介護施設でのお風呂が週2回って少ない?お風呂に関する疑問解決!

日本では高齢化が進むにつれ、介護問題が深刻化しています。 介護施設や介護職員の不足なども問題なのですが、要介護者のお風呂の回数にも疑問や不安を感じる人もいるようです。 ここでは、介護施設でのお風呂事情について紹介します。

目次

  1. 介護施設のお風呂について
  2. 介護施設のお風呂の頻度
  3. なぜ介護施設のお風呂は週2〜3回なのか
  4. 毎日お風呂に入れてくれる介護施設はある?
  5. 介護施設でのお風呂まとめ

介護施設のお風呂について

介護

要介護者がいる家庭では、生活をするためにはどうしても他の人の手が必要になることから、働きたくても働けない人もいるようです。

このことで金銭的に苦しくなっていく家庭もあります。
そのため、介護施設を利用する人も多いのですが、この施設を利用する際に気になることの1つがお風呂の回数です。

介護施設に入所してもお風呂は毎日入れると思っていた人もいるでしょう。
しかし介護施設では、要介護者のお風呂は毎日ではありません。

ここでは以下のことを説明していきます。
介護施設の利用を考えているけれど、要介護者がお風呂好きなので、できれば毎日お風呂に入ってもらいたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

  • 現在の介護施設の入浴システム
  • なぜ介護施設では入浴回数が決められているのか
  • 毎日お風呂に入りたい人はどうしたらいいのか

介護施設のお風呂の頻度

介護

介護施設によっては、大浴場が用意されていたり、部屋に浴槽が完備された部屋もあり、お風呂が好きな人は快適に過ごせる環境が整っています。
しかし、要介護者の場合では、ほとんどの施設で入浴回数を決めているようです。

法令では最低週2回以上と決められている

要介護者に入浴回数が決められていることは、法律的には問題ないのかと思う人もいるでしょう。
法令では、最低週2回以上と決められています。

この回数以下では問題がありますが、週に2回であれば法令的には問題ないことになります。
そのため、入浴の回数が週2~3回と決められている施設が多いです。

なぜ介護施設のお風呂は週2〜3回なのか

介護

法令で定められている最低でも週2回以上というのは当然とも考えられるのですが、多くの施設がお風呂は週に2~3回となっていることに驚く人もいるでしょう。

今までお風呂は毎日入っていた人には、なぜこんなに少ないのかと感じてしまいます。
しかし、これには回数を決める理由があるようです。

スタッフの数

入浴回数が週に2~3回程度に設定している大きな理由が施設のスタッフの数です。
高齢化が進んでいるにも関わらず、介護の現場では介護職員が不足していることが問題となっています。

基本的にどの施設でもスタッフの数が少ないのです。
入浴する際には2人程度のスタッフが必要となり、1人当たりの入浴時間は30分程度必要になります。

入浴するたびに、ただでさえ少ないスタッフを使ってしまうと、他のサービスでのスタッフの数が足りなくなります。

介護職員は、お風呂の介護以外にも、フロアの安全管理、アクティビティケアなどの重要な仕事があります。

介護施設では、お風呂よりも、このアクティビティケアを重要視する方が入居者の人生が充実すると考えられています。

少ないスタッフで効率よく施設を回すためには、お風呂の回数をできるだけ減らすことが、結果として入居者にとっても楽しい生活が送れることにもつながりそうです。

他の入居者の方との兼ね合い

お風呂好きにとっては、週に2~3回では少なすぎると感じることでしょう。
しかし、入居者全員がお風呂好きというわけではありません。

施設内にいると快適な環境で生活でき、汗をかくこともないので、毎日お風呂に入るのは面倒と感じる人もいます。

また、要介護者では、スタッフに介護をされながらお風呂に入るのは抵抗がある人も多いです。
このように、入居者すべての人が毎日お風呂に入ることを望んでいるわけではないのです。
この点も入浴回数が少ない理由の一つとなっているようです。

費用面の問題

各施設が定めている入浴回数は、今いる介護職員で手が回る回数に設定されているはずです。
もし入浴回数を増やそうとすると、別に入居者全員のケアをするためには人員を増やす必要があります。

ただでさえ不足している状態では人員を増やすことは難しいでしょうし、仮に増やすことができたとしても、それだけ人件費が増すことになります。

人件費が増えれば、利用料金も増えることにもなります。
また、入浴回数が増えることで、衛生面を考えるとお風呂のお湯も何度も入れ替えることにもなるでしょう。

このように、入浴回数を増やすことは施設側の費用面の負担が増え、結果として利用者の負担も増える可能性があります。

入浴は入る側の体力を消耗させる

お風呂の回数が少ないことは、入居者の体力面を考慮しているとも考えられます。
お風呂に入ると急激な血圧の変化が起こることから、高齢者にとって入浴は体に負担がかかります。

また、スタッフが付き添った入浴をストレスに感じることで、体に悪影響を与えることにもなります。

これらの理由からも、毎日お風呂に入るよりも、少なめのお風呂の方が健康維持に一役買ってくれそうです。

毎日お風呂に入れてくれる介護施設はある?

介護

介護施設では様々な理由によって、週に2~3回と入浴回数が決められています。
しかし、お風呂好きにとっては、どうしても毎日お風呂に入りたい、できれば好きな時にお風呂に入りたいと考えている人もいるでしょう。
施設によっては、このようなお風呂好きに適したサービスを提供しているところもあるようです。

少数ではあるがある

施設によっては、少数ですが毎日お風呂に入れてくれるところもあるようです。
お風呂好きにとっては、お風呂の時間が生活の中で最も大切な時間と感じていることでしょう。

施設側にも様々な理由がありますが、利用者にとってお風呂の時間が重要と考えるのなら、その時間を重要視した施設の利用が大切です。

オプションとして追加できる施設はある

施設によっては、決められた回数以外の入浴では、オプションサービスとして追加してくれるところもあります。

入居者によっては、毎日お風呂に入ることが負担と感じる人もいて、施設としては入居者全員のことを考えると、無理にお風呂に入る回数を増やすことはできません。

週に2回というのは法令で決められているため、どうしても入ってもらう必要があります。
2回以上の回数は、オプションサービスとして用意することで、入りたい人だけがお風呂に入ることができます。

毎日お風呂に入ることが習慣となっている人は、このようなサービスが提供している施設を選ぶと良いでしょう。

自宅で介護を続ける

施設に入るとお風呂は週に2~3回と決められていることで、家族にとっては可愛そうと感じることもあるでしょう。

特にお風呂好きの人である場合には、施設の利用をためらってしまいます。

この場合では、自宅で介護を続けることも考えてみましょう。
高齢者にとって、施設よりも住み慣れた場所での生活が最も望ましい場所です。

しかし、介護をしながらの生活はとても大変です。
そのため、家族だけで介護をするのではなく、介護サービスを上手く活用しましょう。

要介護者の場合は、役所に認定を受ければ介護サービスを低料金で利用することができます。
役所に認定を受ければ自己負担は1~2割です。
サービスを上手く利用しながら、自宅での介護を続けることを考えてみてはいかがでしょうか。

介護施設でのお風呂まとめ

いかがでしたか?
介護施設でのお風呂について理解が深まったのではないでしょうか。
介護施設でのお風呂で疑問を感じた時には是非参考にしてください。

  • 介護施設の入浴回数は週2回以上と法令で決められている
  • 介護スタッフ・他の入居者との兼ね合い・費用面的に多くても週2~3回の入浴が限界
  • 毎日入浴をさせてくれる介護施設はごく少数ではあるがある
  • オプションとして毎日入浴を加えることがある介護施設もある
  • 介護サービスをうまく利用しながら自宅での介護を続けるという手段もある

入浴を充実させるためにはお金がかかります。よく考えた上で施設選びをするのがよいでしょう。

「介護施設・お風呂」に関連する記事

「介護施設・お風呂」についてさらに知りたい方へ

  • 終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!のサムネイル画像

    終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

    最近では終活のことを真剣に考える方が増えてきています。終活として介護の問題は、ご本人はもとよりご家族様にとっても避けては通れない事柄です。そこで終活として介護を考えた時にすべきことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめのサムネイル画像

    介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめ

    介護老人保健施設のリハビリ治療をご存知でしょうか?病院におけるリハビリは見聞きした事があっても、そういった特定の施設におけるリハビリは馴染みが薄い事と思います。今回は、介護老人保健施設で実施されているリハビリについて解説いたします。

  • 入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

    入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

    入院する際も介護を頼みたい場合に介護保険は適用されないということはご存知でしょうか?しかし、入院中でも介護保険を適用できる制度があります。誰もが直面する可能性のある入院。そんな時、介護保険をいかに利用することができるのかについて、詳しく解説していきます。

  • 介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

    介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

    介護老人保健施設は、高齢者が自立し在宅復帰を目的とするための支援を行う施設です。従って介護老人保健施設での看護師の役割は医療行為だけでなく、日常生活の介助やリハビリも大きな役割となってきます。ブランクのある看護師やゆとりを持ち働きたい人にはおすすめの職場です。

  • 深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

    深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

    介護職員の不足がニュースなどでもたまに取り上げられています。しかし、何故そんな状況になってしまったのかは、意外と知られていないのではないでしょうか。この記事では、介護職員が不足した原因と解決策についてまとめました。

  • 介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?のサムネイル画像

    介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?

    介護予防訪問介護と訪問介護はどちらも自宅で行うことができる介護サービスです。今回は、この二つがどのように違っているかを紹介していきます。とくに介護予防訪問介護はこれまで知らなかったという人もいるのではないでしょうか。二つの違いをしっかり確認していきましょう。

  • 介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

    介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

    介護は人のために人の手によって行われるものでしたが、今技術の進歩により介護ロボットが開発されています。それも様々な種類の介護ロボットが誕生しています。この記事では介護ロボットの種類とその特徴について詳しくまとめてみました。

  • 大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

    大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

    介護の仕事ってとにかく大変な仕事というイメージはありませんか?体力的にも精神的にも大変だと言える介護の仕事ですが、大変な分やりがいもたくさんあるんです。この記事では誰しもいつかはお世話になる可能性がある介護のお仕事の内容とやりがいについてまとめてみました。

  • 介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんかのサムネイル画像

    介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんか

    大切な方や自分の介護を考える時、介護保険について知識がないと不安ですよね?また、介護リハビリの中でも送り迎えをしてくれる通所リハビリについて知りたいという方も多いのではないでしょうか?今回は、介護保険と通所リハビリについて詳しく解説します。ぜひお読みください。

  • 素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!のサムネイル画像

    素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!

    定年退職もして、ゆっくりした時間を過ごす老後にあこがれるという人は多いはずです。しかし、せっかくゆっくりできる時間が増えたのにも関わらず老人特有の問題に悩まされてしまうというケースもあるようです。そこで今回は、対策のために老人が抱えやすい問題をご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

    介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

    所得を得ると税金を支払わなければなりませんが、余分な税金は納めたくありませんよね。介護保険料は、生命保険や個人年金保険料と同様に税金から控除を受けられます。しかし介護保険料や控除について、あまり詳しくない方も多いと思いますので、今回はその解説をいたします。

    1

シェアする

関連する記事

「介護施設・お風呂」についてさらに知りたい方へ

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!のサムネイル画像

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめのサムネイル画像

介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめ

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?のサムネイル画像

介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんかのサムネイル画像

介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんか

素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!のサムネイル画像

素敵な老後を過ごすために老人が抱えやすい問題を知ろう!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

1

関連する記事

「介護施設・お風呂」についてさらに知りたい方へ

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!のサムネイル画像

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめのサムネイル画像

介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめ

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと