永代供養の法要・お参りでの服装を解説します!

ここ最近、永代供養をされる方が非常に多くなってきています。しかし、法要やお参りなどの際の服装をどうするのか、といったマナーもよく分からないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、永代供養の法要やお参りの際の服装について解説していきます。

目次

  1. 永代供養の法要・お参りでの服装
  2. そもそも永代供養とは
  3. 永代供養での服装
  4. そもそも永代供養で法要・お参りがあるの?
  5. 永代供養・法要における服装まとめ

永代供養の法要・お参りでの服装

葬儀

永代供養とは最近よく聞くけど、実際に法要やお参りの際の服装については、どうだったかな?と疑問に思われる方も決して少なくないはず。
でも、今更聞けないという方もいらっしゃるかもしれません。

永代供養と言っても、供養は供養なのだからと、一般的なお墓の場合と同じ服装でいいとお考えの方。
または、永代供養は「略式的」ととらえて、正装でなくても普段着で大丈夫とお考えの方、様々な方がいらっしゃると思います。

しかし、永代供養でも法要やお参りの際で、服装が大きく異なる場合があります。
間違えてしまうと、他の参列者の方や、お寺のご住職に対して失礼にあたることもありますので、しっかりと知っておきたいところです。

今回は、

  • 永代供養のメリットやデメリットなど
  • 場合によって異なる永代供養の服装
  • 永代供養のお参りと法要の違い

についてお話したいと思います。
ぜひ最後までお読みになってください。

そもそも永代供養とは

お墓

永代供養とは、そもそも、子々孫々にわたって、祖先を供養する宗教行為のことを指します。
しかし最近では、寺院が共同墓地として保守管理する供養の仕方、永代供養墓のことを指すことが多いといえます。

一般のお墓と永代供養墓の違い

お墓

永代供養が最も一般的なお墓と異なる点は、共同墓地としての性格があるということでしょう。

一般のお墓ですと、「◯◯家之墓」というようにそれぞれの家のお墓が思い浮かぶと思います。
しかし、永代供養では多くの場合他の家の方も一緒に供養されるのです。
共同墓地では、墓地やお堂に亡くなられた方の名前などが載らないことも多いので、最初は違和感を覚える方もいらっしゃるようです。

特定のお堂のなかでお骨を安置して供養するお寺や、お骨を集めて仏像にして供養するお寺など、永代供養の方法も様々です。
ただ、多くの場合共同性があるというのが一番の相違点と言えるでしょう。

永代供養のメリット

お墓

永代供養の最大のメリットは、お墓を守る人がいなくても大丈夫ということです。一般のお墓ですと、子供がそのお墓を管理するのが普通ですが、少子高齢化の現代社会では、そのお墓を管理する子供がいない、ということが現実的に多くあります。
お墓を管理する人がいなければ、そのお墓は市町村が接収し、無縁仏として処理されてしまいます。

しかし、永代供養にすると、そのお墓を管理するのは寺院や霊園になりますので、お墓を守る子供がいなくても、遺族が遠方に住んでいたとしても問題ありません。

また、納骨後の法要も、親族がご住職を家に招いて行なうといったことをする必要がありませんので、結果的に法要が簡略化されるという利点もあります。
死後、遺族の供養が期待できない場合や、遺族の負担が大きい場合などには、永代供養は非常にメリットがあると言えるでしょう。

また、永代供養は一般のお墓と比べて、安価で供養できるのも大きなメリットとして挙げられます。法要も回数が少なかったり、お墓代も必要ないので、経済的にお墓をつくる余裕がないときでも、しっかりと供養してくれるのはメリットとして見逃せません。

永代供養のデメリット

お墓

では、永代供養をする場合のデメリットとはなんでしょうか。
それは、やはり「共同性」にあると思われます。

一般的に、供養と言うと、血の繋がりがあったり、顔の思い浮かぶ遺族を偲ぶもの。自分の家のお墓に手を合わせるという感覚は、まだまだ多くの人に共通してあると思います。
ですが、永代供養は多くの場合共同墓地になるので、お参りの際も、お坊さんに法要をしてもらうときも、自分たち家族だけではなく他の人たちも一緒に行なうことが多いです。

したがって、「この場所に眠っている」家族を供養するという感覚に乏しく、どこか味気ない印象をもつ人もいるようです。それが、一番のデメリットでしょう。

また、納骨後は決まった日のお参りが一般的なお墓のように定期的にあるわけではないので、「お墓まいり」という意味がわからなくなってくる、という遺族の方も少なくありません。

その結果、お参りに行くことが少なくなったり、そもそも行かなくなったりすることもあります。
また、そうしたデメリットをふまえて永代供養を行なわなければ、親族の中でトラブルの原因となることも多いので、安易にメリットに飛びつくことは避けたいところです。

「永代」の意味

永代供養の際に、よくトラブルの原因になるのが、「永代」の意味がが必ずしも永久的に供養することを指すわけではないという点です。

お寺によっても異なりますが、30回忌や50回忌をが終われば永代供養が終わりという規約がある場合もあります。
他にも、そのお寺の檀家ではなくなったり、宗派替えをすると永代供養もできなくなる、という場合もあります。

また、霊園の倒産や寺院の廃止によって供養できない状態になる場合も稀にあります。
永代供養というと、「永久」に供養してくれると思われがちですが、内規や経済的状況などでそうではない場合も多いです。
永代供養をされる場合は、それぞれのお寺に詳細を確認することをまずはお勧めいたします。

永代供養での服装

葬儀

一般のお墓と永代供養が違うことは分かりましたが、永代供養の際は法要のときなどの服装もまた、異なるのでしょうか?
正式な喪服ではなくても良いと聞いたことがあるけど、実際のところどうなのか?と思われている方も少なくないはずです。

「正式な喪服」であれば正解、永代供養だから「略式」で大丈夫、というわけでは決してありません。
お寺によって供養の方法も様々なため、しっかりとした正式な決まりこそありませんが、最低限のルールは抑えておきたいところですよね。

ここでは、意外と知られていない永代供養の際の服装について詳しく見ていきたいと思います。

法要のときは黒めの服装が基本

葬儀

永代供養の際の服装は、納骨式というひとつの法要を行なう形で納骨するため、「簡易的」な印象が強い方も多いでしょう。

それでもやはり、暗い色合い・黒を基調とした服装が基本的なものとなります。
永代供養だから簡単にと思われる方も多いですが、法要を行なうお寺のご住職も正装となるため、完全な普段着ですと失礼にあたってしまうこともあります。

法要の際は、正式な喪服でなくても、暗い色合いの服装にしましょう。
もちろん、個々のケースで正式な喪服、もしくは略式喪服がいい場合と、黒めの普段着でも特に問題ない場合があります。
ここでは、それぞれの詳細についてご説明したいと思います。

親族と一般参列者での違い

葬儀

まず、四十九日の法要と永代供養の納骨式の法要が一緒の場合は、参列者は親族の方だけでなく、一般の参列者の方もいらっしゃることが多いでしょう。

この法要の際は、親族と一般参列者の方の服装の決まりについては、若干異なります。
親族の方は、正式な喪服で参列することが多いですが、一般参列者の方は略式喪服でも問題ありません。
略式喪服とは、喪服の中でも軽装になり、普段着に近くなるもので、敷居も少し低くなります。

お葬式の時とは違い、親族の方も略式喪服でいい場合もあります。
その場合、一般参列者が正式な喪服であった場合、一般参列者の方に失礼が生じてしまいます。
一般参列者として参加される場合は、こうした親族の方に気を払わせてしまうことにも繋がるので、略式喪服が好ましいでしょう。

略式喪服でも問題なし

お墓

先ほど述べたように、永代供養の法要の際は、親族の方が必ずしも正式な喪服でなければならないというわけではありません。

親族の方でも、略式喪服で参列しても問題はありません。
ただし、この場合は、一般参列者の方が正式な喪服で来られた場合、失礼にあたってしまいます。
親族側として参列する場合、略式喪服となった際は、一般参列者の方に事前にご案内することをお勧めいたします。

一方で、四十九日の法要の後、別に納骨式を行なう場合などは、正式な喪服ではなく、黒めの普段着に近い服装が好ましいと言われています。
また、お寺によっては親族の方が納骨蓋を開閉する場合もあるため、動きやすい黒めの普段着の方もいらっしゃるようです。
こちらに関しては正式な決まりがあるわけでありません。

ちなみに、正式な喪服とは、黒のスーツもしくは女性ならばワンピースやアンサンブルのことを指します。袖も長袖で、女性のストッキングも透け感のない黒となります。

一方で、略式喪服は、黒・紺・グレーのスーツもしくは黒いブラウスやスカートを指します。
女性のストッキングは、ベージュでも可となります。
袖丈も季節に応じて、五分袖など短いものでも大丈夫ですので、略式喪服となると、一気に服装の幅が広がります。

注意点としては、女性は光物のアクセサリーは厳禁ということですね。
こうしてみると、永代供養の方が、確かに服装が簡略化されていると言えます。

お参りの時の服装

お墓

法要の後、お参りに行く際の服装も気になるところですが、こちらは正式な喪服である必要はありません。
お寺や参加するお参りにもよりますが、暗めの服装であれば問題ありません。

また、観光地などになっているような、一般のお参りの方も多いような大きなお寺では、華美な服装でなければ暗め色合いの服でなくても問題ないこともあります。
しかし、やはり最初のお参りの際は、普段着に近い黒めの服装をお勧めします。

一般的なお墓ですと、納骨後も「◯◯回忌」などでは正式な喪服でお参りをする方も多いですが、永代供養の場合は、普段着で問題ありません。
むしろ、正式な喪服ではない方が一般的と言えますので、「喪服なら問題ない」と正装して行くと却って浮いてしまうこともありますので、ご注意ください。

こちらも読まれています

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

先祖代々檀家の家系の場合、永代供養墓に移りたいとなると大変です。一体どんなことが大変なのか知っていますか。今回は、檀家の場合永代供養墓に移るためになにをしたらいいのかなにが大変なのかを紹介していきます。

そもそも永代供養で法要・お参りがあるの?

お墓

永代供養の際の服装について見てきましたが、
「そもそも永代供養をした後に法要やお参りがあったの?」
「その違いって一体何なの?」
と疑問に思われる方も多いと思います。

服装を説明されても、それがどの場面で必要なのかわからなければ意味がありませんよね。

ここでは、簡単にそのご説明をいたしますので、「永代供養の法要とかよくわからない!」と思わずに、もう少しお付き合いください。

永代供養の法要

永代供養の法要は、四十九日の法要の後に、納骨式としてとり行なわれる場合と、四十九日の法要の後に、別に行なわれる場合があります。
どちらの場合も、納骨式として行なわれるので、最後の大きな法要となります。

四十九日の法要と納骨式が別になる場合は、納骨する場所が決まっていなかったり、檀家寺では永代供養を行なっておらず、他のお寺でしてもらうときなどのみであることがほとんどです。

永代供養のお参り

永代供養では、納骨式としての法要が終われば、基本的に、納骨式の後に親族が行なう法要はありません。
ここも一般的なお墓と大きく違う点です。
ですが、お寺では彼岸やお盆の時期など、少なくても年に三回は法要を行なっているので、そのときにお参りに行くことをお勧めいたします。

また、随時、永代供養を行なった親族の方に法要をとり行なっているお寺もあります。
この場合は、親族の方の都合にあわせて行くことが多いようです。

一般のお墓とは違い、必ずこの日にしなければならないという決まりが多くないのも、永代供養のお参りの特徴と言えるでしょう。

永代供養では、決まったお参りの日がないというこの特徴がメリットのひとつですので、あまり堅苦しく考えすぎず、参拝される方のより良い日にお参りに行くことがいいでしょう。

永代供養についてより詳しく知りたい方は、以下の記事をお読みください。

こちらも読まれています

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

先祖代々檀家の家系の場合、永代供養墓に移りたいとなると大変です。一体どんなことが大変なのか知っていますか。今回は、檀家の場合永代供養墓に移るためになにをしたらいいのかなにが大変なのかを紹介していきます。

永代供養・法要における服装まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
では最後に、ここまで見てきた永代供養の際の服装についてまとめてみましょう。

  • 黒めの服装が基本的
  • 四十九日の法要と永代供養の法要が一緒の時は、親族は正式な喪服もしくは略式喪服。一般参列者は略式喪服が好ましい。
  • 四十九日の法要とは別に行なう場合は、略式喪服もしくは黒めの普段着で可。
  • お参りの際は、黒めの普段着で可。

親族側として略式喪服で参列する場合は、一般参列者の方の失礼にあたらないよう、事前にご案内しておくのがお勧めです。

ここでご紹介した永代供養の服装は、一般的なものですが、永代供養はお寺によって方法や法要が異なる場合も多いです。
大きなお寺では、さらに略式的な服装でも問題ない場合もあります。参列者の方やご住職の失礼にあたらないよう、事前に永代供養をしてもらうお寺の傾向を確認しておくことをお勧めいたします。

そうは言っても、永代供養をする際の服装は決まり切っているわけではありません。

まず、最も大事なのは亡くなられた方への供養の心が大切です。
お参りだから、と言って必ずしもきっちりとした服装で行かなければならないわけではありません。
もちろん、参列者の方やお寺のご住職へ失礼にならないようにという配慮は最低限必要ですが、亡くなられた方を供養したいという心があることが、一番大切なことではないでしょうか。

最低限の服装マナーをきちんとして、故人の供養につとめたいですね。
葬儀やお墓、服装のマナーについての記事をご用意しましたのでぜひご覧ください。

この記事が参考になれば幸いです。

こちらも読まれています

お葬式のとき、子供の服装はどうしたら…?

家族でお葬式に参列するとき、子供の服装に迷う方も多いと思います。子供用の喪服なんてあるの?急なお葬式で準備が間に合わない!手持ちの服装でなんとかしたい…何かと悩ましい「子供の喪服」。いったいどうすればいいのでしょうか?

こちらも読まれています

今更聞けない。失礼のない、お葬式に適した服装は?

以前は白い装束を着て列席したお葬式。黒色の服装になったのは戦後になってからです。厳格なマナーがありそうなお葬式ですが、意外にも時代の状況に合わせて変化してきています。列席にふさわしい服装についてご案内しますので、どうぞ参考になさってください。

こちらも読まれています

お布施とは違う?永代供養の御礼金・のし袋の書き方・渡し方

いきなり起こることの中の1つに、お墓を買うということがあるのではないでしょうか。 今回は、永代供養のお墓をかった時ののし袋についてまとめます。 永代供養のお金を支払う時ののし袋の表書きや、渡し方についてまとめました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・服装」に関連する記事

「永代供養・服装」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

    永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

    近年増えている永代供養ですが、その実態についてご存知でしょうか?費用が安いと良く耳にしますが、どのようなメリットがあるか知ってから選びたいものです。この記事では永代供養を選ぶメリットについて、費用や宗教の違いなど様々な面から解説いたします。

  • 永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

    永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

    「永代」には、長い年月・永久という意味があります。ですが、永代供養の永代とは、いつまでのことを指すのでしょうか?いつまで供養してもらえるのでしょうか?永代供養についての基礎情報もまとめましたので、ご覧ください。

  • 永代供養の一周忌について徹底的に説明します!のサムネイル画像

    永代供養の一周忌について徹底的に説明します!

    供養と一口に言っても色々ありますが、永代供養を選択した人の場合、一周忌はやるのか、やるとして一般供養とどういった違いがあるのか気になっている方も多いかと思います。今回は永代供養の一周忌についてご説明いたします。

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養を行ったら、四十九日法要ってどうすればいいの?のサムネイル画像

    永代供養を行ったら、四十九日法要ってどうすればいいの?

    永代供養とは、お墓の世話を親族者に代わって、お墓を寺院や霊園が永代にわたって四十九日法要などの供養と管理を行ってくれることです。 と言うことで、永代供養を行ったら四十九日法要も寺院や霊園に任せておけばいいのかどうか調べてみました。

  • 永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

    永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

    永代供養の納骨式ではどのような服装や持ち物が必要でしょうか。お布施の金額など、マナーには分からないことが多いです。そこで今回は永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いについて解説します。永代供養の疑問が解消しますので、是非最後までお読みください。

  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

  • お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

    お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

    近年永代供養を選択される方が増えてきています。では、お寺での永代供養とはそもそもどんなものなのでしょうか。またお寺での永代供養料の相場はどれくらいなのでしょうか。お寺の永代供養料について注意点を含めてご説明いたします。

  • 永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

    永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

    最近は少子化などの影響で永代供養の施設を利用する人が増えてきています。それと同時に永代供養をめぐるトラブルも色々と起きています。永代供養ではどのようなトラブルが多いのか?それを予防するにはどうすれば良いのか?一緒に考えていきましょう。

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・服装」についてさらに知りたい方へ

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えしますのサムネイル画像

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?のサムネイル画像

永代供養の永代っていつまでのことを指すの?

永代供養の一周忌について徹底的に説明します!のサムネイル画像

永代供養の一周忌について徹底的に説明します!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養を行ったら、四十九日法要ってどうすればいいの?のサムネイル画像

永代供養を行ったら、四十九日法要ってどうすればいいの?

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説のサムネイル画像

永代供養の納骨式のマナーや永代供養と納骨堂との違いなどを解説

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?のサムネイル画像

永代供養でのよくあるトラブル、未然に防ぐにはどうすればいい?

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと