介護職員にオススメの靴は?介護職員用の靴を選ぶ時のポイント紹介!

介護職員の靴は、施設から支給される場合とされない場合があります。支給されない場合、どんな靴を選べばいいか分からないですよね。そこで今回は、介護施設で働く介護職員には、どういった靴がおすすめなのか紹介していきます。ぜひ参考にして下さい。

目次

  1. 介護職員の靴選びについて
  2. 介護職員の靴に関する悩み
  3. 介護職員の靴選びのポイント
  4. 靴は用途に合わせて選ぼう
  5. 介護職員の靴選びに役立つサイト紹介
  6. 介護職員の靴選び まとめ

介護職員の靴選びについて

介護

介護職員が働くにおいて、靴選びはとても大切なことです。
なぜなら介護職員は歩き回ることが多く、また利用者さんを支えることが多いので、靴が滑るなどで転倒してしまったら大変だからです。

しっかりとした靴を選べば、未然にトラブルを防ぐことができるのです。

  • 介護職員の靴選びに関する悩みについて
  • 靴選びのポイント
  • 用途に合わせた靴の選び方
  • 靴選びのおすすめのサイトについて

などについて紹介しています。

この記事を読むことで、靴選びの悩みを減らしませんか
どのような靴を選べばいいのか、分かりやすく一つづつ紹介しているので参考にしてみて下さい。

介護職員の靴に関する悩み

介護

介護職員が施設内で履く靴は、スニーカースリッポンなどさまざまです。
靴が指定されていないところでも、華美なものはNGだったり、スリッポンはNGだったりとそれぞれで決まりがあるようです。

そういった靴に関する悩みは、多くの介護職員から聞かれます。
では、どのような靴の悩みを介護職員は持っているのでしょうか。

ボロボロになるのが早い

介護職員は歩くことが多いです。

介護職員は基本的に働いている間は、ほぼずっと靴を着用しています。
脱ぐのは入浴介助を行う時くらいでしょうか。

そのため、靴がボロボロになるのが早いと言えるでしょう。

足音が気になる

夜勤のある介護施設の場合、足音が特に気になります。
歩くたびに足音が気になるような靴では、寝ている利用者さんが起きてしまう可能性もあります。

キュキュッとなる音は、夜間はもちろん、昼間でも不快に思う人がいるかもしれません。

ひもはあるのとないのどちらがいいか

スニーカーなどは基本ひもがついています。

しかし、ひも靴はほどけてしまうと結び直さなければなりません。
利用者を抱えている時など両手がふさがっている時に、靴紐がほどけても結びなおすことはできません
また、紐がほどけているのにも関わらず、気付かないでこけてしまったりする可能性もあります。

そのため、介護職員が履く靴として、ひもつきはNGです。

クロックスやサンダルなどでもいいのか

クロックスやサンダルは脱ぎ履きがしやすく、また紐もついてないので安心です。
といってもクロックスやサンダルは働く場所で履く靴として相応しくないと考える人もいます。

介護施設の中には、ナースサンダルを使用しているところもありますが、なんの指定がなくとも、職場にクロックスなどを着用する人がいない場合は、クロックスやサンダルを避けた方がいいかもしれません。

どんな靴を選んだらいいのかわからない

介護職員は職場でどんな靴を選んだらいいのか分からないという声を多く聞きます。
一体どんな靴を選べばよいのでしょうか。

介護職員の靴選びのポイント

介護職員が、働く時に履く靴を選ぶ時のポイントを紹介します。
このポイントを頭に入れて靴を買うようにすると、失敗なく靴を購入することができるでしょう。

歩きやすいもの

まず、歩きやすく動きやすい靴を選ぶようにしましょう。
また、サイズはきちんと自分に合ったものを選ぶようにして下さい。
足先が5㎜~10㎜ほど空いているものが、ちょうどいいんだそうです。

滑りづらいもの

雨が降ったあとの施設の廊下などは、湿気によって滑りやすくなっている場合が多いです。
そのため、靴は滑りづらいものを選ぶようにして下さい。
くつ底がしっかりしているものだと滑る心配がないので、おすすめとなっています。

しかし、靴底は使うにつれてどんどんすり減ってしまいます。
そのため、底が擦り切れていないかなどを定期的にチェックする必要があります。

汚れても洗いやすいもの

靴が汚れてしまった時に、すぐに洗える素材のものを選ぶようにして下さい。
衛生管理をしっかりしなくてはならない介護施設で、働く介護職員の靴が汚かったとしたら台無しです。

すぐに洗える素材の靴がおすすめなので、革靴などはNGです。

脱ぎ履きがしやすいもの

施設内には、靴を脱がなければならない場所もあります。
たとえば、浴室などは靴のまま入りません。
そのため、介助をしながら脱ぎ履きできる靴を選ぶ必要があるのです。

開口部が広い靴は、脱ぎ履きしやすいのでおすすめとなっています。
またマジックテープの靴もおすすめです。
マジックテープの靴の場合、マジックテープ部分が多いと脱ぎ履きしやすいでしょう。

靴ひもがないもの

脱ぎ履きのしやすい靴といえば、スリッポンではないでしょうか。
スリッポンには靴紐がないので、いちいち靴紐を結ぶ必要がありません。

しかし、前述したようにスリッポンの利用を好ましくないとする職場もありますので、単に靴ひものないタイプのスニーカーなどを選ぶことをおすすめします。

足だけで履けるもの

両手がふさがっている時に、手を使わなくても履くことができる靴は理想的です。
しかし、歩きながら脱げやすいこともあるので、その点に注意して選ぶようにしてください。

軽いもの

仕事で履く靴は、普段の靴よりも軽いものを選ぶようにしましょう。
そうすることで、足に負担がかからずに疲れにくくなるのです。

室内で履く靴は、底が薄い靴を選ぶようにすると、歩く時に靴の重みを感じず楽に室内を移動することができます。

足に力を入れやすいもの

介護施設では、介護職員は利用者を抱きかかえたり支えたりすることが多いです。
そんな時には、足に力を入れなければなりません。
そのため、足に力を入れやすい靴を選ぶ必要があるのです。

足に力を入れやすい靴は、足にフィットしてしっかりと包んでくれる靴でしょう。

サンダル・クロックスは避ける

また、足をしっかり包んでくれる靴を選ぶ必要があります。
サンダルやクロックスは脱ぎ履きはしやすいのですが、足に力が入りにくいので、介護職員が履くにはおすすめできません。

上履きもおすすめ

学生の時に履いていたイメージのある上履きですが、意外にもこれはおすすめです。
軽く脱ぎ吐きしやすい、そして洗いやすいです。

施設によっては上履きを禁止しているところもあるかもしれません。
しかし、介護施設で働く介護職員にとって上靴は、メリットの多い靴です。

靴は用途に合わせて選ぼう

介護

介護職員は、利用者が散歩する時についていくことも仕事のひとつです。
外に出る場合には、室内とは別に靴を用意しなければなりません。

室内履きと外履きを同じ靴を使用するというのは、衛生的にNGです。
学校でも校舎内では上履きに履き替え、外に出る時には運動靴に履き替えますよね。
それと同じように、きちんと用途を変えて用意しましょう。

どんな靴がいいのか

外用の靴は、石などを踏んでも痛くないように、底がしっかりしているものをおすすめします。
また、外で履く靴もひものついた靴はやめるようにしておいた方がいいでしょう。

そして、外で履く靴は室内で履く靴よりも汚れやすいです。
清潔感は大事なポイントになっていますので、洗いやすい靴を選ぶようにしましょう。

介護職員の靴選びに役立つサイト紹介

介護

靴選びに役立つサイトを紹介していきます。

靴選びの参考になるサイト

介護職員が靴選びに気を付けるポイントなどが分かりやすく紹介されています。
ぜひ、靴選びの参考にして下さい。

通販サイト

介護施設で働く人のための靴が販売されている通販サイトです。
スリッポンタイプマジックテープで、留めるタイプのものまでさまざまなタイプの靴が販売されています。
また、介護職員はもちろん、利用者さんにもおすすめのサイトなのです。
シーンに応じて選ぶことができ、サイトも見やすく分かりやすいのでおすすめとなっています。

介護職員の靴選び まとめ

介護

いかがでしたか?
この記事では、介護職員が履く靴の選び方についてみてみました。

  • 介護職員の靴は、「歩きやすく、滑りづらく、汚れても洗いやすく、脱ぎ履きがしやすく、軽く、足に力をいれやすいもの」を選ぶこと
  • スリッポンは介護の現場にはあまり向いていない
  • 靴は室内履きや外履きなど用途に合わせて選ぶべきだということ
  • 購入をする際には複数のおすすめサイトを見た上で比較検討し、ぴったりのものを探し出すこと

などが分かりました。
介護職員にとって、靴は大切です。
利用者さんを支えることの多い介護職員だからこそ、足元を支えてくれる靴が大切なのです。

自分で用意しなければならない施設が多いので、この記事を参考に選んでみて下さい。

「介護職員・靴」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

    介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

    所得を得ると税金を支払わなければなりませんが、余分な税金は納めたくありませんよね。介護保険料は、生命保険や個人年金保険料と同様に税金から控除を受けられます。しかし介護保険料や控除について、あまり詳しくない方も多いと思いますので、今回はその解説をいたします。

    1

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「介護職員・靴」についてさらに知りたい方へ

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?注意点や紐の結び方までご紹介!のサムネイル画像

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?注意点や紐の結び方までご紹介!

葬儀に適した靴って?マナーや選び方を男性や女性にわけてご紹介のサムネイル画像

葬儀に適した靴って?マナーや選び方を男性や女性にわけてご紹介

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナーのサムネイル画像

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナー

お葬式、意外と足元は見られてる!?どんな靴を履いたらいいの?のサムネイル画像

お葬式、意外と足元は見られてる!?どんな靴を履いたらいいの?

葬儀用の靴の選び方を男女別に解説!注意点や子供の靴についても紹介のサムネイル画像

葬儀用の靴の選び方を男女別に解説!注意点や子供の靴についても紹介

葬儀に金具のついた靴はNG?葬儀に適した靴や服装のマナーをご紹介のサムネイル画像

葬儀に金具のついた靴はNG?葬儀に適した靴や服装のマナーをご紹介

法事にはどのような靴が適してるの?男性と女性に分けて解説します!のサムネイル画像

法事にはどのような靴が適してるの?男性と女性に分けて解説します!

葬儀で履く革靴マナーを男女別に解説!靴のマナーや紐の結び方までのサムネイル画像

葬儀で履く革靴マナーを男女別に解説!靴のマナーや紐の結び方まで

葬儀に適した服装や靴を性別と子供別にご紹介!小物やバッグも解説のサムネイル画像

葬儀に適した服装や靴を性別と子供別にご紹介!小物やバッグも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

1

関連する記事

「介護職員・靴」についてさらに知りたい方へ

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?注意点や紐の結び方までご紹介!のサムネイル画像

葬儀で女性はどんな靴を履けばいい?注意点や紐の結び方までご紹介!

葬儀に適した靴って?マナーや選び方を男性や女性にわけてご紹介のサムネイル画像

葬儀に適した靴って?マナーや選び方を男性や女性にわけてご紹介

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説のサムネイル画像

葬儀に適した男性の靴は?靴の選び方や注意点、紐の結び方まで解説

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナーのサムネイル画像

礼服を身につける時の女性の靴の選び方のマナー

お葬式、意外と足元は見られてる!?どんな靴を履いたらいいの?のサムネイル画像

お葬式、意外と足元は見られてる!?どんな靴を履いたらいいの?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと