供花ってなに?葬儀でお供えするお花について解説します!

通夜や葬儀の際に贈られるお花を供花(読み方=きょうか)と言います。通夜・葬儀会場でよく目にする供花。これはいったい誰が何のために贈るのでしょうか?実際に贈りたい場合はどうすれば良いのでしょうか?今回は葬儀でお供えするお花について詳しく解説していきます。

目次

  1. 葬儀のお花って?
  2. 葬儀のお花を贈る
  3. お花に名前を書く
  4. お花を頂いた方へのお返し
  5. 葬儀のお花を辞退された場合
  6. 他宗派の葬儀のお花
  7. 葬儀のお花についてまとめ

葬儀のお花って?

葬儀

通夜・葬儀会場には、必ずと言っていいほどお花が飾られています。
悲しい会場内の雰囲気を暖かく見守るように並べられた花たちは、元から葬儀会場に飾られていたものではありません。

故人を想い、偲び、冥福を祈りながら誰かが贈った花なのです。

「参列できない場合に贈るものなの?」「親族が贈るものなの?」「お花好きだった故人に贈りたいけどどんなお花でもいいの?」

改めて考えてみると、その用途やルールについて意外と知らないことが多いのに気が付きます。

通夜や葬儀におけるマナーについてはよく調べたり、見聞きしたりもしますが、葬儀のお花にもルールやマナーがあるのです。

訃報は突然やってきます。

その時に慌てないように、そして後から後悔しないように、あらかじめ通夜・葬儀時のお花についての知識を持っておきましょう。

ここでは、

  • 葬儀に贈るお花の種類
  • 実際にお花を贈る際の手順やルール
  • お花の種類
  • 供花の相場
  • 実際にお花をもらった場合のお返しについて
  • 各宗派ごとの葬儀のお花

などについて詳しく解説していきます。
どうぞ最後までお読みください。

葬儀のお花を贈る

葬儀

葬儀に贈るお花の種類

通夜や葬儀の際、個人を弔うために贈るお花にはいくつか種類があります。
それぞれの一般的な名称と違いをまとめてみました。

供花(きょうか)

供花とは通夜・葬儀会場内や祭壇を飾る目的で供えるお花のことです。
祭壇の両側に飾られることも多く、最近ではスタンド式の供花をよく目にします。

故人や遺族のことを想い、冥福を祈る気持ちを込めて贈ります。
故人と親しかった友人・親族などが、やむを得ず参列できない人が贈ります。

また、香典を辞退された場合は、香典の代わりに供花を贈る場合もあります。
1つを一基(いっき)、2つで一対(いっつい)という単位で呼びます。

以前は、一対で贈ることが多かったのですが、親族以外は一基で贈る場合が多くなっています。

花輪(はなわ)

花輪は式場の外に飾られます。

葬儀と言えば花輪(花環)を連想する方も多いのではないでしょうか。
主に造花や生花を輪状に組んで作ったもので、式場の入り口などにずらりと並べられています。

お祝い時にはカラフルなものが多く、葬儀時には白を基調とした花輪が並びます。
供花と同じ役割を果たすものですが、最近では外観などの理由からこの花輪を禁止している斎場もあります。

また、もともと花輪を飾らない地域もありますので、あらかじめ喪家や斎場に確認が必要です。
単位は供花と同じく、1つを一基(いっき)、2つで一対(いっつい)と呼びます。

献花(けんか)

献花とは故人に手向ける花のことで、参列者が祭壇に供えます。
主に葬儀告別式で、参列者が前もってお花を1本ずつ手に取り霊前に供えます。

花はあらかじめ斎場で用意されています。
キリスト教の葬儀では、この献花が一般的で、いわゆる焼香の代わりのような役割を持ちます。

枕花(まくらばな)

枕花とは通夜やその前から故人の枕元に飾るお花のことです。
親族や故人と関係の深かった人から贈られることが多いです。

花の種類に決まりはありませんが、主に白を基調とした花篭などのアレンジメントが主流です。
葬儀告別式が終わったあとも、家族が持ち帰り忌明けまで飾ります。

お花の手配方法

葬儀

では、実際に自分がお花を贈る立場になったとき、どうすればいいのでしょうか。
可能であれば事前に、遺族に了承を得ることも大切です。

なぜなら、遺族側が供花や供物を受け取らない場合もあるからです。
また、斎場によっては生花の持ち込みなどについて、ルールが決まっていることもあります。

慌てて近くのお花屋さんへ頼んだりせず、一度斎場や葬儀社へ確認しましょう。

宛名は?

宛名は基本的に喪主となります。
故人ではなく、受け取るご家族宛てとなります。

例えば、知人の親が亡くなった場合は、知人宛てに贈られます。

いつまでに届けるの?

突然の訃報に、遠方で通夜・葬儀に参列できないこともあるでしょう。
故人との関係からお花を贈りたい、でも日にちがない。

その際は慌てなくても大丈夫です。
花の注文・手配はその斎場の葬儀社が行ってくれる場合が一般的です。

もし遠方からでも、こちらから花を贈るのではありません。
そのため、もちろん早めの注文の方が確実ではあります。

ですが、通夜当日でも注文を受け付けてくれる場合がほとんどです。
では、お花を届けるタイミングについて見ていきましょう。

通夜に贈る場合

通夜に贈る場合は、基本的に通夜の開始に間に合うように贈ります。
なので、受付開始時間を確認するようにしましょう。

お花は通夜の日に届きさえすれば、葬儀で飾れます。
なので、通夜に間に合わなくても心配はありません

葬儀に贈る場合

通夜と同じく、葬儀開始に間に合うように贈る必要があります。
なので、前日もしくは当日の朝には届いておくことが理想的です。

もし葬儀に間に合わない場合は、葬儀が終わって落ち着いてから自宅に贈る方法もあります。
その場合は初七日~四十九日までの間に贈った方が良いでしょう。

担当葬儀社が決まっていることも

担当葬儀社が決まっている場合、その担当葬儀社へ供花の依頼をするのが一般的です。
斎場に確認すれば、担当葬儀社を教えてくれます。

斎場が葬儀社の自社会場の場合もありますので、ちゃんと確認しましょう。

担当葬儀社を通さずにお花屋さんへ注文した場合に、もしその斎場が持ち込みを禁止していたら、持ち込み料を支払わなければいけない場合があります。

なので、指定の花屋さんが決まっているか、必ずご確認ください。

お花の選び方

葬儀

お花の種類はたくさんあります。

通夜や葬儀に飾られるお花のイメージとしては、落ち着いたカラーの組み合わせだと思いますが、種類や色にルールはあるのでしょうか。

お花の種類

お花の種類に決まりはありませんが、よく見かけるものとしては菊やユリなどがあげられます。
特に仏教では菊やユリ、カーネーション、キキョウ、胡蝶蘭などの花がよく利用されています。

中には菊がいかにもな感じで避けたいと思う方もいるかと思います。
そこで、最近では洋菊などをアレンジに添えることで、菊でも少し柔らかい優しい雰囲気にアレンジできます。

故人を想って贈るお花なので、故人が好きだった花をアレンジに入れたいと考えることもあるでしょう。

その際、バラなど華やかなイメージのあるものは遺族に不快感を与えることがあります。
故人の生前の意志や趣味を尊重しつつ、もらう側の立場になって考えてみましょう。

また、どの花にも花言葉があります。
故人に伝えたい想いなどを供花に込めて贈るのも、また素敵なお別れと言えるのではないでしょうか。

いずれにしても、葬儀の雰囲気をこわしてしまうアレンジメントだけは避けたいものです。

葬儀社に頼む際は、あらかじめ用意されている一般的な組み合わせです。
予算に応じて対応してくれる場合が多いので一度相談してみてください。

お花の色は?

一般的にホワイトをベースとした落ち着いたアレンジが多く見られます。

真っ白だと寂しい感じになってしまいますので、ほんわかと柔らかいイメージのうすピンクやグリーンのような、淡い色と組み合わせた物を選ぶとよいでしょう。

生花の方が良い?

ほとんどの場合、供花や枕花には生花が利用されます。
元々、仏教では花はとても大切なものとされてきました。

生きているものはいつか必ず消滅するという考えのもと、花の短い一生から、人間は、命の儚さ・尊さを学び感謝するという意味合いもあります。

そのような背景から、今でも供花として生花を贈ることが一般的です。

プリザーブドフラワーって?

近年、プリザーブドフラワーが流行した背景もあり、供花としてプリザーブドフラワーを贈られるようになりました。

しかし、プリザーブドフラワーは造花の一種といえます。

長い間綺麗な状態のままだし、管理も楽でいいのではないかと考える方もいるでしょうが、まだまだ生花が一般的です。

年配の方や古風な考え方をもったご家族には理解されにくいでしょう。
もし故人が生前プリザーブドフラワーを趣味としていたり、好んでいた場合には気持ちが伝わり喜んで頂けるかもしれませんね。

一対と一基ではどっちがいい?

前述した通り、供花の単位は1つが一基(いっき)、2つで一対(いっつい)と呼びます。
親族や会社などの団体は一対、個人では一基で贈る場合が多いようです。

お花の金額相場

供花は、一基 約15,000円~20,000円が平均的な相場のようです。
一対になるとその2倍になります。

あまりに安いと失礼にもなりかねませんし、高すぎると先方にとって負担となりますので、相応のものを選ぶ必要があります。

仏花との違いは?

供花と似た言葉で、仏花(ぶっか)と呼ばれるお花があります。
これはお墓やお仏壇に供える花のことです。

お墓やお仏壇の両端に一対で飾られているお花を指します

供花と同じく生花が基本ですが、これは最近あちこちで造花やプリザーブドフラワーが飾られている場面を見かけることが多くなりました。

管理や衛生面で、生花の持ち帰りを促している霊園もあるほどです。
この点では、供花よりも柔軟な考え方になってきているようですね。

お花に名前を書く

葬儀

通夜・葬儀会場にいくと、お花の下に「親族一同」や「個人名」が書かれているのをよく目にします。

贈った人の名前であることは明確ですが、この名前にも意味や書き方などのルールがあります。
このお花に書かれている名前について詳しく説明していきます。

どうして名前をかくの?

花に名前を明記するのは、そのお花が誰から贈られたものなのかを参列者に伝えるためです。
聞かずともこの名前を見れば、故人と親交があった方々が誰なのか分かります。

芳名名札って?

芳名名札とは、供花につける名前の立札のことです。

一般的には、贈られた供花の下に付けられますが、会場によっては芳名板といって会場内にまとめて一覧で掲示する形式もあります。

名前を書く順番は?

個人で贈る場合は名前を中央に、複数名で贈る場合は右側から順に書いていくのが基本です。
一般的に連名は2~3名で、多くても4名までです。

4名以上になるようなら、一同と書くようにしましょう。

連名の場合は?

会社の社員が連名で供花を贈る場合は、会社名・役職・氏名を書きます。
芳名名札は、年齢が上の人や肩書が上の人など、立場が上の人を右側から順番に書いていきます。

(自分から見て右側)株式会社〇〇〇〇 (中央右側)〇〇部長〇〇 〇〇 (中央左側)〇〇課長 〇〇 〇〇

兄弟(姉妹)の連名で送りたいときは、自分から見て一番右側が年上の長男(長女)になります。
その際は各々の氏名のみを順番に書きます。

(自分から見て右側から)〇〇 〇〇(長男)、〇〇 ○○(次男)、〇〇 〇〇(三男)

芳名名札は参列者の目につくものなので、この順番を間違わないように気を付けて、注文するようにしましょう。

夫婦の場合も連名で書く?

特に注意が必要なのは、夫婦で供花を贈る場合です。
一般的に、芳名名札には夫の名前のみを書きます。

または、夫の苗字を書いてから夫と妻の名前をその下に書きます。
夫婦両方の氏名を書くのは、離婚または別居している場合なので気を付けましょう。

名前の書き方は?

名前の書き方は誰が贈ったのか、またどこから贈ったかによっても変わってきます。
色んな場合があるので見ていきましょう。

会社から贈る場合

会社から送る場合
(自分から見て右側)株式会社〇〇〇〇 (中央)代表取締役〇〇 〇〇

のように書きます。
その際、社名や役職名も正式名称で明記します。

社名が長かったり、バランスが悪いときには、㈱、㈲など省略しても構いません。
代表者名も苗字だけではなく、フルネームで書きます。

会社の負担で供花を贈る場合、直属の上司名ではなく代表者の名前で贈るのが基本です。


また、部署のみんなで費用を出し合って贈る場合は、

(自分から見て右側)株式会社〇〇〇〇 (中央)〇〇部一同

というように書きます。
基本的に、人数が多い場合は「一同」でまとめて、個人名を書いた紙を別に付けて送ります。

親族から贈る場合

(自分から見て右側)〇〇家 (中央)親族一同/子供一同/孫一同

親族の場合、贈る人数が少なくても一同で贈ることが多いようです。
上記の他に「兄弟一同」や「甥姪一同」などで贈る場合もあります。

お花を頂いた方へのお返し

葬儀

今度は、お花を頂く側になった場合の対応方法を書いていきます。

お礼状が一般的

供花を頂く場合にもいろいろなパターンがあります。

通夜・葬儀に参列できない方から送られてくる場合。
親族や故人と関係が深い人から香典と一緒に供花も贈られる場合。

香典の代わりとして供花を贈られる場合。
故人の勤めていた会社の皆様からまとめて贈られる場合。

また、葬儀が終わった後に自宅に送られてくる場合もあります。

いずれにしても、お花を頂いた方へのお礼が必要になります。
感謝の気持ちと葬儀が滞りなく終わった旨の報告をかねて、電話やお礼状を書くのが一般的です。

お礼状の書き方

葬儀が終わっても、気持ちの整理がつかなかったり、やらなければいけないことも多いかと思います。

そのような中で、供花を贈って頂いた方へ感謝を伝えるためには、お礼状をいったいどんな形で書けば良いのでしょうか。

一緒に見ていきましょう。

手書きの方が良い?

どんな場合でも、相手に気持ちを伝えるときに手書きのメッセージというのは良いものです。
丁寧に書かれた文字を見て、受け取る側も隅々まで目を通すでしょう。

ただ、多くの方にお礼状を書く必要がある場合や、面識のない方へお礼状を書く場合など、手書きではなかなか大変です。

その際は、無理をせず葬儀社があらかじめ用意しているお礼状パターンなどを利用したり、インターネットで専門の印刷業者もたくさん存在します。

また郵便局でも法要のお礼状サービスが新たにスタートしていますのでご活用ください。

ですが、やはり故人や遺族と特別深い関係にある方や、お世話になった方には手書きでのお礼状の方が、より気持ちが伝わるかもしれませんね。

メールでも良い?

メールは一斉にメッセージを配信することができ、費用もかからないため便利ではあります。
ですが、お礼状としてメールを使用することはあまり一般的ではありません。

メールでは義務的な印象を与えてしまうことがあります。
また、先方に返信しなければならないのではと、気を使わせてしまいます。

会社の同僚などからまとめて供花を頂いた場合など、メールにて失礼のないような関係であれば、そのような伝え方もあるのかもしれません。

ですが、できるだけ直接言葉で伝えたり、お礼状で感謝を伝えましょう。

葬儀に参列してない人に送る場合

参列できない方からお花のみを頂いた場合、返礼品は用意せず、お礼の電話やお礼状だけで済ます場合が一般的のようです。

参列していない人は、自分が送った花が本当に会場に届いたのか確かめることができません。
不安に思っている場合もありますので、できるだけ早めにお礼状を送りましょう。

葬儀に参列した人に送る場合

最近では、返礼品一緒に、あらかじめ葬儀会社が用意した会葬礼状を渡すことが一般的になっています。

特別な関係や高価な供花を頂いた場合などでなければ、葬儀に参列した人には、この「当日返し」をお礼状の代わりと考える場合もあるようです。

後日あらためてお礼状を送る場合は、四十九日法要を待つ必要はありません。
急ぐ必要はありませんが、できるだけ早めに送りましょう。

品物を贈る場合

供花を頂いた場合、お礼状を添えた品物を贈る場合もあります。
これは遺族の方の判断になりますが、相手が恐縮しないような適度な品物を送りましょう。

供花に対するお礼は、香典返しとは異なりますので、四十九日法要を待たずに早めに送ることが多いようです。

値段の相場は?

一般的に、頂いたお花の金額の三分の一~半分程度のお返しをします。
供花は葬儀会社に頼まれる方が多いため、そのだいたいの金額は葬儀会社に聞けば分かります。

分からない場合は、その大きさや豪華さからだいたいの金額を予想してお返しをします。
お香典と一緒に供花を頂いた場合、両方を合わせた金額で判断するのが一般的です。

名目は?

お返しする品物にはと書いた熨斗を付けるのが一般的です。
「志」は、気持ちという意味を持ちます。

お礼状を添えて送りましょう。

葬儀のお花を辞退された場合

葬儀

最近では通夜・葬儀の方法も多様化し、密葬や家族葬・自然葬なども多く見られるようになりました。

故人の意向やご家族の意志で、香典や供花の受け取りを辞退される場合も少なくありません。
考え方はもちろんですが、金銭的な部分など遺族にとって様々な事情がある場合もあります。

ご家族が辞退された場合は、無理に押し付けるようなことはせず、お悔みの言葉を伝えるようにしましょう。

心を込めて手を合わせ、焼香するだけでも故人の冥福を祈ることにつながります。

他宗派の葬儀のお花

葬儀

葬儀は各宗派によって、その流れやルールが異なります。
各宗派ごとの葬儀のお花について最後にまとめてみました。

天理教

天理教で最も注意しなくてはいけないのは、蓮の花が利用できないことです。
なぜなら、蓮の花は仏教を表しているからとされています。

なかなか花屋さんで蓮の花の生花を見かけることはありませんが、花が散ったあとの蓮台(はすだい)などは、生花としても流通していますので注意が必要です。

また、地域や教会によってマナーが異なる場合もありますので確かめる必要があります。

神道

仏教と同じように、菊やユリなどを用いた白を基調としたアレンジが多く見られます。
本来、神道では神事に使う植物として榊(さかき)と呼ばれる木を神に祀ってきました。

しかし、最近では喪主のみが榊を神に祀り、その他の方は仏教と同様の贈り方で花を供えるのが一般的です。

キリスト教

キリスト教の葬儀では、白菊があまり使われません。
ユリやカーネーション洋菊などがよく利用されているようです。

生花を基本とし、芳名名札を付けないことが基本です。
代表的なスタイルとして、バスケットフラワー(花篭でのアレンジ)があります。

また、お花は葬儀ミサの斎場や教会へ送るのではなく、自宅へ送ることが一般的です。

葬儀のお花についてまとめ

葬儀

ここまで、葬儀のお花について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
この文章では、

  • 葬儀のお花には供花、花輪、枕花、献花がある
  • お花を贈る際には、葬儀社か斎場に確認したほうが良い
  • 名前を書く際は右側から縦書きで書く
  • 贈り主の人数が多ければ「一同」とする
  • お礼状は基本的に手書きで書くが、会葬礼状と兼ねることもある
  • お花を辞退された場合は、無理に贈らない

というようなことが分かりました。

葬儀のお花にもいろいろなマナーや意味があり驚きますね。
ですが、一番大切なのはやはり故人やご家族を想う気持ちです。

花を贈ることで遺族の悲しみがやすらぎ、故人への想いが伝わるような供花を贈るようにしましょう。

「葬儀・お花」に関連する記事

「葬儀・お花」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・お花」についてさらに知りたい方へ

これを読めば完璧!葬儀の際のお花の手配についてのサムネイル画像

これを読めば完璧!葬儀の際のお花の手配について

葬儀のときに手向ける供花。そのマナーを知っておきましょうのサムネイル画像

葬儀のときに手向ける供花。そのマナーを知っておきましょう

お葬式にお供えする、お花の基本知識をまとめましたのサムネイル画像

お葬式にお供えする、お花の基本知識をまとめました

供花と花輪の違いとは?贈る際のマナーや値段の相場を解説します!のサムネイル画像

供花と花輪の違いとは?贈る際のマナーや値段の相場を解説します!

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説しますのサムネイル画像

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説します

意外と知らない お葬式に使われる花とその種類についてのサムネイル画像

意外と知らない お葬式に使われる花とその種類について

葬儀用のお花ってなに?お花の種類や値段について解説します!のサムネイル画像

葬儀用のお花ってなに?お花の種類や値段について解説します!

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!のサムネイル画像

家族葬に贈る供花について!贈り方やマナーなども詳しく教えます!

お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!のサムネイル画像

お墓参りで供花を選びお供えする時のポイントと注意点を詳しく紹介!

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?のサムネイル画像

プリザーブドフラワーを供花にしても大丈夫?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・お花」についてさらに知りたい方へ

これを読めば完璧!葬儀の際のお花の手配についてのサムネイル画像

これを読めば完璧!葬儀の際のお花の手配について

葬儀のときに手向ける供花。そのマナーを知っておきましょうのサムネイル画像

葬儀のときに手向ける供花。そのマナーを知っておきましょう

お葬式にお供えする、お花の基本知識をまとめましたのサムネイル画像

お葬式にお供えする、お花の基本知識をまとめました

供花と花輪の違いとは?贈る際のマナーや値段の相場を解説します!のサムネイル画像

供花と花輪の違いとは?贈る際のマナーや値段の相場を解説します!

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説しますのサムネイル画像

家族葬に生花は贈るべき?生花の種類や贈り方についても解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと