夫婦で入れる納骨堂って?そのメリットについて紹介!

実家のお墓に入りたくない、子供や承継する家族がいないなどの理由から、ご夫婦2人で入る納骨堂が大変人気です。夫婦で入れる納骨堂のメリットとは?費用はいくらくらい?お世話は必要なの?どんな種類があるの?今回は、夫婦で入れる納骨堂についてご紹介します。

目次

  1. 夫婦で入れる納骨堂とは?
  2. 夫婦だけの納骨堂ってどんなものなの?
  3. 夫婦だけの納骨堂に入るメリット
  4. 納骨堂やお墓のあり方は多様化している
  5. 夫婦で納骨堂 まとめ

夫婦で入れる納骨堂とは?

お墓

納骨堂とは何か、ご存知でしょうか?
少し前までは、「遺骨はお墓へ」という考えが普通でした。
昔に比べ、お墓のお世話をすることが難しくなってきた今、お墓ではなく遺骨を建物内に保管することのできる納骨堂を利用される方が多くなってきています。

納骨堂には、様々な形式があります。
お一人だけで入れるもの、ご夫婦揃って入れるもの、また、自分の子供や親戚も一緒に入れるものなども存在します。

その中で今回は、夫婦で入れる納骨堂について執筆いたしました。

この記事では、

  • 夫婦だけの納骨堂とは何か?
  • 夫婦の納骨堂に入るメリットとは?
  • 近年変化しつつある納骨堂

などを解説します。

夫婦の納骨堂を考えてらっしゃる方にとって有益な情報を発信いたしますので、是非最後までお読みください。

夫婦だけの納骨堂ってどんなものなの?

人々

納骨堂とは、遺骨が入った骨壺を安置する建物のことです。
墓石を買う必要がなく、残された家族がお墓の世話をしなくていいなどの理由で、昨今大変人気のある供養の方法です。

通常、お墓の場合は代々同じお墓に入る風習がありますが、お墓が遠方にあってお世話ができなかったり、「お墓に入る」以外の納骨方法が増えているため、普通のお墓に入らないことを選ぶ方が増えています。

そこで、人気なのが夫婦だけの納骨堂です。

夫婦だけの納骨堂は、その名の通りご夫婦2人そろって骨壺を安置することができる納骨堂です。
例えば、お二人の間にお子さんがおられない方、息子さんがおらず承継する家族がいない方など、あらゆる面でメリットがあります。
最近では、お墓を持ちたくない方、実家のお墓に入りたくない方などにも選ばれています。

夫婦だけの納骨堂のメリットや気になる費用、納骨堂の種類などをご紹介します。

夫婦だけの納骨堂に入るメリット

お墓

では夫婦の納骨堂を選ぶメリットを解説いたします。

夫婦の好みで納骨堂を選ぶことが出来る

もともとあるお墓に入るとなると、自分でお墓のデザインを選ぶことが出来ません。
その点、納骨堂でしたら生前にご夫婦お二人の好みの納骨堂を選ぶことができるので、納骨堂が選ばれる人気の理由の1つでもあります。

最近たくさんの納骨堂が出来ているので、立地や費用、デザイン、雰囲気などご夫婦にあった納骨堂を選ぶことが可能です。

夫婦で納骨堂に入ると費用を抑えられる

納骨堂はお一人でも入れます。その場合、費用は40万前後かかります。

一方、ご夫婦で契約されても、費用はそこまで上がらないので、お二人で契約された方が断然費用を抑えられます。
また、毎年維持費として費用が発生する納骨堂と、契約時にお金を払えばその後お金を払う必要のない納骨堂もあります。

毎年維持費が発生する場合は、納骨堂ごとにお金を支払う必要があるので、ご夫婦で契約された方が後に残されたご家族への負担も軽減されます。
このように、ご夫婦揃って納骨堂へ入ることは費用面でも大きなメリットがあるのです。

承継者がいない場合でも大丈夫

納骨堂は、承継者がいない、もしくは残されたご家族へ迷惑をかけたくないというご夫婦にも最適です。
納骨堂の多くは永年供養ですので、お墓と違って権利を承継する必要がありません

娘が全員嫁ぎ、お墓を受け継ぐ者がいないといった心配がいらないのです。
ご夫婦だけで完結させられるのも納骨堂のメリットと言えます。

お墓の場合、お墓に入る入らないで揉めることも多く、家族疎遠になってしまう方もおられます。
また、お墓の世話は誰がするのか?誰が費用を払うのか?という問題が挙げられます。

さらに、誰もお墓のお世話ができなくなってしまって無縁仏とならないよう、永代供養や共同墓地などに移されるご家族も多くなり、ご親族が多くいらっしゃる場合は誰が決めるのか?
誰がその費用を払うのか?などといった問題も出てまいります。

そういったお墓の揉め事を防ぐために、お墓の供養が必要なく、また、家族がお参りしやすいという点からも、ご夫婦だけで完結することができる納骨堂を選ぶ方が増えています。

納骨堂やお墓のあり方は多様化している

お墓

結婚相手の家のお墓に入らない女性も多い

最近、「亡くなってまでお姑さんと一緒になりたくない」と考える奥様が多くおられます。
夫と一緒に居たいけど、お姑さんと一緒になるのであればお墓は別がいいというケースはまだしも、「死んでまで夫と一緒にいたくない」という奥様もおられます。

また、お墓のことが理由で離婚に発展するご夫婦も増えてきています。
夫より長生きして、一人で納骨堂に入りたいという方もおられます。

このように、長年添い遂げご夫婦が、最期の最期でバラバラになってしまうのは大変悲しいことです。
ご夫婦が末長く仲良く居られるよう納骨堂をお選びになるのも1つの手段です。

色んなタイプの納骨堂やお墓が登場している

近年、様々な種類の納骨堂やお墓が登場しています。
「お墓はこうでないといけない」という概念は最近薄れつつあります。どういったタイプのものがあるのか見ていきましょう。

納骨堂の種類

納骨堂の様々なタイプをご紹介します。

お仏壇タイプ

仏壇と骨壷を入れる部分がセットになったタイプです。
費用はお高めで、お墓のように代々家族で受け継がれる場合が多いです。

ご両親のお墓を検討する際、一緒に入ることを決められる方も多く見受けられます。
費用はかかりますが、お墓にには仏様がいてほしい方にぴったりです。

ロッカータイプ

その名の通り、仏壇がなくお壇がロッカーのように並んでいるタイプです。
最近はデザインも豊富で、比較的費用も安め。
どうしても見た目がロッカーのようなので、気になる方もいらっしゃると思います。
あまり気にならないようであれば、ご夫婦お二人にちょうどいいサイズと言えます。

位牌タイプ

仏様の周りに位牌を並べておけるタイプです。
骨壷は別で保管されます。納骨をされる方が多いようです。
遺骨をそばで確認することができないことがデメリットですが、気にされないのであればリーズナブルな納骨堂のタイプになります。

合葬タイプ

他人の方と一緒に供養されるタイプです。
この中では一番費用が安い納骨堂になります。
他の納骨堂と違い、骨壷を一人一人できないため、あとあと遺骨を引き取りたくても引き取ることができません。
もちろん引っ越しをすることもできなくなります。

お墓の種類

次に、お墓の種類をご紹介します。

洋型
お墓

近年大変人気のあるお墓です。
お墓と言えば、長方体の味気ないものをイメージしますが、一方洋型のお墓はオシャレですよね。
最近は昔からある日本式のものでなく、海外ようなデザインのお墓が増えてきています。

和型
お墓

いわゆる「お墓」です。
私たちがイメージする長方体のお墓は和型と呼ばれるタイプになります。
三段になっているタイプが伝統的なものです。
お線香立てや献花立など細かい部分のデザインは宗教・宗派によって異なります。

デザイン墓
お墓

完全にオリジナルデザインのお墓です。
自分の好きなもの(釣り好きなら魚、競馬が好きなら馬、漫画さんだと自分の漫画を彫刻したものなど)をオブジェにするお墓です。
変わったものがお好きな方や、芸術家などに人気のあるタイプです。

五輪塔
お墓

五輪塔のお墓は、「地」「火」「水」「風」「空」という意味があり、無事に成仏されお浄土に行けるようにと作られたお墓です。
立派な外観ですね。

そもそも納骨堂やお墓はいらないという人も

そもそも、お墓や納骨堂に入らないというご夫婦も増えてきています。
理由として、子供を作らない方、後に残るご家族に迷惑をかけたくない方、自然派志向の方などが挙げられます。
では、そういった方は遺骨をどうすればいいのでしょうか?
年々増えつつある、”お墓のない供養”の方法をご紹介します。

樹木葬

樹木葬は、お墓ではなく樹木を標とする埋葬方法です。
樹木のすぐそばに遺骨を埋葬し、木に向かってお参りをします。
ナチュラル思考の方が多くなり年々増えています。

樹木葬と永代供養が一緒になった納骨堂もあり、残された家族もお参りしやすく、故人も四季を感じられる場所ということで大変人気があります。

散骨

散骨とはお骨を自然に返す埋葬方法です。
「お参りする際に標がないので困ってしまうのでは?」という反面、どこにいても海や土で故人と繋がっているという考え方もできます。
お墓という形にとらわれず、散骨を望まれる方が増えています。また、残されたご家族のため、納骨堂と分骨される方もおられます。

散骨には行政の決まりはないですが、周りの方への配慮のため暗黙のルールが設けられています。

散骨のルール
  • 遺骨は粉末状にすること
  • 環境を配慮すること
  • 【海の場合】海水浴場の近くや漁業の地域ではしない
  • 【山の場合】住宅の近くではしない
  • 喪服や骨壷などわかりやすい服装では行わない

遺骨を粉末状にしてくれる業者や、散骨のサポートしてくれる業者もありますので、判断が難しい場合はそういった専門業者に頼むといいでしょう。

手元供養

日本ではあまり聞き馴染みのない供養です。
お墓という形にとらわれず、遺骨をずっと手元に持っておく供養の方法です。
そのまま遺骨を持ち歩くのではなく、指輪やペンダント、ブレスレット、ブローチなどのアクセサリーにする方法もあります。

デザインもオシャレなものが多く、一見遺骨をつけているようには見えません。
故人をそばに感じていたい方にとても良いアディアです。

夫婦で納骨堂 まとめ

お墓

いかがでしたか?
この記事では、

  • 夫婦だけの納骨堂がある
  • 夫婦の好みで納骨堂を選べる。費用を抑えられる。承継者の心配がいらない。というメリットがある。
  • 近年納骨堂やお墓の種類は多様化している。

など、夫婦の納骨堂について解説してまいりました。

終活をする上で避けて通れないのが「お墓」問題。
死後も仲良くご夫婦二人揃って一緒に居られる納骨堂は、最近大変人気が出ています。

家族のあり方も変わり、「遺骨はお墓」という概念も少しずつ変わりつつあります。
納骨堂は、ご夫婦揃ってずっと一緒に居られるだけでなく、残されたご家族の負担も少なく、また、費用もぐっと抑えることができます。

ご家族のお住いに合わせて、無理ないお参りができるよう、そしてお二人がご納得がいくようご検討ください。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・夫婦」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「納骨堂・夫婦」についてさらに知りたい方へ

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!のサムネイル画像

永代供養墓?納骨堂?流行りの供養形態の違いを徹底解説します!

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!のサムネイル画像

納骨堂で起こりうる問題とは?種類別にそれぞれの問題点を解説!

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較のサムネイル画像

納骨堂の選び方を解説!各種類の納骨堂のメリット・デメリットを比較

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「納骨堂・夫婦」についてさらに知りたい方へ

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?のサムネイル画像

納骨堂の仕組みを徹底解説!納骨堂ってどんなところ?

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂で行う永代供養について解説!

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!のサムネイル画像

公営の納骨堂の特徴は?他の納骨堂との違いを探ります!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと