納骨堂に維持費ってかかるの?費用とともに納骨堂を選ぶ理由も解説!

最近では、遺骨を納めるのにお墓ではなく納骨堂を選ぶ方が増えてきていますよね。お墓よりは安いとは聞くけど、維持費がかかるのではないの?と疑問に思われる方もいますよね。そこで、納骨堂の維持費とともに、納骨堂を選ぶ理由を解説しますので、ぜひ、最後までご覧ください。

目次

  1. 納骨堂の維持費ってどれくらいかかるの?
  2. そもそも納骨堂に維持費はかかるの?
  3. 納骨堂に納骨するためにかかる費用
  4. 納骨堂を選ぶ理由とは
  5. 納骨堂の維持費まとめ

納骨堂の維持費ってどれくらいかかるの?

お墓

納骨堂は、屋内にある遺骨を納めることができる施設のことです。
一人用や家族用など、大きさもいろいろありますし、ロッカー式や仏壇式、カードや暗証番号で、正面のお参りするところに遺骨が移動してくる機械式などがあります。
お墓を建てるよりは安く済みますし、屋内にあることから天候を気にせずお参りしやすく、お手入れもほとんどいらないということで、最近は人気となっています。

子孫に迷惑をかけたくないということもあって、納骨堂が注目を浴びていますが、実際には費用はいくらぐらいなのでしょう?
維持費は必要なのでしょうか?

そこでこの記事では、以下の事柄について解説します。

  • 納骨堂って維持費はかかるものなの?
  • 納骨堂、購入のための費用の内訳
  • なぜお墓より納骨堂なのか?

納骨堂は、お墓を建てるよりは安いとは言いますが、それでも様々な費用はかかるものです。
子供に負担をかけたくないと納骨堂を選んだものの、思わぬところで費用がかかってしまい、結局維持できなくなったという話も聞きます。

納骨堂は、メリットもありますがデメリットもあるのは事実ですので、良く調べてから慎重に選ぶようにしたいものです。

そもそも納骨堂に維持費はかかるの?

困った人々

そもそも、納骨堂というものは維持費がかかるものなのでしょうか?

納骨堂と一口に言っても、いろんなタイプがあり、管理しているところも様々です。

納骨堂とは、屋内にある遺骨を納めることができる施設です。
日本では、公営、民営、寺院の3つのうちのどこかが管理しています。

納骨堂は、遺族に代わって遺骨を管理してくれている施設ということです。
「納骨堂を購入する」という表現を使いますが、遺骨を納骨する場所を借りているというのが正しいです。

つまり、施設の中にたくさん並んでいる、ロッカー式や仏壇式などの納骨する場所の一角を、借りるということになります。
その場所が永久に自分の物になるわけでは無いということを理解しておきましょう。

屋内にある納骨堂は、室内を維持する必要がありますし、大事な遺骨を預かっているのですから管理もしなければいけません。
そのため、毎年契約の際に支払った申込金以外に、維持費、あるいは管理費が発生する場合もあります。

例えるなら、分譲のマンションを購入しても、廊下やエレベーターなどの共有する部分を維持するために、住宅ローンとは別に管理費を支払わなければいけませんよね。
ローンを払い終わっても、管理費はずっと続きますよね。
納骨堂も同じことが言えます。
共有部分を維持していくために、利用している人、全員から管理費・維持費を支払ってもらって、メンテナンスなどにあてているということになるんです。

また、施設内は、トイレはもちろん、エアコンが効いていて、休憩室や法事用の部屋などが用意されているところもあります。
そのような施設を保つためには、維持費がどうしても必要になってきます。
契約者がいつでも好きなように使うためには、日ごろからのメンテナンスは欠かせませんよね。

また機械式のような新しいタイプの納骨堂では、機械が故障すると困ったことになりますので、メンテナンスは欠かせません。
納骨堂を管理している側も、遺族が気持ちよくお参りできるように気を配っているのですから、維持費がかかるのは仕方がないことかもしれません。

維持費が基本的には必要であるということは分かりましたが、いらない場合もあります
そこで、納骨堂での維持費について詳しく見てみましょう。

契約期間が決まっているもの

納骨堂は、購入するというより借りるといった方が正しいのですが、多くの納骨堂では契約期間が決まっています。
契約期間は納骨堂によってまちまちですが、20年、30年、50年、あるいは二十五回忌、三十三回忌、五十回忌など、切りの良いところを設定しているところが多いです。

契約期間が過ぎれば、合祀墓に遺骨を合祀する、遺族が遺骨を引き取る、新たに契約する、の3つの方法があります。
合祀墓の方に合祀した場合は、それ以降は遺骨は返してくれませんが、合祀墓を管理している寺院や霊園がある限り、永代に渡って供養し続けてくれるということになります。

遺骨をどのような形で供養するのが良いか、先々のことも考えて家族で話し合ってみましょう。

基本的には維持費はかからない

契約期間が決まっている納骨堂を購入した場合は、基本的には維持費はかかりません
というのも、例えば20年契約で納骨堂を購入した場合、費用の中に20年間の永代使用料、永代供養料、そして維持費も含まれています。
つまり、20年間の遺骨の管理を委託する分を、前払いで払うということになります。
維持費というのは、委託料と言ってもいいかもしれません。

納骨堂は、たくさん並んでいるお壇の中の一つを購入するということになります。
契約期間が決まっているものは、20年なら20年、そのお壇を使えるように約束されています。
扉が壊れたなど、お壇に不具合があった場合は自分で修理を考えるということになります。
管理者側はよほどのことがない限り、修理はしてくれません。
つまり、お壇を維持していくのは自分ということになります。
ですが、自分の好きなように大きく改装するようなことはできませんので、注意してください。

管理費が必要になることも

納骨堂によっては、管理費が必要なところもあります
相場は1万円~1万5千円前後のところが多いです。
1年に一度程度、請求が来るケースが多く、施設によっては一括払いで割引をしてくれるところもあるようです。

維持費と管理費は、ほぼ、同じ意味と言っても良いかもしれませんが、管理費は納骨堂を利用している人、全員に一律に発生するものです。
遺骨がちゃんと納められているか、盗難などに合わぬように管理してくれています。

寺院が管理している納骨堂では、維持費や管理費は存在せず、その代わりにお布施を渡すところもあるようです。

管理費は、施設全体のメンテナンスやセキュリティの維持のためにあてられることが多いです。
都心や駅前、施設そのものが大きく新しいところほど、管理費が高くなる傾向です。

この維持費、管理費、お布施が必要かどうかは、納骨堂によって違いますので、契約する前によく確認するようにしましょう。

契約内容を確認しておく必要がある

維持費・管理費が、一括であるか、毎年支払うのかは、納骨堂によって違います。
物価の変動によって、維持費・管理費が変更されることも考えられますので、契約内容をよく確認して、疑問に思った点はきちんと聞いておくようにしましょう。

墓石式のような納骨堂で、彫刻を入れたり、家紋を入れると、契約期間終了の際には追加料金を取られる場合もありますので、契約の際にどのようなことが許されてどれが許されないかもよく聞いておきましょう。

納骨堂は正確に言うと、場所を借りているということですから、契約期間が過ぎればその場所を空けることになり、次の人が借りることになります。
特に宗教・宗派を問わない納骨堂では、次の人などんな宗教を信仰しているかわかりません。
子供に負担をかけたくないと、納骨堂にしたのに、あまり凝り過ぎると、後々に費用が発生してしまう場合もありますので、先々のことも考えて納骨堂を選ぶようにしましょう。

契約期間が決まっていないもの

納骨堂の中には、契約期間が決まっていないものもあります。
1年、あるいは数か月単位で、契約を更新していくシステムになっており、代々に渡って利用することができ、屋内にあるお墓と言ってもいいかもしれません。
初期費用を抑えることができ、お墓を守っていくという気持ちを感じることができます。

契約期間が決まっているものは、最初に一括で契約期間分の費用を払うのに対して、契約期間が決まっていないものは、初期費用は安くできますが、契約更新のたびにそこそこの費用を払うということになります。

契約者が途中で亡くなった場合も、比較的楽に後継者に引き継ぐことができます。
子々孫々に渡って納骨堂を管理していきたい方や、家族で同じ納骨堂に入りたいと望まれている方に向いています。
またいずれはお墓を建てる予定で、一時的に遺骨を預かってほしい方は、契約期間が決まっていないものを選択するのが良いでしょう。

合祀墓の方に遺骨を合祀してしまうと、遺骨は返してもらえませんが、個別用の納骨堂なら遺骨は別々に保管されています。
途中で、納骨堂の施設を変えたい時にも、比較的手軽に変更できるという点がメリットです。

基本的には維持費がかかる

契約期間が決まっているものは、一括で数年間の費用を支払うことになりますが、期間が決まっていないものは、一回に払う費用を押さえられます。
費用の中に維持費が含まれており、文字通り、納骨堂を使用している限りは、維持費を支払わなくてはいけません。
維持費を支払うことで施設側は、契約者が好きな時に納骨堂を利用できるようにしなければいけない義務があるとも言えます。

名目としては、維持費とは言わず管理費と表現するところもありますが、どちらも施設内のメンテナンスなどにあてられることが多いようです。

エアコンの効いた屋内で、お花もお線香もいらず、草むしりや掃除が必要のない納骨堂なのですから、屋外にあるお墓よりもお参りしやすいという点でも、維持費というのは必要なものなのかもしれません。

支払いをやめるとどうなるのか

維持費の支払いが滞った場合、施設側はまず家族・親族に連絡を入れます。
そして、継続の意思があるか確認します。
連絡がつかなかったり、未払い状態が続いた場合は、遺骨を撤去するという手段を取る場合があります。
未払い状態が続いても、完全に撤去されるまでには2~3年の猶予があります。
合祀墓の方に遺骨を合祀してしまうことが多いですが、その施設に合祀墓がない場合はどこかよそにまわされ、遺骨の行方が分からなくなる恐れがあります。

遺族と連絡がつかなくて、合祀された遺骨は無縁仏になる可能性もあります。
合祀墓に入れられた遺骨は、返してくれません。
故人が後継者がいない、あるいは子供に費用の負担をかけたくないと思っていた場合は、契約期間が決まっているものか、最初から合祀墓の方を利用したほうが、故人の供養になるのではないでしょうか?

故人が安らかに眠るためにも、未納や滞納が起こらぬように、家族でよく話し合っておきましょう。

納骨堂に納骨するためにかかる費用

困った人々

実際のところ、納骨堂に納骨する場合の費用はいくらぐらいなのでしょう。
お墓を一から建てるよりは安いですが、納骨堂もタイプや場所によっては、お墓を建てるのと同じぐらいかかる場合もあります。

この章では、寺院が管理している納骨堂と、霊園の中にある納骨堂の費用を比べてみました。
どこの納骨堂が良いか迷ったら、参考にしてください。

寺院の場合

寺院が管理している場合は、宗派は問わないというところもありますが、大体はそのお寺の檀家にならなければいけないことが多いです。
少なくとも寺院管理の場合は、仏教を信仰している人に限られます。
寺院管理の納骨堂は、仏壇式のものが多いようです。
相場は、永代供養がついている寺院の中にある納骨堂は、一人用で50万円ほど、家族用なら100万円~150万円ほどが、一般的な相場です。
有名な寺院になってくると、200万円以上というところもあります。
檀家なら、年間の維持費や管理費は無しというところもあります。

霊園の場合

霊園が管理している納骨堂の場合は、その納骨堂のタイプによって値段はまちまちです。
都や県が運営している公営の納骨堂なら、かなり費用は抑えられて、タイプにもよりますが、50万円~というところもあります。
しかし、公営の納骨堂は、あまり空きがなく、募集も不定期に行われていて、さらに抽選になる可能性が高いです。
民営の納骨堂は、施設内も充実してきれいというのはメリットですが、契約期間が決まっているものが多いです。
初期費用としては、140万円~200万円ぐらいが相場です。
年間に、1万円~2万円ほどの、管理費が必要な場合もあります。

納骨堂を選ぶ理由とは

お墓

最近では、お墓ではなく納骨堂を選ぶ人が増えてきています。
遺骨というものは、土に還るものという考え方を持っている方には、屋内にある納骨堂に抵抗がある方もおられるようです。
確かに、納骨堂へのお参りは従来のお墓参りとは趣が違い、違和感がある方もおられるでしょう。

しかしそれ以上に納骨堂にはメリットもあります。
ここでは、お墓より納骨堂を選ぶ理由について解説します。

普通のお墓に比べて安い

普通のお墓は、霊園や墓所の場所を確保する永代使用権が必要です。
そして、墓石がいることになります。
墓石は、高級なものもありますが、一般的なものでも130万円前後はかかります。
お墓は、親族でない限り中古品を使用することはできません。
以前に使っていた人が、墓じまいをした場合はその場所は空きということになり、次に契約した人が使うということになります。
その際には、前の人の墓石はすべて撤去されます。
従って、その場所にお墓を建てる時は、一から建てるということになります。

その点、納骨堂はまず、墓石はいりません。
中古品と言うと語弊があるかもしれませんが、前に使っていた方が遺骨を移動された後のお壇を使うことも可能です。
なのでお墓を建てるよりは、かなり費用が抑えられます

ただし、有名寺院の納骨堂や、駅前などアクセスの良い地価の高いところでは、普通のお墓を建てるのとあまり変わらない場合もあります。

アクセスが良いことが多い

納骨堂は屋内なので、ビルの中や地下に作ることができます。
都心などでも建設できますので、駅前のビルの中でも作られていることもあります。

お墓というと、郊外に建てられることが多いのですが、納骨堂は都心などに多く見られますので、アクセスが良いというのがメリットです。
天候に左右されることなくお参りできますし、エアコンやトイレも備えられていますので、高齢者の方でも一人でお参りできますよ。
また、お花やお供えを持って行く必要もなく、気軽にお参りできるのも利点です。
草むしりや掃除の必要がないのもいいですね。

お参りをしてから、ゆっくりとショッピングなどをして楽しい時間を過ごせば、故人も喜んでくれるかもしれません。

永代供養であるところも多い

契約期間や供養方法は、納骨堂によっていろいろですが、多くの納骨堂ではある一定期間を過ぎると、合祀墓の方に合祀されるという永代供養と同じ方法をとっています。
もちろん、毎年、管理費を払い続ければ、個別の納骨堂を利用しながら、永代に渡って供養し続けてくれるところもあります。

他には、最初から合祀墓の方に合祀するということもできます。
合祀墓は、遺骨を返してくれない、知らない人と一緒に同じ墓に入るというデメリットはありますが、初期費用だけで済み、維持費・管理費の必要のないところが多いです。

納骨堂を個別に購入した場合は、100万円以上かかるところもあり、維持費・管理費を毎年納めなければいけません。
しかし、合祀墓なら、費用は50万円以下で済み、その後は一切支払いがないというところも多いです。
後継者がいない方や、お墓に費用をかけたくない方に向いています。

管理がしっかりなされている

ほとんどの納骨堂では常時、管理してくれる人がいるので、安心で安全です。
室内の清掃もされていますし、不具合が見つかった場合の対応もしてくれます。

納骨堂によっては、宗教を問わないところもありますので、ほかの宗教の方が独自のお祭りなどをされていても、注意してくれますよ。
機械の使い方や、納骨堂に関する相談や疑問点なども聞くことができるのが良い点ですね。

もちろん、夜中の管理もしっかりなされていますし、盗難やいたずらの心配もありません。

納骨堂の維持費まとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
納骨堂の維持費について、語らせていただきましたが参考になりましたでしょうか?

この記事では以下のようなことを解説しました。

  • ほとんどの納骨堂では、年間に1万円~2万円程度の、維持費・管理費が必要です。
  • 寺院が管理している納骨堂は、お寺の檀家にならなければいけないなどいろいろ制約がある。
  • 最近は納骨堂を選ぶ人が増えているが、納骨堂はデメリットもあるがメリットも多い。

納骨堂というところは、遺族に代わって遺骨を管理・供養してくれるところです。
屋内にあるため、空調もよく、掃除もなされているので、お墓参りがとても楽になります。
その分だけ、管理費・維持費がいるのは当然かもしれません。

子供に負担をかけたくないからと、お墓ではなく納骨堂を選ぶ方もおられるでしょうが、初期費用のほか、年間にいくらぐらいの管理費・維持費が必要であるかということも、よく理解してから納骨堂を選ぶようにしましょう。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。ぜひほかの記事もご覧ください。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「納骨堂・維持費」に関連する記事

「納骨堂・維持費」についてさらに知りたい方へ

  • 納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

    納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

    少子高齢化のなかで後継者の不安がなくなることから、永代供養型の納骨堂が急速に増えています。そこで今回は、納骨堂について運営元や形態などの種類別に整理して解説します。知っておくと安心の納骨堂選びに役立つ知識。納骨堂とその種類についてです。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

    お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

    終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。 それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。 お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。

  • 納骨堂の費用の支払い方は?支払い方を理解して賢く利用しましょう!のサムネイル画像

    納骨堂の費用の支払い方は?支払い方を理解して賢く利用しましょう!

    納骨堂の利用が増えており生前予約する人もいるようですが、どんな費用が必要なのかよくわからないことも多いと思います。 特に初期費用や長期間の管理費などの支払い方法、先々誰が負担するかも心配な問題ですね。 納骨堂の利用の際に必要な費用の支払い方法について解説します。

  • お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

    お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

    遺骨を供養するために、お墓に納骨するという方が多いのではないでしょうか?しかし最近では納骨堂を購入して供養される方も増えてきています。お墓と納骨堂、どっちで供養するのが良いのでしょう?そこでお墓と納骨堂を徹底比較していきます。

  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

  • 費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

    費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

    少子化の影響からか、次にお墓を見てくれる人がいないなどの理由で納骨堂を選択している人が増えてきています。納骨堂は、お墓を建てるより安い費用ですませることができるので、費用面でも人気です。そこで今回は納骨堂を選ぶ時に重視してほしいポイントを紹介していきます。

  • 納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

    納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

    都心では土地の価格が高く、お墓を立てるには多くの費用が掛かります。そこで比較的お金のかからない納骨堂が人気ですが、利用するにはどれほどの料金が掛かるのでしょうか。今回は納骨堂の料金相場について、タイプや要因よりご説明をいたします。

  • 納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

    最近納骨堂を供養の場として利用される方が増えています。 一般のお墓よりもメリットが多そうなので利用したいと思われる方もおられると思います。 でも納骨堂といってもいろいろあり、費用はどのくらいかかるのか、相場が気になりますね。 納骨堂の費用相場をケース別に解説します。

  • 納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

    納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

    昨今のお墓を確保したり、先祖のお墓を継ぐことが困難な方が増えています。 そこで注目されているのが納骨堂での供養です。 しかし普通のお墓とは異なり費用や供養の方法などわからないことが多いのも確かです。 ここでは納骨堂の費用や施設、供養の方法を説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「納骨堂・維持費」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!のサムネイル画像

納骨堂の種類を解説!各種類の特徴やメリット・デメリットも!

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像

納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説しますのサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

納骨堂の費用の支払い方は?支払い方を理解して賢く利用しましょう!のサムネイル画像

納骨堂の費用の支払い方は?支払い方を理解して賢く利用しましょう!

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!のサムネイル画像

お墓と納骨堂、どっちで供養すればいいのかについて徹底比較します!

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!のサムネイル画像

費用以外にも目を向けて、コスパの良い納骨堂探しをしましょう!

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説のサムネイル画像

納骨堂の利用に必要な料金の内訳と相場をわかりやすく解説

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用の相場は?ケース別に価格の相場をお教えします

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えしますのサムネイル画像

納骨堂の費用について!永代供養や一時利用などの相場をお教えします

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと