納骨堂にお花を持って行っていいの?納骨堂でのマナーを解説!

お墓参りに行く時は、必ずお花を持って行きますよね。しかし、室内にある納骨堂は、お花を持って行ってもいいものなのでしょうか?お供え物はどうなるのでしょう?そこで、知っているようで知らない、納骨堂でのマナーについて解説します。

目次

  1. 納骨堂に持っていくお花について
  2. 納骨堂にお花を持っていっていいの?
  3. そもそも納骨堂はどういうところ?
  4. 納骨堂にどんな花を持っていく?
  5. 納骨堂とお花 まとめ

納骨堂に持っていくお花について

お墓

最近では、納骨する場所は、お墓だけじゃなく、納骨堂を利用されている方も増えています。
お墓参りといえば、お花をお供えするのが定番になっていますが、納骨堂ではどうなっているのでしょう?

花瓶を置く場所もあまりなさそうだし、生花ならお水をあげなければいけないし、お隣にも迷惑になりそうだしと、悩んでしまいますよね。
納骨堂での、お花の扱い方を、知らない方は多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では以下のようなことをご紹介します。

  • 納骨堂にお花を持って行っていいの?
  • そもそも納骨堂とは?
  • 納骨堂に持って行くお花について

お花を持って行っていいのか、お花の種類に決まりがあるかなど、納骨堂においてのお花のマナーについて解説しますので、ぜひ、最後まで読んで、参考にしてくださいね

納骨堂にお花を持っていっていいの?

仏壇

故人やご先祖様が眠る場所にお参りする時は、お花をお供えするのはとても大事なことです。
しかし、新しく納骨堂を購入した時は、屋外のお墓参りと同じようにしてもいいものなのでしょうか?

お参りをする時に持参するものは、特に決まりはありませんが、故人の好きだった食べ物やお花を持って行きたいと思われている方もいるでしょう。

納骨堂での、お花や食べ物などのお供え物に関しては、各それぞれの納骨堂によって決まりが違います。
生花はNGですが造花ならOKというところもありますし、生花は別のところにお供えできる場所を設けている納骨堂もあります。

お参りをする間だけは、お花や食べ物をお供えしてもいいが、帰る時にはすべて持ち帰らなければいけないというところもあります。

自分の納骨堂のルールに従うようにしましょう。
わからなければ、管理者さんに問い合わせしましょう。

特に食べ物や飲み物は、虫が湧いたりネズミが出たりしますので、お参りが済んだら必ず持ち帰るようにし、自宅のお仏壇にあげてからお下がりとして、みんなでいただくようにしましょう。

お供え物

いわゆる霊園や墓所などにある、野外にある一般的にお墓と呼ばれるところにお参りをする場合の必需品は、掃除道具、お線香、ろうそくのほかに、お花や食べ物など、お供え物を持って行くものですよね。
しかし、室内にある納骨堂ではどうなるのでしょう?
確かに、掃除道具はいらないかもしれませんが、納骨堂でのお参りも、彼岸やお盆、命日などには、お供え物を持って行きたいですよね。

最近では、納骨堂も普通のお墓のような気持ちでお参りされる方も多いです。
なので、お墓参りの気持ちで、お花やお供え物を持って行ってもいいものなのでしょうか?
そこで、ここでは、納骨堂でのお供え物についての注意点をご紹介します。

お花

納骨堂の種類によっての、お花の扱い方について解説します。
納骨堂と一口で言っても、いろんなタイプがあります。
それぞれに、お花や食べ物などのお供えの扱い方にルールがありますので、自分ちの納骨堂はどうなっているのか確認して、規則に従うようにしましょう。

ロッカー式・棚式

同じ大きさのお壇がたくさん集まっている納骨堂です。
まるでコインロッカーのようで味気ないと感じる方もおられますが、格安であるということと、一人一人、個別に遺骨を保管しますので、故人と直に向き合えるのがメリットです。
物を置くスペースはほぼありませんので、お花や食べ物をお供えすることはできません。
お線香もお供えできないところもあり、その場合はお線香を建てる場所が別に設けられています。
小さめのブリザードフラワーぐらいしか置けませんので、お墓参りに行ったような気がしないのが難点です。

仏壇型

仏壇が並んでいるような納骨堂です。
家のお仏壇同様に、それなりに物を置くスペースがありますので、小さめのお花ならお供えすることは可能です。
普段は扉を閉めていますので、お参りが終われば生花なら持ち帰るようになっているか、持ち込み禁止になっているところがほとんどだと思われます。
その為、造花を飾っている方が多いのが特徴です。
お線香も火事の危険性があることから、火を付けてはいけないという決まりのところがほとんどです。
食べ物は一応、お供えとしておくことはできますが、持ち帰ることが規則となっているところが多いです。

自動搬送式

コンピュータで制御されており、機械に専用カードを通すことで、遺骨がお参り専用のところまで移動してきます。
普段、簡単に遺骨を見ることができないので、お墓参りに行ったという感覚がないのがデメリットでもあります。
お参りスペースには、お花がすでに用意されているので、自分でお花を持って行く必要はありません。
生花をお供えできるスペースが用意されているところもありますが、自分の家のお墓のためにお花をお供えしていると感じることができないのが難点です。
法要室や休憩室など、施設が充実しているところが多いのは、良い点ですね。

お墓型

室内ではありますが、一般の墓所と同じく墓石を並べるタイプの納骨堂です。
一般のお墓と同じく、お花やお線香をお供えすることが可能です。
水をかけることもできますし、室内なので天候に左右されることもなくお参りすることができます。
生花なら、普通のお墓同様、あまりお参りに行けないのなら早めに持ち帰るようにしましょう。
室内なので、雑草対策や墓石の劣化を遅らすことができるのはメリットですが、お墓型の納骨堂はあまり普及しておらず、費用もかなり高くつくのが難点です。

食べ物

納骨堂であっても、お参りに行った際には、お菓子や飲み物、故人の好きだった食べ物をお供えしたいと思いますよね。
基本的には、どのタイプの納骨堂も室内にあり、お隣と非常に近いということもあり、食べ物、飲み物の持ち込みは禁止されているか、すぐに持ち帰るのが原則とされているところが多いです。

ロッカー型は物を置くだけのスペースがありませんが、他のタイプでは缶ビールや缶ジュースぐらいなら、置いたままでも許されているところもあります。
しかし、果物やお菓子などは、早めに引き取るようにするか、その日のうちに持ち帰るようにしましょう。
飴玉ぐらいなら良いのでは、と思いがちですが、虫やネズミ、カビが生えたり暑い日には溶けてしまうことも考えられます。
毎日、お参りに訪れるのならいいのですが、年に数回程度なら、食べ物はお供えしっぱなしにするのはやめましょう。
納骨堂を管理している人が、見回りに来ることはあっても、お供え物を勝手に捨てることはなかなかしませんので、持って行ったものは自己責任できちんと処理するようにしましょう。

外にあるお墓の場合もですが、お供えした食べ物、飲み物は、お参りが済んだら持ち帰るようにし、家の仏壇にあげてから、みんなでいただくようにしましょう。

お礼

納骨堂を借りる、あるいは買うといった時は、ちゃんと契約書があり、金額も提示されています。
年間に管理費がいくらいるか、契約はいつまで続くものなのかなどもはっきり決まっていますので、よく確認しておきましょう。

民営や公営の納骨堂では、室内の掃除や管理、お花の用意などは、管理者側がしてくれるものですので、特別なお礼などは必要ありません。
ただ、お寺内の納骨堂では、毎日、読経していただいているので、お礼としてお布施を渡す方もおられます。
お布施は気持ちの問題ですから、絶対というわけではありません。

そもそも納骨堂はどういうところ?

困った人々

そもそも、納骨堂というところはどんなとこなのでしょう?
お墓とは何が違うのでしょう?
納骨ができ、故人が安らかに眠ることができる場所として、最近では納骨堂はお墓と同じように考える人も増えています。
ここでは、納骨堂の概要とメリット・デメリットについて解説しますので、もし、納骨堂の購入を検討されているのであれば、ぜひ、参考にしてください。

概要

納骨堂とは、遺骨を収蔵することができる施設のことを指します。
以前は、お墓に納骨するまでの一時的な預かりどころだったのですが、現在では、お墓と同じ扱いとされていて、納骨する際には、お墓同様に「埋葬許可書」が必要です。
寺院が管理するもののほか、公営、民営の納骨堂も増えてきています。
埋葬というより保管という意味合いの方が、納骨堂の説明にピッタリしています。

公営や民営のものは、宗教に関係なく利用できますし、最近はお墓を持たない人が増えていることから、納骨堂に注目する人も多くなっています。

納骨の方法としては、ロッカー型や棚式、仏壇式、お墓の形になっているものもあります。

メリット

納骨堂は、交通の便の良いところにあることが多く、お墓のように郊外にあって、お参りするのが難儀になるということが少ないです。
また、屋内にあることで、雪が降った日でもお参りしやすいというメリットがあります。
雑草対策や墓石の劣化の心配がありません。

納骨堂によりますが、継承者がいなくても遺骨は永代に渡って管理してくれます。
子孫にお墓管理の負担をかけたくないということで、納骨堂を利用する人も増えてきています。

宗派、宗教に関係なく、納骨できるところもありますし、何より、お墓を一から建てるよりは、費用がかなり少なく済みます。

デメリット

納骨堂は、骨壷ごと保管されますので、土に還ることはないので抵抗感を感じる方もおられます。
また、ロッカー式などはお墓の姿からは程遠く、お墓参りの雰囲気がしないというのが難点です。

納骨堂の建物自体が老朽化することもありますし、メンテナンス費用として高額な管理費がかかる場合もあります。

納骨堂は、永代供養として利用できるようになったのが、わりと最近ですので、今後、どのようになるかはまだ不透明です。
民営のところでは、管理会社自体が破綻してしまう恐れもあります。

使用期限を区切っているところもありますので、納骨堂を選ぶ際には、慎重に話を進めましょう。

納骨堂にどんな花を持っていく?

お墓

納骨堂に、お花を持って行っても良いとされている場合は、どんな花を持って行けばいいのでしょう。
一般的に、納骨堂はお隣とつながっていることが多いです。
自分は良くても、周りに迷惑がかかる場合がありますので、お花の種類も慎重に選びましょう。

避けたほうがいい花

納骨堂は、一つのスペースがすごく狭いですので、あまり大きなものは置けません。
また、高さがあるところが多いので、あまりたくさん花を入れ過ぎると、重くなり倒れる可能性もあります。

花の種類は、バラやアザミのようなとげのあるもの、百合のように花粉がつきやすいもの、香りのきついものは避けるようにします。
また、ちょっと触っただけで、葉や花びらがパラパラと散ってしまうようなものはやめましょう。

持っていってもいい花

お花には、厳密な決まりはないので、基本的にはどんなお花でも良いということになります。
ただ、納骨堂の場合は、なるべく早く引き取るか、お参りが済んだら持ち帰るように決められているところも多いです。

そのような場合は、造花、あるいはブリザードフラワーがおすすめです。
大きさも様々ありますし、本物と見間違うぐらいすごい造花もあります。
バラ売りもされていますので、自分の好きな花や故人の好きだった花を組み合わせて、自分で仏花を作ってもいいですよ。

納骨堂とお花 まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
納骨堂とお花の関係について解説させていただきましたが、参考になりましたでしょうか?

この記事では次のようなことを学びました。

  • 納骨堂ではお花や食べ物はお供えできないところがほとんど。
  • お供えした場合は、なるべくお参りが済んだら持ち帰るようにする。
  • 納骨堂にはいろんなタイプがあって、タイプによってお供えの方法が違う。
  • 納骨堂を持つことのメリットとデメリット。
  • 納骨堂にお供えするお花は、造花がおすすめ。

納骨堂というところは、霊園や墓所にあるお墓とは違います。
遺骨が納められている場所としては同じなので、心を込めてお参りをしたいですよね。
しかし、普通のお墓参りの感覚で、お花やお供えの物を持って行っても使えない場合があります。

それぞれの納骨堂でのルールに従って、正しくお参りしたいものです。
たとえ、お花やお供え物を持って行くことができなくても、故人の冥福を祈ることに変わりはありません。
納骨堂は、手ぶらでも気軽に行けるのがメリットでもありますので、こまめに行って、故人とお話ししてあげてくださいね。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・花」に関連する記事

  • 納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?のサムネイル画像

    納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?

    お墓参りに行く時は、お供え物を持って行く人も多いでしょう。故人の好きだったものはぜひともお供えしたいですよね。しかし屋内にある納骨堂の場合はお供え物ってどうなっているのでしょう?そこで納骨堂のお参りの際のお供え物について解説しますね。

  • 納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?のサムネイル画像

    納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

    最近では納骨堂というところはお墓と同じという風に考えられている方も増えてきています。屋内にありお墓参りもしやすいのですが、納骨堂には普通のお墓とは違うルールがあるんです。そこで、納骨堂へお墓参りをする時のマナーや注意点について解説します。

  • 納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?のサムネイル画像

    納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?

    納骨堂へのお供えに悩んでいる方は多いです。 お供え物とはお墓や仏壇に花や故人の好きだった食べ物を供える事が一般的ですが、 納骨堂でも同じ様にお供え物をしていいのか?そもそも食べ物は置いていいのか?等 よく分からない納骨堂でのお供え物のマナーについて解説します。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • 納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

    納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

    最近では、お墓を持つことが負担になってしまい、納骨堂を利用する方が増えてきています。納骨堂と一口に言っても、いろんなタイプがあり、選び方が難しいですよね。そこで、自分に合った納骨堂の選び方を解説しますので、ぜひ、参考にしてください。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介のサムネイル画像

    納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介

    納骨堂へお参りするためのマナーはどんなものがあるのでしょうか。納骨堂に遺骨を安置することも一般的になってきましたが、お参りをしたことがある人はまだまだ少ないのではないでしょうか。納骨堂へお参りするマナーをご紹介します。

  • 公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

    公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

    お墓を建てるのには費用がかかるため、近年では、納骨堂や散骨で供養する方が増えてきています。今回は、その中でも公営の納骨堂での供養を考えている方のために、どんな特徴があるのかをご紹介します。公営と他の納骨堂との違いも含めて見ていきましょう。

  • 納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

    納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

    いつまでも近くに置いておきたい遺骨。 でも、いつかは納骨を考える時がきますよね。 ところで、納骨には、お墓だけでなく、納骨堂という選択肢もあることをご存知でしたか? ここでは納骨堂の仕組みについて解説してまいります。どんな仕組みになっているのか参考にされて下さいね。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「納骨堂・花」についてさらに知りたい方へ

納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?のサムネイル画像

納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?

納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?のサムネイル画像

納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?のサムネイル画像

納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介のサムネイル画像

納骨堂へお参りしたことない人必見!最低限守るべきマナーを紹介

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「納骨堂・花」についてさらに知りたい方へ

納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?のサムネイル画像

納骨堂のお参りの際、お供え物ってどうすればいい?

納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?のサムネイル画像

納骨堂へお墓参りしたいときどうしたらいい?

納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?のサムネイル画像

納骨堂でお供えをする際のマナーまとめ。食べ物は持ち帰る?

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと