永代供養の供養年数には限りがあり、期限を過ぎると合祀される?

現在ご自身の終活の選択肢としても増えてきている永代供養ですが、皆様は永代供養の年数に期限がある場合があることをご存知でしたでしょうか?そんな永代供養の年数、期限、その後について詳しく説明してまいります。

目次

  1. 永代供養の年数について
  2. そもそも永代供養とは
  3. 永代供養の年数
  4. 永代供養の費用
  5. 永代供養安置方法の種類
  6. 永代供養の年数まとめ

永代供養の年数について

仏壇

「永代供養」という名前だけあってこれから先も永年、未来永劫供養が続くと思われている方が多いかと思われますが、基本的には永代供養墓の供養年数が決められていることがほとんどです。
全ての永代供養墓がそうだとは限りませんが、永代供養は年数に限りのある期限付きのお墓だと考えていただいた方がよろしいかと思われます。

大切な故人を祀る大切なお墓です。
どんなお墓に祀るのか、また、終活に臨む自分の望む祀られ方はいったいどんな形なのか、それは人によって様々だと思います。

この記事では永代供養の年数について特に深く掘り下げていきたいと思います。
皆様の望む最期のお手伝いができれば何よりです。

それでは、永代供養の年数についてご説明させて頂きます。

そもそも永代供養とは

お墓

そもそも「永代供養」とは、お墓参りをしてくれる親族の方がいない、またはご高齢でお墓参りに行けような方に代わって、寺院や霊園が管理・供養を代行してくれる埋葬方法のことを指します。
遺された自分の家族、親族の代わりになって故人を偲んでくれる、現代の高齢化社会におけるとても便利な仕組みですね。

最近は永代供養を選ばれる方も増えてきて需要も年々と高まってきて様々な形の永代供養墓が出てきています。
後半でも永代供養墓について少し触れていますので最後まで読んで頂けましたら幸いです。

永代供養の年数

お墓

先にも述べたとおりに、永年供養の供養年数には限りがあります。
その限りとは果たしてどの程度なのか、また、その年数が過ぎると故人のお墓、お骨はどうなるのかについて、詳しく説明していきたいと思います。

骨壺を安置してもらう期間の目安

永代供養墓(えいたいくようぼ)に骨壺を安置してもらう期間は施設やそのお寺の納骨堂により期間は異なりますが、一般的に33回忌までと言われています。

地域やお寺によっては3回忌~55回忌まで、とばらつきがありますのでもしご自身が永代供養墓に入ろうと考えていらっしゃる場合はそのお墓が何回忌まで「個人のお墓」として偲んでくださるのか事前にしっかりと確認しておいた方が良いです。

ご自身が亡くなり、供養が済んでしまったあとではもう「死人に口なし」です。
自らの最期くらいは自分の納得いく形で終わらせたいものですよね。

さて、話は永代供養の年数に戻ります。
33回忌、という事はつまり数えで33年、故人が亡くなられた年から32年後の事を指します。

なぜ33回忌なのか、それは仏教における「どんな人でも33年経てば無罪となり、極楽浄土に行くことができる」という考えに基づいているものと思われます。
33年を長いととるか短いととるかは人次第ですが、極楽浄土へ逝けるのならば悪くはないかもしれませんね。

中では55回忌まで供養をしてくれるところもあるので長い期間祀られる事を望まれるようであれば相談したり、受け入れて下さる納骨堂などを探しておくといいのではないかと思います。

契約期間が過ぎると

永代供養墓との契約期間が過ぎると一体どのような事が行われるのでしょう。
気になりますよね?これからしっかりと説明させて頂きます。
おおよそ全ての永代供養墓がこのシステムの上に成り立っています。

合祀される

契約年数が過ぎたお骨は合祀(ごうし)されてその施設ごとの共同墓地へと葬られます。
永代供養墓にもお骨を納められる数に限りがありますし、従来のような家族墓の概念から見ると少しぶしつけな感覚を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、合祀されることは致し方のない事なのです。

合祀されるのが嫌な方は初めから個人でお墓を立てるか、合祀を行わない、永代使用の契約が可能な永代供養墓を選んでそちらへ納骨して頂きましょう。

これは終活を考えていらっしゃるあなたよりも遺されるご家族の方の方が気にされる事かもしれませんので、話しにくい事かもしれませんが、一度話し合いの機会を設けると良いかもしれません。
あなたの考えと家族の考えていることのズレを無くして、後悔や思い残しの無い終活をしたいものです。

※合祀…合祀とはいくつかの神様、霊をまとめて祀る事を指します。

永代使用を取得することができる場合も

先ほども述べましたが、永年使用を許可して頂ける永代供養墓もあります。
永代供養と永代使用は似た言葉ですがその意味は全く違っています。

永年使用は「永代使用料を墓地の管理者に払ってお墓と土地の権利を取得して、その土地を永代にわたって使用すること」なのです。

ですので、永代供養墓でも永代使用を許可してくださる場所があればある程度の金額はかかりますが、永代供養墓を使用できる年数に縛られず、永年にわたって供養してくれるお墓に入ることも不可能ではありません。

永代供養の費用

お墓

永代供養に掛かる費用は年数によって、また受け入れ先、宗派、などによっても多少の違いはありますが、一般的には下記のような費用が一般的だと言われています。
また、永代供養費と管理費は別で支払うものであるということも説明させて頂きます。

合祀墓

合祀墓の場合は33回忌までの永代供養費、管理費を合わせて1人分の料金でおよそ10~50万円程度が一般的な相場です。

同じ合祀墓にご夫婦で入られる場合でも、料金は各個人に掛かってきます。
料金は各自に掛かりますが、数多ある埋葬法としてはいちばん料金がかからずに供養することが出来るのが合祀墓の特徴です。

合祀墓を選ばれる方の多くは恐らく身寄りもなくお一人で亡くなられる方、夫婦であってもお墓を持つほど経済的な余裕が無い方のどちらかであることが多いかと思われます。

集合墓

集合墓という名前からみんなまとめて同じお墓に納骨されるものと勘違いされることもあるかもしれませんが、他人と同じお墓に纏めて入るのではなく、比喩として少し失礼かもしれませんが、コインロッカーなどのように小さなお墓が沢山集まっているものを集合墓と言います。

こちらは屋内型のものが多くお参りもしやすいですが料金が50~150万円と少しお高めに設定されています。

確実に需要が増えてきており、故人の事、ご家族の事を考えられた様々なサービスがあったり、各集合墓によって雰囲気やお参りの仕方が工夫されていたりと遺す側、遺される側どちらにも寄り添った集合墓は沢山あります。

何件か見学に行かれて料金とサービス、お参りのシステムなどを聞いた方が自分に合った集合墓に出会えるでしょう。
こちらも基本的には33回忌を機に合祀されるものが多いです。

個人墓

個人が自分の為だけに建てるお墓のことを個人墓といいます。
他の方の遺骨と一緒にされたくない、誰かと供養されることに抵抗がある方に選ばれているのが個人墓です。
価格は100~150万円と、合祀に比べ高くなっております。
墓石を建てるので普通のお墓と近い金額が必要になります。

家族や後継者、親類などがいらっしゃらない方は後の管理のことを考えて、永代供養契約を事前に行っておく方も多くいらっしゃいます。
生前予約などでご自身の望む期間の管理費と永代供養費を先に収めておいて亡くなられた際にそのお墓に入る、というのが一般的な流れになるかと思います。

永代供養契約をした場合、契約によって決められた年数が経過すると、個人墓から遺骨を取り出し、合祀墓へ移され、供養されます。

永代供養費と管理費の違い

永代供養費とは永代供養墓に入る際に掛かるお金の事で、年数によって金額も代変わってきます。
最初にかかる費用の多くはこの永代供養費が占めます。

管理費とは読んで字のごとく、永代供養墓を維持、管理して頂くために納めるお金の事です。
ですが、ほとんどのケースで永代供養の場合管理料は必要なく、初回の一括費用で済みます。

永代供養安置方法の種類

お墓

永代供養安置方法の種類についてここで簡単に説明してください。
ある程度年数を絡めて書いていただけると、ありがたいです。

合祀型

合祀型の墓地の特徴は最初から合祀される分他の埋葬法に比べてかなり安価に弔う事ができます。
石塔、宝塔、観音像、涅槃像などの供養塔の下にあるお骨を納める所(カロートと言います)に他に亡くなられた方のお骨と一緒にご自身のお骨を納め、寺院や霊園によって永代に供養を行います。

これはご家族の方としっかり相談して頂いた方が良いかと思いますが、合祀をしてしまうと、その故人のお骨とはもう直接お会いすることができず、他の場所にお骨を移すこともできなくなってしまいます。
合祀型の墓地に入ることを希望される方は契約前にはかなり慎重な検討が必要になってきます。

初めから合祀してしまう場合と、契約年数が過ぎてから合祀する場合の2通りがあります。
ほとんどの場合管理料は不要です。

集合墓

納骨堂タイプのものが集合墓と呼ばれ、ロッカーのような小さなお骨を納める部屋が沢山並んだものです。

このタイプの永代供養墓では遺族の方もお参りに行きやすい工夫があったり、また施設自体がとても近未来的で綺麗なところが多くみられます。
お参りされる方への配慮もされていて、きちんと故人との対面が出来る仕組みがしっかりとできていたり、ニーズに合わせて様々な形の集合墓があります。

選ぶ自由がある分、終活という、自身の最期について考える少し悲しい気持ちになってしまう事と向かい合う行為でも、お墓を選ぶ自由がある分少しでも楽しく、前向きに自分の終活と向かい合えるのではないでしょうか?

普通のお墓を建てるもの

先述した「個人墓」とほぼ同じ内容にはなりますが、お好みの墓石を事前に購入し普通にお墓を建てて亡くなられた際にそのお墓に入り、管理・供養をお願いすることもできます。

永代供養の年数まとめ

人々

永代供養の年数について以下のことを解説いたしました。

  • 永代供養の年数には限りがあり、主に33回忌までであることが多い
  • 永代供養費と管理費は別で支払をする必要がある
  • 合祀墓、集合墓、個人墓それぞれにメリットとデメリットがある
  • 近年の傾向では集合墓での永代供養が増加の傾向にある
  • 普通のお墓や個人墓を建てることも自身の判断で選択しても良い

永代供養とその仕組み、費用、年数など様々な選択肢があり、ご自身で自由に選べる事がお分かりいただけたでしょうか?自分のお墓の事を考えることも終活として前向きで良いと私は思います。
亡くなってしまってからでは決められないお墓の事、せめて最期の希望だけは叶えても良いと思います。
誰にでも平等に訪れる「死」ですが、悪くとらえるよりも「終活」として楽しみながら向き合えたら自分も、ご家族も少しは前向きになれるのではないでしょうか?

今回は「永代供養と年数」について詳しく書かせて頂きましたが、終活ねっとには他にもたくさんの終活に役立つ情報が載っています。
ぜひ他の記事も読んで頂いて、あなたの終活が少しでも有意義になることを願っています。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・年数」に関連する記事

  • 永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

    永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

    最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

  • 永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

    永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

    終活の項目のなかで永代供養が注目を集めています。永代供養はお墓の継承者がいらない新しい供養方法です。ご希望の寺院・霊園に永代供養を申し込む場合、どのような時期が最適でしょうか?永代供養をお願いする時期について詳しく解説いたします。

  • お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

    お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

    近年永代供養を選択される方が増えてきています。では、お寺での永代供養とはそもそもどんなものなのでしょうか。またお寺での永代供養料の相場はどれくらいなのでしょうか。お寺の永代供養料について注意点を含めてご説明いたします。

  • 永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

    永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

    近年、少子化や核家族化が進み、承継者がいない墓が多くなりました。将来墓参りをする人がいなくなっても、供養や管理をしてくれる永代供養の家族墓であれば、無縁墓になることもなく安心できますよね。今回は永代供養の家族墓について、どのような特徴があるのか解説いたします。

  • 永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

    永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

    最近は少子化などの影響で永代供養の施設を利用する人が増えてきています。それと同時に永代供養をめぐるトラブルも色々と起きています。永代供養ではどのようなトラブルが多いのか?それを予防するにはどうすれば良いのか?一緒に考えていきましょう。

  • 永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

    永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

  • 永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!のサムネイル画像

    永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

    子世代が遠方に住んでいる人は、お墓の管理についてどのようにお考えですか?永代供養は親子双方にメリットがありますが、一方で思わぬデメリットもあります。永代供養のお墓にした後で困らないよう、デメリットとメリットについてまとめましたのでぜひ参考になさって下さい。

  • 永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!のサムネイル画像

    永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!

    永代供養墓には様々な種類があり、費用や供養方法なども多種多様です。上手な選び方をするには、どんな点をチェックしていけばいいのでしょうか?今回は永代供養墓を選ぶ時のポイントや注意点をまとめました。納得のいく選び方が書かれていますので、ぜひ最後までご覧ください。

  • 永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

    永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

    永代供養のお墓では、お墓の管理や供養を墓地管理者が行います。お墓の承継で悩む必要はなく、永代供養のお墓にする方も増えています。しかし永代供養のお墓といっても供養の仕方などがよく分からず、不安な方も多いでしょう。永代供養できるお墓について分かりやすく解説します。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・年数」についてさらに知りたい方へ

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!のサムネイル画像

永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!のサムネイル画像

永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!のサムネイル画像

永代供養できるお墓とは何か?永代供養墓の種類や料金について紹介!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・年数」についてさらに知りたい方へ

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと