介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?

介護予防訪問介護と訪問介護はどちらも自宅で行うことができる介護サービスです。今回は、この二つがどのように違っているかを紹介していきます。とくに介護予防訪問介護はこれまで知らなかったという人もいるのではないでしょうか。二つの違いをしっかり確認していきましょう。

目次

  1. 介護予防訪問介護について
  2. 訪問介護とは
  3. 介護予防訪問介護とは
  4. 介護予防訪問介護と普通の訪問介護の違い
  5. 介護予防訪問介護まとめ

介護予防訪問介護について

介護予防訪問介護、そして訪問介護を知っていますか?
どちらも高齢者を支えてくれる必要なサービスです。
この二つは一見似ていますが、実は違うものなのです。

  • 訪問介護について
  • 介護予防訪問介護について
  • 訪問介護と介護予防訪問介護はどう違うのか

以上のことを今回は、紹介していきます。
介護予防訪問介護そして訪問介護を利用しようとしている人は必見です。
この記事を読んで、二つの違いはなんなのかチェックしていきましょう。

訪問介護とは

介護

まず初めに、訪問介護とはどういったサービスなのかについて説明していきます。
訪問介護とは、自宅に介護職員が訪問し介護を行うことをいいます。

生活援助

訪問介護では、生活していくうえで必要なことへの援助を行っていきます。
訪問介護は、訪問なのでずっと介護者が居るわけではありません

介護者がいなくても、生活していくことができるように生活を援助していくのです。
例えば、部屋の掃除洗濯、そしてご飯を作るなど生活していくうえで必要となる家事を行ってきます。

そうして生活していくためのサポートをしていくのです。

身体介護

介護

訪問介護では、主に入浴、食事、そして排泄の身体介助を行っていきます。
そして通院等乗降介助という、病院や施設に行く際の移動の身体的介助も行ってくれます。

入浴の介助について

自分でお風呂に入ることができない人には、入浴介助を行います。
入浴介助は全て介助者が行うわけではありません。

体を洗う時は、できる限り自分で洗ってもらいます。
もちろん洗えない部分は介助者が洗います。

体調不良などでお風呂に入ることができない場合には、体を濡れたタオルで体をきれいに拭いていきます
また入浴介助の時には服の着脱の介助も行います。

食事の介助について

食事の介助は、食事の介助を行うだけでなく、その前の介助も行います。
食事介助ではまず手洗いうがいを行い、そして唾液の分泌をよくするために口や舌の体操を行います。

そして食事では分かりやすいように今日の献立を伝え食事を行います。
食事後には口の中をうがいや歯磨きなどできれいにしていきます。
このように食事の前から食事が終了するまで介助を行います。

排泄の介助について

排泄の介助は、トイレへの誘導や排泄の手伝い、またオムツの交換などを行います。
排泄の介助は、特に気を付けて行わなければなりません。
介助側が焦ってはいけません。

気持ちの介護も

一人暮らしの方への訪問介護の場合。
一人暮らしの場合、人と話す機会が少ないです。

そのため寂しい気持ちになっている利用者の方もいるのではないでしょうか。
しかし、訪問介護で介護者が訪問することで、人と会話することができます。
身体介護はもちろんですが、気持ちも豊かになることができます

訪問介護サービス相場・回数

訪問介護サービスの相場は、生活援助また身体介助によって料金が変わってきます。
料金の相場をチェックしていきましょう。

生活援助の場合の一回当たりの相場

  • 20分~45分未満の場合だと1回あたり1,900円
  • そして45分以上の場合2,350円

介護保険サービスが適用されるので、実費は1割負担のみになります。

身体介助の場合の一回あたりの相場

  • 20分~45分未満の場合だと1回当たり2,540円
  • 30分~60分未満の場合だと4,020円
  • 1時間以上の場合は5,840円(追加)

介護保険サービスが適用されるので、実費は1割負担のみとなります。

身体介助後の生活援助の場合

身体介助を行ったあとに、掃除などの生活介助を行うこともあります。
その場合は、

  • 20分以上~45分以内で700円
  • 45分~70分以上で1,400円
  • 70分以上で2,100円

身体介助の料金に、この生活介助の料金がプラスされます。
もちろん介護保険サービスが適用されるので、料金はは1割負担のみとなります。

介護予防訪問介護とは

介護

では次に、介護予防訪問介護について紹介していきます。
「介護予防」とついているので、通常の訪問介護とは違うようです。
どのような介護サービスなのでしょうか。

介護予防訪問介護のサービス内容

介護予防訪問介護とは、要支援者が利用することができる介護のサービスです。
介護を行う内容は、訪問介護と大差ありません。
入浴食事排泄などの身体的介護も行います。

介護予防訪問介護サービスの相場

介護予防訪問介護が、訪問介護とどこが違うのかというと、それは料金です。

  • 週1回の利用で月に12,200円
  • 週2回の利用で月に約24,400円
  • 週3回以上の利用で月に約38,700円

利用料金は、介護保険サービスが適用されるので、1割負担のみとなります。

介護予防訪問介護と普通の訪問介護の違い

介護

介護予防訪問介護と、訪問介護はどちらも住み慣れた家で介護サービスを受けることができます。
そのため、安心して利用することができるのです。
では、介護予防訪問介護そして訪問介護には、どのような違いがあるのでしょうか。
この二つのどこがどのように違っているのか、チェックしていきましょう。

利用できる条件・提供時間

利用することができる条件、そして提供時間に違いはあるのでしょうか?

まず、利用することができる条件が違っています。
訪問介護は、要介護1~5に認定された方しか利用することができません。

もちろん要介護1から利用することが可能です。
訪問介護の場合は、提供時間によって料金が変わります

介護予防訪問介護の場合、要支援1~2の方しか利用することができません。
そして、週に3回以上利用することができるのは、要支援2の方のみです。
介護予防訪問介護の場合は、提供時間でなく提供回数で料金が変わります。

今まで介護予防訪問介護を利用していたとしても、要支援から要介護に介護度が変わってしまえば、もう介護予防訪問介護は利用することができません

利用する目的

利用する目的に違いがあるのでしょうか。

まず、訪問介護の目的は入浴、食事、排泄の身体介助、生活しやすい環境にするための生活援助、そして病院などの移動のお手伝いを行う通院乗降介助の3つからなります。
本人が自立した日常生活が送れるようにサポートすること」が目的となっています。

介護予防訪問介護の目的は、要介護にならないように支援していくことが目的です。
また今の状態から、これ以上悪化しないように支援していきます。

通院介助とのちがい

通院介助とは、1人で通院することができない人を支援するサービスのことです。
また、通院するための準備などもしてくれます。
介護予防訪問介護や訪問介護でも、通院介助は行っています。
違いはなにかというと、通院介助は、通院の支援しか行わないということです。
身体介助や生活援助は行っていません

介護予防訪問介護まとめ

いかがでしたか?
今回は、介護予防訪問介護そして訪問介護はどう違うのかについて紹介しました。

  • 訪問介護は要介護の人が利用することができるサービスだということ
  • 介護予防訪問介護は要支援の人が利用することができるサービスだということ
  • 利用者の違いそして目的が二つは違うということ

などのことが今回の記事を読んで分かりました。
利用する時は、利用者にあったサービスを利用するようにしましょう。

「介護予防・訪問介護」に関連する記事

「介護予防・訪問介護」についてさらに知りたい方へ

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

入院する際も介護を頼みたい場合に介護保険は適用されないということはご存知でしょうか?しかし、入院

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!のサムネイル画像

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

最近では終活のことを真剣に考える方が増えてきています。終活として介護の問題は、ご本人はもとよりご

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

介護は人のために人の手によって行われるものでしたが、今技術の進歩により介護ロボットが開発されてい

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

介護の仕事ってとにかく大変な仕事というイメージはありませんか?体力的にも精神的にも大変だと言える

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?のサムネイル画像

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

介護保険制度がどんなものかご存知ですか?名前を知っていても内容や点数・単位計算の仕方を知っている

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと