葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト

永代供養と手元供養はどちらがいいのかそれぞれ解説します!

永代供養と手元供養について聞いた事はありますか。供養方法を考えた時、頭にパッとこの2つの選択肢が浮かんだとしても、両方詳しく知らなければ選ぶ事も難しいでしょう。この記事では、永代供養と手元供養ではどちらが良いのか解説いたします。

永代供養と手元供養はどっちがいい?

お墓

故人に対して行う供養というものは、昔から連綿と続いています。
故人の冥福を祈る行為は尊く、今でも大切な儀式として各地で執り行われています。

以前は個人が建てたお墓のある場所へ赴く形が一般的でした。
しかし、時代が変われば供養の形も変わるものです。
現在では上記のような方法以外にも様々な形の供養方法が存在します。

その中で代表的と言われているものが永代供養手元供養です。
皆さんが故人の供養方法を選ぶ時、選択肢として永代供養や手元供養もあるかもしれません。

しかし、どちらの言葉についてもあまり意味を知らない場合、どちらが良いかの判断がつかないでしょう。
それは判断材料とする為の、永代供養・手元供養にまつわる知識が不足しているという事が考えられます。
これらの供養方法に関して、詳しい知識を身に付けて理解を深め、ご自分の希望に合わせた供養方法を選びましょう。

この記事では、

  • 永代供養の良い所とあまりお勧めできない点
  • 手元供養の良い所とあまりお勧めできない点
  • 手元供養だったが、途中で永代供養へ変えられるか

などをご説明していきます。

手元供養と永代供養、それぞれにかかる費用についてもご説明していますので、是非最後までお読み下さい。

永代供養のメリット・デメリット

永代供養

永代供養といっても、具体的にどのような事をするのかよく分からないという方もいらっしゃる事と思います。

この項目では、永代供養の概要、そしてメリットとデメリットをそれぞれご説明いたします。

概要

永代供養とは、お寺や霊園が契約者の代わりにお墓の管理・供養をしてくれる事をいいます。

お墓を引き継ぐ者が誰もいない、お墓参りに来る人がもう自分しかいないなど、お墓の管理を続けていく事が難しくなってしまった人に人気の高い供養方法です。

永代供養のお墓には大きく分けて合祀型と個別型があります。
合祀型は、1つのお墓へ他人の遺骨と一緒に入れて供養します。
個別型は、1つのお墓に1人分の遺骨を入れて供養します。

メリット

永代供養のメリットとはどのようなものでしょうか?
永代供養には、以下のようなメリットがあります。

  • 費用が安い
  • 手間が少ない
  • 供養をしてもらえる安心感

それぞれのメリットについてみていきましょう。

費用が安い

かかる費用が通常のお墓と比べて安く、合祀型を選ぶと更に安くなります。
合祀型は先述したように他人と共有するお墓なので場所をとらず、新たなお墓を建てる為の費用もかからないのが安さの理由とされています。

手間が少ない

先述したようにお寺や霊園が管理する為、自分でお墓の管理や掃除をしなくても良いので、手間がかかりません。
したがって、お墓参りをした際に毎回しなければならなかった掃除を省く事が出来るので、その分の時間だけ故人に手を合わせる時間に回す事が出来ます。

供養をしてもらえる安心感

時間がなくてお墓参りへ行く事の出来ない日が続いたとしても、管理者が供養をやっていてくれるから大丈夫だという安心感があります。
もし永代供養を依頼する先がお寺であった場合、お坊さんが毎日供養してくれるという所も多いそうです。

デメリット

逆に永代供養には、以下のようなデメリットがあります。

  • 遺骨を後から取り出せない
  • 周囲とトラブルになりやすい
  • 永代供養は「永遠に」やってくれる訳ではない

それぞれについてみていきましょう。

遺骨を後から取り出せない

合祀型の場合、一度埋葬してしまった後で気が変わり、遺骨を出そうとしても出来ません
他の遺骨とまとめている為、特定の遺骨がどれなのかという判別が難しい為です。
したがって、周囲にこの点を説明する事なく、合祀型を選択してしまった場合、遺骨について揉める可能性が高くなります。

周囲とトラブルになりやすい

合祀型を選択した場合に限らず、永代供養自体に抵抗のある人もいらっしゃいます。
お墓は他人の手ではなく、故人と縁の深い者たちがやるべき事だという価値観を持っている人、他人にお墓の管理をさせるのを申し訳なく思う人など理由は様々です。
ご家族やご親戚にそういった人がいると、相談もなく永代供養に決めれば確実にトラブルの原因となるでしょう。

永代供養は「永遠に」やってくれる訳ではない

永代供養はその名前から、永遠に供養をしてくれるものだと思っている人も多いですが、管理・供養をする期間は決まっています
その一定期間は、永代供養を行っているお寺や霊園によって違ってきますが、33回忌や50回忌の所が多いようです。
一定期間が終わると基本的には合祀が行われます。

永代供養の期間についてもっと知りたい人は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

手元供養のメリット・デメリット

お墓

手元供養というと、名前でなんとなく想像がつくかもしれません。
しかし、具体的なことを知っておく事で、より理解がしやすくなるでしょう。
改めて手元供養がどのようなものかを確認してみて下さい。

この項目では、手元供養の概要、そしてメリットとデメリットをそれぞれご説明いたします。

概要

手元供養とは、自宅供養とも呼ばれており、その名の通り故人の遺骨を自宅で管理・供養する事です。
本来ならお寺へ遺骨を納骨するのですが、手元供養だと火葬後にそのまま自宅へ持って帰るだけです。
他にも、お寺へ納骨した上で遺骨の一部だけを手元供養するという方法もあり、これを分骨といいます。

通常とは違った供養方法に、もしかしてこれは法律に反しているのではないかという不安を持つ人もいらっしゃいます。
しかし、法律で禁じられているのは、墓地や霊園以外の場所に遺骨などを埋めるという行為に対してです。
手元供養は埋めるのではなく、あくまでも家の中で保管する供養方法であり、違反ではないのです。

メリット

手元供養のメリットとはどのようなものでしょうか?
手元供養には、以下のようなメリットがあります。

  • 近い距離で供養できる
  • 時間がかからない
  • 場所をとらない
  • 費用が安く済む

以下で詳しく見ていきます。

近い距離で供養できる

通常のお墓を建てた場合、当然ながらお墓参りをするにはそこまで行かないといけません。
しかし、場所が住んでいる所から遠かった場合、お墓参りをする度に車や交通機関などを駆使して時間と費用をかける必要が出てきます。
また、体調面の問題からあまり遠出が出来ない状態であれば、お墓参りは更に難しくなる事でしょう。
その点、手元供養であれば自宅で管理・供養が出来る為、移動の心配をしなくても良いのです。

時間がかからない

お墓参りは出来る事なら毎日したいと思っていても、仕事や家事など日々の忙しさに時間を取られてしまい、なかなか行く時間が取りづらいという人は多いと思われます。
しかし、手元供養はいつでも手の届く場所でお墓参りをする事が出来ます。
朝の忙しい時間でも、5分だけ手を合わせたり、お供えをするといった事が可能なのです。

場所をとらない

通常のお墓だとものによっては人よりも大きいサイズがあり、その分だけ場所も大きくとります。
しかし、手元供養だと遺骨だけなので、場所をとる事がありません。
小さめの骨壺に入れるなどして管理しておけば、別の場所に動かしたい時もサッと移動する事が出来ます。

費用が安く済む

お墓を新しく建てるとかなりの高額になりますが、手元供養だと絶対に必要とされるものは特にない為、極端にいえば家にあるものだけで工夫して供養する事も可能です。
中には、ペンダントやアクセサリー、ミニ仏壇などを用意する人もいますが、それでも墓石を買うより高くなる事はありません。

デメリット

逆に手元供養のデメリットには以下のようなものがあります。

価値観や思想のずれからトラブルになりやすい

「故人がいつまでもこの世を離れる事が出来ず、成仏が難しくなるのでは?」「遺骨はお寺へ納骨するもの」などの考えを持つ人が身近にいる場合、相談をせずに遺骨を全て持ち帰るとトラブルになりやすいです。
話し合いの場を持ってお互いに妥協出来る点を探したり、一旦納骨をした上で分骨して一部を持ち帰るなど、事前に相談をして同意を得ておく必要があります。

他の人がお墓参りをしづらい

故人を供養したいのはご家族だけではありません。
離れて暮らすご親戚やご友人などもお墓参りをしたい事でしょう。
しかし、遺骨のある場所が人の家にしかないとお墓参りの度に相手の許可が必要となり、相手が家にいる日に合わせるなど、お互いに気を遣わなければなりません。
このようにお互いに負担がかかる状況だと、他の人はお墓参りに行きづらくなります。

手元供養で使う骨壷にも色々な種類があります。そちらに知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

我が家で手元供養、インテリアとしても使える骨壷を紹介します

美しくかわいらしい骨壷があるのをご存知ですか?故人を偲ぶ方法として手元供養をする方が増えてきています。さりげなく身近に置いて一緒に過ごせる手元供養におすすめの骨壷を紹介します。

手元供養から永代供養に変更できる?

お墓

手元供養と永代供養のいずれかで悩んだ末に、手元供養を選んだ人も多い事でしょう。
しかし、最初はそれで納得したとしても、後で状況や自身の気持ちが変わり、永代供養にしたいと思う人もまたいるかと思います。
そこで問題なのが、手元供養から永代供養へ切り替える事は可能なのかという事です。

結論から言えば可能です。
手元供養は先述したように、特に手続きは必要としない為、問題なく切り替える事が出来ます。

問題は永代供養をする際の手続きに関してです。
手続きの際にご自身が持ってきた遺骨が誰の物なのか、あなたは分かっていても相手は知らないので見ただけでは分かりません。
その為、手続きの際には火葬証明書という書類が必要になります。
火葬した時にもらえるもので、これが遺骨の身分証明書になるのです。
手元にない場合は、市役所で故人の名前、亡くなった日付、火葬した日付を伝えて再発行してもらいましょう。

永代供養と手元供養の疑問、まとめ

お墓

いかがでしたか?
この記事では、永代供養と手元供養について、それぞれご説明いたしました。

  • 永代供養は契約者の代わりにお墓を管理してくれる供養方法。お墓のタイプは大きく分けて合祀型と個別型があり、合祀は他人との共有、個別は一般のお墓とあまり変わらない
  • 永代供養のメリットは、費用が安い・手間がかからない・安心感があるという点。デメリットは、合祀型だと後から遺骨を取り出せない・周囲とトラブルになりやすい・供養に一定の期間を設けているという点
  • 手元供養は、個人が自宅で遺骨を供養する事だが、土に埋めなければ法律違反にはあたらない
  • 手元供養のメリットは、距離や時間を気にしなくても良い・場所をとらない・費用を抑える事が出来る点。デメリットは、価値観のズレで周囲との摩擦が起きやすい・地理的に他の人がお墓参りをしづらいという点
  • 手元供養から永代供養への変更は可能だが、火葬証明書が必要なので、ない場合は市役所に再発行してもらう必要がある。

以上のような事が分かりました。

現代では多様な価値観の影響から、供養方法も色々なものが生み出されています。
永代供養も手元供養も通常の供養方法と比べると、まだ抵抗感のある人は多いですが、供養する上で一番大切な事は故人を悼む気持ちです。
その気持ちを忘れずに、ご自身に合う方法で故人の供養を行いましょう。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

「永代供養・手元供養」に関連する記事

「永代供養・手元供養」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト