大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

介護の仕事ってとにかく大変な仕事というイメージはありませんか?体力的にも精神的にも大変だと言える介護の仕事ですが、大変な分やりがいもたくさんあるんです。この記事では誰しもいつかはお世話になる可能性がある介護のお仕事の内容とやりがいについてまとめてみました。

目次

  1. 介護のやりがいについて
  2. 介護の仕事内容
  3. 介護の仕事にやりがいを感じるポイント
  4. 介護業界の人がのこの仕事を選んだ理由
  5. 様々な介護のやりがい
  6. 介護の仕事のやりがいについて まとめ

介護のやりがいについて

介護

自分ひとりで日常生活を送ることが難しい人や、介護がないと動けない人たちの大きな助けとなっているのが介護職の方々です。

時には身体を支え、時には会話の相手になり、肉体的にも精神的にも大変な仕事であるイメージが強いですよね。

増え続ける要介護人口に対し、介護職を希望する人が減っているのが現実です。
でもこの介護職、とてもやりがいがある仕事なんです。
この記事では、

  • 介護の仕事内容
  • やりがいを感じるポイント
  • 介護職を選んだ理由
  • 介護職別のやりがい

についてまとめています。

介護職に興味のある方はもちろん、介護職にはどんなやりがいがあるのか知りたい方にぜひ最後まで読んで頂ければと思います。

介護の仕事内容

介護と言えば何を思い浮かべますか。

現代の日本では高齢化が進み、老人介護がクローズアップされがちですので介護と言えば老人介護のイメージが強いのではないでしょうか。

実際は老人介護だけでなく、障害者の生活支援と病人の介抱も介護の仕事と言います。

一言で介護といってもホームヘルパーや認知症の介護などもいろいろございます。
今回はそれぞれのやりがいや選んだ理由等も紹介していきます。

介護の仕事にやりがいを感じるポイント

そんな介護の仕事ですが、どの部分にやりがいを感じることができるのでしょうか。

将来性の高い職業

現代の日本は少子高齢化が大問題となっています。解消しないといけない問題ではありますが、すぐに解消ができる問題でもありません。

そうなってくると増えるのが高齢者で、高齢者の介護という仕事はどんどん増えていきます。
将来的に仕事がなくなる心配もなければ、需要が高まる一方と言えます。
必要とされることはやりがいややる気につながりますよね。

介護職は将来性が高い職業と言えるでしょう。

男女・年齢問わず キャリアアップしやすい

職業によっては男性の方が出世しやすかったり、キャリアへの道筋が立てられています。

しかし介護職は違います。男女問わず介護職に需要があるので、男女に差がないのです。
そして仕事さえこなすことができれば年齢も問われることが少ないのも特徴です。

性別や年齢で制限されることなく、やる気さえあれば評価されキャリアアップできる部分にやりがいを感じる人が多くいます。

人を支えることができる

介護職のやりがいで一番大きいのが人の支えになれることです。
介護を受けたい方はみんな困っています。誰かの助けを求めています。
自分で自分のことをやりたいけれど、動かない体や精神に苦しんでいます。

それを助け、一緒にこなしてあげられるのが介護職なのです。

介護業界の人がのこの仕事を選んだ理由

介護

介護労働安定センターという財団法人のとったアンケートがあります。
介護職に就く人たちに、何故介護職を選んだのかという内容です。
6割近くの方が「働きがいがある仕事だと思ったから」と回答をされています。

機械相手の仕事ではなく、困っている人たちを手助けできる仕事はやはりやりがいを感じやすいものです。

他にも資格を活かせる、ニーズが高い、と言った理由で介護職を選ぶ人が多いようです。
自分の為と言うよりも人の役に立つことが自分の為にもなる部分が魅力的なようです。

様々な介護のやりがい

介護職、とひとくくりに呼んでいましたが介護職にも様々な種類があるんです。

ホームヘルパーのやりがいとは?

ホームヘルパーは介護を必要としている人の家に訪問し、家事の援助をしたり入浴や排せつや食事の介護をする仕事をしています。

訪問看護サービスと同等と思ってもらってかまいません。

ホームヘルパーの仕事のやりがいと言えば、介護を必要としている人の役に立てる部分と言えます。
自分がどんな状態になってもやはり住み慣れた家で生活を続けたいと思っている人はたくさんいます。

しかし家族に負担をかけ、介護疲れをさせてしまうことを申し訳なく思い施設に入っていらざるを得なくなってしまうのです。

そんな状態を助けてあげられるのがホームヘルパーです。
家で生活ができるように補助をし、さらに家族や介護を必要としている人の精神的ケアも行います。
介護を必要としている人、その家族どちらからも感謝され求められるやりがいの多い仕事と言えます。

認知症介護のやりがいとは?

認知症介護とは、認知症になられた方の生活を介護するだけでなく認知症の進行を遅らせることを言います。

認知症介護においてやりがいを感じる部分と言えば、介護を必要としている人が喜んでくれる顔を見られることと言えるでしょう。

残念ながら認知症を治すことはできません。そして認知症には様々な症状があります。

認知症のせいで日常生活が困難になっている人を助け、少しでも元気だったころと同じ生活ができるような補助をすることで、家族からも喜んでもらえ本人からも笑顔をもらうことができます。

介護を必要としている方が、少しでも長く元気で健康的に、人間としての尊厳をもって生きられるよう手助けをしてあげられるのは認知症介護に携わる方なのです。

障害者介護のやりがいとは?

障害者介護には大きく分けて3つの種類があります。

  • 身体障害者介護、知的障害者介護、精神障害者介護
  • 身体障害にも等級があり、重度障害者用の施設で介護をしないといけない場合
  • 知的障害者は子供から大人まで年齢層が広いのが特徴

精神障害者は何らかの理由で精神に疾患を負ってしまった人たちが多く、ケアが難しい部分があります。

どの障害を持った人たちも思っていることを口に出すのが困難です。障害のせいで意思疎通が難しいのです。

そんな方たちの介護をしたとき、喜んでくれる顔を見ることができるのが一番のやりがいと言えるでしょう。

できなかったことが介護者と一緒にやれるようになった時は大喜びしてくれます。

そんな喜ぶ姿を間近で見られるのがやりがいのある仕事と感じる部分になります。

介護の仕事のやりがいについて まとめ

介護

いかがでしたでしょうか。
介護の仕事は人の身体と心のケアが含まれており、大変な仕事ではあります。
しかし世の中に大変じゃない仕事は存在しません。

ポジティブに考えてみると人の役に立つことができ、喜んでもらえる仕事です。

  • 介護士は将来性の高い職業
  • 介護職は男女問わずキャリアアップしやすい職業
  • 働いてる人の7割がやりがいがあると感じている

やりがいのある仕事を求めている方は、ぜひ介護の職に就くことを考えてみてはいかがでしょうか。
あなたの手を求めている人はきっといます。

「介護・やりがい」に関連する記事

「介護・やりがい」についてさらに知りたい方へ

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!のサムネイル画像

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

最近では終活のことを真剣に考える方が増えてきています。終活として介護の問題は、ご本人はもとよりご

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

介護職員の不足がニュースなどでもたまに取り上げられています。しかし、何故そんな状況になってしまっ

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

入院する際も介護を頼みたい場合に介護保険は適用されないということはご存知でしょうか?しかし、入院

介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?のサムネイル画像

介護予防訪問介護と訪問介護ってなにがどう違うの?

介護予防訪問介護と訪問介護はどちらも自宅で行うことができる介護サービスです。今回は、この二つがど

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

介護は人のために人の手によって行われるものでしたが、今技術の進歩により介護ロボットが開発されてい

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

中高年に静かなブーム!スロージョギングの効果について解説します!のサムネイル画像

中高年に静かなブーム!スロージョギングの効果について解説します!

スロージョギングという運動を知っているでしょうか?テレビで紹介されるなど、最近話題になってきてい

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと