散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

自分の死後に「散骨」を希望する人が増えています。遺族に遺骨の管理・供養を負担させない散骨は、これからの永代供養の一つの形となっています。でも、散骨後に遺骨の管理がない散骨は、永代供養と考えて良いのでしょうか?それでは、少しややこしい言葉を含めて説明しましょう。

目次

  1. 散骨は永代供養の一種です
  2. そもそも永代供養って?
  3. 散骨はどうして永代供養に分類できるの?
  4. 散骨にはどのような種類がある?
  5. 宇宙葬
  6. 永代供養・散骨のまとめ

散骨は永代供養の一種です

散骨

自分が死んだら、母なる大地に還りたいと希望される方もいらっしゃると思います。
その場合の埋葬法として「散骨」があります。
散骨では自然に溶け込む意味から、ご遺骨を遺灰まで細かくして、海や川、大地に撒きます。
ご遺骨を撒いた後は、以後ご遺骨を管理する必要はありません

少子高齢化が進み、お墓の維持が難しくなってきている日本においては「永代供養」を選ぶ人が増えており、散骨もその中のひとつとして注目されつつあります。
遺族は散骨後、ご遺骨の管理をする必要がなくなるので、負担のかからない永代供養として散骨が選ばれるようになっているのです。

でも散骨と言っても、海に遺灰を撒く位のイメージしかなく、詳しいところまでは良く分からない方も多いと思います。
疑問としては、

  • 永代供養自体が良くわからない
  • 散骨は永代供養と言えるの?
  • 散骨にはどのような種類があるの?

などがあると思います。
そこで、今回はこれらの疑問について解説します。
これらを読めば、

  • 永代供養の意味
  • 散骨が永代供養に該当する訳
  • 散骨の種類

が分かります。
自分の遺骨の管理・供養を遺族に負担させたくないと考えていた方には、「散骨」が有力な候補になりますので、ぜひ最後まで読むことをおすすめします。

そもそも永代供養って?

お墓

「永代供養」とは、寺院や霊園等が遺族に代わってご遺骨の管理・供養を永代に行うことをいいます。
永代供養の人気が増加してきた背景には以下のような理由があります。

  • お墓を継承してくれる人がいない
  • お墓が遠くて、管理・供養が大変
  • お墓を作る費用・維持費を抑えたい

これからの日本は、お墓の維持が大変です。
なので亡くなられた人の葬儀・納骨が終わった後に、寺院・霊園等にご遺骨の管理を任せる永代供養をする人は増えてくると思われます。

また永代供養は最初にお金を払えば、以後の管理や供養にお金が掛からないのが特徴です(管理費が必要になる永代供養も一部あります)。
よって、遺族に後々の費用負担を強いることがありません。

ここで説明したことを踏まえて、散骨の永代供養について説明します。

永代供養の永代の期間についてもっと知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

散骨はどうして永代供養に分類できるの?

散骨

永代供養の一番の目的は、遺族にご遺骨の管理・供養の負担をさせない、もしくは軽減させるところにあります。
散骨の場合はご遺骨は自然に還っていますので、散骨後は誰もご遺骨を管理する必要がありません。
一般的な永代供養と同じく、亡くなった後の負担がない弔い方と言えます。

散骨は供養の一種である

散骨後の供養は、遺族の意志に委ねられています
極端にはなりますが、遺族は散骨後に故人の供養はしなくても構わないのです。
また、ご遺骨が既に大地に還っているため、供養の方法も限定されます。

普通永代供養と言われるものは、寺院や霊園等がご遺骨を管理・供養しますが、散骨の場合は遺族が供養をどうするかになります。
散骨は永代供養ではないのでは?という疑問もありますし、実際に散骨と永代供養を区別する場合もあります。

でも、故人が亡くなった後、遺族に負担をかけないところが永代供養の大きな目的ですので、散骨は永代供養の目的にかなっています。
もう一度、永代供養が増えている理由を考えてみましょう。

お墓の継承者がいない時、お墓が遠くて管理・供養が大変な時、お墓の維持費用が出せない時に永代供養が選ばれています。
散骨は、これら永代供養が増えている条件3つ全てに当てはまります。
したがって散骨は永代供養の一種と考えて差し支えないのです。

そして、「故人の希望を叶えることが、最大の供養」とも言えます。
死んだ後は自然に還りたいという希望を叶えてあげることが供養であり、故人の供養は母なる自然の大地が行うという解釈もできるので、永代供養と言えるでしょう。

散骨後に遺骨の管理をしなくてもいい

散骨後の供養は、遺影を自宅に飾って供養したり、散骨を行った近くで会食と合わせて供養したり、遺族の意志に委ねられます
既にご遺骨は自然に還っているので、管理する必要はありません。

しかし、ご遺骨を前に供養できないということに抵抗のある人は当然います。
そこで、ご遺骨の一部を散骨し、残ったご遺骨は永代供養墓で管理してもらったり、手元供養で自宅で管理したりすることもできます。
例えば、ご遺骨を小さなペンダントに入れて管理すれば、いつでも身近に故人を感じることができますし、供養をすることができるようにもなります。

ご遺骨が近くにあることにこだわる人は、手元供養も考えれば散骨も可能になるでしょう。

散骨は業者さんに頼みましょう

散骨の行い方ですが、ご遺骨は2㎜以内の遺灰にしなければなりませんし、散骨する場所も他人に迷惑のかからない場所で行わなければなりません。

ご遺骨を遺灰にするのを自分で行っても構わないですが、大変ですし、精神的にも辛いと思います。また散骨する場所にしても、山を所有していてその山に散骨するという場合は問題がないようですが、通常の人では自分で散骨できる場所はないでしょう。
自宅の庭に遺骨をそのまま埋めたりしたら、墓地埋葬法の違反になります

より、専門の業者さんに依頼することをおすすめします。
そして散骨の手順が丁寧で親切な供養をしてくれる業者さんが良いでしょう。

散骨にはどのような種類がある?

海

散骨には、海洋散骨、宇宙葬、山林散骨等がありますが、日本では山林散骨はほとんど行われず、海洋散骨が主流です。
ここでは代表的な3つを紹介します。

海洋散骨

「海洋散骨」はご遺骨を「遺灰」の形にまで細かくして、海へ撒く散骨方法です。

散骨は、業者さんが代行する場合と、遺族も同行する場合の2通りがあります。
散骨後はご遺骨を前にすることはできませんから、ぜひ同行することをおすすめします。

散骨では、散骨した後、御献花・御献酒して、故人を送ります。
故人が亡くなられてからの最後の葬儀でもありますから、丁寧にお見送りしましょう

海洋散骨は、普通日本の近海で行うことなりますが、ハワイやニュージーランド、オーストラリア等の外国で行う場合があります。
特に外国で立ち合いとなると、大きな出費となりますので、前もって十分な検討をしてください。

海洋散骨の費用は?

船の規模や、散骨内容で価格は大きく変わりますが、目安として以下の費用を参考にしてください。
また、金額は国内における費用であり、海外の場合は業者さんに確認してください。

方法 金額
業者に散骨を代行してもらう 5万円~
複数の家族と合同で散骨 10万円~
身内だけでチャーターして散骨 30万円~

お墓を作って維持することと比べれば、かなり費用を抑えられることがわかります。

また、合祀墓や納骨堂で管理する永代供養墓に比べると、合祀墓では同じ位で、納骨堂タイプに比べれば安く済むと言えます。
合祀墓の場合は、他の人と一緒に納骨されるので、それに抵抗がある人もいます。
でも、ご遺骨は合祀墓に残ることも事実で、散骨とどちらが良いのかを考えておきましょう。

永代供養墓とセットの海洋散骨もおすすめ

やっぱり自分が元気な内は、親の遺骨の前で供養したいと思う人もいると思います。
その場合は、一部は海に散骨し、残りは永代供養の合祀墓に納骨する方法もあります。

自分が法要へ出席できなくなっても、代わりに寺院・霊園が永代に渡って供養してくれるので安心です。

永代供養についてもっと知りたい人は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

近年増えている永代供養ですが、その実態についてご存知でしょうか?費用が安いと良く耳にしますが、どのようなメリットがあるか知ってから選びたいものです。この記事では永代供養を選ぶメリットについて、費用や宗教の違いなど様々な面から解説いたします。

宇宙葬

宇宙葬は、ご遺骨を宇宙で散骨する方法です。
費用は、ロケットを使い人工衛星軌道に投入する場合は、100万円を超える価格になることもあります。
それに対しバルーンによって空に打ち上げる場合は、高度10~15㎞ほどでの散骨となるため、費用は20万円ほどで済みます。

あまり一般的ではないかもしれませんが、宇宙への憧れを持っていたスタートレックの原作者や役者が宇宙葬を選んでいます。
宇宙への憧れがある人には、良い散骨方法です

モンブラン葬

「モンブラン葬」は、アルプス山脈の主峰、モンブランの上空からヘリコプターで散骨する方法です。
何故に日本人がモンブラン?という疑問もありますが、登山が趣味な人には生前アルプス山脈を歩いたことがある場合もあるでしょうし、観光でアルプスに魅入られた人もいますので、モンブランでの散骨を希望する人も少なからずいます。

散骨に同行する場合は費用がかなり掛かりますが、日本国内でお別れ会をしてから散骨は業者委託とすることもできます
あまり一般的ではないかもしれませんが、故人の希望があれば検討してみてください。

永代供養・散骨のまとめ

散骨

いかがでしたか。疑問に思われたことは解決したでしょうか?

ここまで読まれたことで、

  • 永代供養の意味と増えている理由
  • 散骨が永代供養の一つである訳
  • 散骨にも種類があること

がお分かりになったと思います。
特に散骨の種類に、宇宙葬やモンブラン葬とスケールの大きいものがあって驚かれた人もいらっしゃるかと思います。

散骨は永代供養の中でも、特に遺族に死後の負担がかからないものです。
でもその利点が、故人のことをすぐ忘れられてしまうことにも繋がる恐れがあります。
また、お墓の管理・維持が大変なことは事実ですが、親族の繋がりを保つという大事な役割も担っているいることも事実です。
お盆や春秋の彼岸等で顔を合わせることで、希薄になりつつある人との繋がりが維持されるのです。

ですから散骨を選ぶ際も、本当に散骨で良いのか親族を交えてじっくり話し合ってから決めてください
全員が納得していないと、もめごとになる場合があります。

散骨後に何もしないというのは、さすがに先祖を敬う気持ちに欠けるかもしれません。
自然から生まれ自然へ戻る散骨について、十分検討されることをおすすめします。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・散骨」に関連する記事

  • お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

    お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

    昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

  • 終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

    終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

    終活を考える時、ご遺骨を散骨してご供養する方法をお探しになられる方が増えています。近頃様々なメディアで紹介されている散骨というご供養。より充実した終活となりますよう、散骨の種類やその費用についてご紹介したいと思います。

  • 墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

    墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

    墓じまいした後に、散骨を選択できることをご存知ですか?散骨はお墓を建てる必要がないため、費用が安いというメリットがあります。一方、散骨する際には注意しなければいけない点もあります。ここでは、墓じまいの際にメリットが大きい「散骨」について詳しく説明します。

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • 手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?のサムネイル画像

    手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?

    最近、身近でも「散骨」という言葉を見聞きすることが多くなりました。 そして、散骨を扱う葬儀会社さんに散骨のことを相談したら、手元供養もご一緒にと勧められた、という話も聞きます。 なぜ、散骨は手元供養と一緒に行われることが多いのでしょうか。

  • 墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?のサムネイル画像

    墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?

    「お墓を守ってくれる子供に負担がかかる」「お墓を継承する人がいない」 このような理由から今、墓じまいをして、宗教に囚われない供養方法を採る人が増えています。 散骨もその1つです。 ご先祖のために墓じまいと散骨のやり方を知っておきましょう。

  • 海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

    海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

    日本では火葬した遺骨をお墓に納めるのが一般的ですが、散骨という方法もあります。今回は散骨の中でも海洋散骨について、その準備方法や費用、法律、海外散骨などすべてを詳しく解説!海洋散骨に興味がある方も、そうでない方も、ぜひ一度目を通してみてください。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

    お墓を持たずに遺骨を自然へ返す、散骨という御供養を最近よく耳にするようになりました。しかし、この鎖骨という方法は法律的にはどのように解釈されるのでしょうか?散骨についての法律問題について一緒に考えてみましょう。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・散骨」についてさらに知りたい方へ

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?のサムネイル画像

手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?

墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?のサムネイル画像

墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!のサムネイル画像

海洋散骨についての準備・費用・法律・海外散骨などを全て解説!

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・散骨」についてさらに知りたい方へ

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?のサムネイル画像

手元供養と散骨はなぜ一緒に行うことが多いのか?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと