葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト

愛するペットは永代供養すべき?永代供養ができる霊園と供養法まとめ

楽しい時間をくれたペットがいつかは亡くなってしまう。そんな悲しみの中で、ペットの亡骸をどのようにして供養をしたらいいのか悩みますよね。愛するペットの供養は、永代供養をはじめとして様々な方法があります。今回は、永代供養からその他の供養方法まで一挙に紹介します。

愛しいペット達を永代供養したい

お墓

愛しいペット達がいずれ亡くなってしまったら...
あなたが生きている内は良いですが、いつまでも供養しつづけられるか不安な方も多いでしょう。
ペット供養の中には、霊園を利用して永代供養をするという方法があります。

最近ではペットの永代供養をしてくれる霊園も増えていることから、このサービスを利用したいと考えている人も多いと思います。

しかし、今まで利用したことがない人にとっては、どんなサービスなのか不安を感じる人もいるのではないでしょうか?

ここでは、

  • 永代供養をするメリットやデメリット
  • 永代供養をするための霊園の選び方
  • 永代供養以外の供養方法

について紹介します。

どんな供養をするのが愛するペットとあなた自身にとって最も良いのか、この記事を参考にぜひ考えてくださいね。

そもそも永代供養とは?

お墓

永代供養という言葉を初めて聞いた人もいるでしょう。
永代供養とは、ペットを供養し続けるのが難しい方にかわり、霊園が永代にわたり供養や遺骨の管理をしてくれるというものです。

永代供養を利用することで、ペットを人と同じように供養し続けることができます。
そのため、ペットの永代供養は近年注目を集めるようになってきました。

では、次はペットの永代供養をするメリットやデメリットについてみてきましょう。

ペットを永代供養するメリット

葬儀

永代供養を初めて利用する人は、まずどのようなメリットがあるのかをよく確認してみましょう。
永代供養は、自分で供養するのが難しい人には大きなメリットがあるようです。

ペットをしっかりと供養できる

大切なペットを人と同じように供養したいと思っても、お墓を建ててまで供養するのは経済的に難しい人がほとんどでしょう。

また、庭にお墓をつくるといった方法もありますが、マンションの暮らしでは庭もないためこのような供養方法を選ぶことができません。
そんな人に選ばれているのが霊園での永代供養です。

霊園の永代供養では、定期的に供養祭なども行われしっかりと供養をしてもらうことができます。
人と同じようにずっと供養をしてもらいたいと考えている人には最適です。

自分の死後も供養してもらえる

もし、ペット用のお墓をつくって供養をしたとしても、自分がいなくなれば、そのお墓を誰が管理をするのかという問題があります。
自分がいなくなれば誰もお墓の管理をしてくれないのでは、それは良い供養だとは言えないのではないでしょうか。

永代供養であれば、霊園が永代にわたり供養をしてくれるので、このような心配をする必要がありません。
このことも永代供養を利用する大きなメリットです。

ペットを永代供養するデメリット

人々

永代供養のメリットを見ると、良い供養ができると感じたのではないでしょうか。
しかし、人によってはこの永代供養をしたことでデメリットとなることもあります。

ペットと一緒のお墓に入れない可能性が高い

霊園の永代供養を利用して、ペットと同じお墓に入りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
最近ではペットと一緒に入れる霊園も増えてきました。

このような霊園を利用すれば、一緒のお墓に入ることも可能です。
しかし、永代供養を利用したことでペットと一緒のお墓に入れない可能性が高くなることもあります。

永代供養といっても、埋葬の仕方に種類があり、合同埋葬、納骨堂への納骨、自然散骨などがあります。
個別に埋葬をする永代供養でも、一定期間を過ぎれば合同埋葬とする霊園もあります。

合同埋葬は遺骨を他のペットと一緒にして埋葬をする方法です。
このような埋葬方法では、一緒にお墓に入りたいと思っても、他のペットと遺骨が一緒になっているので取り出すことができません。

自分のお墓に一緒に入りたいと考えるのなら、遺骨を取り出せる方法を選ぶ、もしくは残しておく必要があります。

分骨をしておけば同じお墓に入れる

一緒のお墓に入りたいと考えている人は、分骨をしておくことをおすすめします。
分骨とは、遺骨を複数に別けて納骨をすることです。

分骨をしておけば、永代供養によって合祀となっても、分骨した遺骨を自分のお墓に納骨をすればいいので、一緒のお墓に入ることができます。
ネットでは分骨用の骨壺などの販売されていることから、火葬が終わった時には、用意した骨壺に分骨しておくと良いでしょう。

ペットを先祖代々のお墓に入れても良い?

法律的には、一緒のお墓に入れても問題はありません。
先祖代々のお墓がある人では、そのお墓にペットの遺骨を入れて、自分もそのお墓に入ればいいと考えている人もいるかもしれません。

しかし、一般的には先祖のお墓にペットの遺骨を入れません。
法律的には問題ないかもしれませんが、ご先祖様の中には動物が苦手な方もいるかもしれませんし、お墓の使用規定によって一緒にできないケースもあります。

お墓が霊園やお寺にある場合には、そこの管理者の使用規定に沿って埋葬する必要があり、もしペットは埋葬ができないといったルールがあれば、先祖代々のお墓には入れることはできません。

ペットを先祖代々のお墓に入れる場合には、家族や管理者としっかりと相談をして決める必要があります。

頻繁に会いに行けない

ペットを供養できる霊園が増えてきたといっても、コンビニのようにいたるところにあるわけではありません。
自宅によっては、最も近い霊園でも数時間かかるといったケースもあるでしょう。

頻繁にお墓まりをしてあげたいと思っても、これでは現実的に難しいこともあり、これも霊園での永代供養のデメリットです。

時期がくれば他のペットと合祀される

永代供養といっても、通常は一定期間を過ぎれば合祀となります。
個別に埋葬をしていても、いずれは他のペットと遺骨が一緒にされてしまうということです。

人と同じようにお墓に入れて、お彼岸やお盆にはお墓参りをしたいと考えていても、永代供養では難しいこともあります。

以下には、永代供養についてより詳しく解説した記事をご紹介します。
人間の永代供養についてですが、永代供養という供養法・システムについては同じですので、より深く知りたい方はお読みになってください。

こちらも読まれています

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

ペットを永代供養する霊園の選び方

お墓

ペットの永代供養におけるメリット・デメリットを確認してきました。
では、永代供養をしよう!と決めて、実際にペット霊園を選ぶときには、どんな基準で選べばよい

  • サービスの内容
  • 立地
  • 費用
  • 景色

を確認すると良いでしょう。

火葬の際には一緒に立ち会いたい、葬儀をしたい、遺体のお迎えをしてほしいなど、様々な希望があると思います。
霊園によってサービス内容に違いがあり、希望に合ったサービスを提供しているのかをよく確認する必要があります。
お出迎えをしてくれるところでも、対応エリアが決められているケースがほとんどです。

定期的に会いに行きたいと考えている人にとっては、霊園の場所が重要です。
車で利用する場合には駐車場の有無の確認が必要ですし、電車なら駅から近い霊園を選ぶと良いでしょう。

費用も霊園選びでは重要で、少しでも費用を抑えたい人もいれば、高くてもいいから良い供養をしたいと考えている人もいるでしょう。

霊園によっては安い費用で永代供養ができるところもあれば、高額な永代供養をしている霊園もあるので、自分に合った基準でペット霊園を選んでください。

ペットの永代供養ができる霊園一覧

人々

全国各地にペットの永代供養ができる霊園があります。
初めての霊園選びでは、多くの霊園の中から選ぶのも難しいものです。

東京、大阪、神奈川、埼玉にある霊園を紹介しますので、どのような霊園があるのか参考にしてみてください。

東京でペットの永代供養ができる霊園

「ペットちゃんの浅草橋平和霊園」は、創業20年以上で安心して利用できる霊園です。
ここは、個別火葬や個別納骨、永代供養にも対応しています。

アクセスが良く、浅草橋駅や秋葉原駅から徒歩数分の場所にあり、この立地なら車のない人でも、いつでも会いに行くことができます。
24時間電話受付をしていて即日対応も可能で、遺体は自分で持ち込むこともできますが、電話連絡をしてお出迎えをしてもらうこともできます。

火葬に立ち会う際には、車に家族も乗車できます。
個別立会火葬では、体重によって料金設定がされ、5kg以上で10kgまでであれば、31,500円となっています。

納骨料金は、合同納骨であれば5,000円、扉付きのAタイプで50,000円、Bタイプが30,000円、個室のDタイプで10,000円となっています。
この霊園では、1年後には永代供養となるようです。

大阪でペットの永代供養ができる霊園

大阪市平野区には「平野動物霊園」があります。
この霊園では、ペットが亡くなった時に連絡をすれば、自宅までお出迎えをしてくれます。
ペット用の棺桶に納棺してくれ、お別れセレモニーをした後に個別火葬をし、納骨までできる霊園です。

アクセスのよい立地で、地下鉄谷町線の出戸駅の1番出口からなら徒歩で7分程度です。
駐車場も完備されているので、お車でお越しの方にも嬉しいですね。

ここの特徴が、1,800室もある納骨室を完備しているところです。
この納骨室には、扉付きタイプの納骨堂と、扉のないオープンタイプの納骨堂があります。

1つの納骨室内であれば何体でも納骨することもできます。
1年更新での契約となり、後で一緒のお墓に入りたいと考えている人にも最適です。

扉付きタイプの納骨堂では、上段が10,000円、中段が12,000円、下段が7,000円です。
オープンタイプの納骨堂では、上段が7,000円、中段が10,000円です。

神奈川でペットの永代供養ができる霊園

料金を比較的安く抑えて永代供養をしてあげたいと考えている人におすすめなのが、神川県川崎市にある「ペットマザー 川崎橘ペット霊園」です。

遺体のお迎えや遺骨のお届けは、川崎市や横浜市は全域対応していますし、東京都でも世田谷区、大田区、目黒区、狛江市、稲城市には対応しています。

ハムスターや小鳥などであれば、合同火葬ではお出迎えありでも12,000円、チワワやポメラニアン、猫なら18,000円、ビーグルや柴犬では22,000円となっています。

埼玉でペットの永代供養ができる霊園

埼玉県入間郡にある「武蔵野ペット霊園」は、納骨プランが豊富な霊園です。
この霊園には第一霊堂、第二霊堂があります。

第一霊堂ではAプラン~Fプランまで用意され、Aプランは年間35,000円ですが、Fプランなら年間でも3,000円です。
Aプランはこの霊園では最大のサイズで、ガラス扉となっていて、LEDライトで照らされ明るい環境での納骨ができます。

第二霊堂ではAプラン~Eプランがあり、その他にも仏壇での供養が可能となっています。
仏壇の費用として194,400円必要ですが、年間管理費は4,000円です。

その他にも共同墓地への埋葬、粉骨にも対応しています。

最近では遺骨をペンダントに入れて、いつも肌身離さず一緒に居たいと考えている人もいます。
ここでは、粉骨もしてくれるので、ペンダントに入れたい、散骨をしたい、分骨をしたいと考えている人にも最適です。

永代供養以外の選択肢

お墓

今回はペットの永代供養について述べましたが、ペットの供養方法は永代供養だけではなく、その他にも色々な方法があります。

それ以外の方法についてもご紹介したいと思います。

ペット専門の霊園に納骨する

ペット専門の霊園では、共同埋葬をするのではなく、遺骨を納骨できるところがほとんどです。

個別納骨なら、一緒のお墓に入りたいと考えている人にとって、いつでも遺骨を取り出せるので安心ですね。
年間の管理費用は必要になりますが、自宅で遺骨を保管するのが難しいといった人には選択肢の一つになるでしょう。

こちらも読まれています

愛するペットが亡くなったとき、納骨堂に納めるという選択

愛するペットが亡くなった時、あなたはどうしますか?悲しみにくれるでしょう。しかし悲しんでいるわけにはいきません。ペットを埋葬するか、遺骨を納骨堂に納めるかの選択をしなければならないのです。今回は納骨堂を選択する場合についてまとめました。

ペットの散骨をする

ペット供養では散骨を選ぶ人も多いようです。
散骨とは、遺骨を粉状にして海や山などにまく方法です。

散骨をすれば、お墓を建てることもありませんし、永代供養碑も必要ありません。
ペットの散骨をしてくれる業者を探して散骨するのも良いですね

ペットの供養を自宅で行う

ペットを自宅で供養する人も多いようです。
これなら、いつでも自宅で供養することができ、管理費用なども必要ありません。

自宅の庭にお墓をつくる

自宅に庭がある人であれば、庭にペットのお墓をつくることもできます。
自宅にお墓をつくるのは法律上問題ないのかと思う人もいるでしょうが、ペットは人間とは違い、庭に遺骨を埋めても法律上は問題ありません。

お墓をつくる場合は、火葬をせず土葬をする方法と、火葬をして遺骨を納骨する方法があります。

火葬をせず土葬をする場合には、穴を深く掘ることが大切です。
浅い穴では動物が掘り起こしてしまうことも考えられますし、腐敗をしたときには悪臭の原因ともなります。

火葬をした場合には、遺骨は骨壺から取り出して土に埋めるほうが良いとされています。
骨を土に埋めることで時間はかかりますが土にかえっていきます。

骨壺に入れた状態で埋めてしまうと、骨壺の中に水が入ったり、カビが生えてしまいます。
もし、後で骨壺を取り出すのであれば、自宅で骨壺を管理するか、本格的な墓地を作る必要があります。

こちらも読まれています

ペットといつまでも一緒!庭にペットの墓石を置くことができる?

ペットといつも一緒に過ごしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。庭に墓石を置くことでいつまでも一緒に過ごすことができます。ここではペット墓石について紹介します。

手元供養をする

自宅に庭がない人に人気の供養法が手元供養です。
最近では、ネットで手元供養用の骨壺やペットの遺骨を入れることができるアクセサリーも販売されています。

骨壺と聞くと、人の遺骨を入れる大きな骨壺をイメージする人も多いでしょうが、手元供養用の骨壺は高さが6センチ程度、直径が4センチ程度ととても小さなサイズです。
しかも、カラーバリエーションも豊富でインテリアとしておくことができる骨壺もあります。

この骨壺に分骨をして納めておけば、いつでも自宅で供養することができますよ。
また、ペットと同じお墓に入りたい人にとっては、手元供養が最良の選択肢ではないでしょうか?

こちらも読まれています

可愛がったペットと一緒に…ペットの手元供養について紹介します

家族の一員として可愛がられているペット。しかしお別れの日はいつか必ず訪れます。そんな時、手元供養という方法を取る人もたくさんいます。そんなペットの手元供養について詳しくご紹介します。

ペットと永代供養まとめ

人々

いかがでしたか?
この文章では、ペットの供養方法についてみてきました。

  • 永代供養では自分の死後も供養してもらえるというメリットがある
  • 永代供養は、場合によっては一緒のお墓に入れないといったデメリットもある
  • 霊園を選ぶときには、サービス内容やアクセス、費用や景色も確認
  • 永代供養以外にも、霊園に納骨をしたり、散骨、自宅での供養方法もある

などのことが分かりました。
ペット供養の方法についてよくわかっていただけたのではないでしょうか。
愛するペットの死後について考えるのは辛いかもしれませんが、その後のことを考えるのが真の愛情と言えるかもしれません。

永代供養ならば、亡くなってしまったペットを供養し続けることができます。
死後も愛するペットを近くに感じていたいならば、手元供養や、一緒にお墓に入ることを考えるのも
良いのではないでしょうか。

様々な供養方法があるので、自分が納得できる方法で供養をしてあげたいですね。
今回の記事が参考になれば幸いです。

こちらも読まれています

愛するペットのために…知っておきたいペット霊園のこと

生きている限りは必ず死は訪れ、それは愛するペットでも同じことです。永遠の別れが来た時に愛するペットのためにできることはしっかりと供養してやるということです。近年ではペット霊園を利用する飼い主さんも増えています。そこで今回はペット霊園についてご紹介します。

こちらも読まれています

ペットといつまでも一緒!庭にペットの墓石を置くことができる?

ペットといつも一緒に過ごしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。庭に墓石を置くことでいつまでも一緒に過ごすことができます。ここではペット墓石について紹介します。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

「ペット・永代供養」に関連する記事

「ペット・永代供養」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「ペット・永代供養」に関連する記事

「ペット・永代供養」についてさらに知りたい方へ

ペットの火葬ができる所が増えてきましたが、トラブルも多いです。愛するペットの火葬を誠意を持って執り行ってくれることろをご紹介いたします。のサムネイル画像

愛するペットの火葬と納骨を一緒にできる霊園のご紹介

ペットは心を癒す存在で家族同然に思っている人がほとんどです。大切な存在であるペットが死んでしまうということはとてもショッキングなことではありますが、愛するペットのために最期にできることは埋葬してあげることです。そこで今回はペットの埋葬についてご紹介します。のサムネイル画像

大切なペットのために・・・最期にやってあげたいペット埋葬とは

今やペットは大切な家族の一員です。いつまでも元気でそばにいて欲しい存在ですね。
でも、いつかお別れをする時がきます。
その時のことを考えたことがありますか?
供養の方法は?
供養に必要なものは?等
もしもの時ペットと後悔しないお別れができるように最後までお読みください。のサムネイル画像

ペットの供養の方法・種類を一挙紹介します。

長い年月を連れ添ってきた、ペットの遺骨。亡くなってお骨になっても、大切なペットには、変わりない愛情を注ぎ続けたいと思うものです。「いつまでも永く大切にしておきたい」と思ったとき、遺骨をどのようにする方法がとれるのでしょう。後悔のないように、知っておきましょう。のサムネイル画像

いつまでも傍に…。大切なペットの遺骨、どう保管する?

今は、ペットと家の中で家族同然に、生活を共にしている方が多いのではないでしょうか。だから一緒に生活していた大切なペットが、亡くなった時の悲しみも大きいものでしょう。その悲しみを少しずつ受け入れていくためにも心を込めて供養することは大切なことだと思います。のサムネイル画像

ペットの供養方法と種類について解説

ランキング

よく読まれている記事です

散骨をはじめとする葬送方法。その一つが樹木葬です。死後は土へと還り大自然の一部となることは、命の自然な形でもあると考えられます。海や空、宇宙などへの様々な散骨と共に、今後ますますニーズの高まるであろう樹木葬について、ご紹介します。のサムネイル画像

死後は土に還る…散骨をはじめとする自然葬、樹木葬について

1
墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。のサムネイル画像

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

2
実は知らないお墓の話として、永代供養があります。
永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。
永代供養の期間についてまとめました。のサムネイル画像

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

3
全国各地に存在するたくさんの墓地。墓地にもさまざまな種類があり、管理者も管理方法も異なります。その管理はどのように行われているのでしょうか?のサムネイル画像

墓地の管理はどのように行われているのでしょうか?

4
引越しなどで、墓地を移転しなければならない場合があります。この場合、もとの墓石を移す、新しい墓地に墓石を建てる、または納骨堂に納めて永代供養をお願いする方法があります。また、分骨することもできます。この記事では墓地の移転についてその基本を解説します。のサムネイル画像

墓地の移転とその手続きについて解説します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト