永代供養は無宗教でも出来るの?わかりやすく解説します!

少子高齢化や核家族化が進行する中で先祖代々のお墓の跡継ぎがいないという事情で永代供養を選択する家庭が増えています。この永代供養を利用するうえでの疑問の1つに無宗教でも大丈夫かどうかというものもあります。今回は永代供養は無宗教でもやっていけるか見てみましょう。

目次

  1. 永代供養は無宗教でも出来るのか
  2. そもそも永代供養とは?
  3. 永代供養は無宗教でも出来る
  4. 無宗教の方が永代供養する際のポイント
  5. 無宗教の永代供養まとめ

永代供養は無宗教でも出来るのか

お墓

近年、少子高齢化による若年人口の減少や、核家族化や都市部への人口集中の影響で地元にある先祖代々のお墓を守っていく人がいないという悩みを抱える家庭が少なくありません。

そのため、いわゆる終活の一環としてお墓のことで縁故者が悩まないで済むように、また残された故人の遺族や縁故者が遺骨などの管理に手間をかけないで済むように永代供養という選択肢をとるという人も急増しています

後述するように永代供養は墓地の管理者に管理費用さえ払っていれば、遺骨や、それが納められたお墓・納骨堂に供養をしてくれるサービスです。

しかし、永代供養を検討している方でこんな疑問を呈する人も少なくありません。
それは、「永代供養は無宗教でも利用できるのか?」というものです。

たしかに近年では葬儀などについても多様化してきており、中には宗教に関係のない自由な葬儀やお墓の在り方を実践するという人も増えてきています。
そういう人たちからすれば、永代供養について無宗教でも大丈夫なのかどうかというのは、確かに気になるところといえます。

終活ねっとでは今回、永代供養は無宗教でも利用できるのかどうかという問題について取り上げていきます。
具体的な内容としては、

  • そもそも永代供養とはどのようなものか?
  • 永代供養は無宗教でも出来る理由とは?
  • 無宗教の方でも永代供養をする際のポイントとは?

の各ポイントを軸に見ていきたいと思います。

そもそも永代供養とは?

お墓

無宗教の方でも永代供養を利用できるのかどうかという問題に入る前に、まずは永代供養とはどのようなもので、どのような特徴があるかについて見ていきましょう。

永代供養とは

永代供養とは、お墓の管理者が故人の遺骨を預かり、管理や供養を一括して引き受けるサービスのことです。
このため、預けた側の故人の縁故者にとっては、遺骨やお墓の管理や供養についてほとんど負担がかかることなく、管理者側に管理費さえきちんと払っていれば心配することがほとんどないというメリットがあります。

ただし、永代供養の「永代」とは決して未来永劫という意味ではないという点に注意が必要です。
個人墓や納骨堂といった合祀によらない永代供養では、基本的に契約の際に遺骨を預かって供養してもらえる期間があらかじめ設けられています
そして、それは多くの場合で長くても故人の三十三回忌までというケースになります。

この点に関しては、誤解やトラブルを防ぐ意味でも、永代供養の契約を結ぶ際によく確認しておくことが必要です。
なお、契約期間が過ぎると、故人の遺骨はそのまま合祀墓に納骨され、引き続き管理や供養がされます。

あとは、永代供養を行う管理者が万が一倒産し、別の管理者が引き続き運営することになった場合、そのサービスの内容が悪化するといった場合があることもあらかじめ理解しておく必要があります。

永代供養の特徴

次に、永代供養に見られる特徴について見ていきます。
特にここでは申し込みの際の特徴と、合祀墓に入れた場合の注意点について見ていきます。

後継者が居なくても申し込み可能

まず、永代供養はお墓の後継者つまり跡継ぎがいなくても申し込みをすることができます
実はこの点が、近年後継者になる人がいなくて悩んでいる人たちが永代供養を選ぶ理由ともなっています。

普通のお墓であれば跡継ぎがいない場合、そのまま無縁墓という扱いで一定期間(1年間)過ぎれば墓地の管理者によって撤去され、中に納骨してあるお墓も無縁仏として合祀されることになります。

その点では後継者がいなくても申し込みのできる永代供養は非常に安心といえます。
誰も故人の遺骨の面倒を見なくても、管理者側で永代供養墓に合祀したうえでずっと供養してもらうことができるためです。
そして、それによって故人が無縁仏となることを防ぐこともできます。

本人による生前契約も可能

永代供養については自分の死後に備えた終活の一環として生前契約で申し込むこともできます。
これは死後に残された遺族や親族になるべく負担をかけたくないという人にとっては実に朗報といえる特徴です。

そして、永代供養を生前契約することは本人の意思がそのまま反映されることや、本人が亡くなった後に対する不安が軽減されることなどといったメリットが挙げられます。

基本的な供養の方法について

さて、永代供養ではどのような供養がなされるのでしょうか?

基本的には毎年のお彼岸お盆といったお墓参りで定番の時期に合同で供養を行ったり、年1度や月に1度の指定の日に供養を行ったりします。

また、霊園によっては故人の月命日(毎月の故人が亡くなった日のこと)や回忌(一周忌や三周忌などのこと)に合わせての供養が行われる場合もあります。

合祀墓だと遺骨を取り出すことは出来ない

永代供養で故人の遺骨の納骨先が合祀墓である場合は1つだけ注意しておくべき点があります。
それは、いったん合祀墓に納骨されると、あとで遺骨を取り出すことができないという点です。

合祀墓に納骨する際は他の故人の遺骨も一緒に納骨されます。
この際に故人の遺骨は基本的に他の方の遺骨と一緒に混ざることになります。
そうなれば、特定の故人の遺骨を完全に判別することが難しくなるため、取り出すことができないのです。

永代供養は無宗教でも出来る

お墓

永代供養に関する概要や特徴を見てきたところで、いよいよ無宗教の方が永代供養を利用できるかどうかという問題の核心に迫っていきます。

先に結論を書いてしまうならば、永代供養は無宗教の方でも利用できます
では、無宗教の方でも利用できる永代供養の環境とはどのように整っており、そこではどのような供養がなされているのかを、ここでは詳しく見ていきましょう。

無宗教でも永代供養できる寺院や霊園は多い

まず、無宗教であっても永代供養を受け入れている寺院や霊園は少なくありません
これは、現代において永代供養の利用希望者が急増していることに加え、その中には特定の宗教や宗派に属さない人も多く含まれていることとも関わりがあります。

特に都道府県や市区町村などの地方自治体が運営する公営霊園においては無宗教の方にも開かれています。
また、公営霊園以外の民間の霊園でも無宗教の方を受け入れているところは少なくありません。

以下の項目で公営霊園や民間の霊園がどのように無宗教の方を受け入れているか見ていきます。

公営霊園の場合

公営霊園は先ほども触れたように地方自治体が管理・運営する霊園のことです。
地方自治体に所属して働く公務員には、我が国の最高法規である日本国憲法を順守する義務(憲法第99条に規定)があります。

そして、その憲法には信教の自由(憲法第20条に規定)もうたわれているため、公営霊園は利用者や申込者の宗教や宗派に関係なく開かれています。
当然ながら、信教の自由には「特定の宗教を信じない自由」も含まれるため、公営霊園では無宗教の方の受け入れも特に何の支障もなく行われているのです。

なお、公営霊園は無宗教の方でも利用できるというメリットに加えて、管理費も民間の霊園に比べれば比較的安く設定されています。
そのうえ、住民が納めた税金で運営されているため、自治体が財政破たんしない限りは閉鎖されることがないという点も安心できるポイントです。

さらに、公営霊園における永代供養は合祀墓という形で行われますが、これは民間経営の霊園でいう永代供養墓と同じと考えていただいて差し支えありません。

ただし、人気のある公営霊園では高い競争率による抽選が行われるため、その抽選に漏れることも少なくないという点に注意が必要です。

民間経営の霊園の場合

民間経営の霊園の代表例として取り上げられるのが、宗教法人(寺院)や公益法人、石材店などが運営する霊園です。
管理者が宗教法人の場合、一見するとその宗教法人が信奉する宗教や宗派の信徒以外の受け入れは断られるように見えます。

しかし、実は民間経営の霊園でも無宗教の方に開かれているところは少なくありません
管理者が宗教法人の場合であっても、中には無宗教の方に開かれていることをアピールポイントにしているところもあるほどです。

公益法人が運営する霊園の場合は、法人の存在意義である公益性(特定の個人や集団のみならず、広く社会一般の利益に貢献する性質のこと)を保証する以上、無宗教の方に対しても当然ながら開かれています。

石材店が運営する永代供養を行う霊園の場合も、お客様であれば基本的にその宗教は問いません。

どんな供養が行われる?

さて、国内の多くの霊園で無宗教の方に対しても広く開かれているというのはお分かりいただけたかと思いますが、それらの霊園での永代供養とはどのように行われるものか気になる方も少なくないことでしょう。

基本的には法要の際にお経をあげるのは、仏教のいずれかの宗派に所属する僧侶の方です。
このため、無宗教の方が受け入れられてもその僧侶の所属する宗派のやり方で供養が進行していきます

このため、宗教や宗派などについてはあまりこだわりは持たないほうがよいといえます。
もしも、宗教や宗派についてこだわりがある場合は、無宗教の方向けの霊園を探す段階で、その霊園の管理者の方に相談してみるとよいでしょう。

また、霊園の中には宗教性の薄い供養を行っているところもありますが、それについてはまた無宗教の方でも利用可能な永代供養を扱っている霊園を探すポイントの項でも触れます。

戒名については大丈夫か?

故人が亡くなった際につけられるものに戒名があります。
これは、仏教において人は亡くなった後に成仏するという思想のもとに、仏となった際につけられる名前のことです。

戒名には「○○院××居士」といったようにつけられますが、戒名にもランクがあり、それに応じて金額も大きく変わってきます。

さて、この戒名ですが仏教思想の影響を色濃く反映しているため、特定の宗教や宗派にこだわらない無宗教の方からすれば故人に戒名をつけられるというのは気になることといえるでしょう。

実はその点は心配する必要はありません。
というのは、永代供養においては故人は戒名ではなく俗名(つまり本来の姓名)で供養されます。
だから、その点に関しては特に宗教色はないので安心できるのです。

なお、俗名での供養であれば、戒名をつけてもらう費用自体が発生しないため、それだけでも個人の供養にかかる費用の節減につなげることもできます。

無宗教の方が永代供養する際のポイント

お墓

ここでは、無宗教の方が利用できる永代供養を扱っている寺院や霊園を選ぶ際のポイントについて見ていきます。

ぜひとも、無宗教の方や宗教にこだわりを持ちたくないという方で、永代供養のできる寺院や霊園を探している、もしくはこれから探すという際に役立ててみてください。

霊園の運営が公営であるか、民営であるか

まず、霊園が公営であるか、それとも民間経営であるかどうかという点に注目してみてください。

先ほども触れたように、公営霊園は公的機関である地方自治体が運営・管理しているため、比較的宗教色の薄い供養をしてもらえることが期待できます。
また、税金を投入して運営されているため、管理費が安く設定されている場合も多いです。

一方で民間経営の霊園の中にも無宗教の方に開かれているところは少なくありません。
公営霊園に比べると管理費が若干高めで、行われる供養も宗教色がやや濃くなりがちですが、その反面管理がしっかりと行き届いているだけでなく、供養も手厚いところが多い傾向にあります。

宗教色の薄さをとるか、管理が行き届いている点を取るかはみなさんそれぞれの考え方次第というところです。

費用

永代供養先を探すにしても、やはり先立つものつまり費用の問題は避けて通ることはできません。
この費用の問題で判断する際には、どのような点がポイントになってくるのでしょうか?

納骨の方法による判断

まず永代供養の納骨の方法には大きく分けて、合祀墓への埋葬と、個人墓や納骨堂といった合祀以外のお墓や納骨堂に納骨される形式があります。

合祀墓への埋葬の場合は比較的安く設定されているうえ、文字通り未来永劫そのまま供養してもらうことができます。
が、一度納骨されると遺骨の取り出しができないという点は注意が必要です。

一方の個人墓など合祀以外のお墓や納骨堂への納骨は、専用のスペースで供養などができたり、遺骨の取り出しもできますが、その反面使うことのできる期間に上限があるため、期限が来れば合祀墓に移す際の費用が発生します。(永代供養料に含まれていることも多い。)

立地条件と費用の関係

また、立地条件が永代供養の費用に影響することも少なくありません。

例えば、公営霊園は宗教を問うことなく、どのような人でも基本的に受け付けていますが、これも立地条件によってはお墓の土地代に大きく響いてきます。

東京23区内であれば地価が高くなるため当然土地代なども高くなりますが、同じ東京の多摩地域や、千葉県、神奈川県といった東京以外の地域であれば23区内に比べても比較的安くなります。

このように霊園の立地する地域によって、土地代などが大きく変動する場合も多いので、事前によく調べておくことが大切です。

供養の方法

永代供養では、無宗教であっても墓地を管理する寺院や、霊園が関わる宗派の方法で供養されることが多いです。
特に宗教にこだわりのない人であればそれでもかまいませんが、ある程度それが気になる場合は、どうしても抵抗を覚えるのではないでしょうか?

その場合は、宗教色の薄い供養をしてくれる寺院や霊園に注目してみるのもポイントの1つです。
公営霊園ではすでに書いた通り供養の仕方が宗教色が薄いという点も魅力的な点といえます。
また、民間の霊園や寺院であっても、宗教色が薄い供養をしてもらえるところもたくさんあります。

宗教や宗派についてどうしても抵抗感がある場合は、このように宗教色の薄い供養をしてもらえるという点を重視してみることが霊園や寺院探しの助けとなります。

合祀墓以外の方法の選択肢もあるかどうか

永代供養では基本的に合祀墓に納骨・供養されるというやり方がされますが、もしそれ以外の方法を検討できないかと考えているのであれば、合祀墓以外の方法を扱っているところを探してみるとよいでしょう。

合祀墓以外の永代供養の方法としては、樹木葬散骨といった方法があります。
どちらも自然葬であるため、故人を自然に還すことができるうえに宗教的な色彩が薄いという点では、無宗教の方にも比較的受け入れられるような方法です。

樹木葬については都会近郊の公園墓地という形式と、地方の里山を活用した形式とがあり、いずれにしても墓標の代わりに背の低い樹木を植え、その木の下に遺骨を埋葬することになります。

一方の散骨は、故人の遺骨を細かく砕く粉骨の段階を経て、海や山の中といった故人が生前愛した場所に遺骨をまくというやり方です。
遺骨をまく場所については、散骨場所の利用者(漁業関係者や海水浴客、林業関係者など)に配慮する必要がありますが、それさえ気を付けていれば故人の遺志を反映した場所に葬ることができます。

ただし、一度納骨や散骨をすると二度と遺骨の取り出しができないという意味では、合祀墓(永代供養墓)への埋葬と同じです(樹木葬のみ、骨壺で納骨する場合は取り出しは可能)。
このため、他の故人の遺骨と一緒に埋葬しても構わないかどうかという点で判断が分かれることになります。

無宗教の永代供養まとめ

お墓

無宗教の方でも永代供養を利用できるかどうかという問題についていろいろな角度から見てきました。
今回の記事の内容をまとめますと以下のポイントに集約することができます。

  • 永代供養とは、お墓の跡継ぎがいない場合などに墓地を管理する寺院や霊園などが一括して故人の遺骨の管理や供養を引き受けるサービスのことで、年ごとにニーズが高まっている。後継者がいなくても、また本人の生前に契約することもできるが、一方で一度合祀墓に納骨されると遺骨の取り出しができない。
  • 無宗教の方を受け入れる寺院や霊園は非常に多いため、無宗教の方でも永代供養を利用することは可能である。地方自治体が運営する公営霊園であれば確実に受け入れてもらえるうえ、寺院や石材店、公益法人が運営するところでも無宗教の方を受け入れているところは少なくない。
  • 無宗教の方の永代供養先を判断するポイントは、永代供養先の管理者が公営であるか民営であるかという点や、供養の方法に宗教性がどのくらい薄いか、さらに費用の問題や合祀墓以外の方法がとれるかといった点が挙げられる。

このように、永代供養が年ごとにそのニーズが高まっていることから、無宗教の方に対して門戸を開いている永代供養先は非常に多いものです。
それは、昨今の少子高齢化や核家族化といった社会状況の変化を色濃く反映するものともいえます。

そのために、お墓の跡継ぎに恵まれずに悩んでいるという家庭も増え、それにあわせて永代供養の利用者も年毎に増してきています。
さらに無宗教の方も日本人の中で割合として多くなってきている現在だからこそ、いかにして無宗教の立場でも永代供養を利用できる霊園を探すかという問題はかなり身近なものになってきています。

今回の記事を無宗教でも永代供養を利用できる霊園を探す際の参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは他にも「永代供養」に関する記事を多数紹介しておりますので、ぜひそちらもご覧ください。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・無宗教」に関連する記事

  • 永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

    永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

    皆さんは永代供養ができる霊園をご存知ですか。寺院で行う場合とどこが違うのか、気になりますよね。実は費用面も一般墓に比べて安価に抑えられる場合があります。終活を考えていらっしゃる方は、生前墓の申し込みもできる?永代供養の霊園の例についても解説致します!

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

    違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

    最近話題になることの多い永代供養ですが、永代供養がなにか分からない人もいると思います。宗派による違いはあるのでしょうか?また宗派が違えば永代供養してもらえなかったりするのでしょうか?ここでは気になる永代供養について詳しくまとめてみました。

  • 永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

    永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

    ご遺骨の管理について考えたことはありますか?亡くなった後、遺骨の管理ができな方の為に永代供養という方法があります。永代供養についての知識を身につけておきませんか?「臨済宗なんだけど…」と宗教に不安を感じている方へ、永代供養を行っている臨済宗の寺院も紹介します。

  • 永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

    永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

    永代供養の納骨式ではどのような服装や持ち物が必要でしょうか。お布施の金額など、マナーには分からないことが多いです。そこで今回は永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いについて解説します。永代供養の疑問が解消しますので、是非最後までお読みください。

  • 永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

    永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・無宗教」についてさらに知りたい方へ

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・無宗教」についてさらに知りたい方へ

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!のサムネイル画像

永代供養ができる霊園はどこ?寺院で行う場合との違いも解説!

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと