礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

礼服と喪服の違いをご存じですか?礼服と喪服を兼用してもいいものなのでしょうか? 主催者やご家族、周りの方に失礼のないように違いをきちんと違いを把握しておくことは、大人としてのマナーです。礼服と喪服の違いを詳しく解説致します。

目次

  1. 礼服と喪服って何が違うの?
  2. 礼服と喪服の種類
  3. スーツとはどう違うの?
  4. メンズとレディースで違いはあるの?
  5. 礼服と喪服のアウターは?
  6. 礼服と喪服の兼用はできる?
  7. 礼服と喪服はどこで買うの?
  8. 礼服と喪服の違いまとめ

礼服と喪服って何が違うの?

困った人々

礼服と喪服の違い、なんとなく分かっているようで自信がない、という方も多いですよね?
でも、冠婚葬祭、特にお通夜とご葬儀は突然あるものです。
主催者やご家族(ご遺族)を始め集まっている方々に失礼をかけるだけでなく、自分が恥をかくことになります。
礼服と喪服の違いについて解説していきますので、どうぞ、最後までお読み下さい。

礼服とは

冠婚葬祭の儀式典礼の際に用いる服装の事で、フォーマルウェアと言われています。
儀式の軽重、公私の別、着用者の身分や階級により多くの種類があります。
格式によって正礼装、準礼装、略礼装、平服と区別されます。
西洋式では昼か夜かによって服装も異なります。
着用している様を「礼装」と呼びます。

喪服とは

死者を弔い哀悼を表すために着る礼服の事で、亡くなった方の近親者が喪である期間に着用する衣服の事。
本来は近親者に限られた着用でしたが、今は一般的には近親者だけでなく葬儀や法事などに参加する際に着用する礼服をさします。

終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

礼服と喪服の種類

格式により正礼服・準礼服・略礼服と正喪服・準喪服・略喪服と種類がありますので、各違いを説明致します。

礼服の種類

葬儀

まずは礼服の種類を解説します。

正礼服

礼服の中で最も格式の高いものです。
結婚式の場では、新郎新婦やその両親、媒酌人や仲人、主賓が着用します。
正礼装は、昼間用と夜間用でいくつかの種類があり、小物に関しても細かな決まり事があります。

準礼服

結婚式では主賓や乾杯・スピーチをする人が着用します。
セミフォーマルとも呼ばれ、結婚式では新郎新婦の親族が着用します。
時間帯によって着用できる服装が異なります。
新郎新婦とその両親、媒酌人などより格が上にならないよう配慮しましょう。

略礼服

一般の列席者(同僚、友人など)が着用し、時間帯による区別はありません。
男性は、濃紺やチャコールグレーなど黒以外のダークスーツ、女性は形式ばらないフォーマルなドレスを着用します。

喪服の種類

葬儀

続いて喪服の種類を解説します。

正喪服

葬儀で遺族や親族が着用するものです。
一周忌までは正喪服を着用するとされ、黒無地スーツ、ワンピース、アンサンブルなどです。

準喪服

葬儀で一般弔問客が着用し、また三回忌以降の法要で親族が着用するものです。

略喪服

一般弔問客、通夜で着用する 黒、濃紺、濃いグレーなどの地味な服のことです。

スーツとはどう違うの?

「できれば、スーツを兼用で使いたい」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、喪服と黒い(ビジネス)スーツはまったく別のものです。
礼服はビジネスでは着れず、スーツは葬式で着ることはできません。

まず、礼服の黒と、スーツの黒では色が違います。
黒色が濃い程高級と言われています。
全員が黒い喪服・礼服を着ている中で、普通のスーツの黒はグレーがかって見え、色の薄さが目立ちます。

ただし、お通夜はダークスーツを着用することは構いません。
お通夜とは「取り急ぎ駆けつける」ものですから、完璧な礼服・喪服を着ていると、以前から不幸を予想していたように感じられていい印象を与えません。

メンズとレディースで違いはあるの?

男女によって決められたルールがあるのでしょうか?
格式によっての違いや、立場によって異なりますので、それを説明します。

メンズの場合

まずはメンズの場合を解説します。

礼服の場合

男性の場合の正礼服、準礼服それぞれについて解説します。

正礼服

昼間用、夜用のいくつか種類があり、午後5~6時を境に区別します。

モーニングコート
昼間用/前裾を斜めに切った上着が特徴。
共布の黒の上着とベスト、ストライプ柄のグレーのスラックス、白無地のシャツにストライプのネクタイと革靴が一般的です。

燕尾服
夜間用/ドレスコードが「ホワイトタイ」の場合は燕尾服を着用します。
上着とスラックス、靴を黒に、それ以外を白でまとめるのが基本。靴は光沢のあるエナメル素材が一般的です。

タキシード
夜間用/基本スタイルは、黒の上着とスラックス、カマーバンド、白のシャツ、靴はエナメル。
ドレスコードが「ブラックタイ(黒の蝶ネクタイ)」の時に着用します。

準礼服

ディレクターズスーツ
昼間用/黒やダークグレーの上着と共布などのベスト、グレー地のストライプ柄スラックスに、白のシャツとチーフ、ネクタイ、革靴を合わせたスタイルです。

ファンシータキシード・スーツ
夜間用/タキシードの上着が黒や濃紺以外の色のものや柄が入ったものです。

ブラックスーツ
昼夜を問わず着用できる。シングルのスーツの場合は、ベスト着用が基本です。

喪服の場合

遺族や親族の場合
通夜/準喪服のブラックスーツ、または略喪服(ダークスーツ)
葬儀告別式/正喪服(モーニング)、または準喪服(ブラックスーツ)


一般弔問客の場合
通夜/準喪服のブラックスーツ、または略喪服のダークスーツ、濃紺や濃いグレーの地味な服
葬儀告別式/準喪服のブラックスーツ、または略喪服のダークスーツ

ネクタイはどう違う?

礼服の場合
結婚式で礼服を着る際は、明るい色のネクタイがいいでしょう。
ネクタイとチーフを揃えるとお洒落です。

喪服の場合
葬儀に参列する際は、黒いネクタイで黒無地がベストです。
刺繍等が入っているもの、光沢のある素材は避ける。
お通夜の場合は地味なネクタイであれば構いません。

レディースの場合

続いてレディースの場合を解説します。

礼服の場合

女性の場合の正礼服、準礼服それぞれについて解説します。

正礼装

女性の正礼装にも種類があります。
着る時間帯によってマナーも異なります。
新婦より華やかで目立つ事がないようにします。

アフタヌーンドレス
昼間用/くるぶしまで、丈は長いほど格式が高くなります。
膝が隠れ肌の露出や光沢は控える。
靴は布か革製、アクセサリーは真珠が一般的です。

イブニングドレス
夜間用/床に着くくらいのドレスで、夜間は多少の肌の露出や光沢のある素材が許される。
靴はエナメル素材、アクセサリーもダイヤモンドなど石の付いたものもOKです。

留袖
既婚女性の和装では最も格の高い着物です。
新郎新婦の母や媒酌人は五つ紋入りの黒留袖、主賓は紋入りの色留袖を着用します。
時間帯関係なく着用できます。

振袖
未婚女性の和装の正礼装です。

準礼装

セミアフタヌーンドレス
昼間用/アフタヌーンドレスの膝が隠れる丈のドレスです。

カクテルドレス
夜間用/カクテルドレスはイブニングドレスの簡略化したものでワインピースが主流です。

訪問着
時間帯や既婚・未婚に関係なく着ることができます。

喪服の場合

正喪服
葬儀で遺族や親族が着用するもの。
肌の露出は極力抑えます。
夏場も長袖が正式ですが、7分袖や半袖でも良しとされています。
スカートの丈は膝下で、ストッキングは黒。
タイツはカジュアルと見なされますが、気候と体調により無理をしないようにします。

準喪服
一般弔問や法要などで着用。
黒無地のワンピース、スーツ、アンサンブルで、正喪服よりは自由の幅があり、夏場は半袖でも良しとされています。

略喪服
一般弔問や通夜で着用。
黒、濃紺、濃いグレーなどの地味な ワンピース、スーツ、アンサンブルなどです。

礼服と喪服のアウターは?

お墓

冬や雨天の日に結婚式や葬儀がある場合、コートが必要という時、ありますよね?
移動時間や待ち時間、他の方の視線に触れることが多いものです。
また、遠方からかけつける場合も多いので、会場までアウターが必要になります。
またその場合、礼服と喪服との違いはあるのでしょうか?

礼服の場合

華やかな色合いでもいいのですが、フォーマルな装いに近いコートを選びます。
春先のスプリングコートは明るい色を選びます。
冬のコートはウール、カシミア、トレンチコートタイプのロング丈でしたら、日常でも使えるので良いでしょう。

避けるべきは、素材が皮製品、毛皮、ダウンのもの。
皮製品や毛皮は礼服の場でも、喪服の場でも動物殺傷のイメージがあり、いい印象を与えません。
ダウンも羽毛ですし、カジュアルなものとされています。ただし、気候や健康状態にもよりダウンコートを着たい場合は着ても許されるでしょう。

喪服の場合

冬場の通夜から葬儀、コートは必需品です。
出棺時に外気に触れることもあります。
黒、濃紺、濃いグレーの地味な色のコート(できれば膝丈)を普段から持っていると安心です。
毛皮、皮製品、ダウンジャケットは避け、ウールやカシミア、トレンチコートなどの素材を。
また、黒無地のショールがあると肩にかけたり、膝かけとなり重宝します。

礼服と喪服の兼用はできる?

正礼服や準礼服は兼用できないとしても、略礼服だったら兼用してもいいんじゃない?
とお思いの方も多いと思いますし、実際に今まで兼用してきたという方もいらっしゃるでしょう。
果たして、兼用できるのでしょうか?

略礼服兼用できる?

喪服は礼服の中に含まれます。
冠婚葬祭として兼用できても、喪服を結婚式などの慶事に兼用することは出来ない、というのが本来の意味から考えられます。
良識的に考えれば、葬儀に着ていく服を結婚式に着ていくことはしません。

ただ、略礼服ならば、兼用しても良しともされています。
どうしてもという場合はダークスーツで ネクタイや小物使いなど、マナーを守るようにします。

入学式や卒業式の場合は?

お墓

ブラックフォーマル服を、入学式や卒園式・卒業式に着ていってもいいのでしょうか?

喪服は礼服の中の弔辞用の服です。
結婚式と同様、おめでたい式に着ていくのはどうでしょうか?
周りの目は案外、注がれています。
「あの黒の色は、お葬式用よね?」と見られていたら、せっかくのおめでたい式でいい印象を与えないのも確かです。

卒園式・卒業式

礼服を喪服として使用している場合は構いませんが、あくまでも喪服の着用は避けたいものです。
ただし、どうしてもという場合はコサージュやネックレスでアレンジしましょう。

入学式

日本では4月で季節的なこともあり、明るいスーツやワンピースの方が多くみられます。
中には濃紺や黒という方もいらっしゃり、卒業式と入学式を同じ服で済ませる方もいます。
そのような場合はコサージュやネックレスなどで、明るいイメージにすることが大切です。
バッグや靴も明るめのベージュなどにすると良いでしょう。

礼服と喪服はどこで買うの?

葬儀

費用の相場は?

品揃えが豊富なのは「洋服の青山」や「アオキ」「コナカ」「はるやま」です。
若い世代用から年配の世代まで デザインも流行を意識して作られたものや、伝統的なものを取り揃えています。

価格は安いものですと1万円前後から購入できますが、礼服や喪服は高級な程黒の色が濃くなります。
体形が変わらなければ 何度も買い替えをするものではありませんから、少し値段が高くてもきちんと見えるある程度、質の高いものを選びたいものです。
皆さんが礼服を着ている場に行くとはっきりと違いが分かってしまいます。
3万以上になると、やはり色が違います。
定番のデザインのモーニングやタキシードを3〜5万円程度から買えますし、Yシャツからネクタイ、靴、小物まで全て お店でトータルで揃えられ、マナーを熟知したスタッフが相談にのって下さいます。

また、デパートのフォーマルウェアコーナーや、イオン・イトーヨーカドーなどの大型ショッピングモールでも、モーニングやタキシードなど普段着る機会が少ない礼服も、購入できるショップがあります。
オーダーも飛びぬけて値段の張るものではないようですので、検討してみてはいかがでしょうか?

買取りができることも

あまり回数を着ていないけれど、太ってしまって着れなくなってしまった、もう少し品質の良いものが欲しい、ということありますよね?
喪服などの礼服を中古で探している方もいます。
今や若者から中高年の方まで、リサイクルショップやオークション、フリマアプリを利用し、礼服も抵抗なく購入されています。
礼服にはブランド品も数多くあり、格安で掘り出し物も多いのです。

礼服と喪服の違いまとめ

いかがでしたか?
礼服と喪服の違いを知ることは、マナーを知ることです。立場に合った服装をすることにより、相手に敬意や思いやる表現となります。
マナーにそぐわない服装は時として取り返しのつかない非礼であったり、その場を台無しにしてしまうことさえあります。

  • 礼服と喪服の違い(正・準・略の種類)
  • 礼服と喪服は兼用できない(ただし、略礼服はマナーを守って)
  • 男女の礼服と喪服
  • アウターは色や素材に注意
  • 卒業式、入学式は喪服兼用を避け、黒スーツでアクセサリーや小物で工夫を
  • 購入は、種類を豊富に取り揃えている スーツ専門店、大型量販店、デパートで

マナーも時代によって少しずつ変化しています。
厳格にルールを守ることから、少しずつ簡略化されていくことも否定できません。

要は儀式や儀礼にはもともとの意味があり、それを理解していれば応用の幅もきくのではないかと思います。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「礼服・喪服」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「礼服・喪服」についてさらに知りたい方へ

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

葬儀用のスーツを男女別に解説!スーツがない場合についてもご紹介!のサムネイル画像

葬儀用のスーツを男女別に解説!スーツがない場合についてもご紹介!

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説のサムネイル画像

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!のサムネイル画像

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!のサムネイル画像

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

身内だけの場合の四十九日の服装マナーについて徹底的に解説します!のサムネイル画像

身内だけの場合の四十九日の服装マナーについて徹底的に解説します!

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

6

関連する記事

「礼服・喪服」についてさらに知りたい方へ

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

葬儀用のスーツを男女別に解説!スーツがない場合についてもご紹介!のサムネイル画像

葬儀用のスーツを男女別に解説!スーツがない場合についてもご紹介!

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説のサムネイル画像

葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や女性の喪服について解説

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!のサムネイル画像

法事にスーツを着てもいいの?法事の服装について徹底解説します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと