お墓に消費税がなぜかかる?お墓や仏壇の祭祀財産と税金について解説

亡くなった方の遺骨を納める施設がお墓で、そのお墓を買うには莫大なお金がかかります。加えてお墓の購入費用には消費税がかかってくるというのはご存知でしょうか?今回はお墓と消費税について詳しく解説していきたいと思います。2019年の消費税増税前にぜひお読みください。

目次

  1. お墓に消費税は関係あるの?
  2. そもそも祭祀財産とは?
  3. 祭祀財産は相続税がかからない!
  4. お墓に消費税がかかる理由
  5. 非課税対象となるお墓の代金
  6. 課税対象となるお墓の代金
  7. 2019年消費税増税する前にお墓を変える
  8. お墓と消費税まとめ

お墓に消費税は関係あるの?

お墓

お墓といえば、亡くなった親族の方の遺骨を納めるためにあるもので、同時にお盆やお彼岸の時などにお参りするための設備でもあります。
多くの場合、一家に一基のお墓を建て、開眼供養などを経て初めて使えるようになるものです。

そのお墓の購入費用や造営費も建てる地域にもよりますが、だいたい安くて100万円ほどになるといわれています。

ところで、このお墓には消費税がかかるというのをご存知ですか?
消費税といえばコンビニで売っているおにぎりなどの消費財にかかってくるというイメージが強いですが、なぜお墓のような施設にまで消費税がかかってくるか不思議ですよね。

そこで今回は、

  • お墓にはなぜ消費税がかかってくるのか?
  • お墓のどの部分に消費税がかかるのか?
  • 2019年の消費税増税に向けてどのように対策をするべきか?

というポイントで、お墓と消費税の関係を見ていきましょう。
2019年の消費税増税前に、お墓と消費税についてしっかりと知っておきましょう。

そもそも祭祀財産とは?

お墓

はじめにお墓というものが法律上でどういう存在であるかについて見ていきます。

お墓は民法で祭祀財産と呼ばれるカテゴリーに含まれます。
祭祀財産とは、民法第897条1項で規定されている、祖先の祭祀のために必要な「系譜」「祭具」「墳墓」のことを指します。

「系譜」とはその家の先祖代々の家系図、「祭具」とは位牌や仏具といった、祖先の霊を祭る祭祀や礼拝を行ううえで必要な道具のことです。
そして「墳墓」とは、墓石などといった祖先の遺体や遺骨を葬っておく設備を指します。

なお、お墓はこの祭祀財産でも墳墓のカテゴリーに属するものです。

祭祀財産は相続税がかからない!

お墓

お墓などをはじめとする祭祀財産は民法上では先祖代々受け継がれていくべき財産とみなされます。

そこで、こんな疑問が生じてくるのではないでしょうか?
日本には、死後に受け継ぐ物に対して、相続税が発生します。
祭祀財産を受け継ぐということは相続税が発生するのでしょうか?

結論から言えば、相続税は発生しません
というのは、我が国の法律では国民の感情や日本古来の祖先崇拝の慣習を考慮した場合、祭祀財産はお金に換算することのできない存在とみなしているためです。

このため、祭祀財産はいくら高額のものであっても相続税は非課税で、相続税対策に祭祀財産を利用する人がいるほどです。

ただし、すでに用済みのものとして使われなくなったり、管理すらされなかったりしている祭祀財産については例外で、その場合は相続税が発生するので注意しましょう。

このようにお墓は相続税がかかってこない祭祀財産ですが、では、一体なぜ消費税は発生するのでしょうか?

お墓に消費税がかかる理由

お金

ここでは、お墓の購入の際に消費税がなぜ発生するかについて見てみましょう。

お墓を建てる際に必要なのがお墓を建てるための土地の代金(永代使用料)と、墓石工事費(墓石代と工事費)です。
さらに、お墓を建てた後はそれを管理していくための費用(管理費)が発生します。

このうち、墓石工事費と管理費が我が国の税制において課税対象となるため、消費税が発生します。
ちなみに永代使用料は土地代で、土地代は消費税の課税対象とはならないため、消費税は課されません。

お墓が祭祀財産となるタイミング

お墓も購入した後は祭祀財産に入るため、ちゃんと子孫にまで継がせていれば相続税は非課税になります。
では、そのお墓が祭祀財産になるタイミングとはいつなのでしょうか?

これはお墓を購入した後で、祭祀継承者と呼ばれる遺族の中から1人、定期的なお墓などの祭祀を行う人を選び終えた時点で祭祀遺産になります。

なお、祭祀継承者は遺族であれば誰でも指名することができるため、長男でなくても大丈夫です。

お墓をめぐる相続について関心のある方は、以下の記事をご参照ください。

こちらも読まれています

お墓は長男だけが入れるの?お墓を巡った相続問題と解決策

お墓は一般的に長男が継ぐケースが非常に多いです。お墓は長男だけが継ぐものなのか、長男以外でも相続できるのかと疑問を持っている人もいるでしょう。ここでは、お墓を巡った相続問題やその解決策について紹介します。お墓の相続に悩んでいる方はぜひお読みになってください。

非課税対象となるお墓の代金

お墓

ここでは、お墓の中でも消費税の課税対象にならない墓地代などが、なぜ消費税の課税対象から外れるかについて見ていきます。

お墓と消費税の疑問が晴れるように、しっかりと確認していきましょう。

墓地代

墓地代とは、文字通りお墓を建てるための土地にかかるお金のことです。
土地取引で必要とされるお金は消費税では課税の対象外となるため、消費税はかかりません。

祭祀財産となった墓石

一度祭祀財産となった墓石は、祭祀継承者が祖先の祭祀を連綿と継続させていく限りは非課税の対象となります。
このため、相続税の場合と同様に消費税も課税されません。

永代使用料

永代使用料とは、いわばお墓を建てるのに必要な土地の使用料のことです。
消費税はモノやサービスにのみ必要となります。
墓地代と同様に、土地に関する取引で発生したお金については課税対象に含まないため、永代使用料も非課税となります。

課税対象となるお墓の代金

お金

お墓関係において非課税対象となる部分やその理由について見てきたところで、ここではお墓で消費税の課税対象となる部分やその理由について見ていきます。

あわせて、課税の際の相場についても見ていきたいと思います。

墓石代(工事費・彫刻代含む)

まず、墓石代について見ていきましょう。
ここでいう「墓石代」とは、単に墓石を購入するためのお金だけでなく、墓石を墓地などに設置するための工事の費用や、墓石に文言(故人の戒名や生没年月日など)を彫刻してもらうための代金も含まれます。

これらはいずれも使用するための権利やデザインにまつわるお金であるため、消費税の課税対象となります。

なお相場ですが、一般的に70万円から200万円ほどといわれています。
ただ、墓石にどのような種類の石材を使うかや、墓石以外の部材(卒塔婆など)を使うかどうかなどによって大きく異なってきます。

ひとまず70万円から200万円という相場で計算しますと、消費税が現在(2017年8月時点)8%であるため、消費税は5万6000円から16万円ほど発生するという計算になります。

管理費・法要施設利用料

まず、管理費とは墓地全体の維持・運営費用のことです。
注意しなければならないのは、管理費を払っているからといって、墓地を管理するお寺や霊園の方が個々のお墓の掃除やメンテナンスまでやってくれるというわけではない、ということです。

そのため、お墓には定期的にお参りして、そのたびに自分たちできちんと掃除などをする必要があります。

法要施設利用料とは、墓地に眠る故人の定期的な法要(四十九日や1周忌の法要など)の際に、墓地を管理運営しているお寺や霊園の専用の施設を利用する料金のことです。

いずれにしても、墓の管理運営や個人にまつわる法要を行う際に支払うサービスに対する料金であるため、消費税の課税対象となります。

2019年消費税増税する前にお墓を変える

お金

現在消費税の税率は8%ですが、これが2019年10月に10%に引き上げられることになっています。安倍晋三政権が推し進めるアベノミクスの一環でデフレ脱却を優先するための増税です。

ちなみに、消費税が現在の税率(5%→8%)に引き上げられたのが2014年4月のことですから、5年半ぶりの増税となります。

さて、消費税が10%に増税された場合、当然ながらその影響はお墓を購入する場合にも及びます。
実は、前回の増税に先立って、増税前の駆け込み需要でお墓がたくさん売れました。
そのため、2019年10月の増税前にも駆け込み需要でお墓が多く売れることが予想されます。

ここでは消費税増税を前にどのような対策を講じるべきかについて見ていきます。

お墓の新規購入をする

1つはお墓の新規購入を早い段階(消費税増税前のなるべく早い時期)に行うというものです。
新規購入の相場は先ほども触れたとおり、70万円から200万円です。
そして、現在の税率の段階で新規購入した場合の消費税は5万6000円から16万円です。

これが10%に増税された場合、同じ相場で計算して発生する消費税は70万円の墓石であれば7万円、200万円の墓石であれば20万円という額になり、その差額は1万4000円から4万円とバカにできない数字になります。

生前購入しても良いの?

最近では終活ブームがはやっているということもあり、お墓を生前購入するという例も少なくありません。

実はお墓の生前購入もすることができます。
そのうえ、生前購入すれば相続税の課税対象にならないため、故人がなくなった直後に購入するよりも安く買うことができます。
このため、相続税対策で買う人も少なくありません。

ただし、生前購入で相続税の非課税措置を受けるには条件があります。
まず、ローンで購入しないということです。
ローンで購入した場合、途中で誰かが亡くなった際に未払いの代金がある場合は相続人が払い続ける羽目になるためです。

また、公営墓地では生前購入ができないという点も注意すべき点です。

お墓のリフォームをしておく

お墓の新規購入の他にも墓石を綺麗にするリフォームという方法もあります。
実は、お墓のリフォーム費用もサービス利用料ということで消費税の課税対象となります。

クリーニング代で5000円から1万円、墓石の研磨費用で20万円から30万円というのが一般的な相場です。
このリフォーム代を現在の消費税率で課税額を計算すると、クリーニング代で400円から800円、研磨費用で1万6000円から2万4000円の消費税がかかることになります。

ちなみに10%に引き上げられた場合は、クリーニング代で500円から1000円、研磨費用で2万円から3万円の消費税がかかることなります。

そして、増税前と増税後の差額は、クリーニング代であれば100円から200円で済みますが、研磨費用であれば4000円から6000円と大きなものとなっていきます。

そう考えると、お墓のリフォームも増税前にはやめの対策をとっておくことが良いといえるでしょう。

墓石クリーニングとリフォームについての記事をご用意しましたので、ぜひご参考にしてください。

こちらも読まれています

お墓をリフォームする方法や必要な費用の相場についてご紹介します

ご先祖様にとってお墓は家です。そんなお墓を建立したまま手入れをしないで良いのでしょうか。長年雨風に曝されれば、お墓も汚れたり傷ついたりするものです。この記事ではお墓をリフォームする際にどんな費用がかかるのか、どんなリフォーム方法があるのかをご紹介いたします。

こちらも読まれています

最近気になる墓石クリーニング 自分で磨く?頼んでみる?

墓石の汚れが気になりますか?ここでは墓石クリーニングのやり方を紹介します。落としきれない汚れや、なかなかお墓に行けない方は、業者に頼んでみませんか?墓石クリーニングの代行についても紹介します。

お墓と消費税まとめ

お墓

お墓と消費税について見てきましたが、いかがでしたか?
この記事で見てきたことをまとめると以下のようになります。

  • お墓は法律(民法)上、祭祀財産として扱われるため、相続税は発生しない(ただし、故人が亡くなった後の新規購入の時は除く)
  • お墓を新規で購入する場合、土地代や永代使用料には消費税は発生しないが、墓石代や管理費には課税がされる。
  • 2019年10月に消費税の10%への増税がされるため、増税前にお墓の新規購入やリフォームをしたほうがいい。なお、増税前と増税後の差額も小さいものではない。

消費税の増税まではまだ時間はあるとお考えの方も多いかと思いますが、なるべく早く手を打っておくのが賢明といえます。
なぜなら、お墓を建てるのには時間が必要ですし、2014年の増税前にも駆け込み需要が急増したために増税前までに工事が完了しなかった!なんてことが起こることもあります。

そのため、直前ではなく時間がある今のうちに新規購入やリフォームをお考えになってはいかがでしょうか?

お墓の建墓やリフォームに関しての記事もご用意していますので、ぜひこちらもご確認ください。
また、終活ねっとでは信頼のおける事業者様のご紹介もしていますので参考になさってください。

この記事が参考になれば幸いです。

こちらも読まれています

お墓を建てる前に、しっかり頭に入れて欲しいこと。

自分の死後のことを考えることってありませんか?その時一番に考えるのは自分の遺骨を納めるお墓のこと…。お墓がない方はお墓を建てる必要があります。今回はお墓を建てるにはどうしたらいいのか、お墓について紹介していきます。

こちらも読まれています

知って得する!お墓の値段はいくらが相場?

世間ではお墓の値段はあいまいで複雑、わかりにくいと言われています。そこで今回はお墓の相場についてご紹介させていただきます。是非、お墓の相場の参考にして頂ければと思います。

こちらも読まれています

お墓の建立は具体的に何をすればいいのか?

まだお墓の建立をしたことない人や、既に先祖がお墓を建立してくれていて、お墓の建立をしたことがないという人が多いのではないでしょうか。ここではまずお墓の建立に必要な知識な、建立の流れをまとめてみました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「お墓・消費税」に関連する記事

「お墓・消費税」についてさらに知りたい方へ

  • お墓に税金はかかる?生前の購入は節税になるのか調べてみましたのサムネイル画像

    お墓に税金はかかる?生前の購入は節税になるのか調べてみました

    購入あるいは相続、一生のうちにお墓を受け継ぐ機会は一度あるかないかです。お墓を購入した際に税金はかかるのか、かからないのか。お墓の生前購入は節税になるのか。なかなか知る機会のない、お墓と税金の気になる関係について調べてみました。

  • お墓にはどの税金がかかる?相続税や固定資産税を解説のサムネイル画像

    お墓にはどの税金がかかる?相続税や固定資産税を解説

    お墓を建てる際にお子さんに負担がかからない方法を探している方も多いのではないでしょうか。特に税金についてはお子さんに直接的に関わることになります。実際どんな税金があるのでしょうか?今回はお墓を建てる際の税金についてご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓に税金ってかかるの?費用や注意点について徹底解説!のサムネイル画像

    お墓に税金ってかかるの?費用や注意点について徹底解説!

    私たちが毎年お参りしているお墓ですが、実はお墓を建てる税金の費用が発生するということは意外と知られていません。お墓を建てたり維持したりするのにお金が必要なのに、加えて税金となるときになる方も多いでしょう。今回はお墓と税金の費用についていろいろみていきましょう。

  • お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!のサムネイル画像

    お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!

    お墓を建てるにあたって税金について心配されている方は多いかと思います。お墓の何に税金がかかって何が非課税なのか把握していますか?難解な分野だけによくわからないという方は多いのではないでしょうか?お墓の費用は非課税なのか、相続にかかる税金についても解説します。

  • 墓地の相続税は0円?墓地の生前購入で賢く節税対策ができます!のサムネイル画像

    墓地の相続税は0円?墓地の生前購入で賢く節税対策ができます!

    終活の中で相続税に関して考えることは重要なことのひとつです。大切な家族に相続税という経済的な負担をかけたくないと考える人も多いでしょう。この記事では、墓地の生前購入について紹介していきたいと思います。墓地の生前購入に関して詳細を知りたいという人には必見です。

  • 墓地に贈与税はかかるの?お墓に関する税金についてまとめました!のサムネイル画像

    墓地に贈与税はかかるの?お墓に関する税金についてまとめました!

    墓地を継承してくれる人がいるだけで、人生が終わっても安心だという方もいらっしゃるでしょう。では墓地を継ぐ人にとって心配な贈与税や相続税はどうなっているのでしょうか?生前か死後かで贈与税や相続税が変わってしまう気になる税金について考え、終活を進めていきましょう。

  • 納骨堂にまつわるいろいろな税金のお話。納骨堂に税金はかかるのかのサムネイル画像

    納骨堂にまつわるいろいろな税金のお話。納骨堂に税金はかかるのか

    「お墓」と「納骨堂」ってどう違うの?支払う税金の種類に違いがあるの?相続は? 少子化や都市部集中化に伴い最近急増している「納骨堂」ですが、お墓と比べて税金上のメリットやデメリットについて考えてみました。

  • 墓地に固定資産税はかかるの?気になるポイントをわかりやすく解説!のサムネイル画像

    墓地に固定資産税はかかるの?気になるポイントをわかりやすく解説!

    終活を進める中で、お金の問題は重要ですよね?特に墓地の購入は大きな金額になり悩みの種ですよね?さらに家と同様、固定資産税もかかるからと、諦めていませんか?今回は、墓地に固定資産税はかかるのか?他の税金はどうなのか?について解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

    お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

    多くの方にとって、お墓とはご先祖様の眠る場であり、ご先祖様を祀る場であると考えられています。しかし、その一方でお墓そのものが財産でもあります。はたして財産としてのお墓はどのような性格を持っており、それをうまく引き継いでいくにはどうすればよいのでしょうか?

  • 終活で税金について考えるために今すぐ役立つ情報をまとめました!のサムネイル画像

    終活で税金について考えるために今すぐ役立つ情報をまとめました!

    平均寿命は今や男女とも80歳を超えるようになりましたが、終活での税金対策は元気なうちに行いたいものですね。体が動かなくなってからでは、終活は難しくなります。適切な税金対策を行い、遺族が思わぬ相続税で困ったりすることのないようにしたいですね。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・消費税」についてさらに知りたい方へ

お墓に税金はかかる?生前の購入は節税になるのか調べてみましたのサムネイル画像

お墓に税金はかかる?生前の購入は節税になるのか調べてみました

お墓にはどの税金がかかる?相続税や固定資産税を解説のサムネイル画像

お墓にはどの税金がかかる?相続税や固定資産税を解説

お墓に税金ってかかるの?費用や注意点について徹底解説!のサムネイル画像

お墓に税金ってかかるの?費用や注意点について徹底解説!

お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!のサムネイル画像

お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!

墓地の相続税は0円?墓地の生前購入で賢く節税対策ができます!のサムネイル画像

墓地の相続税は0円?墓地の生前購入で賢く節税対策ができます!

墓地に贈与税はかかるの?お墓に関する税金についてまとめました!のサムネイル画像

墓地に贈与税はかかるの?お墓に関する税金についてまとめました!

納骨堂にまつわるいろいろな税金のお話。納骨堂に税金はかかるのかのサムネイル画像

納骨堂にまつわるいろいろな税金のお話。納骨堂に税金はかかるのか

墓地に固定資産税はかかるの?気になるポイントをわかりやすく解説!のサムネイル画像

墓地に固定資産税はかかるの?気になるポイントをわかりやすく解説!

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!のサムネイル画像

お墓は相続財産?お墓の承継について詳しく解説します!

終活で税金について考えるために今すぐ役立つ情報をまとめました!のサムネイル画像

終活で税金について考えるために今すぐ役立つ情報をまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・消費税」についてさらに知りたい方へ

お墓に税金はかかる?生前の購入は節税になるのか調べてみましたのサムネイル画像

お墓に税金はかかる?生前の購入は節税になるのか調べてみました

お墓にはどの税金がかかる?相続税や固定資産税を解説のサムネイル画像

お墓にはどの税金がかかる?相続税や固定資産税を解説

お墓に税金ってかかるの?費用や注意点について徹底解説!のサムネイル画像

お墓に税金ってかかるの?費用や注意点について徹底解説!

お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!のサムネイル画像

お墓の費用は非課税なの?相続時や建立時にかかる税金について解説!

墓地の相続税は0円?墓地の生前購入で賢く節税対策ができます!のサムネイル画像

墓地の相続税は0円?墓地の生前購入で賢く節税対策ができます!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと