永代供養は生前予約できるの?メリットや手続きを紹介!

お墓の維持管理の負担がなくなる方法として、永代供養があります。そして自分のお墓は自分の目で確かめて決めたいという方には、永代供養墓の生前予約がおすすめです。今回の記事では永代供養の生前予約について、そのメリットや手続きの面から詳しく解説していきます。

目次

  1. 永代供養は生前予約ができる?
  2. 生前予約をするメリット・デメリット
  3. どういう人が生前予約するの?
  4. 普通のお墓は生前予約できない?
  5. 生前予約するための手続き
  6. 永代供養墓の相場は?
  7. 永代供養の生前予約 まとめ

永代供養は生前予約ができる?

お墓

お墓について考えることは、終活の大きなテーマのひとつです。

従来、お墓は子や孫へと代々引き継いでいくものでした。
しかし少子高齢化や核家族化の進行から、今までのようなお墓の管理と供養は難しいという方が急速に増えてきました。

この流れの中で、近年は永代供養のお墓に注目が集まっています。

永代供養とは、寺院側が責任を持って、遺骨の管理と亡くなった方の供養を行なってくれる方式です。
永代供養をしてくれるお墓を永代供養墓と言います。

自分が生きているうちに自分のお墓を決めたいという方は、とても増えています。
永代供養を生前予約することは、残された家族への負担を軽減し、大きな安心感につながります。

そこで今回は、永代供養の生前予約について、次の内容で詳しく解説していきます。

  • 永代供養の生前予約をするメリットとデメリット
  • どのような人が生前予約をするのか?
  • 普通のお墓は生前予約ができるのか?
  • 永代供養の生前予約をするための手続き
  • 永代供養墓の相場は?

永代供養の生前予約について、さまざまな面から理解できます。
後悔しない永代供養墓の検討に役立つ知識ですので最後までお読みください。

生前予約をするメリット・デメリット

お墓

亡くなった方のご冥福を祈り、その霊を弔うのが供養ですが、もし自分に万一のことがあった場合には、誰がその供養を引き継ぐのか?が問題となってきます。

永代供養の契約をすることで、寺院または墓苑が、自分と子や孫といった後継者に代わって遺骨の管理と供養をしてくれます。
永代供養を選ぶことで、将来にわたり無縁仏になることはありません。
少子化や核家族化が進んだ現在では、大きな安心感と言えます。

こういった永代供養の契約は、自分が生きている間に「生前予約」の形で寺院または墓苑と結ぶことができます。

ここではまず、永代供養の生前予約をするメリットとデメリットについて見ていきましょう。

メリット

永代供養の生前予約として、第一に挙げられるのは、自分が入るお墓を自分の目で確かめられることです。
生前予約をすることで、自分の希望に沿ったお墓を選ぶことができます。

既にお墓が決まっていれば、残された家族の方々もお墓について悩むことがなくなります。

さらに、永代供養の生前予約には経済的な面でもメリットがあります。
生前予約の寺院や墓苑では、予約時に料金を一括で支払う方法がほとんどです。
それ以降は費用がかからないので、残された家族に経済的な負担がかかりません。

残された家族への負担は、お墓参りやお墓の維持管理といった面からも軽くなります。
永代供養型の納骨堂などは、多くの場合、交通至便な立地で室内の設備であるため、天候を気にせずにお墓参りができます。
従来のお墓のように、墓地の区画を清掃する負担もありません。

また、ほとんどの場合、永代供養の付いた墓地は、宗教宗派や信仰に関わらず契約することができます。
制約はなく、誰でも寺院あるいは霊園と永代供養の契約を結ぶことができる形です。

こういった各種の条件を一つずつ自分で判断し、総合的にお墓を選定できることは、生前予約だからこそです。

このように永代供養を生前予約することは、お墓についての気がかりがなくなり、大きな安心感につながります。

デメリット

メリットがいっぱいの永代供養の生前予約ですが、デメリットもあります。

そもそも永代供養の永代とは、永久を指すわけではありません。

ほとんどの寺院や墓苑では、三十三回忌までというように遺骨の供養・管理の期間を区切り、その後はほかの方々の遺骨と一緒に供養・管理を行います。
一旦ほかの方々と遺骨を合わせると、遺骨を取り出すことは不可能になります。
永代供養の生前予約をする際には、いつまでが個別の供養・管理なのか?どのタイミングで合祀となるのか?をしっかりと確かめる必要があります。

永代供養を選択する方は年々増えていますが、お墓の購入者に占める割合から見ると、まだ少数派です。
そのため、いずれ合祀になるという点で家族や親族の理解を得にくい、というのは生前予約する際のデメリットといえます。

また、生前予約をして料金を一括支払いした場合でも、年会費や管理費が契約後にかかってくることがあります。
かからないと思っていた費用がかかったことで、後から揉めることのないように、寺院や墓苑との契約内容をしっかりと確かめる必要があります。

どういう人が生前予約するの?

お墓

注目を集める永代供養ですが、身の回りで永代供養付きのお墓を購入した人はまだまだ少ないのも事実です。

では、永代供養のお墓を生前予約するのは、どのような人にオススメなのでしょうか?

ここでは具体的な例を挙げて説明していきます。

承継者がいない人

民法では、お墓の承継者について
「相続分の規定によらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者がこれを承継する」
と規定しています。

亡くなった方が承継者を指定していれば、それに従いますが、もし承継者を指定していなければ、慣習に沿ってお墓の承継者が決まる形です。

その慣習とは、家を継ぐ長男がお墓も引き継ぐということです。

戦前の民法では、家とお墓は長男が承継し、お墓に入れるのも長男夫婦のみと定められていました。
この規定は慣習に形を変えて、現在まで主流となっています。
実際にこれまでは、一般にお墓の承継者は、その家の長男が引き継ぐことがほとんどでした。

しかし、少子化や結婚をしない人が増えたことで、この慣習を保つことはたいへん難しくなっています。
お墓の承継者がいないという人が急速に増えています。
子どもがいない人はもちろん、一人娘が嫁いでしまったという人も、承継者がいない場合に当てはまります。
また、地方から都市部への人口集中も現代の大きな特徴です。
子どもはいるものの、全員が遠方に住んでいてお墓の承継が難しいというケースも珍しくありません。

このように、承継者がいない事情も人によってさまざまです。
承継者がいない人が永代供養の付いたお墓を選択肢として考えるのは、ごく自然な流れと言えます。

子どもに迷惑をかけたくないと感じている人

次に多いのは、子どもにお墓にまつわる負担をかけたくないと考えている人の場合です。

お墓を承継できる子どもはいるものの、子どもに迷惑をかけたくないと思っている人も永代供養の生前予約を始めています。

もし自分が亡くなった場合、残された家族、主に子どもがお墓を探して選定し、その後長きに渡って供養と管理を行なうことは、子どもに手間を取らせてしまうからという考え方です。

お墓の承継者に当てはまる人がお墓のある出身地から遠く離れた場所で暮らすケースは珍しくありません。
遠方のお墓の場合、お墓の維持管理はとてもやりにくいものです。
お墓を承継する子や孫にかかる負担は、経済的なものと時間的なものの両方があります。
また、お墓の承継者は基本的に一人であるため、精神的な負担もかかってきます。

永代供養の生前予約は、仕事や家事に忙しい毎日を送っている子どもに、迷惑をかけたくないという親心の表れと言えます。
そのような人にも永代供養の生前予約はとても向いています。

自分のことは自分で決めたい人

自分が入ることになるお墓は、自分の目で確かめてから決めたいという人も大勢います。

終活という言葉が定着した現在では、葬儀やお墓も自分らしいスタイルにこだわりたいという意見が多数派になりつつあります。

永代供養の生前予約をすることで、自分の希望に沿ったお墓を自分の意思で選ぶことができます。

寺院にするか?民間が母体の霊園にするか?といった墓地選びから、区画の面積、墓石のデザインに至るまで、自分のこだわる条件を一つずつ実現させることが可能なのは生前予約ならではです。

最後まで自分の意思で選択決定したい、自分のことは最後まで自分で決めたいという人に、永代供養の生前予約はとても向いていると言えます。

お墓を建てることに抵抗感を感じている人

これは主に、寺院にある墓所に新たにお墓を建てる場合に耳にする意見です。

通常では、お墓を建てたことで、寺院の宗派のもとで檀家になる必要があります。
檀家(だんか)とは「そのお寺に所属して、お布施をして寺の財政を助ける家」を意味します。

檀家になることで、お布施などの費用がかかり負担になるのではないか?
今後、法要を行なう際に制約がかかるのではないか?
そういった点が気になり、それならば墓石はない方がよいと考える人がいるようです。

また、新たにお墓を建てると、供養のよりどころにはなりますが、それに付随して清掃や維持管理の手間がかかってきます。
お墓を持つことで、維持管理の負担が自分だけでなく子や孫の代までかかることに抵抗感を感じる人もいます。
その場合には、永代供養の生前予約は選択肢の一つとなります。

普通のお墓は生前予約できない?

お墓

永代供養付きのお墓は、比較的新しい供養方法です。

従来のお墓には永代供養は付いていませんので、墓地を契約したら、子や孫の代までお墓を承継し、自分たちで供養するやり方が一般的でした。

では、生前予約に関しては、従来のようなお墓の場合でもできるのでしょうか?

墓地は、公営や民営などの運営主体に関わらず、使用規約や使用条件を定めています。
それらには使用者の資格や管理料、使用目的などが記載され、生前予約についても規定がある場合がほとんどです。

ここでは公営、民営、寺院の3つの場合を想定して、いわゆる普通の墓地と生前予約の関係について説明していきます。

公営墓地の場合

公営墓地とは、都道府県や市町村といった地方自治体が管理している墓地のことです。

公営墓地では、基本的に生前予約は認められていません。

これは、公営墓地の使用規約において、「墓地使用権の譲渡・転貸」が禁止されているからです。
墓地使用権とは永代使用権とも呼ばれ、墓地一区画を使用する権利のことを指します。

公営墓地では、この墓地使用権を第三者に譲渡・転貸することはできない旨が使用規約に記載されています。

生前予約と「墓地使用権の譲渡・転貸」との線引きは難しいため、公営墓地の生前予約はできないことになっています。

しかし、数は少ないですが、公営墓地の中でも生前予約ができる場合があります。
例えば、都立霊園にある合葬埋蔵施設と樹林(じゅりん)型合葬埋蔵施設の場合は、生前予約が可能となっています。
これらは遺骨をほかの方々と合同で埋葬する方式によるためです。

一区画ごとの墓地の場合は、都立霊園の場合でもやはり生前予約は認められていません。
すでに遺骨を持っている人のみが墓地使用権の申し込みをすることができます。

全般的に公営墓地は、民営の墓地に比べて墓地使用料が安いという特徴があります。
公営のため宗教や宗派が問われず、人気が高いため、公営墓地の申し込みは抽選になることがほとんどです。

民営墓地の場合

民営墓地とは、営利を目的としない公益法人や宗教法人によって運営されている墓地のことです。
宗教法人が運営していても、応募資格として特定の宗教や宗派が問われない場合は民営墓地と呼ばれます。

民営墓地でも使用規約や使用条件を定めていますが、公営墓地のような応募条件は決められていない場合がほとんどです。
宗教や宗派、信仰も問われません。

民営墓地では、契約料を払えば誰でも使用できます。
この点からもわかるように、民営墓地は生前予約を行なうことができます。

現在では、さまざまなタイプの民営墓地が登場し、話題になっています。
従来通りの一区画ごとの墓地の方式のほかに、合同で遺骨を埋葬する方式や樹木葬など、民営墓地の埋葬方法は時代とともに多様化してきています。

数ある種類の中から自分の希望に沿った民営墓地を選んで、生前予約することが可能です。

寺院墓地の場合

寺院墓地は、基本的に檀家や信者のための墓地にあたります。
従って、寺院墓地を新たに使用したい場合は、そのお寺の檀家になることが第一の条件です。

通常の場合、檀家になるためには、入檀料を納めてそのお寺の護持と運営に協力していくことが求められます。
宗教や宗派はもちろん、法要についてもそのお寺の意向に従うことになります。

檀家になることは、子や孫の代まで関係してきます。
お寺の行事や法要の際のしきたりなどを住職の方に確認することが必要です。

お寺にある寺院墓地は、ほとんどの場合お寺の境内にあります。
また最近では、敷地外の別の場所に造成されていることもあります。

寺院墓地では、信仰の立場を示す自分の意思として、寺院墓地を選ぶ場合がほとんどです。
従って、生前予約が可能です。

生前予約するための手続き

人々

自分の希望に沿った墓地を選択できたら、次は申し込みの手続きです。

では、永代供養を生前予約するためには、具体的にはどうしたらよいのでしょうか?

永代供養付きのお墓が注目を集めていますが、身近で永代供養の生前予約を済ませた方は意外といないのではないでしょうか?

必要な書類などをチェックしておくことで、実際の契約がスムーズに進みます。
ここでは生前予約に関する手続きの方法について、詳しく説明していきます。

申し込み・契約

永代供養墓使用申込書に必要事項を記入し、捺印します。
申し込みの用紙は墓地の側で用意されるので、こちらで準備する必要はありません。

申し込みの際には、墓地の側で用意した、永代供養墓の使用規約または約款をきちんと確認することが重要です。

申し込みはほとんどの場合、墓地の運営主体者と面談の場で行ないます。
疑問点があれば、その場で必ず確認するようにしましょう。
すべてに目を通し、疑問点がないことを確かめたうえで、使用規約または約款に署名押印をします。

申し込みの際には、申込者の住民票または戸籍抄本を添付します。
これは申込者の本籍地を確認するための書類です。

さらに、家族または親族などから連絡者一名を選び、その連絡先を書面に記載して提出することが求められます。
生前予約の場合は、自分が入るお墓を契約する形となります。
連絡先の提出は、申込者本人に万一のことがあっても、すぐに墓地の側から連絡を取れるようにするためです。
この書面には、連絡者の署名と押印が必要になります。

生前予約の契約日までに、連絡者の署名押印がされた書面を住民票または戸籍抄本と合わせて用意しておくとよいでしょう。

すべての書類がそろい提出したうえで、永代使用料の振り込みが完了すれば契約成立となります。

ちなみに、亡くなった方の遺族が行なう、生前予約でない契約の場合には、埋葬許可証が必要となります。
当然に、生前予約では遺骨はないため、埋葬許可証は必要ではありません。

生前予約をしたことを証明する書類の発行

生前予約の申し込みと契約が完了すると、墓地の運営主体からは、登録内容証明書が発行されます。

この書類は、間違いなく該当の永代供養付きのお墓を生前予約したという証明になります。

なお、運営主体によっては、登録内容証明書は永代供養墓使用承諾書と呼ばれることもあります。
名称が異なる場合でも、登録内容の証明書には変わりありません。
契約が成立した証明なので、大切に保管するようにしましょう。

手続きに関して注意するべきこと

永代供養付きのお墓を生前予約することは、ほとんどの方の場合、一生に一度しかない経験です。

また、生前予約の契約の際には、まとまった費用が発生しますので、それなりの緊張感をもって契約の手続きに臨みたいものです。

生前予約の手続きでは、特に次の2点に注意するようにします。

契約内容をしっかり確認する

永代供養の生前予約では、該当の墓地に関する資料はもちろん、現地の墓地を自分の目で確かめてから契約に取りかかることができます。
候補となる複数の墓地を見学し、比較検討することも可能です。

従って、候補から一つの墓地を絞り、契約に至った段階でも、契約内容を書面でしっかりと確認する必要があります。

永代供養の生前予約は申し込みの段階で一括して費用を払う場合がほとんどです。
当然ながら、生前予約では、家族が供養やお墓参りをするのは、自分が亡くなった後ということになります。
自分(生前予約した本人)では追加費用などについての疑問点が契約後に発生しても、管理者側に問い合わせることはできません。

永代供養というだけに、墓地のある寺院や霊園とは末永いお付き合いとなります。

年会費や管理費などは、どのように支払うのか?
法要供養の際のお布施やお墓の維持管理料などが追加で発生することはないか?
お墓の刻字の代金なども費用に含まれるのか?
こういった費用に関する細かな項目も、契約の段階で確かめておくと安心です。

永代供養墓の使用規約または約款は文字が細かく、全体としてかなりの長さになります。
それでも、内容について細かく踏み込んで確かめるようにしましょう。

契約の際には、自分一人だけでなく、家族や知り合いの方などに立ち会いを頼むのもよい方法でしょう。
契約内容をしっかり確認することが大切です。

永代供養墓の使用証明書を紛失しないように

永代供養墓の使用証明書は、自分に万一のことがあった場合に、葬儀の責任者の手元にあるととても助かる書類です。
きちんと保管して紛失しないように心がけましょう。

もし永代供養墓の使用証明書が見つからなくなってしまった場合でも、すぐに生前予約自体が無効になるわけではありません。
しかし、使用証明書が手元にあった方が、納骨や供養をはじめとする今後の手続きがスムーズになります。

寺院や霊園によっては、永代供養墓の使用証明書をカードの形で発行しているところもあります。
ほかの書類やカード類とまぎれないように、わかりやすい形で保管しましょう。

万一に備えて、家族や親族に永代供養墓の使用証明書の保管場所を伝えておくと、さらに安心です。

永代供養墓の相場は?

お墓

このように時代に合ったメリットがいっぱいの永代供養墓は、全国各地で増えつつあります。

また、ひと口に永代供養墓と言っても、その供養方法はさまざまです。
個人ではお墓を持たずに、初めからほかの方々と合同で遺骨を納める納骨堂や、海や山に遺骨をまく散骨も近年では注目されています。

一般的には、永代供養による埋葬と供養は、従来のお墓を建てるよりも安価であると言われています。
しかし、墓石のように明確な金額が付くものと違って、永代供養には明確な値段が付かないのも事実です。
ここでは、さまざまな永代供養の気になる相場について見ていきましょう。

生前予約を考える際はそれぞれの相場を確認しましょう。

納骨堂

永代供養付きの納骨堂の価格の相場は、10万円~100万円が目安です。

現代の納骨堂には、さまざまな種類があります。
納骨する形式によって、価格の相場が異なってきます。

例えば、ロッカー式の納骨堂では、一区画10万円~が目安です。
ロッカー式では、コインロッカーのような収容スペースに、一人ずつ遺骨や位牌を納めることができます。

また、仏壇式と呼ばれる、細長い仏壇がずらりと室内に並んだ方式の納骨堂では、30万円~100万円が目安となります。
仏壇式では、棚の下部に遺骨を納め、棚の上部に位牌を納めることができます。
一区画ずつの仏壇の仕様や納骨堂の立地、設備によっては、100万円以上かかる場合もあります。

また、ICカードやICキーを使った最新型の機械式では、50万円~100万円が相場の目安です。
これは参拝場所にエレベーター式の機械によって遺骨が運搬されてくる方式です。
最新型の機械式は狭い面積でもたくさんの方々の遺骨を納められることから、東京や大阪の大都市で増えています。
このタイプの機械式は、別名で自動搬送式とも呼ばれています。

設備の充実の度合いによって、価格が違ってきます。
都心の駅に近い便利な立地の場合は、100万円以上かかる場合もあります。

合祀墓(ごうしぼ)

合祀墓(ごうしぼ)は合葬墓(がっそうぼ)とも呼ばれます。

合祀墓は、一人だけでなくほかの方々の遺骨と合同で埋葬するお墓の形です。
埋葬後は、寺院または霊園が責任を持って全員の分の供養を執り行なうので、将来的に無縁仏になる心配はありません。

永代供養付きの合祀墓の価格の相場は、5万円~10万円が目安です。
なお、寺院や霊園によっては別途埋葬代がかかることもあります。

合同で埋葬される合祀墓は、個別のお墓と異なり、あまり広い場所を必要としません。
また、近頃では宅配便で遺骨を送る送骨サービスも行なっているお寺もあります。

その点からも、合祀墓は比較的リーズナブルな相場となっています。
合理的な供養を希望する方に向いていると言えるでしょう。

樹木葬

樹木葬では、遺骨を埋葬した後に、墓標として樹を植えます。
亡くなった後に自然に還るという発想から、自然志向の方々を中心に注目されています。

樹木葬の運営主体は、寺院や霊園、民間のNPO団体などです。

樹木葬の価格の相場は5万円から20万円が目安ですが、霊園の敷地内に埋葬する場合と里山の一隅に埋葬する場合といったように、埋葬する場所の立地によって異なってきます。

貴重な場所での樹木葬やペットと一緒に入れるなど、特別な埋葬をする樹木葬では約70万円ほどの費用がかかる場合もあります。

散骨

海や山に遺骨をまく供養方法です。

散骨の中で最も多いのは、砕いた遺骨を船上からまく海洋散骨です。
専門業者に依頼すると、遺骨を粒状に砕いてくれます。

海洋散骨の価格の相場は、船をチャーターして自分で散骨を行なうか、業者に散骨自体を依頼するかなど、どこまでを業者に依頼するかによって大きく変わってきます。

まず自分の家族だけで船をチャーターする場合は20万円~30万円が相場です。
都合のつく日時を指定して、家族だけで散骨ができますが、その分費用は高めです。

次に、個別のチャーターではなく、いくつかの家族で合同で船に乗る散骨の場合です。
この場合は約10万円が相場となります。
合同なので一家族あたりの費用負担は軽くなりますが、希望の日時に沿えないこともあり得ます。

また、自分は船に乗らず、業者に散骨を任せる場合は約5万円が相場です。
この場合は、散骨を済ませた後で証明となる写真や書類が手元に届きます。
依頼した通りに散骨が行なわれたことを確かめることができます。

個人墓

一般のお墓と同様に、個人が墓石を建てて遺骨を納めます。
従来と違うところは永代供養が付いているという点です。

永代供養付き個人墓の価格は、永代供養料に墓石の料金を合わせた額となります。
相場としては、永代供養料として30万円~50万円、墓石の料金として約50万円が目安です。

永代供養の生前予約 まとめ

人々

ふだんはなかなか知る機会の少ない永代供養の生前予約について説明してきました。
お役に立てたでしょうか。

今回の記事を通して

  • 永代供養を生前予約することは、お墓を自分の目で確かめられる点や経済的な面でメリットがある。
  • 承継者がいない人や子どもに迷惑をかけたくない人を中心に、永代供養を生前予約する人が増えている。
  • 公営墓地は原則として生前予約ができない。民営墓地や寺院墓地の場合は生前予約ができる。
  • 申し込みから契約まで、生前予約するための手続きとその注意点について。契約内容はしっかりと確かめ、永代供養墓の使用証明書をきちんと保管することが大切である。
  • 永代供養墓(納骨堂、合祀墓、樹木葬、散骨、個人墓)の相場について。

以上の点がおわかりいただけたと思います。

永代供養付きのお墓は、時代のニーズにともなって、全国各地で急速に増えています。
そういったお墓を生前予約をすることには、自分の目で確かめて選べるという大きなメリットがあります。

また最近では、樹木葬や散骨など、墓石を建てない方法での永代供養も全国各地で増えています。
興味をもった寺院や霊園には、資料請求したり、現地を見学することも可能です。

生前予約の契約自体は難しくありませんが、支払い費用を考えても、大きな買い物には違いありません。
永代供養の生前予約は一生に一度あるかどうか?の機会です。
事前の下調べと時間をかけた検討によって、後悔のない自分の希望に沿ったお墓選びが可能になります。
現地に見学に出かけて、管理事務所で話を聞くのも大切な手順です。

また、家族や親族ともよく話し合っておくと、いざという時も慌てずに済みます。

お墓について決めることは、終活の中でも大きな位置を占めています。
今回の終活ねっとの記事を参考に、永代供養付きのお墓を生前予約を選択肢の一つとしてご検討してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・生前予約」に関連する記事

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!のサムネイル画像

    永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!

    最近何かと良く耳にする永代供養ですが、どのようなものかご存知でしょうか。既にお墓はあるし、手続きが複雑そうで踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では永代供養のやり方や、必要な手続きについて詳細にまとめています。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

    永代供養・共同墓地について解説いたします!

    核家族化と少子高齢化が進んだ近年では一般的なお墓を持たず、永代供養の共同墓地を選択する人が増えています。 共同墓地に入った場合に供養はどうするのか気になりませんか? 永代供養と共用墓地の疑問について解説いたしますのでぜひ最後までお読みください。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

    永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

    先祖代々檀家の家系の場合、永代供養墓に移りたいとなると大変です。一体どんなことが大変なのか知っていますか。今回は、檀家の場合永代供養墓に移るためになにをしたらいいのかなにが大変なのかを紹介していきます。

  • 終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

    終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

    終活や永代供養と言う言葉を聞くようになって、ご自身の終活について考えるようになった人も多いのではないでしょうか。ご自身のお墓について、誰にも迷惑をかけたくないと考えている方には、永代供養について詳しく知ることが大切でしょう。

  • 永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!のサムネイル画像

    永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!

    最近よく耳にする「永代供養」とは何でしょう?終活を考える上で避けて通れないのはお墓のことです。けれども、お墓を購入するのも維持するのにもお金がかかるし、大変ですよね。そこで行き着くのが永代供養です。今回は永代供養とはどんなものなのかを説明します。

  • 永代供養のタイミングっていつ?契約時に役立つ情報を紹介します!のサムネイル画像

    永代供養のタイミングっていつ?契約時に役立つ情報を紹介します!

    永代供養は、近年の終活の取り組みやお墓の跡継ぎに関する対応策などの一環で利用する方が増えてきている供養方法の1つです。ただ、永代供養を利用するにしてもどのタイミングで契約すればよいのでしょうか?今回は、永代供養のタイミングについて考えてみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「永代供養・生前予約」についてさらに知りたい方へ

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!のサムネイル画像

永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!のサムネイル画像

終活で考える永代供養について必要な知識を解説!

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!のサムネイル画像

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!

永代供養のタイミングっていつ?契約時に役立つ情報を紹介します!のサムネイル画像

永代供養のタイミングっていつ?契約時に役立つ情報を紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・生前予約」についてさらに知りたい方へ

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!のサムネイル画像

永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと