納骨堂の一時預かりとは?どんな人にオススメ?

納骨堂の一時預かりってよく聞くけれど、詳しい内容まで知っていますか? 様々な事情ですぐにお墓に埋葬することができない、供養の方法が決まっていない場合など、いざという時のために知っておくと安心な納骨堂の一時預かりについてまとめました。

目次

  1. 納骨堂の一時預かりについて
  2. 納骨堂の一時預かりとは
  3. 一時預かりのメリット・デメリット
  4. 一時預かりはこんな人にオススメ
  5. 納骨堂の一時預かりまとめ

納骨堂の一時預かりについて

お墓

納骨堂は永代供養だけだと思っていませんか?

永代供養先として近年人気が高まりつつある納骨堂は、一時的に遺骨の預かりをお願いする方法もあることを知っていましたか?

終活ねっとは、納骨堂の一時預かりについて詳しく説明していきますので、最後までお読みいただき、参考になさって下さい。

  • 一時預かりと通常の納骨との違い
  • 申し込み条件と期間
  • メリット・デメリット
  • 一時預かりが向いているケース

納骨堂の一時預かりとは

葬儀

急に身近な人が亡くなってしまい、遺骨を納めるお墓や供養方法が全く決まっていない場合は、どうしたらいいのでしょうか?

通夜やお葬式の準備、参列者へのお礼、各法要の日取り決めなど、やらなくてはならないことが沢山あります。
中でも、多くの方が頭を悩ませるのが納骨方法についてではないでしょうか。

亡くなってから新しくお墓を建てはじめる場合、一般的な納骨の四十九日にお墓の完成を間に合わせることは難しいといわれています。

突然のことで金銭面での準備が整っていない場合もあります。
お墓を立てる場合も、永代供養として納骨堂にお願いする場合もある程度まとまった金額が必要になりますね。

また、そもそもお墓などについて全く知識がなく何の用意もしていない、どうしていいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

このような場合、自宅で遺骨を安置することができれば一番良いのでしょうが、住宅事情やお仕事の都合、家族間の意見の相違などから難しいことがあります。

そんな時に、一時的に遺骨を預かってもらうことが出来れば、気持ちにゆとりが生まれ落ち着いて納骨先の準備や、故人の意向に沿った供養方法を検討することも可能になりますね。

通常の納骨と何が違う?

納骨堂は、本来から一時的に遺骨を安置する場所として使用されてきましたが、近年では、永代供養として世間に広く知られるようになりました。
お参りがしやすい、宗旨や宗派の制約が少ない、子や孫の代までお墓の管理をお願いせずに済む、という理由から人気が高まっていますね。

納骨堂は様々な寺院や霊園に設置されていて、屋内に遺骨を安置して置けるスペースがあり、仏壇式やロッカー式、墓石を設置するお墓のようなタイプがあります。

ここでは、納骨堂で通常納骨される「永代供養」と「一時預かり」の違いについてみていきましょう。

納骨堂での永代供養はお墓に埋葬するのと同じように遺骨を納骨します。
一定期間までは個別に安置し、三十三回忌や五十回忌を目途に合祀墓と呼ばれる他の遺骨と共同供養するスペースに移される場合がほとんどです。
費用は契約時に永代供養料やお布施、刻字料金などを支払い、個別に法要をお願いする場合は別ですが、それ以外の追加料金は発生しません。

一方で、一時預かりの場合は埋葬や納骨はしません。
納骨堂内の専用スペースに「遺骨を預かってもらう」形になり預ける期間が短く設定されているところがほどんどです。
預骨ともいわれていて、多くの寺院や霊園の納骨堂で利用が可能です。

永代供養と大きく違うところは、料金の支払い方法です。
ほとんどの場合、契約時に基本料金もしくは保証金を支払い、更新の必要があるときは1年単位で年間使用料を支払います。
また、粉骨と言って、遺骨をパウダー状にして保管する場合は粉骨料がかかります。

年間の使用料は都内の霊園だと2、3千円、寺院の場合だと数万円のところが多いでしょう。

1年間の使用料が数千円で済むとなると、預けやすいですし、永代供養と比べるとかなり安価ですので、新しい納骨先・供養方法が見つかるまでの期間だけ利用したい場合に適していますね。

また、ご自身が檀家でその寺院でお墓を建立する予定がある場合にも、一時預かりをお願いできます。
先代からの付き合いがあったりすると安心して管理を任せることが出来ますので、一度相談してみるといいですね。

申し込みにあたっての条件

一時預かりの申し込みには、どんな条件があるのでしょうか。

一時預かりをお願いする納骨堂が自治体が運営する霊園なのか、寺院が設置している納骨堂なのかによって、必要な書類、準備する物は異なりますので確認が必要です。

都内霊園の場合、申し込みには

  • 亡くなられてからどこにも埋蔵もしくは収蔵していない遺骨であること
  • 申し込みをする者は、遺骨の親族であること
  • 「火葬許可証」を所持していること
  • 自治体が運営する霊園の場合は、その自治体の区域内に住所があること

を条件としています。

自治体が運営する霊園では、預かり期間中に法要などで遺骨を持ち出すことはできない納骨堂もありますので、注意が必要です。

寺院の納骨堂に一時預かりをお願いする場合、檀家の縛りがあるかどうか?です。
一時的に預けるにしても、宗旨・宗派を問わず誰でも預けることが出来るのか?を必ず預け先に確認しましょう。

また、更新料の支払いが滞ってしまった場合、申込者と連絡が付かない場合には遺骨の引き取りをどうするのか決められています。

どうしても納骨先が見つからない場合には合祀墓と呼ばれる他の遺骨と共同供養するスペースに移すことも条件に含まれる場合がほとんどです。

一時預かりの期間は?

納骨堂の「一時預かり」は永代供養のように、40年、50年、さらにその先もといった長い期間遺骨を預けることが出来ません。

一時預かりは、お墓の準備が整うまでの間や、期間内に新しい納骨先や供養方法を見つける事が条件としている納骨堂がほとんどです。

一時預かりをお願いできる期間は、自治体が運営する霊園では、1~2年とかなり短い期間です。
寺院でご自身が檀家の場合は、
しかし、ほとんどの納骨堂では、事情によりどうしても引き取ることができない場合には延長手数料を支払い預ける期間を延長できる更新制をとっています。

延長は最大で4、5回までという納骨堂が多い中、最大延長期間が10数年以上の施設や、途中で5年預かりに変更することが出来る納骨堂もあります。
懇意にしている寺院などでは、もう少し長めに預かってもらえるところもあり様々です。

一時的に預ける場合でもご自分の置かれている状況や周りの意見に合わせて、どの程度預ける期間があるのかという点は、あらかじめ確認しておく必要があります。

一時預かりのメリット・デメリット

人々

一時的に遺骨を預ける「納骨堂の一時預かり」にも、メリットとデメリットがあります。
二つの側面をよく理解しておきましょう。

メリット

メリットを箇条書きすると以下です。

  • 時間的ゆとりができる
  • 預ける費用が安い
  • 管理の心配がいらない
  • 気持ちの整理が出来る

時間的ゆとり

納骨堂に一時預かりをお願いする1番のメリットは、納骨方法をどうするか一番良い選択肢を考える時間ができることです。

供養方法について何も決まっていなければ、残された家族は戸惑ってしまいますね。
ずっと手元に置いておくこともできないかもしれません。
故人の希望と家族の意向が異なっていれば、家族や親せき間で何度も話し合いが必要になることも考えられます。

遠く離れた土地に先祖代々のお墓がある場合でも、先々のことを考えると今住んでいる場所に近いところへお墓を移すことを検討するケースもあります。

このような時に、一時預かりを利用すれば時間的猶予が与えられるので、ゆっくり家族や親族間で話し合いが出来ます。

慌てて納骨してしまい後で後悔したという事がないように、亡くなった方にとっても残された家族にとっても最良の供養方法を見つけるためにはましょう。

預ける費用が安い

次に挙げられるメリットは、一時預かりの費用が安いことです。
お墓の建立や納骨堂での永代供養は高額な費用が掛かりますね。
費用の工面に時間がかかる場合、一時的に預けている間でも経費の心配を最小限に押さえることが出来ます。

管理の心配がいらない

3つめは遺骨の管理を専門家に任せられることです。
自宅で遺骨を安置しておく場合、住居のスペース面の問題、湿度や温度の管理が心配です。
遺骨にカビが生えてしまうのではないか、匂いが気になるのではないかなど気になりますね。

また、幼い子供がいるご家庭では衛生面にも気を遣いますし、骨壺を落として割ってしまう可能性もあります。

近いうちに転勤や引っ越しで住居を変更するかたもいるでしょう。

その点、納骨堂では専門家による24時間湿度・温度管理がされています。
衛生面でも掃除が行き届いた屋内で、お墓のようにお参りの都度掃除をする、という手間が省けることもメリットの一つですね。

気持ちの整理ができる

また、預けることで気持ちにゆとりが生まれます。
突然の訃報に心を痛めて、遺骨や位牌を目にするたびに悲しい気持ちになります。
悲しみから立ち直れず、ふさぎがちになってしまうこともあります。

少し離れてみるとご自分の思いや将来のこと、周りの事も見えてくるようになるでしょう。
悲しい思いだけでなく、楽しかった日々や大切な思い出を思い出し、前向きな姿勢を取り戻すことができるかもしれません。

一時預かりのサービスを利用することは、気持ちの整理が行えるとともに悲しみや苦しみを和らげてくれますね。

デメリット

一時預かりにおけるデメリットを挙げると、次の3つになります。

  • 預けられる期限が短い
  • とはいえ費用が発生する
  • 更新の都度、足を運ぶ必要がある

預けられる期間が短い

デメリットの1つめは、預ける期間が短いという事です。
「とりあえず預けることが出来たから、お墓のことはもう少し後で考えよう」と安易な気持ちでいると、あっという間に期限が到達します。

延長が可能であるといっても回数が決められている納骨堂がほとんどですので、一時預かりをお願いしたら、計画的に行動する必要があるといえます。

費用が発生する

2つめは費用が発生する点です。
納骨まで自宅で遺骨を安置しておけば費用は掛かりませんね。
しかし、様々な事情で自宅での安置が難しいことがあります。
誰かに管理を任せる必要がある場合は、やはり金銭的負担がかかります。
納骨堂の一時預かりは安いとはいってもそれは人の価値観によって捉え方が異なります。
費用が発生すること自体をデメリットと感じる方もいるでしょう。

契約の更新

デメリットの3つめは、手続きの煩わしさが伴うことです。
預かり期間を更新できる納骨堂の場合、1年間ごとに更新する決まりがあります。
中には、更新料の支払いを振り込み等では受け付けず、直接事務局での手続きが必要になる納骨堂があります。

遠方にいらっしゃる方には、1年に1回といえど大変な手間と労力になります。
特に、高齢やご病気で移動が困難な方は預け先をよく検討する必要が出てきます。

一時預かりはこんな人にオススメ

葬儀

一時預かりについて詳しく見てきましたが、ではどんな方が一時預かりに向いているのでしょうか?

供養の方法に迷っている

以下の理由で供養の方法を悩まれている方には納骨堂の一時預かりはおすすめです。

  • 遠く離れた土地にある先祖代々のお墓に納骨すべきか、それとも手元供養にする方が良いのか、永代供養にするのか、なかなか判断が付かない場合。
  • 亡くなる前は散骨を希望していたが、残された家族は散骨することに抵抗を感じている。
  • 手元供養をしたいが、家族が反対しているのでお墓に納骨すべきか考える時間が欲しい。
  • お墓のこと、納骨のこと、供養のことについてもっと自分なりに調べてじっくりと検討したい。

お墓を立てるメドがたっていない

様々な理由でお墓建立の目処がたってない方もいらっしゃいます。

  • 金銭的な余裕がなくお墓を立てるのが難しい
  • いずれはお墓を立てるつもりでいるが、準備が整っていない
  • 霊園に申し込みをしているがいつ当選するか分からない

海外に持ち帰るまでの短い間預けたい

国を超えて遺骨を移動した方もいらっしゃいます。

  • 海外に在住しているので、日本ではなく身近に置いておきたいが、帰国までに色々と整理したい
  • 生まれ故郷が海外のため祖国の土地に埋葬したい。祖国の墓地に納骨が可能か確認するまで時間がかかる。
  • 海外に赴任中でいつ日本に戻るかわからない、きちんとした納骨までは自分で管理したい

納骨堂の一時預かりまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
申し込みの条件や預けられる期間など、知っているようで意外と知らなかった納骨堂での遺骨の一時預かりについて説明しました。

分かりやすくポイントをまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

  • 霊園や寺院にある納骨堂には一時預かりをお願いできます
  • 申し込みの条件や期限が決められています
  • 永代供養との違いは費用・費用の支払い方法と預ける期間が短いことです
  • ゆっくり考える時間が作れる、気持ちの整理が出来る、安心して管理を任せられるというメリットがあります
  • 供養方法を迷っている、お墓を立てる目途が立っていない、海外に遺骨を持ち帰りたいという方は一時預かりに向いています

人は亡くなられたら必ず何らかの形で供養をしなければなりません。
特に大切な人なら、良く考えてふさわしい供養にしてあげたいですね。
すぐに納骨が出来ない場合には、納骨堂に一時的に預けその間に準備を整えることが出来ますので、ぜひ、参考にして頂けると幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとは納骨堂だけでなく、様々な供養、埋葬の情報についても発信しております。
是非他の記事もあわせておよみくださいませ。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「納骨堂・一時預かり」に関連する記事

「納骨堂・一時預かり」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

    納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

    皆さんは、納骨堂を利用する場合の費用相場についてご存知でしょうか。納骨堂は、利用方法によってかかる費用も相場もかわります。今回は、納骨堂の様々な利用方法を具体的に挙げながら、必要な費用とその相場について解説します。

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

    納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

    様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!のサムネイル画像

    納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

    残された方への負担が少ないと言われている永代供養。 中でも納骨堂は、雨風にさらされないことで注目を集めています。 では納骨堂での永代供養は、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか? 費用の相場を詳しく見ていきたいと思います。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「納骨堂・一時預かり」についてさらに知りたい方へ

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!のサムネイル画像

納骨堂を利用する際の費用相場は?様々な納骨堂の利用法別に解説!

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!のサムネイル画像

納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと