お墓参りに持っていくべき花束は?値段・種類と気を付けるべきマナー

お墓参りに行く際に仏花をお供えするのは定番ですよね。でも、他の種類の花束をお供えしようと思ったとき、どんな花を選んだらいいのか不安な方も多いはず。お墓参りで花束をお供えする際の、花の選び方からマナーまでをまとめました。

目次

  1. お墓参りの花束はどうやって選ぶ?
  2. 花束の種類による選び方
  3. 花束の値段による選び方
  4. 花束とお墓参りのマナー
  5. 花束の供え方
  6. お墓参りの花束について まとめ

お墓参りの花束はどうやって選ぶ?

お墓

お墓参りに行く際に、みなさんは花束をどのように選んでいますか?

忙しい方や、こだわりのない方は仏花で済ませることも多いと思います。
ただ、故人の花の好みやこだわりなどを考えていつもとは違う花束をお供えすることもあると思います。
その時にどんな花がいいのか、どんな花はダメなのか?マナーやルールみたいなものがあるのではないかと、選び方に不安を覚える方も多いのではないでしょうか。
この記事では、そんな花束の選び方についてまとめていきます。

花束の種類による選び方

それでは、お墓参りの際にどのような花束の選び方があるのか見てみましょう。

基本はあなた・故人の好みで

基本的に、花の選び方に縛りはありません。
「おじいちゃんが好きだった花だから、バラをお供えしよう」という選び方も問題ないですし、自分自身が好きな花束をお供えしても問題ありません。
しかし、その家系でのしきたりなどがある場合もあるので、配偶者や友人など他者のお墓参りの際には気をつけたほうが良いでしょう。

地域・宗派・寺院ごとに違いもある

選ぶ際に気になるのは、引っ越してきた地域の習慣や、宗教による違い、という点だと思います。
仏教だと「仏花」を供えるのが一般的だったり、神道では生花ではなくて神の木であるとされる榊を供えるといったことがありますが、供える花に関しては「こうでなくてはいけない」というものは無いようです。
また、地域による差も年長者のこだわりであったり、家系の習わしのようなものはあるかもしれませんが、これといって指定のものがあるわけでは無いようです。

無難なのは「仏花」

ほとんどの場合、すでに束ねられて販売されている「仏花」を選ぶことが多いでしょう。
お供えするために作られているものなのでハズレはないですね。
また、仏花は白・赤・黄・紫・ピンクの5色で彩るのが主流で、本数は奇数の3・5・7本にすることが多いようです。
ちなみに49日までは、白中心か白のみの配色にするのがマナーのようです。

仏花に使われる花とは

仏花に使われる花でもっともポピュラーなものが「菊」ですね。
他にも「輪菊」「カーネーション」「スターチス」「ストック」などがあります。
季節によって「リンドウ」「アイリス」「ミソハギ」といった花も使われます。

避けるべきとされる花

お墓参りの際に避けるべき花とされているものがいくつかあります。

「棘があるもの」「香りが強いもの」「ツル状のもの」「痛みやすいもの」などです。

ただし、あくまでも一般論として言われているに過ぎないので、必ずしもその花がダメだというルールはありません。

花束の値段による選び方

お墓

あまりお墓参りに行く機会がないと、どのくらいの金額で選べばいいのか迷ってしまいますよね。
霊園などに行くとすでにお墓参りに必要なものが一式用意されていたりしますが、自分で用意するとなるとわからないことも多いかと思います。
「相手に安い花をお供えするのは忍びない」などの気持ちもあるかと思いますが、花束を選ぶ際は、値段よりもどんな花をお供えしたいか、が大事かと思います。

仏花であればあらかじめ束ねられたものが、スーパーやホームセンターで手に入るでしょう。
だいたい400円〜800円くらいで購入できるようです。

少しこだわったものにするのであれば、生花店などに行き1000円〜2000円程度で作ってもらうことも可能です。

また、お墓の両脇に飾るものが多いので2束分を作ってもらう必要があります。

あなたと故人の関係に合わせて選ぶ

故人との関係性で、どのくらいお金をかけるかも気になるところでしょう。

親しい友人や、親族などかなり自分と近しい相手であれば、ある程度お金を掛けてもいいのではないでしょうか。

花束とお墓参りのマナー

いざ花束を買ったはいいけれども「実際にお墓参りにきたらどうしたらいいかわからない」というようなことがないようにマナーも覚えておきたいところです。

お墓参りについてのマナーはこちらの記事にまとめられているので、見てみてください。

こちらも読まれています

大人の常識!お墓参りの基本的なマナーを紹介します。

お墓参りにはさまざまなマナーがあります。知っていないと恥ずかしい大人としての常識です。今回はお墓参りの基本中の基本のマナーを紹介しています。しっかり頭に入れておきましょう。

花束の供え方

お墓

お墓参りに行って花束を供える時、みなさんはどのようにお供えしているでしょうか。
実は供える時にもマナーはあります。

「とりあえず綺麗な形に整えておけば良い」という訳でもないのです。

ここでは、花束のお供えの基本マナーに触れます。

花立に供える

通常お墓には花立が2つ付いています。

この2つの花立に花束を入れるのですが、いくつか注意点があるので紹介しますね。

花の向きは参拝者側

花の向きは、花をお供えしている人に向かってくるように備えるのが正しい供え方です。

また、花を束ねている紐などがあったら取ってからお供えしましょう。

花を長持ちさせるには

せっかくお供えした花も、すぐ枯れてしまっては頻繁に取り替えるのも手間ですよね。

遠方であれば「花を取り替えよう」とお墓参りに何度も来ることは難しいでしょう。

では、なるべく長持ちさせるためのコツがいくつかありますので紹介します。

1.根元の部分を焼く

よく言われるのが、根元の切り口を焼いておく方法です。

焼いておくことによって、切り口から細菌等が入り腐るのを遅らせる効果があるようです。

2.10円玉を花と一緒に花立に入れておく

昔からよく花立に10円玉が入っているのを見た方もいると思います。

実は10円玉を水につけておくことで、銅イオンによる殺菌効果が期待でき、腐敗を遅らせることができるようです。

3.余分な葉を取る

葉が水に浸かってしまうと腐りやすいため、水に浸かりそうな部分の葉はなるべく取るようにすると良いようです。

生花は持ち帰るべき?

先ほど花を長持ちさせる方法をご紹介しましたが、遠方からきている場合や何度も花の手入れをできない状況の場合、そのままにしておくとやはり枯れて腐ってしまいます。

そのような場合は、お墓参りをする際に花束を用意し、手を合わせた後に持ち帰ると良いかと思います。

造花を供えても良いのか

最近では、生花よりも格段に長持ちする造花は、管理の手間が省けるため使われることも増えています。

また、地方によっては造花を使う習慣もあるようです。例えば九州地方では暑さの関係で、造花を利用しているそうです。

しかし、故人にお供えし感謝する気持ちがあるのであれば問題はないとする声も多い中、親類や寺院などによってはトラブルの種にもなりかねないため造花を使う際には注意が必要です。

お墓参りの花束について まとめ

以上、お墓参りの花束の選び方とマナーについてまとめましたが、いかがだったでしょうか。

  • 故人や自分の好みで花を選んでも良いが、親類や寺院などによっては周りと合わせた方が良いこともある。
  • 無難な選択は「仏花」を用いることだが、棘や毒があったり、ツルなどはふさわしいとは言えない。
  • 花を供える際は、参拝者側に花を向ける。
  • 供えた花を長持ちさせる方法は「根元を焼く」「10円玉を花立に一緒に入れる」「水に葉が浸らないようにする」
  • 頻繁にお墓参りができないときは、お参りする際に花束を用意し、終わったら持ち帰る。造花を活用するのも1つの手段。

などについて説明しました。

これまで見てきたように、注意点やマナーなどはあれど厳格なルールがあるわけでありません。
お花を供えるのにもっとも大事なことは、故人に対しての感謝の気持ちを表すことではないでしょうか?

そのほかの、お墓参りに必要なものについては、こちらの記事で紹介しています。

こちらも読まれています

お墓参りに欠かせない用品って?この記事さえ読めば完璧!

お墓参りに欠かせない用品がなにかご存知ですか?この記事を読んで、お墓参りになにを持って行けばいいのか知っておきましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓参り・花束」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓参り・花束」についてさらに知りたい方へ

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!のサムネイル画像

お盆のお墓参りで持っていくべき花は?マナーやオススメの花も紹介!

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介のサムネイル画像

お墓参りの花はどのように選べばいいの?タブーについてもご紹介

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!のサムネイル画像

墓地に供える花の選び方は?お墓参りの花に関するマナーも解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓参り・花束」についてさらに知りたい方へ

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説のサムネイル画像

お墓参りで供えるお花にはどんな種類がある?値段相場やマナーを解説

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説のサムネイル画像

お墓に持っていくお花について選び方や種類、マナーや値段などを解説

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓にお供えする仏花に決まりはあるのか?仏花に関する疑問を解決!

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!のサムネイル画像

お墓参りにはどんなお花を持っていく?マナーや費用相場を解説!

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと