨堂ではありません。
ですが、管理費の相場は年間1万円ほどですので、長く供養すればするほど出費はかさみますが、気が済むまで安置してもらえるのは嬉しいですね。

人数が多く、供養も長くしたいという場合はお墓を建てるのと同じくらいかそれ以上の費用がかかるかもしれません。

ただ、お墓を管理するにも寺院や霊園に支払う維持費が年間1万円前後かかりますし、結局管理できないとなると墓じまいにも数十万円かかります。
さらに墓じまいした後に永代供養に移すのであれば新たにまたその代金が必要になりますね。

お墓を建てるということは、ただ墓石を建立するだけではありません。
墓石を建立する費用と、納骨堂での永代供養にかかる費用に差がないからといって、安易にお墓を建てることを選んでしまうと、あとで困るのは残された子や孫たちです。
よく考えて、自分も遺族も納得できる形を見つけてくださいね。

納骨堂での永代供養の費用の内訳

お金

それでは、納骨堂での永代供養にかかる費用の内訳を見てみましょう。
納骨堂によって価格設定が異なるので費用に差が出てしまいますが、内訳としてはどの納骨堂も永代使用費と管理費が大部分を占めます。

相場としてはどれくらいなのか、何に使われているのか、具体的に説明したいと思います。
意外と見落としがちな出費もあるので要注意ですよ。

永代供養費

永代供養費は、お寺などに遺骨を管理してもらい、永代に渡って遺骨を供養してもらうための費用です。
永代使用料と言葉の響きが似ていてややこしいですが、永代使用料は永代に渡ってお墓などの土地を使用するための費用です。

その永代使用料、供養料、納骨堂の設備(エレベーターや冷暖房など)、その他維持にかかる費用などがこの永代供養費に含まれると考えられます。

供養料は読経が主ですが、その頻度やお経の種類はお寺や宗派によって違うため、価格に差が出る一因になります。

永代供養費は契約時に一括で支払い、その後追加で請求されることはあまりないです。
しかし、納骨堂での永代供養の場合は、永代使用料を先に支払い、その他の費用を管理費として毎年支払い続けるというスタイルもあります。

管理費は永代供養費の中の永代使用料を除いた費用といえるので、先述の通り年間1万円程度という前提で、33回忌まで個別の納骨堂で供養してもらえるとすると単純計算でも33万円になります。

個人の納骨堂の費用相場50万円で考えると、33万円ほどを永代供養費が占めるのは妥当ではないでしょうか。

納骨法要

納骨法要とは、お坊さんなど宗教者に同席してもらい遺骨を納める儀式のことです。
納骨法要にかかる費用は、お布施としてお坊さんに渡すものなのですが、3~5万円が相場と言われています。

遺骨には魂が宿らないとされるので、お墓同様手を合わせに納骨堂へ来られる場合は開眼供養をしてもらうこともあるかもしれません。
その場合は納骨法要と合わせて10万円ほど包むのがいいとされています。

さらに、納骨法要を行う場所によって、施設使用料がかかることがあるので注意しましょう。
卒塔婆を立てる場合は1本3,000~5,000円程度別にかかります。

また、納骨法要に家族以外の方が立ち会う場合、法要後に参列者と食事会をするなら人数分の食事代、参列のお礼の品、納骨のお手伝いをしてもらった方がいれば謝礼、法要のためのお花やお供え物など、細々とした雑費も必要です。
納骨法要の日時が決まったら、早めに準備しておくと安心ですね。

刻字料

刻字料は銘板や墓誌などに戒名・法名などを刻むための料金です。

永代供養料として契約時に支払う金額に含まれることが多いですが、家族用の納骨堂などで後から入ることになった場合など、1霊ずつ請求されることもあります。
刻字料自体は3万円程度のようです。

ただし、戒名をつけてもらうとなると、宗派や位号のランクによりますが、10~100万円以上も求められることになります。

位号は基本的に遺族が決められるものではないので、慎重に検討しましょう。

納骨後に追加で払う費用

葬儀

納骨したらそれでお支払いは終わりなのでしょうか?

追加費用一切なしと謳っている永代供養もありますが、そうでない場合、後々追加で支払うものが急に出てきたら困りますよね。

納骨堂での永代供養をする際、もし追加でかかる費用があるとするならどんなものがあるのでしょうか。

個別で行う法要

供養の仕方は納骨堂によってそれぞれですが、お盆やお彼岸など少なくとも年に数回は行われています。
これはもちろん合同法要になりますが、供養していることに変わりありません。
そのため個別での法要は必要ないと考えられており、基本プランには回忌法要などが含まれていないことがほとんどです。

しかし、申し出れば永代供養をしているお寺にお願いしたり、お坊さんに来てもらうなどできることもあります。
つまり、個別法要をしようと思ったらその都度追加費用がかかってくるのです。

お布施

お坊さんへのお支払いはお布施という形になりますよね。
お布施は「お気持ちで」などと言われはっきりとした金額を提示されることがなかなかなく、難しいものです。
地域やお寺との関係によってもかわるので一概には言えませんが、大体の相場は以下の通りのようです。

  • 命日法要:5,000~1万円
  • 四十九日法要:3~5万円
  • 一周忌法要:3~5万円
  • 三周忌以降法要:1~5万円

包める範囲でいいのですが、節目節目で気持ち多めに包むことが一般的ですね。
併せて、お坊さんを遠方から呼び寄せた場合は5,000~1万円ほどのお車代を包むこともあります。

会場使用料

納骨堂に個別法要の相談をすると、法要のための会場を貸してもらえることがあります。
会場によって値段は異なるので、相場というのもないようなものですが、お寺や葬儀社などで行う場合は、1~3万円程度会場使用料がかかることが多いようです。
納骨堂が用意してくれる会場があるか、使用料はいくらか、あらかじめチェックしておくようにしましょう。

永代供養の費用相場や内訳について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

永代供養・納骨堂の費用まとめ

仏壇

気になるけど聞けない、納骨堂の永代供養にかかる費用について調べましたが、お役に立てたでしょうか。

  • 永代供養は一代限りの新しい供養の形
  • 納骨堂は雨風にさらされずいつでもお参りできるのがメリット
  • デメリットは一定期間ののち合祀されてしまうこと
  • 1人用の納骨堂での永代供養の相場は50万円
  • 家族用の納骨堂での永代供養の相場は100万円
  • 内訳は使用料2割、管理料6割、法要料2割程度
  • 個別法要するなら追加費用が必要

お墓のようにお参りもできながら、管理はお寺や霊園にお任せでき、いいところ取りのような納骨堂での永代供養。

お墓に比べて安価とはいえ、選び方によってかかる費用に大きな差が出ます
納骨堂での永代供養は今後ますます広まるようですし、価格もピンからキリまで色んなプランが出てきています。

事前の下調べと準備が、かかる費用を左右するので、納骨堂を実際に見に行って話を聞くのも重要です。
周囲の人ともよく話し合っておくと、いざという時も慌てずに済みますね。
まずは近くの納骨堂について、調べてみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、「納骨堂での永代供養にかかる費用」以外にも、「葬儀・お墓・相続・仏壇」など終活に関する記事を多数掲載していますので、他の記事も参考にしてみてはいかがでしょうか。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・納骨堂・費用」に関連する記事

「永代供養・納骨堂・費用」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

    納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

    費用が掛からず、永代供養をしてくれる納骨堂の人気が高まっています。しかし納骨堂を使用したいと考えていても、具体的な特徴についてご存じない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は納骨堂を使用し、永代供養をしてもらう際の費用や注意点などを中心に解説をいたします。

  • 納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

    様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

    永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

    皆さんは永代供養墓や納骨堂が流行っていることをご存知でしょうか。 永代供養墓と納骨堂が流行ってどういうこと?と思った方も多いのではないでしょうか。 この記事では永代供養墓と納骨堂がなぜ流行っているのか、供養形態にどのような違いがあるのかを解説いたします。

  • 納骨堂の費用の支払い方は?支払い方を理解して賢く利用しましょう!のサムネイル画像

    納骨堂の費用の支払い方は?支払い方を理解して賢く利用しましょう!

    納骨堂の利用が増えており生前予約する人もいるようですが、どんな費用が必要なのかよくわからないことも多いと思います。 特に初期費用や長期間の管理費などの支払い方法、先々誰が負担するかも心配な問題ですね。 納骨堂の利用の際に必要な費用の支払い方法について解説します。

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

  • 納骨堂の永代使用料は永代供養料とは何が違うの?費用相場もご紹介のサムネイル画像

    納骨堂の永代使用料は永代供養料とは何が違うの?費用相場もご紹介

    現代における供養の選択肢の一つとして納骨堂があります。そんな納骨堂の永代使用料についてご存知でしょうか?納骨堂にかかる費用はお墓を作る場合と異なるのでしょうか?今回終活ねっとでは、納骨堂の永代使用料や納骨堂の費用について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・納骨堂・費用」についてさらに知りたい方へ

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?のサムネイル画像

納骨堂で永代供養してもらうにはいくらくらいの費用がかかるのか?

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

納骨堂の費用の支払い方は?支払い方を理解して賢く利用しましょう!のサムネイル画像

納骨堂の費用の支払い方は?支払い方を理解して賢く利用しましょう!

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

納骨堂の永代使用料は永代供養料とは何が違うの?費用相場もご紹介のサムネイル画像

納骨堂の永代使用料は永代供養料とは何が違うの?費用相場もご紹介

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと