納骨堂への改葬のやり方・費用・手続きを紹介!

納骨堂、またはそれ以外から別の場所へ改葬したい時、具体的にどのような手続きを踏めばよいかご存知ですか?初めてだと勝手が分からず、戸惑う方も多いかと思います。この記事では、納骨堂への改葬、納骨堂からの改葬について解説いたします。

目次

  1. 納骨堂へ改葬したい
  2. 納骨堂へ改葬するのにかかる費用
  3. 改葬の手続き
  4. 納骨堂から改葬したい
  5. 改葬する場合の注意点
  6. 納骨堂・改葬のまとめ

納骨堂へ改葬したい

お墓

誰かがお亡くなりになった際、遺骨をどこに納めるかという事について悩む方は多い事でしょう。
しかし、仮に遺骨を納める場所としてお寺や霊園などに建てるお墓を選んだとしても、しばらく経った後、何らかの理由により納骨堂へ改葬したいという気持ちになるかもしれません。

そもそも改葬とは、お葬式も火葬も終わって遺骨を規定の場所に埋葬した後、他のお墓へと遺骨を移動させる事をいいます。
上記の例でいえば、お墓などに納めていた遺骨を納骨堂へ移動させるという事です。

けれど、改葬するにはそれなりの手続きを踏まなければなりませんし、費用も必要となってきます。
それらを前もって知っておくことで、改葬作業をよりスムーズに進められるというメリットがあります。
また、手続きのやり方どれくらいの費用がかかるのかだけではなく、必要な書類は何か、改葬の注意点などもご説明いたします。

この記事では、

  • 納骨堂を改葬先として選んだ場合に必要となる費用について
  • 改葬をする上で何の書類が必要か、何をすべきか
  • 納骨堂から別の場所へ改葬する場合の手続きや費用など
  • 改葬をする上で気を付けておいた方が良い点

などといった事を解説していきます。

納骨堂へ改葬するパターンだけではなく、逆に納骨堂から他の場所へ改葬するパターンもご紹介しますので、是非とも参考にしてみて下さい。

また、改葬・墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

納骨堂へ改葬するのにかかる費用

お金

改葬をする際は、お寺や霊園などに建ててあるお墓を撤去する必要があります。
何故なら個人が所有している敷地内ではない限り、現在使用している墓地はお寺や霊園の土地を借りている状態だからです。

お墓を撤去する為には石材店に依頼する事になりますので、遺骨の取り出しを含めた工事費用がかかります。
更にお寺にお墓がある場合は離檀料、改葬の手続きで発行しなければならない書類の手数料、納骨堂の使用料などがかかります。

このように要所要所で費用を支払う事になるのですが、改葬先が納骨堂だと墓石を用意しなくても遺骨を納める場所が既にある為、他の改葬先よりも費用は安く済ませる事が出来ます。

この項目では、納骨堂への改葬をする為に必要となる費用についてご説明いたします。

遺骨の取り出し

改葬をする時、石材店の作業内容には遺骨の取り出しも含まれています。
遺骨の取り出しにかかる費用は、石材店によりますが1体につき約4万円前後が必要となります。

また、遺骨の取り出しをするのとは別にお性根抜きをする場合は、更に費用がかかります。
お性根抜きは魂抜きとも呼ばれており、意味は墓じまいをする際、墓石に入っている魂を抜く儀式の事を指しています。
この儀式にかかる費用は、お坊さんを呼んでお渡しするお布施で相場は1万円から5万円ほどです。
通常は行うのが一般的とされている儀式ですが、個人の価値観や考え方により、やらない人もいます。
その場合は当然ながら費用はかかりません。

離檀料

離檀料とは、お寺からお墓を撤去して檀家をやめる際にお坊さんへ渡すお金の事で、お布施と同じと考えると分かりやすいかと思います。
3万円から10万円ほどとされていますが、「今までお寺からどれくらいの間お世話になったか」「持っているお墓のサイズ」などによって金額は上下します。

離檀料というものは例え支払わなかったとしても、改葬する上で問題は特にありません。
けれど、今までお寺と良い関係を築いてお世話になった事があるならば、それに応じた金額を包んで離檀料という形でお礼の気持ちを示すのも良いでしょう。

また、経営難に陥っているお寺の中には、不当と思えるほど高額な離檀料を請求してくる所もあります。

しかし、本来のお布施とは、お寺やお坊さんに対する感謝の気持ちを具体的な形にしてこちらからお渡しするものです。
その為、相手側から高額な離檀料を請求された場合にはきちんと断りましょう。

書類発行にかかる費用

改葬の手続きをする上で必要となる書類は主に3種類あり、発行手数料がかかる場合もあります。

受入証明書の発行手数料は発生しない場合が多いとされています。
埋葬証明書300円から1500円程度の発行手数料がかかります。
改葬許可証約1000円前後の発行手数料がかかる所もあれば、無料の所もあります。

必要となるこれらの書類の発行方法については、後述いたします。

納骨堂の使用料

納骨堂の使用料は平均して50万円前後とされているそうです。

それとは別に納骨堂へ納骨をする際にかかる料金は1体ごとに約3万円前後かかるようです。
管理費は毎年、5000円から2万円ほどかかるという所や無料の所もあります。

他にも納骨供養をしている所は多く、かかる費用は3万円から5万円程度です。

まだ新しい納骨先が決まっていない方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

改葬の手続き

お墓

改葬をする上でしなければならない手続きは、やる事こそ多いものの、分かってしまえば特につっかえる事なく順調にこなしていけます。
それではここで簡単に手続きの流れをご紹介いたします。

まず最初にやるのは改葬先を決める事です。

今回の場合、改葬先として納骨堂を選ぶ事は決まっていますが、納骨堂と一口に言っても多種多様なタイプが全国に数多く存在しています。

その為、ご自分の希望や条件に沿っている納骨堂をじっくりと厳選しましょう。

次は改葬先の納骨堂に受け入れ証明書の発行をしてもらいます。

そして改葬前のお墓の管理者に埋葬証明書の発行を、市区町村役場に改葬許可証の発行をそれぞれしてもらいます。

後は改葬前のお墓がある所で遺骨の取り出しやお性根抜きなどを行い、墓石を完全に撤去して墓地を更地に戻し、管理者に返します

最後に納骨堂へ取り出してきた遺骨を納骨しておしまいです。

この項目では、納骨堂への改葬の手続きについて詳しくご説明いたします。

受入証明書の発行

受入証明書は使用許可書とも呼ばれており、改葬先の納骨堂が申請者の改葬を受け入れた事を証明してくれる書類です。

発行方法は改葬先に改葬したい旨を伝え、渡される申請書に以下のような必要事項を記入します。

  • 申請書に記入した日付
  • 申請者の名前
  • 使用者の名前と住所
  • 捺印

故人に関する情報については、以下のような項目欄があります。

  • 故人の名前と本籍と住所
  • 故人との続柄
  • 改葬元の名前と住所

発行された受入証明書にはこのような情報が記載されています。

  • 改葬先である納骨堂の名前と住所と捺印
  • 受入証明書が発行された日付
  • 申請者と故人それぞれの名前、住所

これは一例で、記入する必要事項は改葬先によって違ってきます。

埋葬証明書の発行

埋葬証明書改葬前のお墓の管理者に発行してもらう書類です。

発行方法は受入証明書と同じく改葬元に依頼します。
証明書の内容としては墓地の名義人の名前捺印故人の名前証明書を発行した日付などが記載されている必要があります。

これはなるべく早めにお墓の管理者に伝えて改葬の意思がある事を話します。

早めにした方が良い理由としては、お墓の場所がお寺だった場合、管理者側にしてみれば檀家を1つ失くすという事なので、改葬に対して難色を示されトラブルになりやすいからです。

その為、改葬については今までお世話になったという敬意や感謝の気持ちを持って、しっかりと話し合うようにしましょう

埋葬証明書の他に埋葬許可証というものがありますが、それぞれ別の書類です。
故人の火葬を終えた後にもらえる書類で、遺骨を納めている所で原本が保管されているのが埋葬許可証です。
改葬をする際、埋葬許可証を元に発行されるのが埋葬証明書となります。

改葬許可証の発行

改葬許可証は文字通り、改葬が許可された事を示す為の書類です。

改葬する前のお墓がある所の市区町村役場で、改葬許可証を発行する手続きを行います。
発行するにはまず、改葬許可申請書に以下のような項目を記入する必要があります。

  • 故人の本籍、住所、名前、性別、亡くなった日付
  • 埋葬している場所と埋葬した日付
  • 改葬する理由
  • 改葬先の名前と住所
  • 改葬申請者の名前と住所
  • 故人との続柄

あらかじめ故人や改葬先、改葬元の情報を手元に用意した上で行った方が、よりスムーズに申請作業が進みます。
改葬許可申請書の記入が終わったら、受入証明書と埋葬証明書を合わせて提出しましょう。
これで改葬許可の申請は完了しましたので、後は申請が受理されれば改葬許可証が発行されます。

また、遺骨1体分に応じた申請書の枚数は1枚です。
その為、改葬する予定の遺骨が複数ある場合は、申請書も別途記入が必要となりますので注意しましょう。

遺骨の取り出し

改葬許可書が無事発行されたなら、改葬前のお墓がある場所へ行き、管理者に改葬許可書を見せて下さい

書類に記載されている内容を確認してもらったら、遺骨の取り出しをします。
一般的にはここで先述したお性根抜きを行います。

あらかじめお坊さんを呼んでおいて、お経を読んでもらいます。
この儀式で故人の魂は墓石を離れ、墓石はただの石となります。

お坊さんにお布施を渡してお性根抜きは完了です。
取り出した遺骨は事前に用意しておいた骨壺に入れるのが良いでしょう。

後は、事前に依頼していた石材店の工事でお墓の解体や撤去など、墓地を完全に元の更地に戻してから返します。

納骨堂への納骨

改葬許可証を納骨堂へ提出して、納骨を行います。
場所によっては受入証明書の提出が求められる場合もあります。

お性根入れは魂入れとも呼ばれており、お性根抜きの逆パターンです。
納骨の日取りが決まったら、事前にお坊さんの手配をしておくのが良いでしょう。

当日にいきなりお性根入れを頼んでも、お坊さんの都合がつかない場合があるからです。

そして納骨する日がきたらお坊さんに読経をしていただき、お布施を渡しましょう。

この儀式をする事により、ただの物体であった仏壇や位牌に故人の魂を入れる事が出来ます。
これで遺骨を納骨堂へと納める手続きは完了します。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

ここまで見てきたように、改葬をするには想像以上に様々な行程があります。
自分では難しいと思われる方は、無理せず代理業者に依頼するようにしましょう。
改葬をしたい方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

納骨堂から改葬したい

お墓

ここまでは改葬先が納骨堂の場合に必要な費用と手続きの解説をいたしました。

それでは改葬先が納骨堂以外である場合はどうなるのでしょうか。
同じ改葬ですから、場所が違うだけでやる事はそう変わらないとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

確かに似通った部分もあるのですが、改葬先が変わる事でここまでに説明した事とは違う部分も出てくるのです。

この項目では、納骨堂から他の場所へ改葬する場合に知っておきたい事を、3つに絞ってご説明いたします。

改葬できない場合がある

納骨堂に1度遺骨を納骨してしまうと、仮に後から利用者の考えや状況が変わって他の場所へ改葬したいと思ってもそれが出来ない場合があります。

何故かというと、日本国内に少数ではありますが他の場所へ改葬する事を良しとしていない納骨堂があるからです。
もしもそういった規定のある納骨堂に遺骨を納めている場合、改葬が難しくなる可能性は高いです。

一体何故、そういった規定を設けている納骨堂があるのでしょうか。

長期間、納骨堂で管理する事を想定したやり方の1つとして作られたという理由が考えられるそうです。
そしてこのような規定を作る事自体は問題にはならないとされています。

しかし、市区町村役場で改葬の許可がもらえれば、基本的に納骨堂側が利用者の改葬を断る事は出来ません。

そうであるにも関わらず、規定だからと改葬を断られ、納骨堂側とトラブルになるケースもあるそうです。
そうなった場合は無理に自分たちだけで何とかしようとせず、弁護士などに相談するのが良いでしょう。

そういった揉め事を避ける為にも、最初に納骨堂へ遺骨を納める際には契約書をよく読み、相手側の説明にもしっかりと耳を傾けて分からない所は全て質問し、納得いかない所がないようにしておく必要があります。

改葬の手続き

納骨堂から改葬する際の手続きに関しては、先述した納骨堂への改葬と基本的に同じです。

しかし、先述した手続き内容と違う部分もあります。
それは改葬元が納骨堂なので費用をかけてお墓を撤去する必要がない点、新たな改葬先が納骨堂ではなく、お寺や霊園である場合、新しい墓石と墓地を確保しなければならない点などです。

前者に関しては工事をする必要がない為、費用を安く抑える事が出来ますし、時間もかからずに済みます。
後者に関しては工事が必要な為、お寺や霊園との契約、石材店への依頼など早めに動いておいた方が良いでしょう。

費用は?

手続きをする上でかかる費用も、基本的に先述したものと同じ内容になります。

しかし、改葬先が納骨堂ではなく、お寺や霊園なら新しいお墓を建てる必要が出てきます。
そうすると墓石代などの費用を支払わなければなりません。

墓石代は使用する石の種類や確保した墓地の広さに応じて、金額に大きく差が出てきます。
最低でも100万以上の予算を立てておく事をお勧めします。

改葬する場合の注意点

お墓

改葬をする際にどこからどこへ移るにしても、慣れていなければちょっとした事でつまずいてしまい、思ったよりも時間がかかってしまう事も考えられます。

そこでこの項目では、改葬する上で注意しておきたい事を3つに絞ってご説明いたします。

改葬できるかどうかの確認

お寺でも、霊園でも、納骨堂でも、改葬は勿論可能です。
先述したように、書類を揃えて市区町村役場で許可をもらうことが出来れば改葬する事が出来ます。

しかし、先に触れているように遺骨を納めている場所によっては、改葬を禁じた内容の規定を設けている所も存在しているのです。

その為、改葬をする前にはそれが出来るかどうかの確認を先に行っておく必要があります。

その上で改葬が可能ならばそのまま手続きを行い、断られたならば何故だめなのかなどを話し合って改葬先を説得しなければならないでしょう。

後者は場合によって、話が平行線となって予想より時間がかかってしまう事も考慮に入れておいて下さい。

お性根抜き・お性根入れについての話し合い

改葬をする場合、故人の魂をお墓から抜いて、改葬先へ再び入れる為にお坊さんを呼んでお性根抜きお性根入れをしてもらうのが一般的です。

しかし、近年は価値観が多様化し、費用や時間などの都合でお性根抜き・お性根入れを行わない人も増えてきているとされています。

ご家族やご親戚がそれでも良いと納得しているのならば問題はないでしょう。
けれど、周囲へ相談せずに同意なしでお性根抜き・お性根入れの儀式を省いてしまうと、それらをするのが当たり前だと思っている人たちとの間でトラブルになる可能性があります。

出来るだけ改葬をする前にそういった人たちと話し合いの場を持ち考えをすり合わせたりお互いの妥協点を探ったりするなどの対策をとった方が良いかと思います。

自宅で供養したい場合

改葬先にお寺や納骨堂などではなく、自宅を選んだ場合、手続き内容が少しだけ変わります。

改葬元でお性根抜きやお墓の処分などをする部分は変わらないです。
しかし、自宅で供養する為、先述した3種類の書類は発行する必要がありません
その代わりに遺骨引渡証明書という書類を市区町村役場で発行してもらいます。

どこかに埋葬する訳ではないですから、そういった書類が必要ないと考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、勝手に遺骨をどこかへと移動させるのは法律で禁止されています。
勿論、現在のお墓から自宅へ移す行為も法律違反となります。
その為、遺骨引渡証明書が必要になってくるのです。

ちなみに、自宅の庭に遺骨を埋葬する行為も法律で禁止されているので、自宅で供養をする際は骨壺などに入れて保管するようにして下さい。

終活ねっとでは、墓じまいの相談を承っております。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとの墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

納骨堂・改葬のまとめ

お墓

いかがでしたか?
この記事では、改葬先と改葬元が納骨堂の場合における手続きや費用などについてご説明いたしました。

  • 遺骨の取り出しに関する費用の相場は、石材店によるものの、1体につき約4万円。お性根抜きをする場合は、更にお坊さんへのお布施として1万円から5万円程度かかる。離檀料の相場は3万円から10万円程度
  • 書類発行時の手数料は、埋葬証明書が300円から1500円程度、改葬許可証が0円から1000円程度、受入証明書は無料である場合が多いとされている
  • 納骨堂の使用料は平均で50万円前後、納骨の際にかかる料金は1体ごとに約3万円、管理費は毎年5000円から2万円、無料の所もある。納骨供養の費用は3万円から5万円程度
  • 改葬の手続きの流れは改葬先で受入証明書、改葬元で埋葬証明書、市区町村役場で改葬許可証をそれぞれ発行、改葬元で遺骨の取り出しやお性根抜き、お墓の撤去工事を行い、墓地を更地にしてから返却、改葬許可証を改葬先へ提出し、お性根入れをして納骨
  • 規定で改葬を禁止している所がある為、改葬を断られる可能性がある。しかし、市区町村役場で許可をもらえれば改葬は出来る為、拒否された場合は弁護士などに相談した方が良い
  • 納骨堂から改葬する場合、手続き内容は基本的に同じ。しかし、お墓を撤去する必要がない、改葬先がお寺などの場合は新しい墓石と墓地の確保が必要などといった違いがある。後者は墓石代など費用がかかる
  • 改葬が可能であるかの確認、お性根抜き・お性根入れをするか否かの話し合いをして後々トラブルになる事を避ける。自宅で供養する場合、書類については市区町村役場で遺骨引渡証明書を発行するのみになる

以上の事が分かりました。
改葬の手続きの流れは改葬元がどこでも基本的には同じのようです。

改葬はお墓の引越しとも言われており、手続きするのも一苦労かと思います。
しかし、それを乗り越えれば新しい場所で供養できますし、故人も喜ばれる事と思いますので頑張りましょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

終活ねっとでは、法事やお墓に関する様々な記事を掲載しております。
納骨堂にかかる料金について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「納骨堂・改葬」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「納骨堂・改葬」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!のサムネイル画像

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!のサムネイル画像

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめましたのサムネイル画像

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめました

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!のサムネイル画像

お墓の移動にはどういう手続きが必要?移動方法を解説します!

墓地・霊園に改葬する時に必要な受入証明書ってどんなもの?のサムネイル画像

墓地・霊園に改葬する時に必要な受入証明書ってどんなもの?

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!のサムネイル画像

納骨堂は返却できるの?納骨前と納骨後による手続きの違いを紹介!

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法のサムネイル画像

墓じまい・改葬の際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法

遠いお墓でもきちんと供養をしたい!お墓の引越し、改葬についてのサムネイル画像

遠いお墓でもきちんと供養をしたい!お墓の引越し、改葬について

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「納骨堂・改葬」についてさらに知りたい方へ

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!のサムネイル画像

納骨堂の購入手続きや改葬手続きに必要な書類・注意点などを解説!

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!のサムネイル画像

改葬のお布施はどう用意したらいいの?手続きやマナーも紹介します!

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説しますのサムネイル画像

お墓の改葬の方法ご存知ですか?申請方法から費用まで解説します

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめましたのサムネイル画像

納骨堂へ、または納骨堂から改葬する際の費用についてまとめました

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説のサムネイル画像

お墓を改葬するときの手順とは?墓じまいの手続きや費用について解説

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと