宗派が違うお墓に納骨する際に知っておきたいことを解説!

家族の都合によるお墓の移転や、宗派の変更考えている方、不安や疑問はありませんか?宗派の変更によって出てくる、納骨・法要・お墓・覚えておきたいしきたりや親戚付き合いなどのさまざまな問題を解説していきます。

目次

  1. 違う宗派のお墓に納骨したい方へ
  2. 仏教におけるお墓とは
  3. 違う宗派のお墓に入りたいケース
  4. 違う宗派に納骨する場合の問題点
  5. 移転するお寺・霊園の規定の確認
  6. 宗派ごとのお墓にまつわる違い
  7. お墓と宗派についてのまとめ

違う宗派のお墓に納骨したい方へ

お墓

遠方にあるお墓を近くにある異なる宗派のお寺に移したい、自分の代から異なる宗派のお墓に納骨したい、と考えている方は、意外と多いのではないでしょうか?

でも、それに関わるさまざまな疑問も同時に浮かび上がってきます。

  • そもそも宗派を変えても良いものなのか?
  • 新しい宗派の先で檀家になるべきなのか?
  • お墓を移転した際に戒名までも変える必要があるのか?

こういった疑問を解決できる人は、なかなか身近にいませんよね。

そこで今回は、宗派の異なるお墓に移動する際に知っておきたいことを確認しましょう。

  • 仏教におけるお墓とは
  • 違う宗派のお墓に入りたいケース
  • 違う宗派に納骨する場合の問題点
  • 移転するお寺・霊園の規定の確認

基本的な仏教の観念から宗派によるしきたりの違いなど、皆さんの疑問を終活ねっとは解決していきますので、ぜひご参考にしてください。

霊園を探したい方はこちら

お墓を建てる霊園を探している方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

全国の霊園を宗教宗派・費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。

一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

仏教におけるお墓とは

お墓

わたしたち日本人は仏教を信仰するケースがほとんどです。
仏教では、生涯を終えると、その魂はお墓で眠ると考えています。

そしてそのお墓を通して、祖先から自らに至る何世代にもわたった一族の繋がりを確かに感じることができます。

ですから、世代を継ぎ、自らがこの世に生まれてきたこと、また次の世代へと繋いでいけることに感謝し、先祖を敬うためにお墓を立てています。

この先祖を敬い、お墓を建てるということは日本の仏教文化に強くみられるものであり、教えの根源となる釈迦仏教などに、お墓を建てることに関する規定は実はありません。

つまり、お墓を建てる際の決まりがある場合、それは教えに基づくものというよりは、先祖供養を重視する日本独自の伝統を受容し、変質を遂げた宗派の教義・方針によるものであると言えるでしょう。

違う宗派のお墓に入りたいケース

お墓

違う宗派のお墓に入りたい・移したいと考える人は珍しくないようです。
以下のような理由の方がよく見られます。

  • 自分の代から新しい宗派にしたい
  • 家族でそれぞれ異なる宗派を信仰している
  • 自分が信仰している宗派と異なるお墓があって困っている
  • お墓が遠方にあり、近くに移したいが同じ宗派のお寺がない
  • 父方と母方のお墓を一緒にしてあげたい

昔からのお寺との付き合いに縛られず、自分で信仰する宗派を選ぶことや、先祖代々のお墓を近くで見れるようにしたいと考え、今までの慣習を新たにしていきたいという気持ちは、現代に生きるわたしたちにとって大切なものであると言えるでしょう。

違う宗派に納骨する場合の問題点

困った人々

いざ異なる宗派に入ろうとする場合、現在一家でお世話になっているお寺の檀家から抜けるべきなのか?親族付き合いはどうしていけば良いのか?といった問題にも直面することでしょう。

ここでは、宗派を変えることによってかかるであろう費用の面や、お墓に関する将来的な問題も踏まえて、そういった疑問をひとつずつ解説していきます。

「家」として檀家を抜けるべきか

これからどうしていくのかを踏まえて、檀家を抜けるべきかどうかを考えていきましょう。

まずは先祖代々のお墓を閉じて、自分の代から新しい宗派を信仰していきたい場合。
お墓もなく、お寺との付き合いも無くなるため、檀家を抜けてしまっても良いと思われます。

嫁ぎ先と実家の宗派が異なっているなどの理由で、実質檀家を掛け持ちしてしまっている場合。
維持費・管理費などの諸費用の負担が大きい檀家もありますので、経済的な面で厳しい方は将来的に入る予定の宗派にお墓を移し、そこの檀家となるのも、ひとつの手段です。

自分だけが宗派から抜けたい場合、まだ先祖代々の墓も残っており、お墓を見るご家族が他にいる場合は、家として檀家を抜ける必要はないかと思われます。

また、お墓を移しても檀家として残り、法要をお願いすることが可能な場合もありますので、住職や担当の方とご相談するのも良いでしょう。

法要方法の違い

宗派が異なれば、供養の方法や年忌法要の特徴が異なる場合があります。
例えば、浄土真宗では三十三回忌が弔い上げ、臨済宗は二十三回・二十七回忌の代わりに二十五回忌を行う、曹洞宗は弔い上げを済ませた後に、五十回・百回忌を特別に行う…などといったものです。こういった宗派による法要の違いは確認しておきましょう。

また、檀家としての費用負担や行事への参加などのやるべきことも忘れてはいけません。
自分の代で宗派を変えたい場合、残された家族の負担が大きくならないよう、あらかじめ必要になること・やってもらいたいことをまとめ、家族と話し合っておくことをおすすめします。

親族との付き合い

一族の宗派から抜け、自らが他宗派となることで発生しがちな親族付き合いのトラブルに関してですが、多いのが身内が亡くなった際にどの宗派で葬儀を執り行うか親族と揉める場合。

生前に本人の希望を聞いておくのが一番ですが、本人に希望がないうえで一族代々の菩提寺があるならば、そちらの宗派を優先させましょう。
お墓を宗派不問の場所に建てるというならば、亡くなった方と近い関係にある喪主の方が決めるとスムーズにいきます。
また、最後にお墓の面倒をみることになる人の意見を尊重することも大切だと思われます。

宗派が違うからといって罰が当たることはありませんし、相手が信仰していない宗派に無理やり巻き込む必要も、信仰の違いによって争う必要も本来はないということは心に留めておきましょう。

移転するお寺・霊園の規定の確認

人々

ここからは移転先のお寺で檀家になる必要があるケースとはどういったものなのか、また戒名・法要に関する移転後の問題などについて解説していきます。
移転してから後悔しないためには事前の確認が大切です。規約には必ず目を通し、わからないところがあれば担当者やお寺の方に聞きましょう。

宗派に固定があるお寺・霊園の場合

宗派に固定がある場合、信仰しているお寺や霊園の土地を墓地として使用させてもらう代わりに、檀家となってお寺を支えるという仕組みになります。
宗派不問のお寺・霊園よりも料金は高額なことが多いですが、信仰心が厚い方や、故人を丁寧に弔ってもらいたいと考えている方にはおすすめです。

ちなみに、菩提寺があるのに他宗派のお寺で法要を済ましてから納骨をしてほしいというパターンがあるそうですが、そういった行為はタブーにあたり、お骨を持って来ても拒否されることも多いため、注意しましょう。

檀家になる必要の有無

お寺が管理している墓地や霊園の場合、入檀料や契約書が必要かどうかを事前に確認しましょう。
これらがお墓を建てる条件になっている場合は、檀家になる必要があると言われているものと捉えて良いでしょう。

檀家になった場合、優先的に法要を行ってもらうことができたり、お寺と密接な付き合いができたりします。
お墓を代々にわたり供養などをお願いする場合には、良いことだと思われます。
しかしこれは必ずという訳では無いことに注意しましょう。

古い付き合いの檀家が多く、お坊さんが少ないところだと、新規の檀家にまで回れず、密接な付き合いになるまでかなりの時間がかかることもあります。
一度檀家になってしまうと、多宗派の住職への葬儀依頼は難しくなってしまうため、家族のことも考えて入ることが大切です。

近年は、お墓を建てる条件として檀家になることを必要としないところや、墓前法要の時だけ住職にお願いできる墓檀家制度を採用しているところがよく見られるようになってきました。
また、永代供養を選ぶ場合は、檀家になる必要はありません。

宗派不問のお寺・霊園の場合

宗派不問のお寺や、自治体・民間の団体などによって運営される公営霊園は、自分の信仰している宗派でお墓を建てたり、法要を行うことができる自由さが大きなメリットとなってきます。
宗派不問といっても、過去の宗派が不問であって、これからはお墓を建てるお寺に入る、という意味のものもあるので要注意です。

戒名を変更する必要の有無

戒名は、宗派によって刻まれる文字が異なりますが、菩提寺から離壇していない・新たに菩提寺とする場合以外、無理に変更する必要はありません。

戒名を授かるということは、御仏の弟子となった証でもあります。ここにおいて宗派の違いはあまり重要視されません。
ただし、せっかく宗派を変えたのだから、戒名もそちらに沿ったものが良いというのであれば、自分の信仰する住職に相談してみましょう。

法要の指定の有無

宗派不問のお寺や霊園にお墓を建てて、そのお墓で法要を行う際は、埋葬以外の納骨・法要は自分たちで指定をする必要があります。

霊園内の法要を行う施設を使う場合は書類などの用意も必要となってきます。
そういった施設がない場合は、自分の信仰しているお寺の本堂で行わせてもらうか、お墓の前で行うことが多いです。

檀家に入っていたり、自分が信仰している宗派があったりという場合ならば、そのお寺に頼みましょう。

宗派不問のお寺・霊園を探そう!

実際に宗派不問のお寺・霊園を探したいという方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の墓地・霊園を比較しながら検討することができます。

資料請求や電話対応も可能です。(無料)

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

宗派ごとのお墓にまつわる違い

困った人々

宗派ごとにまつわるお墓の違い、例えば墓石の形や文字、塔婆などに異なる点はあるのでしょうか?
また、異なる点がある場合、新たに入る宗派のしきたりに沿って変更するべきなのでしょうか?
そのあたりを確認していきましょう。

墓石の形の違い

結論から言うと、宗派によって必ずこの墓石の形にしなければならない!というルールはありません。
ですから、和型墓石でもデザイン墓石でも、はたまた洋型墓石を選ぶことにも何も問題はないのです(五輪塔に関しては、あまり歓迎されないところもあります)。

宗派が変わることで特徴が見られるとすれば、墓石に刻む文字でしょう。
その宗派で祀るご本尊や、お唱えの言葉が刻まれているのを皆さんもよく見かけているかと思います。

お墓を移動する場合は、墓石の形が違うからというよりも、移動先の墓地の規定(申請条件・使用料等の条件)から外れている場合に断られる可能性がありますので、まずは下見の際などにしっかり確認しておきましょう。

宗派ごとの塔婆の違い

追善供養のために建てる塔婆ですが、宗派や土地によっては塔婆を建てないところもあるようです。
塔婆に書かれる内容は、戒名や命日といった事項になります。これは宗派によってやや異なる部分もあるかと思われますが、塔婆自体ずっと置いておくものでもないため、宗派を変えたからといって法要の時期でもないのに慌てて依頼することもないでしょう。

宗派ごとのお線香の違い

宗派ごとにお線香の数や立て方は異なりますが、自分の信仰と異なる場でお線香をあげる際は、自分方・相手方の宗派の、どちらのあげ方を選んでも構いません。
以下はお線香の違いの例となります。

  • 3本のお線香を逆三角形に立てる(天台宗・真言宗)
  • 1本のお線香を2つに折って香炉にねかせる(浄土真宗)
  • 1本のお線香を立てる(臨済宗・日蓮宗など)

お供えものの違い

宗派が異なれば、お墓にお供えするものも異なります。

供花は、白を基調としたものを、仏花には菊の花などを選ぶ方が多いのではないかと思われますが、宗派によっては色花を飾ったり、生花ではなく「常花」と呼ばれる蓮華の花供養具を飾るところもあるようです。

だからといって花を持ってくることが絶対に許されないという宗派はないので、トゲのある花は選ばないなどの基本的なマナーさえ抑えておけば、細部まで気を遣う必要もないでしょう。

食べ物

食べ物は、普段家族で食べているものや、故人が好きだったものを供えます。
本格的な精進料理にしなければならないという訳ではありませんので、パンなどでも大丈夫です。ただし、殺生に関わる肉や魚はマナーとして避けた方が良いでしょう。
また、お膳の配置は宗派による違いが顕著に見られますので、確認をした方が良いでしょう。
その他、浄土真宗では仏壇に水を入れて供えることはしないそうです。

こういったしきたりは、地域性も含まれてきますので、お供えする仏壇があるご家族の方や、信徒として長く過ごされてきた方などに聞いた方が早く解決します。

お墓と宗派についてのまとめ

お墓

いかかでしたでしょうか。
お墓と宗派について皆さんがよく疑問に思う内容を解説してみました。

宗派を変えることによって、墓を一から作り直さなければならないとか、厳しいしきたりを順守しなくてはならないということはないようです。

もちろん、お墓の移転にかかる費用や、将来お墓を見るであろう家族とはしっかりと話し合いをする必要はありますが、ぜひこの記事を参考にして前向きに宗派の変更・お墓の移転について考えて頂ければと思います。

終活ねっとでは、このようにお墓にまつわる情報を発信しております。
お墓の購入を考えられている方に役立つ情報は他にもありますので、是非その他の記事も合わせてお読みください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・宗派」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・宗派」についてさらに知りたい方へ

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!のサムネイル画像

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するにはのサムネイル画像

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!のサムネイル画像

お寺にお墓を置くには?人気の場所も紹介!

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!のサムネイル画像

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

宗教とお墓の関係は?無宗教のお墓や夫婦で宗教が違う場合も解説のサムネイル画像

宗教とお墓の関係は?無宗教のお墓や夫婦で宗教が違う場合も解説

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説しますのサムネイル画像

お寺にあるお墓について特徴・費用・相場などを解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・宗派」についてさらに知りたい方へ

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!のサムネイル画像

お寺でお墓を立てる際に費用がどれくらいかかるのか解説します!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!のサムネイル画像

誰がどのお墓に入るの?入るお墓に関する悩みを一挙解決します!

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するにはのサムネイル画像

檀家になるために必要な費用っていくら?寺院にお墓を建立するには

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと