放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?

高齢者と呼ばれる年代が増える一方、晩婚化や少子化の影響で若い世代の人口は減少しています。つまり墓守のいない家庭が増えているのです。墓守がおらず放置されたお墓はその後どうなるのか、どんな対処法があるのか。今回は放置されたお墓の疑問を詳しくご説明していきます。

目次

  1. 放置されたお墓のその後
  2. 放置されたお墓のその後
  3. お墓を放置するとどうなるか
  4. 跡継ぎが居ないお墓をどうする?
  5. 墓じまいの方法・費用
  6. 放置されたお墓のまとめ

放置されたお墓のその後

お墓

お墓参りにいった時に、まったく手入れのされていないお墓を見かけたことはありませんか?
今、日本中で問題になっているのがそういった放置されたお墓なんです。

お墓が放置されてしまうのには様々な理由があります。

例えば、

  • 子どもが県外、海外等遠くにいて墓守を頼めない
  • 自分たちが高齢のためお墓参りにいけない
  • 独身もしくは子どもを持たなかった為自分たちの代で墓守がいなくなってしまう

などなど。

今はまだ関係ないと思っている方も、思い当たる節がある方も、そうなってしまってからでは遅いのです。
今のうちにしっかりと大切なお墓について確認し、今後どうすれば良いかを考えておきましょう。

そこで今回は

  • お墓を放置するとどうなるか
  • 跡継ぎが居ないお墓をどうする?
  • 墓じまいの方法・費用

の一番気になる3つの疑問を、より詳しくご説明していきます。

先祖代々の大切なお墓。
荒れ果て放置された無縁墓にしない為にはどのような方法があるのか是非確認しておいてくださいね。

また、終活ねっとでは墓じまいの相談も承っております。
実際に墓じまいをお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

放置されたお墓のその後

お墓

長い間放置され、明らかに荒れ果てたお墓がその後どうなるのかをご存知ですか?

以前は様々な制約があり、無縁墓になってしまってもそのまま放置されていた。

しかし、日本の高齢化、核家族化、土地不足、また無縁墓の増加による周りのお墓への雑草や雑木などの被害は年々増え続け、ついに1999年5月1日に『墓地、埋葬等に関する法律施行規則第3条の改正』が施行されました。

この改正により、墓地を管理している霊園や寺院側が、お墓の撤去を、以前より簡単に行えるようになりました。

無縁墓が撤去された土地は整地され、新たに墓地の権利を販売されますが、墓石に関しては墓石としてのリサイクルができません。
最近でこそ粉砕してコンクリートの材料として使用されるようになってきましたが、まだまだそのまま野山に山積みで放置されているのが現状です。

つまり放置されてしまったお墓は、一定期間を過ぎると撤去され、墓石は廃棄物となってしまうのです。

お墓を放置するとどうなるか

お墓

では、お墓を放置するとどうなるか?を解説してまいります。

管理料を支払わないとどうなる?

お墓を建てる時は、霊園や寺院等に土地を借りるという契約になります。

なので賃貸住宅で言う「賃貸料+共益費」を管理料という形で収めなければいけません。
管理料には草抜きなどの「掃除費用」も含まれています。
場所や施設によっても金額が異なり、年間数千円~数万円と幅があります。

大切なお墓を管理するに当り今大変問題になっているのが何らかの形で管理費が支払われなくなる事です。
例えば、今まで管理費を納めていた人が亡くなり、管理費が納められなくなった場合、管理している側もどこに請求すればいいのか把握できない場合があります。

その場合、未払いの状態が一定の期間を超えると、無縁墓として手続きを取られ、お墓を強制撤去されてしまうのです。

今お墓参りに行っている墓地の管理料を誰が払っているのかご存知ですか?家族や親族の間でもきちんと確認しておく必要がありますね。

無縁墓(無縁仏)として扱われる

先ほど少し紹介しましたが、お墓の土地と墓石には、『墳墓墓地、埋葬等に関する法律施行規則』という法律があります。

近年、放置されるお墓の増加によりこの法律の改正が行われ、手続きを行えば正式に「無縁墓」と認定され、お墓の土地や墓石を管理している側が簡単に撤去できるようになりました。

墓石の撤去までの流れを解説します。
管理者が死亡していたり、管理料が未払いのまま3年間放置されている等、無縁墓として認めざるをえないお墓の権利所有者に対して、官報に1年以内に申し出るよう掲載し、さらにお墓のある場所にも同じ趣旨の内容を記載した立て札を1年間設置する『公告』を行います。

期間内に申し出が無かった場合はその旨を書面に記載し管轄する役所に提出する事で、正式に無縁墓と認定されます。
正式に無縁墓と認定されたお墓はそのまま管理者側で撤去されるのです。

長いように感じますが1年はあっという間です。
自分たちが例えば入院をしてしまったり何かあったときに、遠方に住んでいる子どもや親族にきちんとお墓の事を伝えておかないと、気がつけば強制撤去されていたなんて事も起こりえます。
何事も早めの対策が必要なんですね。

強制撤去された場合、遺骨はどうなるか

無縁墓と認定されたお墓は管理者によってい強制撤去されます。
そのとき中に入っている遺骨はどうなるのでしょうか?

強制撤去つまり改装されたお墓に埋葬されていた遺骨は、合同で祀られるお墓、合祀墓に納骨されます。
一般的に故人が一人一つの骨壷に収まる納骨と違い、合祀墓の場合は、遺骨を直接合祀墓に入れる形になります。
つまり特定の一人の遺骨だけを取り出すと言う事ができなくなるのです。

なので、気がついたら改装され、合祀墓に納骨されていたのでもう一度骨壷に納骨しなおしたい!と言う事は永久にできなくなるのです。

また、改葬費や合祀墓への納骨費、未払いだった管理費等、まとめて高額な請求が来ることもあります。
重ねて嫌な思いをする事になりそうですね。

お墓の放置は絶対に避けた方がよいでしょう。

跡継ぎが居ないお墓をどうする?

お墓

跡継ぎがおらず、親族も疎遠だったり遠方に住んでいて自分たちの代で墓守が居なくなってしまうというと、お墓が放置されないか、これから先が不安ですよね。

お墓は代々守っていくものという考えがやはり根強いですが、時代と共に様々なニーズに合わせて供養の仕方も変わってきました。

「自分たちも年を取ったけれどこのままお墓を放置するわけにはいけない、、」
「でもこのままでは無縁墓になってしまう、、」

そうなる前に対処しておきましょう。

墓守が居なくなるお墓を守っていく為には一般的に、

  • 改葬する
  • 永代供養してもらう

の二つの工程があります。聞いた事はあっても詳しく内容を知らない方も多いのではないでしょうか?

では実際にどのような手続きがあり、かかる費用はどれくらいなのか?
また、すべての工程を終わらせるまでにどれくらいの期間が必要なのか?
詳しく見ていきましょう。

改葬をする

まず一つ目の方法として、改葬があります。
改葬とは、お墓の引越しの事です。

例えば、遠くに住んでいる子どもや親族が今後墓守を続けるとなれば、その近くの墓地にお墓を移さなければいけません。

また、今後自分たちがお墓参りができなくなって放置してしまう可能性があることを前提で、お墓が無縁墓にならないように事前にお寺や霊園に供養をお願いする為には、遺骨もお引越しをしなければなりません。

墓地も管理者に返さないといけないので、そのための改葬を行います。
金額は場所や地域、管理施設によっても異なりますが、改葬の手順と目安は以下の通りです。

  • 現在の墓所の解体と処分(約10万~30万円)
  • お墓を移す場合、墓石をそのまま使う場合は運搬費(新しく建てる場合は120万~)
  • 閉眼供養(魂抜き)のお布施(1万円~)
  • 墓石の処分費

新しくお墓を移して立て直しても、そのまま永代供養をしてもらっても、かなりの金額が掛かってしまうのは間違いありません。
きちんと見積を取って自分たちにあった金額を設定してから改葬の準備に掛かったほうがよさそうですね。

永代供養してもらう

お墓参りにいけない人や、今後お墓参りができる人がいなくなるような人に代わって、寺院や霊園が、遺骨の管理や供養をしてくれる永代供養という埋葬方法があります。

しかし、「永代供養」といっても、未来永劫供養してくれるわけではなく、ある一定の期限が設けられています。
各寺院や霊園によって期限は異なりますが、大体33回忌を目安にしている事が多いようです。

また、永代供養の期限が過ぎてしまった遺骨は、他の遺骨と一緒に永代供養墓に埋葬される事が多いようですが、一部のみ骨壷に入れて後は土に埋葬したりとこれも各寺院や霊園によって異なるようですので、事前にしっかりと確認をしておく必要があります。

永代供養のタイプは大きく分けて

  • 単独墓
  • 集合墓
  • 合祀墓(共同墓)

の3つのタイプがあり、それぞれの供養の仕方によって金額も変わってきます。
今後自分たちの先祖や大切な人をどのように供養して欲しいか、予算とも相談しながら選んで行きましょう。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

墓じまいの方法・費用

お墓

お墓を放置しない為の選択肢の一つに墓じまいと言うものがあるのをご存知ですか?
墓じまいと先ほどご説明した「改葬」は似ているようで違うのです。

簡単に言うと、「改葬」はお墓のお引越しのこと、「墓じまい」はお墓の処分のことになります。

改葬後、自分たちで供養するのではなく、散骨や自然葬、永代供養墓などを利用する場合は、墓じまいになります。
ではその墓じまいの方法や費用について詳しく見ていきましょう。

墓じまいの方法

まずは墓じまいの前に、家族や親族と、墓じまいの後の遺骨の埋葬方法についてしっかりと話し合う事が大切です。
今後自分たちも入る予定の大切なお墓、どのような供養の形が一番なのかしっかりと話し合いましょう。
埋葬方法が決まったら、いよいよ墓じまいの手続きに入ります。

墓じまいの方法には4つのステップがあります。
まずはその大切なステップを確認していきましょう。

届出

墓じまいをする為には、現在お墓がある地区の役所に届出を提出しなければなりません。

その届出を提出するまでにいくつかしなければいけないことがあります。

まずは家族、親族に同意を得ましょう。
手続きを急ぐあまり、家族や親族への十分な説明や同意が無いまま墓じまいの準備をしてしまい、結果トラブルに繋がる場合がとても多いのが現状です。
今生きている私たちと、故人とを繋ぐ大切なお墓だからこそ、しっかり話し合いをしてくださいね。

続いて墓地の管理者に墓じまいの意思を伝えましょう。
家族や親族への説明と同時に、お墓のある寺院や霊園にも墓じまいの意思を伝えなければいけません。
必要な書類や手続きはどのようなものがあるのかなどもきちんと確認しておきましょう。

上記が完了したら改装許可の申請手続きを行いましょう。

  • 改葬許可申請書:<墓地のある市区町村の役場で入手>
  • 埋葬(納骨)証明書:<現在の墓地の管理者が発行>
  • 永代供養許可証:<改葬先の管理者が発行>

上記3つの書類をそろえたら、いよいよ役場に届出を提出します。
すべて不備なく受理されると改葬許可証を発行してもらえます。
発行されたら届出は完了です。

ちなみに、改装許可証は散骨や手元供養の場合は必要のない手続きになりますので、埋葬方法もきちんと決めてから手続きを行うようにしましょう。

閉眼供養

改装をするときに必ず必要なのが、お墓に宿った仏様の魂を鎮めて抜き取る供養、閉眼法要(閉眼供養)です。

遺骨を取り出すときに、住職や僧侶にお願いして閉眼供養してもらわなければなりません。
大切な故人の魂が宿ったお墓を動かしたり改葬するための大切な儀式です。

また、竿石の部分に仏様の魂が宿っていると言われていますので、墓石に文字を追加する等、竿石を動かす場合にも閉眼供養を行います。

必ずしなければいけないという決まりはありませんが、大切な故人にも気持ちよくお引越しして欲しいですよね。
是非きちんと行ってください。

ちなみに、開眼供養と違い、閉眼供養は一般的に親族一同集まる必要はなく、身内だけで行うことがほとんどのようです。

お墓の工事

無事に閉眼供養が終わると、いよいよ墓じまいの工事が始まります。

お墓の納骨室から骨壷を取り出したあと、墓石を撤去し更地にします。
更地にした後は、墓地の管理者に永代供養権を返却して墓じまいの作業は完了です。

まずは改葬工事のために複数の石材店で見積を取りましょう。
墓じまいの作業には墓石の撤去等、重機が必要なのですが、重機が入れないような場所だと人力での作業になりますので費用もかなりかさんでしまいます。
お店によっても金額は様々ですので、まずは色々なお店で見積を取り比較する事が大切です。

どこのお店にお願いしたら良いか分からない場合は、お墓の管理者に提携している石材店が無いか聞いてみるといいでしょう。

移転後の墓地での納骨・法要

墓じまいの手続きや工事が完了したら、手元に戻った遺骨は新しい形で埋葬されます。
様々な形の埋葬方法がありますが、今回は代表的なものをいくつかご紹介いたします。

なお、新しく納骨する前に遺骨や骨壷はしっかりと殺菌しておきましょう。
土中にあった骨壷には様々な菌が繁殖している事が多々あります。
痛みを防ぐ為にもきれいにしておきましょう。

さらに注意したいのがそのまま土葬された遺骨です。
火葬場で焼かれていない遺骨や土葬された遺骨は再火葬が必要になります。
再火葬には洗骨をしたり火葬許可証を取得したりと色々な工程が必要になりますので、専門業者に依頼するのがいいでしょう。

ではどのような納骨・法要の方法があるのでしょうか?

永代供養する

骨壷を綺麗に洗浄するか、新しいものに変えてから永代供養先へ納めます。
永代供養にもいくつかの方法がありますので、永代供養先に確認をしてみましょう。

散骨する

散骨とは、遺骨を細かく砕いて海や山等に撒く方法です。
最近では風船につけて飛ばすなんて方法もあるそうです。とにかく細かく骨を砕かないといけないので、専門の業者にお願いするといいでしょう。

納骨堂へ移す

納骨堂で供養してもらう場合もその寺院や霊園によって納骨の仕方がいくつかありますので必ず事前に問い合わせをしておきましょう。

手元供養する

手元で供養する場合も、遺骨はしっかりと殺菌をして新しい骨壷に入れて保管するようにしましょう。
永代供養や散骨する遺骨の一部を手元に残す方も多いようですよ。
こちらも遺骨は細かく粉にしてもらってから骨壷に入れるようにしましょう。

※散骨や手元供養する場合や、納骨まで期間が開く場合等はトラブルを避けるためにも、「遺骨引き渡し証明書」を墓地管理者にもらっておきましょう。

墓じまいにかかる費用

墓じまいに掛かる費用は本当にピンからキリまでありますが、上記で紹介した流れで考えると、

  • 各種届出書類(数百円~数千円)
  • 閉眼供養のお布施(平均2万円~5万円)
  • 改装工事(平均1平米当り10万円~)
  • 移転後の供養費(合祀で平均10万円~)

と、ざっと計算しただけでも数十万円単位の金額になります。
もちろんそれぞれの墓地の大きさやその後の供養方法によっても変わりますが、墓石の処分費や、改装の際人力での工事になり追加料金がかかる事もあります。

最近では墓じまいの作業がすべてパックになって価格を抑えているお店もありますので、やはり複数のお店で見積を取ってから作業を開始するのがおすすめです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに関する面倒な行政手続き
  • ご遺骨移転先の手配
  • お骨取り出し後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

放置されたお墓のまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、放置されたお墓にフォーカスをあてて解説してまいります。

記事内容を要約すると以下のようになります。

  • 管理料を支払わなかったり、お墓を放置すると無縁墓となる。
  • 無縁墓は、墓石を霊園が強制撤去してもよい。
  • 遺骨を移すには「改葬」「永代供養」の方法がある。
  • 墓じまいの方法を確認しましょう。

今、当たり前のようにお墓参りをしているお墓。
そのお墓の未来の事って中々考えないですよね?

しかし誰でも、いつ何が起こるかわかりません。
そんなときに、何も分からずにそのままになって放置され、無縁墓になってしまうのはとても悲しいですよね。

これからも心をつなげられるように、お墓の未来の事もどうかしっかりと考えてくださいね。
また、お墓の未来は是非親族皆で話し合ってください。
余計なトラブルはきっと故人も悲しみますので、皆で心から供養できるよう、親族間でも心をつなげてくださいね。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・放置」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・放置」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

お墓を捨てる時の流れや注意点について解説!墓じまい・改葬とは?のサムネイル画像

お墓を捨てる時の流れや注意点について解説!墓じまい・改葬とは?

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説しますのサムネイル画像

墓じまいの費用の相場はいくら?改葬や墓石の処分の仕方を解説します

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。のサムネイル画像

現代のお墓事情の変化について問題の原因とその解決策を考えます。

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明しますのサムネイル画像

お墓の整理はどうしたらいいの?その方法と費用についてご説明します

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介しますのサムネイル画像

古いお墓はどうすればいい?墓じまい・改葬のやり方を紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・放置」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

お墓を捨てる時の流れや注意点について解説!墓じまい・改葬とは?のサムネイル画像

お墓を捨てる時の流れや注意点について解説!墓じまい・改葬とは?

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと