永代供養をしていく場合、お供えはどのようにすればいい?

少子化社会の現在、先祖代々のお墓を守っていくことのできる子孫の人がいるのかどうか心配なところです。最近では永代供養という一定期間の間、お墓を守りお供えもしてくれるサービスがあります。永代供養とは一体どのようなもので、そこでお供えはどのようにされるのでしょうか?

目次

  1. 永代供養のお供えについて
  2. そもそも永代供養とは
  3. 永代供養ならばお供えは必要ないのか?
  4. 永代供養での納骨式の際のお供え
  5. 永代供養墓へのお参りする際のお供え
  6. 永代供養の場合における各法事のお供えは?
  7. お供えものの一覧
  8. 永代供養のお供えについてまとめ

永代供養のお供えについて

お墓

皆さんは永代供養というものを聞いたことがあるでしょうか?
聞いたことがある方もいれば、初めて聞くという方も少なくないかと思います。

おそらく多くの方が持っている永代供養のイメージが、文字通りに子孫代々に至るまで永久にご先祖様を供養していくことかと思います。

今回は永代供養の実際と、永代供養でのお供えについて見ていきます。
具体的には、

  • 永代供養とはどのようなものか?
  • 永代供養にお供えは必要なのかどうか?
  • 永代供養の納骨式の際のお供えとはどのようなものか?
  • 永代供養墓にお参りする際のお供えはどのようなものか?
  • 永代供養の各法事やその際のお供えものの中身とは?

について解説してまいります。

是非最後までお読みください。

そもそも永代供養とは

お墓

まずは永代供養とはいったいどのようなものかについて見ていきます。

永代供養とは、もともとは文字通り子孫代々に至るまで寺院の側が責任を持ってご先祖様のお墓を守り、供養していく宗教的な行為を指していました。

ですがが、現在では永代供養とは、将来的に墓地継承者が途中で途絶えるなどお墓を守っていく人がいなくなることを前提に、寺院が一定の期間の間、故人の遺族や子孫に代わってお墓を守り供養していくことです。

誤解を生みやすいのが「永代」というワードで、これは文字通りに「永久」とか「未来永劫」ととらえられることが多いのですが、実はそうではありません。

多くの場合、寺院などによる永代供養は契約内容により十七回忌や三十回忌、五十回忌といったように期間が決まっています。

そして、当然のことですが永代供養を行っている寺院や霊園、墓地の経営が倒産など何らかの事情で続けられなくなった場合はその時点で永代供養の期間が終了してしまうので、以上の点はあらかじめ理解しておく必要があります。

特に近年では日本社会全体で少子高齢化や核家族化が進み、今後自分の子孫がお墓を守っていくということが見込めないというケースも増えてきています。
それを見越して終活の一環として永代供養のサービスを利用するという人も増えてきているのです。
永代供養は生前に予約できることもメリットです。

なお、永代供養では故人の遺骨は永代供養墓と呼ばれる合祀墓に納骨されます。
詳しくは次の項で書きますが、個人のお墓と違ってその故人以外の全く縁のない方の遺骨も納骨されているというのが特徴です。

永代供養墓とは

ここでは、永代供養墓についてもう少し詳しく書いていきたいと思います。
永代供養墓とは、具体的には家に後継者がいない場合などにお墓参りや供養(お供えも含む)を寺院や霊園などが定期的に代行して行うことを条件に購入するお墓のことです。

近年の少子高齢化や核家族化の進展で、先祖代々のお墓を守っていく人がいなかったり、また子供たちが遠方にいるためになかなかお墓の管理にまで手が回らないという方向けに人気があり、このため永代供養墓の需要は年々増してきています。

永代供養とセットになっているため、寺院や霊園の側との契約期間も17年や50年とあらかじめ決まっています。

永代供養墓の形式としては、合祀墓である場合もあれば納骨堂という形をとっているものもあります。
中には、一般の個人のお墓と同じ場合もあります。

気になるお金の問題ですが、普通の個人のお墓に比べて比較的安価に購入できるものもありますが、その場合は他の故人との共同納骨という形になります。
ただし、その分、墓石代がかからないうえ、お墓の利用料も安くて済むというメリットがあります。

これに対して、一般的な個人のお墓という形で購入する場合は、墓石代に加えて、寺院や霊園側に永代供養のための利用料や管理費を支払う必要が発生します。

なお、合祀墓については納骨堂形式のものもあれば、大きなモニュメントにまとめて納骨されるというものなどさまざまなタイプがあります。

納骨堂とは

さて、永代供養墓の中には納骨堂の形をとっているものも少なくありませんが、納骨堂とは具体的にどのようなものなのでしょうか?

納骨堂はもともとは故人の遺骨を墓地に埋葬するまでの一定の期間、一時的に遺骨を安置しておくための施設のことでした。
ちなみに、法律(墓埋法=「墓地、埋葬等に関する法律」)によれば、「他人の委託を受けて焼骨を収蔵するために、納骨堂として都道府県知事の許可を受けた施設」と定義されています。

しかし、近年では少子高齢化や核家族化に伴ってお墓を守っていく人が見込めないというケースが増える中、納骨堂が持つ機能や期待される役割も大きく拡大するようになりました。

現代の納骨堂にはいくつかのタイプのものがあり、よく見かけるものがロッカーほどの大きさのロッカー式や、上の部分が仏壇で下の部分に遺骨を納める仏壇式、またお参りスペースが用意されており、その傍らの機会を操作することでご遺骨が運ばれてくる機械式などさまざまです。

いずれのタイプも1つの施設で多くの遺骨を納骨しておくことができるという特徴があり、特にお墓用のスペースを確保しにくい都市部を中心に多く見られます。

永代供養ならばお供えは必要ないのか?

お供え

永代供養墓に合祀墓が多い以上、一見すると個人墓のようにそんなにお供えをしなくてもよいように見えます。
お墓の管理や定期的な供養は永代供養墓を管理・運営する寺院や霊園に全部任せておけばよいから、遺族の方では何もしなくてもよいと思いたくもなるのです。

しかし、実際のところ、誰もが故人のことをしのんだり、また何らかの節目を見つけて故人に会いに行ったりしたいと思うものです。
そこで、永代供養墓にもお供えのできるスペースはあります。

ただ、先ほども書いたように、永代供養墓への供養や管理はそれを管理する寺院や霊園が引き受けてくれます。

そのため、絶対にお供えを遺族の側でしなければいけない、というわけではありません。
言い換えれば、自分がお参りしたいときや故人に会いたいときにお参りして、そのタイミングでお供えをすればよい、ということです。

このように自分の好きなタイミングでお供えができるというのが永代供養墓へのお供えの特徴ですが、それではどのようなものをお供えすればよいのでしょうか?

基本的には個人墓に対してお供えをするのと同じようにやれば大丈夫です。
つまり、個人墓に眠る故人に対するのと同じように、故人に対する感謝や敬意をこめてお花や故人の好きだったものをお供えすればよいのです。

永代供養墓でのお供えの注意点

ただし、1点だけ注意すべき点があります。
それは、お供えをするものが合祀墓だからといって形式ばらない、ということです。

たしかに、永代供養墓は合祀墓ということで自分にゆかりのある故人以外の方も眠っています。
そのうえ、永代供養墓の管理を寺院などが定期的に行っている分、遺族がお参りした際についついお供えするもので手を抜いてしまうことも少なくありません。

しかし、お供えとは故人に感謝や敬意を示す1つの形です。
だからこそ、形式的なものにするのではなく、きちんと故人がその場にいることをイメージして、故人が喜びそうなものをお供えするようにしましょう。

永代供養での納骨式の際のお供え

お墓

さて、ここでは永代供養での納骨式でのお供えがどのようなものかを見ていきましょう。

なお、納骨式とは火葬した故人の遺骨をお墓に納めるための儀式です。
同時に、魂入れを終えて本来の役割を果たし始めたお墓に納骨がされることで、初めて故人がお墓の中で安らかに眠ることができるようになります。

永代供養の場合、合祀墓の場合の納骨式と、個人墓や納骨堂の場合の納骨式の2つのパターンがあります。

合祀墓の場合

合祀墓とは他の故人の遺骨とともに納骨される形のお墓であるため、あらかじめ火葬した故人の遺骨は合祀墓に納骨する際に骨壺から取り出されて、直接納骨されます。

なお、骨壺から取り出されるうえ、他の故人の遺骨とともに納骨されるため、納骨後に特定の故人の遺骨のみを取り出すということは不可能になります。

他にも合祀墓での納骨の方法として、墓の中の納骨壇に骨壺の状態で保管する形で納骨するやり方や、遺骨の一部を分骨し残りの遺骨は合祀する、というやり方もあります。

宗派の決まっている寺院の合祀墓でやる場合は、その宗派の教義や慣習に従って納骨が行われます。例えば、浄土真宗の寺院であれば納骨の際に卒塔婆など余計なものは建てないうえ、納骨に先立って行われる開眼法要も建碑法要と呼びます。

これは、浄土真宗ではお墓を故人の魂が宿るものであると考えない一方で、故人がすでに極楽浄土で生まれ変わっていると考えるためです。

さて、合祀墓の納骨式でのお供え物ですが、他の方とともに合祀されているところに納骨されるため、お花や菓子折りなど比較的簡単で、かつ心がこもっているものが定番です。
もちろん、浄土真宗以外の宗派では卒塔婆などもお供えします。

個人のお墓や納骨堂の場合

個人のお墓や納骨堂の場合についても普通の納骨式で行われるものと大して変わりません。
つまり、普通の納骨式のように骨壺に入った状態で納骨が行われます。
ちなみに、霊園墓地に納骨する際には、墓や霊園の使用名義人の使用許可証とハンコの持参も必要です。

多くの場合は宗教や宗派に関係なく納骨できるため、各宗派の慣習などを気にする必要がありません。
お供え物についても、お花や菓子折りのほか、故人が好きだったものをいくらお供えしても構わないのです。

ただ、故人が生前好きだったものでも、たばこやお酒といった故人が亡くなる原因となったもの(たばこの吸いすぎが原因の肺がんなど)をお供えすると、遺族の方の心証を悪くしてしまうこともあるので、お供え物の選定には注意が必要です。

永代供養墓へのお参りする際のお供え

お墓

故人を納骨したあと、定期的にお参りして故人を祀ったり、しのんだりしたいという気持ちは誰にでもあります。
ただし、その際にどの程度のお供えが必要かと悩む方も少なくないかと思います。

ここでは、永代供養のお参りにおけるお供えがどのようなものかについて見ていきましょう。

合祀墓の場合

合祀墓の場合は、自分にゆかりのある故人だけでなく、他の故人も眠っているため、他の故人の遺族にも配慮する必要があります。
このため、お花やお菓子など最低限のものを用意する方が無難です。

たばこやお酒など故人が生前愛用していたものについては、他の故人がそれで亡くなったという場合もあり、ものによってはその故人の遺族に不快な思いをさせて、トラブルになってしまうこともあるので注意を要します。

もし、故人の好きだったものをお供えする際に悩む場合は、事前に合祀墓の管理者に相談しておくことをおすすめします。

そして、他の故人も眠っているところであるため、お供えをする際に自分の家のお墓だと勘違いして、好き勝手にやるのもいけません。
例えば、合祀墓に眠る故人がお酒が好きだったからという理由で、墓石にお酒をかけるという行為はもってのほかです(墓石自体の劣化につながります)。

さらに、線香をお供えする場合も火を消す際は決して息を吹きかけないようにしましょう。
個人のお墓においてでさえも線香の火を息で吹きかけて消すのは、人の息がけがれたものであるために仏様や故人の霊に対して非常に失礼な行為とされています。
ましてや、合祀墓でそのようなことをすれば他の故人の遺族も嫌な気持ちになります。

このように合祀墓にお供えをする際には、他の故人の遺族も使用しているということに配慮して、自分勝手な真似は慎むようにしましょう。

個人のお墓や納骨堂の場合

個人のお墓や納骨堂に関しては、合祀墓へのお参りの際ほど気にしなくても大丈夫です。
他の故人の遺族のことを気にすることなく、故人が生前に愛用していたものをお供えすることもできます。

しかし、寺院や霊園によっては特定のお供え物(浄土真宗の寺院でいえば卒塔婆など)をしないようにという規定が設けられている場合もあるので、そこは事前に確認が必要となってきます。

ちなみに、霊園や墓地の多くはお供え物(特に食べ物関係)を必ず持ち帰るようにというルールもあります。

これは外にあるお墓でお供え物を放置して帰ると、カラスなどが食い荒らし、近隣のお墓にも被害を及ぼしかねないためです。
また、山に近いところではイノシシやシカなどが荒らす場合もあります。

このように、お供え物に関するルールがある場合は、守らなければ寺院や霊園に多大な迷惑を及ぼしかねないので、きちんと守ることが大切です。

永代供養の場合における各法事のお供えは?

お墓

永代供養を行っていくうえでは、定期的に故人に対して法要が行われる場合があります。
具体的には四十九日の法要や一周忌の法要といった、故人が亡くなった日から数えての節目に行われます。

できれば、家族や親族だけでも集まってきちんと故人の法事を執り行いたいところです。
その際のお供え物は一体どのようなものがよいのでしょうか?

よく使われるものが線香ロウソクといった消耗品や、法事の際にお墓や仏壇を飾るお花果物、そして菓子折り(特に焼き菓子)や故人の好きだったお酒お茶などです。

このようにお墓に定期的に参る際などとほとんど変わらないものばかりですので、あまり深く考えたり悩んだりする必要はありません。

なお、永代供養を依頼している方の多くが、そう頻繁に故人のお墓などにお参りできないという方も少なくありません。
そのため、定期的な法事に参加しにくいという方も多いでしょう。

実は法事というのは参加を強制されるものではありません。
ただ、できれば参加できる方だけでもよいので、定期的に法事を執り行って、故人を供養するというのが望ましいというだけのことです。

お供えものの一覧

お供え物

お参りした際のお供え物について、どのようなものをお供えすればよいかや、どのように選べばよいかについてを悩む方も多いかと思います。

ここでは、お供え物を選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

お花

お花は故人のお墓や仏壇を飾るうえで欠かせないお供え物です。
ただ、お供えするケースによっておすすめのお花の種類も異なってきます。

例えば、寺院などで故人が亡くなってからの節目に行われる法要ではなるべく大きく目立つお花がおすすめです。
具体的にはカーネーションやユリなどですが、故人にゆかりのあるものであればなお良いでしょう。

次に、親族だけでしめやかに行われる命日の法事の場合は故人の自宅などで行われるため、お花の種類は寺院などでの法要と同じにしつつも、なるべくサイズがひとまわり小さめのものを持っていくとよいでしょう。

最後にお墓にお花をお供えする場合はキクが一般的とされていますが、実は特に種類に決まりはありません。
故人が愛用していたものをお供えしても大丈夫です。

食べ物

お花と同様、食べ物も故人の霊前にお供えするものとして重宝されます。
ここではおすすめの食べ物の種類を見ていきましょう。

果物

果物はすぐに食べられるようなものがおすすめです。
ブドウやリンゴ、ミカン、カキのようにすぐに皮むきをすれば食べられるものなどがよいでしょう。

なお、果物を盛る際にはいただいた際に箱に包まれた状態やフルーツバスケットに盛られた状態はあまりおすすめできません。
丸盆に半紙を折って敷いたり、お皿に盛ったりするなどひと工夫が必要です。

お菓子

お菓子をお供えするという方も少なくないかと思います。
お菓子については選ぶポイントは小分けできるものや個別包装されているものであることです。
具体的にはクッキーやビスケット、おせんべいなどの焼き菓子がおすすめです。

また、高級の和菓子(もちろんこちらも小分けできたり個別包装されていたりするもの)を用意するというのもありです。
できれば、お盆やお彼岸のお墓参りや年忌法要などの季節に応じて種類を選ぶとよいでしょう。

ちなみにお菓子など食べ物はお供えした後は家族や親族、参列者などで食べ分けるため、買いすぎにはくれぐれも気を付けてください。

線香などの消耗品

線香などの消耗品は宗派が仏教である限りは永代供養の際のお供えに不可欠です。
単に自分の家族や親族の故人の誰かにお供えするというだけでなく、友人など自分の親族以外の故人へのお供えを考えるうえでも適切なものといえます。

ただし、永代供養墓で線香をあげる際には、他の遺族もお参りするため、中には線香のにおいを嫌がる方もいる場合がありますので、その方に配慮することも必要です。

なお、永代供養墓で上げる線香の本数ですが、あまり多いと次にお参りする他の故人の遺族にとっても迷惑になりかねません。
そのうえ、永代供養墓では親族で線香を分け合うということはしないため、線香の本数についても配慮が必要といえます。

永代供養のお供えについてまとめ

お墓

永代供養のお供えについていろいろと見てきました。
今回の記事のポイントをまとめると以下のようになります。

  • 日本社会全体で少子高齢化や核家族化が進み、故人のお墓を将来的に見る人がいないことを心配するケースが増えていることから、永代供養墓や納骨堂利用の需要が増している。
  • 寺院や霊園が管理する永代供養墓であってもお供えは必要。ただし、大切なのは故人に感謝したり、故人をしのびたいという気持ちをこめてお供えをすること。
  • 永代供養での納骨式でお供えをする際には、合祀墓の場合は管理している各宗派の教義や慣習に従うことが大事。個人墓や納骨堂の場合は宗派などを気にしなくてもよい。ただし、お供え物を選ぶ際に注意が必要な場合も。
  • 永代供養でのお参りの際にお供えをする場合は合祀墓であれば他の故人の遺族にも配慮して最低限のものを用意する。個人墓や納骨堂の場合は故人の愛用していたものもお供えしてもよい。ただし、どちらの場合も後処理は忘れずに。
  • 法事は家族や親族だけでもよいのでなるべく定期的に行うのが望ましく、参加も絶対ではない。なお、お供え物はお花や線香、お菓子や果物類などがよい。
  • お供えするお花は参加する法事に合わせて選ぶことが大切である。食べ物類は故人の好きだったものや季節ものを用意し、お供えした後のことも考えて選ぶ。線香はどの人への供養にも使えるものだが、お供えする本数などに気を付ける必要がある。

このように永代供養の需要は少子高齢化や核家族化に伴って増えてきているうえ、今後とも日本の人口が減少することを考えるとますます需要が増していくことが予想されます。

永代供養を執り行うケースが増えてきている以上、永代供養やその際のお供えに関する知識を身に着けておくことはこれからの社会を生きるうえでも、またこれから終活していくうえでも不可欠なことといえるのです。

終活ねっとでは、このように永代供養など終活に欠かせない情報や知識を提供してまいります。
是非他の記事も合わせてお読みください。
必ず皆様の終活の手助けができるはずです。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「永代供養・お供え」に関連する記事

「永代供養・お供え」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

  • 永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

    永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

  • お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

    お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

    近年永代供養を選択される方が増えてきています。では、お寺での永代供養とはそもそもどんなものなのでしょうか。またお寺での永代供養料の相場はどれくらいなのでしょうか。お寺の永代供養料について注意点を含めてご説明いたします。

  • 永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!のサムネイル画像

    永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

    子世代が遠方に住んでいる人は、お墓の管理についてどのようにお考えですか?永代供養は親子双方にメリットがありますが、一方で思わぬデメリットもあります。永代供養のお墓にした後で困らないよう、デメリットとメリットについてまとめましたのでぜひ参考になさって下さい。

  • 永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

    永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

    永代供養の納骨式ではどのような服装や持ち物が必要でしょうか。お布施の金額など、マナーには分からないことが多いです。そこで今回は永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いについて解説します。永代供養の疑問が解消しますので、是非最後までお読みください。

  • 永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

    永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

    最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

  • 納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

    様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「永代供養・お供え」についてさらに知りたい方へ

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!のサムネイル画像

永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・お供え」についてさらに知りたい方へ

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと