介護老人保健施設で行われるリハビリ治療についてのまとめ

介護老人保健施設のリハビリ治療をご存知でしょうか?病院におけるリハビリは見聞きした事があっても、そういった特定の施設におけるリハビリは馴染みが薄い事と思います。今回は、介護老人保健施設で実施されているリハビリについて解説いたします。

目次

  1. 介護老人保健施設で行うリハビリについて
  2. 長期療養リハビリ施設の基準の違い
  3. そもそものリハビリの目的
  4. リハビリの種類
  5. 介護老人保健施設で受けられるサービス3つ
  6. リハビリにかかる時間と回数
  7. 介護老人保健施設での1日
  8. 介護老人保健施設でのリハビリ まとめ

介護老人保健施設で行うリハビリについて

いつの時代も介護というのは、する側にもされる側にもかなりの負担がかかるものです。

在宅介護をしているご家庭でも、介護老人保健施設を頼らなければ、リハビリ等を含めた介護は疲れてしまいます。

在宅介護に限界を感じている人は、おじいちゃん・おばあちゃんを介護老人保健施設へ一時的にお願いするのも選択肢に入れた方が良いでしょう。
介護老人保健施設ならば、プロによるリハビリも行われているので安心です。

しかし、リハビリと一口にいっても、介護老人保健施設ではどのようなリハビリを行うのか心配な人も多いかと思います。
事前に介護老人保健施設のリハビリについて知る事が、良い介護老人保健施設を選ぶ際の助けになる事でしょう。

この記事では、

  • 設置されている保険施設ごとの違い
  • 介護老人保健施設にはどんなサービスがあるのか
  • リハビリは何を目的に行うのか
  • 介護老人保健施設で送る1日の流れ

などをまとめました。

リハビリの種類についてなども記載しておりますので、最後までお読みいただき、介護老人保健施設を探す際の参考にしていただければ幸いです。

長期療養リハビリ施設の基準の違い

介護

介護老人保健施設以外にもリハビリを行っている施設は複数あります。

この項目では、介護老人保健施設を含めたいくつかの施設についてご説明いたします。

働く人・設備の基準と違い

ここでは働いている人や設備の基準から、4種類の施設それぞれの違いをご紹介いたします。

介護老人福祉施設

介護老人福祉施設は、障がいや病気などが原因で、自宅で暮らしていく事が難しくなってしまったお年寄りの方が入る施設です。
一般的に特別養護老人ホームと呼ばれていますが、正式名称は介護老人福祉施設といいます。

設備の基準

お風呂や食堂など、基本的な共同設備があります。
他にも医務室や居室(1人当たり10.65m2以上)が設置されています。

ちなみに、食堂と機能訓練室は両方とも3平方m以上の広さが基準値となっています。
しかし、両方とも作業するのに問題ないほどの広さを持つ部屋があるならば、同一の場所でも可能と定められています。

基本的な部屋のタイプは、下記のように4種類あります。
それぞれかかる費用は違ってきますが、好きな部屋を選ぶ事が出来ます。

  • 個室:1つの部屋を1人で使う事が出来るタイプ
  • 多床室:1つの部屋を複数の人たちが共同で使うタイプ
  • ユニット型個室:10人以下の1グループを1ユニットとして、台所や居室といった共同設備が併設された個室を指します
  • ユニット型準個室:ユニット型個室と基本的には同じですが、違う点として1つの部屋を間仕切りで分けている部分が挙げられます
働く人

介護老人福祉施設で働く人は、

  • 医者
  • 介護職員
  • 介護支援専門員
  • 看護職員
  • 生活指導員
  • 栄養士

などがいます。

介護職員が他の施設よりも多く、お年寄りの日常生活を支える事を重点に置いているのが窺えます。

介護老人保健施設

今回、記事に取り上げている介護老人保健施設とは、介護を必要としているお年寄りの自立を支える施設です。

設備の基準

トイレ・お風呂・食堂などの共同設備が設置されており、他にも機能訓練室(1人当たり1平方m以上)療養室(1人当たり8平方m以上)があります。

基本的な部屋のタイプは、先述した通りです。

働く人

介護老人保健施設で働く人には様々な職種があります。

  • 医者
  • 看護職員
  • 介護職員
  • 介護支援専門員
  • 理学療法士、作業療法士か言語聴覚士から一人
  • 支援相談員

などがいます。
介護老人保健施設の特徴として、理学療法士、作業療法士か言語聴覚士を置くのが必須となっている事が挙げられます。
この人たちはリハビリの専門家なので、介護老人保健施設に欠かす事の出来ない人材です。

介護療養型医療施設

介護療養型医療施設は、専門的な医療を受ける必要性が高いお年寄りを介護してくれる施設です。

設備の基準

病室(1人当たり6.4平方m以上)やトイレといった基本的な設備の他に、機能訓練室や談話室、食堂などがあります。

基本的な部屋のタイプは、先述した通りです。

働く人

介護療養型医療施設で働いてる人は、

  • 医者
  • 看護職員と介護職員、それぞれ17人
  • 介護支援専門員
  • 薬剤師
  • 栄養士

などがいます。

介護療養型医療施設はその特性上、他の施設よりも医者が多く配置されています

特定施設入居者生活介護

特定施設入居者生活介護は、食事や排せつなどの介護、日常生活や療養の世話などをメインとした施設です。
通常は老人ホームと呼ばれています。

設備の基準

基本的な設備が整っているトイレやお風呂の他に、食堂や居室などが設置されています。
他にも、一時介護室や機能訓練室があります。
一時介護室とは、一時的に利用者であるお年寄りを移動させ、介護をする為の部屋を指します。

部屋は基本的に個室です。
しかし、夫婦が揃って同じ施設を利用する場合は、2人部屋が用意されます。

働く人

特定施設入居者生活介護で働いてる人は、

  • 生活相談員
  • 看護職員又は介護職員
  • 機能訓練指導員
  • 計画作成担当者(ケアマネジャー)
  • 常勤管理者

などがいます。

機能訓練指導員とは、先述した理学療法士などや柔道整復師、按摩マッサージ指圧師またはその資格を持っている者を指します。

そもそものリハビリの目的

介護

先述したように、介護老人保健施設はお年寄りの自立を支え、自宅で暮らせるようにする事を目的とした施設です。
その為、リハビリの目的も当然ながらそれを目指したものになります。

  • 身体の機能が衰えないように、普段の生活に必要な筋力や体力の維持・向上
  • 身体の衰えなどからくる精神的な不安を和らげ、前向きな気持ちになれるようにする
  • 日々を生きていく中で必要な日常的動作の訓練
  • 自分の知識や経験を活かせる事や好きな事などをさせ、生きがいを見つける手伝いをして、自分から積極的に動くようにする
  • レクリエーションやイベントなどで、他人と交流する事により、生活の幅を広げる

こういったリハビリを続けていき、最終的には在宅復帰させることが目的です。

リハビリの種類

介護

リハビリの種類は大まかに分けて、「作業療法」「言語療法」「理学療法」の3種類があります。

この項目では、リハビリの内容についてご説明いたします。

健康管理・生活管理

着替えやお風呂・料理などといった今までやっていたことを、再び自分で出来るように日常的な動作やレクリエーションなどの作業活動をします。
こうする事により、心と体のリハビリを行います。

これらのリハビリを作業療法と呼び、作業療法士が補助を行います。

集団リハビリ

集団で体操を実施したり、レクリエーションをして、他者と会話するという内容のリハビリを行います。
こうすることにより、コミュニケーションの訓練、物を飲み込む嚥下機能、発声、聴力などが鍛えられます。

これらのリハビリを言語療法と呼び、言語療法士が行います。

個別リハビリ

その場に立つ、椅子やベッドに座る、ベッドから起きるといった基本的なものから、部屋の中を歩くなど様々な訓練を行います。
こうすることにより、利用者の運動器官を鍛えます。

介護老人保健施設では、ご家庭への復帰を主としている為、自宅でも使えるように歩行器や歩行車などの移動用補助具を利用したリハビリを実施している所が多いそうです。

これらのリハビリを理学療法と呼び、理学療法士が行います。

介護老人保健施設で受けられるサービス3つ

介護

介護老人保健施設には、主に3つのサービスがあります。

この項目では、それらサービスの内容をご説明いたします。

施設サービス

施設サービスは、3か月を目安として入所し、生活をしながら様々な介護サービスを受ける事が可能です。

サービス内容としては、

  • 食事やお風呂、トイレに着替えなど日常生活の手助け
  • 洗濯や買い物、部屋の掃除といった身の回りの世話
  • 理学療法士や作業療法士といったリハビリの専門家の機能訓練
  • 医者や看護師の医療処置、通院の付き添いといった医療面

など、生活を施設内で行うため、様々な種類のサービスを受けることができます。

ショートステイ

ショートステイは、30日間を上限として短期的に施設へ入所し、上記と同じサービスを受ける事が可能です。
また、短期入所療養介護とも呼ばれています。

ショートステイを利用する理由としては、介護する側が「家を少しの間だけ留守にする、短期間だけ休みたい」、介護される側が「短期間だけ他人と交流がしたい、自宅以外で過ごしてみたい」などが多いようです。

デイケア

デイケアは、日帰りを前提としてリハビリやお風呂、食事、レクリエーションなどといった介護サービスを受ける事が可能です。

リハビリが主な目的になっており、施設の送迎もついています。
他に、通所リハビリテーションと呼ばれる事もあります。

入所ではなく、利用者が施設へ通う形でリハビリを受けられるので、気軽に利用しやすいサービスとなっています。
安心してサービスを受けられるように、職員が医療管理をして何かあればすぐ対応してくれます。

リハビリにかかる時間と回数

介護老人保健施設で受ける事の出来るリハビリは、施設の利用の仕方によって時間と回数が違います。

この項目では、施設へ一定期間入所している場合とそうでない場合、そして介護保険で使われる単位についてご説明いたします。

施設サービスは週2回20分以上が原則

施設へ3か月を目安に入所する施設サービスの場合、短期集中リハビリを受ける事が出来ます。
リハビリにかかる回数は週に2回以上、時間は20分以上が原則とされているそうです。

週に2回のうち、1回の個別リハビリをすれば、それ以外のものは集団リハビリにしても問題ありません。
逆を言うならば、利用者がいくら集団リハビリの方を好きだとしても、週に1回は個別リハビリを受けなければならないという事です。

それ以外ではリハビリ時間ごとに選べる

ショートステイでは、個別リハビリの回数は利用者が希望した通りにやってくれる所が多いです。
時間については20分以上ですが、増やしたいあるいは減らしたいという場合、サービス計画を立てている施設側へ相談してみて下さい。

デイケアでは、いくつかの時間帯から選べるようにあらかじめ時間の設定がされています。
施設によって時間はバラバラであるものの、大抵は午前か午後の数時間コースを2つ用意されており、そのどちらかを選ぶという場合が多いようです。

介護保険における「単位」とは

介護保険の計算が行われる上で、「円」の代わりに使われているのが「単位」です。
何故、円を使わないのでしょうか。

リハビリを含む介護サービスにかかる料金は、国内全てが画一化されています。
しかし、人件費など地域ごとに差がある為、このまま「円」で計算すれば食い違いが生じ、混乱を招きます
そこで、介護保険を計算する時は「単位」が使われるようになったのです。

リハビリにかける時間が20分以上というのが、介護保険におけるリハビリの1単位です。

介護老人保健施設での1日

介護

ここでは介護老人保健施設の1日の流れを記載いたします。

施設へ入所している利用者である事が前提となります。
施設によって行われる時間や内容、順番などは当然違ってきますが、大まかな流れとしてはこのような形になっております。

  • 起床
  • 朝食
  • 体操
  • 休憩やトイレ、おむつ交換など
  • リハビリやレクリエーション
  • お昼
  • リハビリやレクリエーション
  • おやつ
  • 休憩やトイレ、おむつ交換など
  • 夕食
  • 就寝

リハビリの時間がしっかりと用意されているのが特徴で、個人にあったリハビリを行いながら自宅復帰のために生活できるのが良いですね。

介護老人保健施設でのリハビリ まとめ

介護

いかがでしたか?
この記事では、介護老人保健施設のリハビリについてご説明いたしました。

  • 介護リハビリを行っている施設は介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、特定施設入居者生活介護(老人ホーム)の4つがあり、どれも利用者の利用目的によりリハビリの目指す方向性が違う。
  • 介護老人保健施設には主に作業療法、言語療法、理学療法があり、利用者に合わせそれぞれ組み合わせてリハビリが行われる。
  • 介護老人保健施設でのリハビリの目的は、利用者の在宅復帰である
  • 施設で送る1日の流れは、利用者に負担がかからないように計画的に作られ、生活リズムの安定も考えた配慮がなされている

などがわかりました。
様々な人達が関わって、利用者を支えていることが伝わってきます。

介護老人保健施設を利用する事により、自宅では出来ない専門家のリハビリを受けられるのはかなりのメリットだと言えるでしょう。

ご家族と相談の上、ご自分の都合に合ったサービスを利用してみてはいかがでしょうか。
そうする事で、介護する側にとってもされる側にとっても、負担が少なくより良い生活を過ごすことができるのではないでしょうか。

シェアする

「介護老人保健施設・リハビリ」に関連する記事

  • 介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

    介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

    介護老人保健施設は、高齢者が自立し在宅復帰を目的とするための支援を行う施設です。従って介護老人保健施設での看護師の役割は医療行為だけでなく、日常生活の介助やリハビリも大きな役割となってきます。ブランクのある看護師やゆとりを持ち働きたい人にはおすすめの職場です。

  • 介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?のサムネイル画像

    介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

    介護保険制度がどんなものかご存知ですか?名前を知っていても内容や点数・単位計算の仕方を知っている方は少ないでしょう。医療保険の点数との違いとは?今は関係ないかもしれませんが、ご自身やご家族の介護が必要になる前に、介護保険の単位について学びましょう。

  • 介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんかのサムネイル画像

    介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんか

    大切な方や自分の介護を考える時、介護保険について知識がないと不安ですよね?また、介護リハビリの中でも送り迎えをしてくれる通所リハビリについて知りたいという方も多いのではないでしょうか?今回は、介護保険と通所リハビリについて詳しく解説します。ぜひお読みください。

  • 大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

    大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

    介護の仕事ってとにかく大変な仕事というイメージはありませんか?体力的にも精神的にも大変だと言える介護の仕事ですが、大変な分やりがいもたくさんあるんです。この記事では誰しもいつかはお世話になる可能性がある介護のお仕事の内容とやりがいについてまとめてみました。

  • 介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

    介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

    介護は人のために人の手によって行われるものでしたが、今技術の進歩により介護ロボットが開発されています。それも様々な種類の介護ロボットが誕生しています。この記事では介護ロボットの種類とその特徴について詳しくまとめてみました。

  • 深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

    深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

    介護職員の不足がニュースなどでもたまに取り上げられています。しかし、何故そんな状況になってしまったのかは、意外と知られていないのではないでしょうか。この記事では、介護職員が不足した原因と解決策についてまとめました。

  • 介護施設でのお風呂が週2回って少ない?お風呂に関する疑問解決!のサムネイル画像

    介護施設でのお風呂が週2回って少ない?お風呂に関する疑問解決!

    日本では高齢化が進むにつれ、介護問題が深刻化しています。 介護施設や介護職員の不足なども問題なのですが、要介護者のお風呂の回数にも疑問や不安を感じる人もいるようです。 ここでは、介護施設でのお風呂事情について紹介します。

  • 介護タクシーの運転手に必要な資格とは?取得方法などもご紹介!のサムネイル画像

    介護タクシーの運転手に必要な資格とは?取得方法などもご紹介!

    近年、介護タクシーの運転手の需要が高まっています。介護タクシーの運転手になるためには、どのような資格を取得すればいいのでしょうか。今回は必要な資格や、なぜ資格が必要なのかなど、介護タクシーの運転手になるために必要なことを紹介していきます。

  • 急増している公務員の介護職、必要な資格や年収などの疑問を解決!のサムネイル画像

    急増している公務員の介護職、必要な資格や年収などの疑問を解決!

    公務員としての介護職に人気が集まっています。公務員介護福祉士につくために必要な詳細情報を徹底追及しました。今後、増え続けると思われる公務員介護職をお考えの方に役立つ情報をまとめてみましたので参考にしてください。

  • 入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

    入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

    入院する際も介護を頼みたい場合に介護保険は適用されないということはご存知でしょうか?しかし、入院中でも介護保険を適用できる制度があります。誰もが直面する可能性のある入院。そんな時、介護保険をいかに利用することができるのかについて、詳しく解説していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

    介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

    所得を得ると税金を支払わなければなりませんが、余分な税金は納めたくありませんよね。介護保険料は、生命保険や個人年金保険料と同様に税金から控除を受けられます。しかし介護保険料や控除について、あまり詳しくない方も多いと思いますので、今回はその解説をいたします。

    1

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「介護老人保健施設・リハビリ」についてさらに知りたい方へ

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?のサムネイル画像

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんかのサムネイル画像

介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんか

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

介護施設でのお風呂が週2回って少ない?お風呂に関する疑問解決!のサムネイル画像

介護施設でのお風呂が週2回って少ない?お風呂に関する疑問解決!

介護タクシーの運転手に必要な資格とは?取得方法などもご紹介!のサムネイル画像

介護タクシーの運転手に必要な資格とは?取得方法などもご紹介!

急増している公務員の介護職、必要な資格や年収などの疑問を解決!のサムネイル画像

急増している公務員の介護職、必要な資格や年収などの疑問を解決!

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

1

関連する記事

「介護老人保健施設・リハビリ」についてさらに知りたい方へ

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?のサムネイル画像

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんかのサムネイル画像

介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんか

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!のサムネイル画像

介護ロボットの種類と特徴を全て紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと