永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

故人を供養する方法の一つである永代供養をご存知ですか? 高齢化や核家族化の加速に伴い、より注目を集めつつあります。 しかし、「墓じまい」と聞くと馴染みのない言葉で手順も大変そうですよね? ここで複雑な手順や手続き方法、永代供養のポイントを押さえておくと安心です。

目次

  1. 永代供養の手順について
  2. 永代供養の一般的な手順
  3. 永代供養料の渡し方
  4. 永代供養の位牌はどうなるのか
  5. 永代供養の手順まとめ

永代供養の手順について

お墓

永代供養という言葉、皆さん一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか?

代々、親族で受け継いできたお墓を管理されている方が高齢であったり、遠方に移住して故郷のお墓が墓守不在であったりとお墓の管理に頭を抱えている方が少なくないようです。

また、少子化の影響からお墓を継承する人がいなくなってしまい、手入れも出来ず、落ち葉や雑草に囲まれて放置されたまま無縁墓になってしまうお墓もあります。

永代供養は、様々な諸事情でお墓参りが困難な場合であっても、お寺が供養してくださいます。
墓石を建立しない分、一般のお墓と比較して費用が抑えられる面もあり子供に迷惑をかけたくないからという理由で生前から永代供養をご自身で申込・契約される方もおられます。

高齢化や核家族化、非婚化が進むなか永代供養は終活の選択肢の一つとなっています。

では、一体何から始めれば良いのでしょうか?
以下のような疑問点を柱に永代供養の手順ついて詳しくご紹介していきます。

  • 勝手にお墓から出して大丈夫?
  • 今までお世話になったお墓の処分方法は?
  • 離檀ってなに?
  • 永代供養料ってどんなもの?
  • 家にあるお位牌はどうするの?

そもそも永代供養はお寺へ依頼するものですが、遺骨を扱うデリケートな手続きです。
市区町村で許可申請をするなど、決められた手順を踏む必要があります。

また、お墓を管理する方や関わりのある親族がいらっしゃる場合はトラブルを避けるために親族間でしっかりと相談をした上で手続きを開始するようにしてください。

永代供養の一般的な手順

お墓

永代供養は名前の通り、長期間に渡って供養をお願いするものですが、どのような方が希望されるのでしょうか?
永代供養を希望される方の代表的な理由は以下のようなものです。

  • お墓の継承者がいない
  • 離婚をしたため単身者である・結婚はしない
  • 経済的な事情からお墓にお金を融通できない
  • 故郷ではなく現在住む地域でお墓を持ちたい
  • 長男ではないので本家のお墓に入れない
  • お寺との付き合いが負担になっている
  • 子供に墓守の負担をかけたくない
  • お墓はあるが手入れが出来ない

以上のように様々な理由が見られます。

今後、皆さんが永代供養を希望するにあたってお寺への手続き方法やそれまでお世話になったお墓の撤去への手順などポイントを押さえてご紹介します。

新たなお寺に改葬して永代供養する場合

転勤や移住など住まいの引越しに合わせて、もしくは遠く離れたお墓の交通の便を考慮して近所の納骨堂を選択するなど、それまで納骨されていたお寺や霊園から別のお寺や納骨堂へ変更されることを改葬と呼びます。

では、改葬とはどのように行うのでしょうか?
基本的な手順は以下のようになります。

それぞれについて、解説してまいります。

  • 改葬許可申請書の提出
  • お墓・墓石の撤去
  • 納骨許可書をもらう
  • 役所で改葬許可証を発行してもらう
  • 新しいお寺へ納骨

改葬許可申請書の提出

お墓のお引越し(改葬)をする場合、墓地・埋葬等に関する法律に基づいて改葬許可申請書という書類の準備が必要になります。
たとえ親・兄弟の遺骨であったとしても許可なく動かすことは、罰則の対象になることがありますので、留意しておきましょう。

改葬許可申請書をもらう

まず1つ目の手順は、現在、納骨しているお墓(改葬元)のある市区町村から改葬許可申請書をもらいます。

申請書は市区町村の役所でもらうことが出来ます。
自治体のホームページから様式をダウンロードすることも可能ですが、窓口で直接もらうのであれば、分からないことを詳細に尋ねることができるので安心です。
窓口は市民課・戸籍課・生活環境課など、担当課も名称も自治体によって異なります。
役所の案内係の方へ「お墓の改葬について手続きをしたい」旨を伝えて聞いてみましょう。

次に改葬許可申請書の記入項目について基本的なものをご紹介します。
自治体によって書類の形式に若干の違いはありますが、以下6項目に関しては必須項目としている自治体がほとんどのようです。

  • 故人の本籍・住所・性別・氏名
  • 死亡年月日
  • 火葬の場所・年月日
  • 改葬をする理由
  • 改葬先の所在地

ここで1つ問題になるのが、「故人の本籍がわからない」という方がいらっしゃることです。
ご自身の親御さんであったり、ご兄弟であれば親族間で調べることが出来るかもしれませんが、祖父母そのまた祖父母となると不明な場合も大いに考えられます。

戸籍がわからない場合は戸籍をさかのぼって調査することになりますが、これには役所での大変な手間と時間がかかります。
複数の遺骨の改葬を希望する方で本籍地が曖昧な方は時間に余裕をもって調べておくとスムーズに手続きできるでしょう。
それでも不明な場合は「不詳」と記入します。

納骨証明書の発行

申請時に必要な納骨証明書をお寺や霊園に発行してもらう必要があります。
これは、現在納骨中であるという証明です。

個々で対応は異なりますが、申請書が兼用になっていて署名・捺印をもらう場合と納骨証明書(埋蔵証明書)を別途発行してもらう場合とがあります。

現在利用中のお墓の撤去・整理

続いてお墓の撤去・整理を行います。
永代供養を行うのと同時にこれまでお世話になったお墓を撤去することになりますが、ここでその手順をご紹介いたします。

ほとんどの場合、お墓はお寺や行政から土地を借りて使用している状態です。
墓じまいの際には墓石の全てを撤去して更地になった状態で返還する必要があります。
この撤去が済んでいない場合、墓石をそのままで放置される可能性があることから、納骨の証明に伴う署名をもらうことができない例もあります。

撤去にかかる作業は石材店などの業者へ依頼することになりますが、お墓の規模や立地条件によって作業者の人数や使える重機の種類、必要なトラックの大きさ・撤去費用の見積もりなどが左右されます。
作業をスムーズに進めるために、墓地管理者・石材店と相談しながら進めていきます。

閉魂供養

閉魂供養とは、お墓のお引越し(改葬)をする時・墓じまい(撤去)をする時・墓石に戒名の追加彫刻を施す時・お墓のリフォームなど墓石を動かす際に行う法要のことをさします。

閉魂法要や閉魂式と呼ばれたり、閉眼供養・閉眼式と呼ばれるなど地域で様々です。

撤去作業日の日程や支払いに関する段取りの調整が完了したら、お寺へお願いして閉魂供養を行います。
お寺の都合もありますので、撤去作業開始の約1か月前に依頼できると安心です。

法要の際はお花・線香・蝋燭・数珠などを用意しますが、宗派によってパターンが異なりますので、お寺へ依頼する時点で服装やお供えものなどもあわせて確認しておきましょう。

また、閉魂供養は法要の一つになりますので、お布施を準備することになります。
その相場は数千円から十万円近くなる場合もあります。
御布施の他にもお墓のある場所によって御車代・御膳料が必要な場合もあります。

離檀の手続きについて

これまでお墓を管理していたお寺と檀家の関係にある方は離檀の手続きをすることになります。
親世代や祖父母世代が檀家であった場合など、現在の持ち主が檀家である意識が無いケースもありますが、お寺の管理する場所に墓地がある場合は原則、檀家であると考えます。

墓石の撤去が完了したら離檀料を支払って、檀家の関係を解消します。
離檀料とはそれまでお世話になった気持ちをお寺に渡す御布施のことを指しますが、わかりやすいように、ここでは離檀料と記します。

離檀料の相場はお寺の格や、お住まいの地域の相場などで左右しますが、一般的に法要1回分が目安とされています。

まれに、全ての手続きを終えた後に高額な離檀料が発覚してトラブルになる例もあるようなので、改葬や他のお寺に永代供養を検討されている方は最初の段階で離檀料についても把握しておきましょう。

納骨許可書をもらう

次に、新しく納骨する予定のお寺や納骨管理事務所(改葬先)に納骨許可書(受入証明書)を発行してもらいます。
これは、「改葬先として新しくうちのお寺(もしくは霊園・納骨堂)で納骨をお受けします」という証明をするものです。

納骨許可書の名称は墓地使用許可証や永代使用許可証といくつかの種類がありますが、提出の義務を課さない市区町村がある反面、書式まで指定している市区町村もあります。

役所で改葬許可証を発行してもらう

最後に、改葬許可申請書(納骨証明書を含む)と納骨許可書(受入許可を証明するもの)の準備が整ったら、改葬元の市区町村へ提出します。

この時に申請者の印鑑が必要になるので忘れないようにしてください。
この印鑑は認め印で構わない所がほとんどですが、スタンプ印は使用できません。

書類に不備がない場合は、改葬許可証を発行してもらうことができます。
改葬許可証の発行に要する期間は市区町村で違いますので、急ぎの場合は余裕をもって申請されることをお勧めします。

この改葬許可証は改葬元から遺骨を受け取る際に提示する必要があります。
この時、提出する必要はありません。

お寺や霊園、納骨堂などの墓地管理者は埋葬許可証の提出がなければ納骨を受けることができません。
お寺から別のお寺へ改葬する場合、自治体から発行されるこの改葬許可証が埋葬許可証に代わって納骨を可能にします。(納骨堂から納骨堂の場合も同様です)

改葬先へ納骨する際に必ず必要になりますので、大切に保管しておきます。

その後、改葬先へ遺骨とともに提出することで、新しいお寺へのお引越し完了です。

新しいお寺へ納骨

いよいよ新しいお寺の永代供養墓へ納骨をすることになりますが、その様式は改葬先によって違いますので大きく4つに分けてご紹介します。

檀家としての登録を要する所もありますが、どの様式であっても、お寺や納骨堂管理業者が永代に渡り供養と管理をしてくれますので、安心して希望する様式の永代供養墓を選択することができます。

  • 一般的なお墓をそのまま拡大した形で仏像や碑を建立した地下室に納骨する様式
  • 合葬墓を併設した建物形式の納骨堂
  • 個別の墓石を設けてあり、一般のお墓と同じ様式
  • 納骨室の地下に散骨スペースを設けてある様式

永代供養墓の納骨方法はお寺によって違います。

  • 一定期間、納骨室で安置したのちに合祀(骨壺から遺骨を出して土へ還す)
  • 納骨と同時に初めから合祀
  • 遺骨の一部を一定期間あるいは永久に安置し、残りの遺骨は合祀

複数の遺骨を同時に永代供養する場合は初めから合祀を選択される方が多いようです。

今までと同じお寺に永代供養してもらう場合

現在お世話になっているお寺で永代供養をしてもらう場合、同じお寺であってもお墓から納骨堂(永代供養墓)への法律上改葬に該当しますので、上記でご説明したものと同じ手順で墓地・埋葬等に関する法律に基づいた改葬許可申請が必要です。

永代供養料の渡し方

葬儀

続いて気になる永代供養料に関してご紹介します。

永代供養料の相場

お墓の規模や地域によって御布施の金額が違うように、永代供養料も一律ではありません
新しい永代供養墓の様式によって金額は違いますし、一度に複数の遺骨を改葬する場合は人数分となる場合もあります。

永代供養墓の需要が増えつつあるのに比例して付加サービスの充実した所もあり、一般的に10万円から150万円と目安を付けにくいほどの価格差がありますので、お寺や運営元へ直接聞いて確認されることをおすすめします。
中には、あらかじめ価格を決めてある上で選べるところもあるようです。

また、金額はさることながら永代供養料をお渡しする際のマナーもしっかりとチェックしておきましょう。

永代供養料の表書き

葬儀や法事の際に弔事用の袋に表書きをしますが、永代供養料の場合をご説明します。
永代供養料は、たいていの場合その後の管理費が一切不要であるなど、納骨の際に一度支払うだけです。
しかし、その後永代供養墓は残された家族の心の拠り所となる大切な場所になります。
お渡しする際のマナーを押さえて、気持ちよく故人を送り出してあげましょう。

封筒の選び方

使用する封筒は白無地のものにします。
柄や色の付いたもの、郵便番号のテンプレートが印字してあるものは避けましょう。

のしはつけるべき?

お祝い事ではありませんので、のしは必要ありません。
地域によっては水引を付ける所もありますが、不幸のあった先へ渡すものではありませんので、不要です。
あえて、水引を利用する場合は双銀や黄色、白黒など地域性にふさわしいものを使用します。

表書きの内容は?

表書きの内容ですが、御布施でも結構ですし、御車代や御膳料をお渡しする方はお寺側が混乱されないように永代供養料と書きましょう。

お金は必ず半紙に包むか中袋を使用[して、白封筒にお金を直接入れるのは避けます。
この際、中袋には住所・氏名・金額を正確に明記しておきましょう。

銀行振り込み

宗派などを不問で運営されている納骨堂などの永代供養料は銀行振り込みで受け付けされている所もあります。
金額が小さくありませんので、振り込みの手順や期日などを事前にしっかりと確認してから振り込みます。
振り込み明細書は振り込みを行った金額や日時の証明となりますので捨ててしまわずに保管しておきましょう。

永代供養の位牌はどうなるのか

仏壇

永代供養をする場合、それまで保管していた位牌の取扱について以下のような選択肢に分かれます。こうしなければならないという決まりはありませんのが、永代供養墓に納骨した後も、個別に法要を執り行いたいと希望される場合は位牌が必要になります。

ご自身の意向とお寺の方針とを考慮しながら検討します。

位牌のお焚きあげ

位牌を自宅で保管することができないし、今後個別の法要の予定もない場合はお寺でお焚き上げをお願いします。
位牌はお墓や仏壇同様に開眼供養されていることから、閉眼供養が必要になります。
お寺で閉眼供養と同時にお焚き上げとして処分をお願いします。
お焚き上げにかかる御布施の相場は1柱(1本)あたり3000円~1万円とされています。

位牌を預けたい場合

位牌を保管するのが困難な場合、どこかに預けることはできるのでしょうか?

一時的に預けることが出来るお寺もある

位牌を自宅で保管することは出来ないけれど、今後個別の法要を執り行う予定がある場合は一時的に位牌を預けることが出来るお寺もありますので、まずは相談してみましょう。
一定期間、安置していただいたのちに返還していただいて自宅で保管するか、法要を終えてからお焚き上げで処分していただくか決定します。

マンションやアパートなどの集合住宅である場合、仏壇を置くスペースを確保できなかったり転勤の度に動かさなくてはいけないと、その都度法要を執り行う必要があるので、落ち着くまで保管をお願いする方もおられるようです。
この場合、預ける期間に応じて料金は異なります。

位牌の永代供養

お焚き上げなどの処分は考えていないけれど、自宅での保管が出来ない方は位牌の永代供養という選択も可能です。
遺骨の場合同様、お寺へおさめて供養を代行してもらうことができます。
ただ、これは永遠にというわけではなく、遺骨の場合同様に一定の期間を経過するとお寺でお焚き上げをしてくださるシステムです。

永代供養の手順まとめ

お墓

今回は永代供養の手順についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
手順についてチェック項目をまとめてみましたので以下でおさらいしてみましょう。

  • 改葬について親族間の意思確認をしておく
  • 現在のお寺との相談・重要事項の確認
  • 墓石の撤去・檀家解消
  • 許可申請書類の準備
  • 永代供養先との契約内容の確認
  • 位牌の管理・処分

永代供養の手順について、大まかに上記6つのポイントでまとめました。
手続きを開始すると不明点があったり、不備で何度も足を運ばなければいけない状況も考えられます。
永代供養を検討される方の多くが高齢である可能性を考えると、その手順も容易ではないでしょう。

分からないことがある場合は自治体の窓口に電話で相談されたり、親族の方とうまく連携しながら手続きされることをお勧めします。

家の財産として親しまれてきたお墓は、社会の変化とともにその形を変えつつありますが、どなたであっても必ずその時が訪れます。

終活ねっとの記事が、皆様が納得のいく供養の形を見つけられる1つの参考になれば幸いです。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・手順」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「永代供養・手順」についてさらに知りたい方へ

永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!のサムネイル画像

永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!のサムネイル画像

永代供養に改葬するときにかかる墓石撤去費用を解説します!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

先祖代々のお墓を永代供養にするには?改葬や墓じまいの方法を解説のサムネイル画像

先祖代々のお墓を永代供養にするには?改葬や墓じまいの方法を解説

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめましたのサムネイル画像

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめました

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・手順」についてさらに知りたい方へ

永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!のサムネイル画像

永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと