介護保険のプロ!ケアマネージャーの選び方と4つの確認ポイント

介護保険の専門家といえば、ケアマネージャーです。その選び方はどうしていますか。また、介護保険についてどなたに相談していますか。ケアマネージャーに相談することで、介護保険の悩みや疑問が解決する近道となります。ここでは、ケアマネージャーの選び方について紹介します。

目次

  1. ケアマネージャーの選び方とは?
  2. ケアマネージャーとは
  3. ケアマネージャーの選び方の4つのポイント
  4. ケアマネージャーを探す方法
  5. ケアマネージャーの利用料金は無料
  6. ケアマネージャーは変更できるの?
  7. 介護保険を助けるケアマネージャーの選び方

ケアマネージャーの選び方とは?

介護

自分の介護生活の計画を相談するのは、どのような方が理想ですか?

この類のことは、ケアマネージャーに相談するのが良いでしょう。
ただ、ケアマネージャーの中でもどのような方が選べばよいのかわからない方もいることでしょう。

自分が信頼をおける人が望ましいのではないでしょうか?

しかしながら、ケアマネージャーがどんな経歴をもっていて、どのような人なのかわからなければ、選ぶのはなかなか大変だと思います。

この記事では

  • ケアマネージャーとはどんな職業か
  • ケアマネージャーの選び方
  • ケアマネージャの探し方
  • ケアマネージャーにお金は払うのか
  • ケアマネージャーを変更するには

主にこの5点について注目しながら、ケアマネージャーの選び方とそのポイントについて紹介していきます。
あなたにぴったりのケアマネージャーの方と出会うためにぜひこの記事を読んで見てください。

ケアマネージャーと接することで、ご自分やご家族の介護ケアについて計画を立てましょう。

ケアマネージャーとは

介護

ケアマネージャーは、正式には介護支援専門員(かいごしえんせんもんいん)といいます。
ケアマネージャーは、介護保険制度やケアマネジメントについての資格を有した、まさに介護のプロです。

  • 仕事内容
  • 資格を得るための条件

以下、ケアマネージャーの選び方にも関係しますので、詳細について2点紹介します。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーは、介護が必要な人や家庭と、介護保険施設や介護サービスを受けられる施設との間に立ち双方に最適な介護を提供する重要な役割を果たしてくれる方です。

具体的には、介護認定を受けた要介護者やその家族からの相談を受け、介護が必要な方にあった適切な介護計画を立ててくれます。
なお、この介護計画を特に、ケアプランと呼ぶので覚えておきましょう。

ケアプランを立ててくれるケアマネージャーは、要介護者本人や家族から介護について希望を聞き、どんなサービスが妥当か判断し提案をしてくれます。
ケアプランによっては、介護保険施設への入居が判断されたり、高齢者施設やグループホームの利用を斡旋します。

なおケアプランは定期的に見直され、現状のサービスが要介護者や家族に適当かどうか判断してくれます。

ケアマネージャーの資格

介護

ケアマネージャーは適切なケアプランを作成してくれます。

ケアマネージャーは国家資格ではなく、都道府県で開催される年1回ある試験(介護支援専門員実務研修受講試験)を通らなければならない資格です。

ではどのような方がケアマネージャーの資格をとる試験を受ける権利があるのでしょうか?

以下、詳しく解説します。

国家資格取得者の場合

ケアマネージャーになる為には、介護や医療関係の有国家資格者でなければなりません。
その資格は介護保険法で定められており、介護福祉士看護師、医者理学療法士などです。

また、国家資格を有していることに加え、5年以上の実務経験者でなければ受験資格はありません。

国家資格取得者でない場合

一方国家資格を持っていない方の場合も以下の条件をいずれか満たしていれば
ケアマネージャーの試験を受ける権利があります。

  • 生活相談員や相談支援実務が5年以上ある場合
  • 介護保険施設などで介護の実務経験が5年(10年)以上ある方

ケアマネージャーになるには、国家資格の有無にかかわらず、実務経験は必須ですので現場を知っている方の意見をもとにケアプランを作成することができるので安心ですね。

ケアマネージャーの試験

先に紹介したとおり、ケアマネージャーになるためには、都道府県が主催する介護支援専門員実務研修受講試験に合格しなければなりません。

なお、各都道府県の福祉局や保健局などが主催するこの試験は、年1回しか行われません。
試験の難易度は高く、合格率は10~20%程度と言われています。

ケアマネージャーに合格したら

介護支援専門員実務研修受講試験に合格すると、試験同様に都道府県が主催する研修を受けなければなりません。

この研修は、介護支援専門員実務研修というもので、87時間という長い受講時間が定められています。
研修科目は、介護保険制度はもとより、ケアマネジメントに関わる一切の講義と演習、実践から成ります。

ケアマネージャーの選び方の4つのポイント

介護

どのようなケアマネージャーが良いケアマネージャーであるのか、選び方も慎重にならなければなりません。

ケアマネージャーの選び方にはいくつかポイントがあります。
第一印象も大事ですが、長く付き合っていくことも考えてしっかりと考えていきましょう。

  • 「保有資格」や「経歴」の得意分野
  • 「説明」や「具体的なプラン」の内容
  • 「フットワークの軽さ」があるか
  • 真剣に考えてくれる「性格の相性」

主にこの4点に重点をおいてケアマネージャーを選ぶと良いと言われています。
では、それぞれ実際にどんなポイントで見分ければ良いのか、1つ1つ説明したいと思います。

1.「保有資格」や「経歴」の得意分野

介護支援専門員実務研修受講試験の受験資格が、国家資格または一定期間の業務経歴の有無である点はすでにご紹介しました。

例えば国家資格である看護師資格を有しているケアマネージャーであれば、医学的医療的な補助やアドバイスに富んでいることでしょう。
また実務経験が長いケアマネージャーならば、現場での実体験から、介護そのものに関しての判断は早いでしょうし、経験談を基に相談にのってくれるでしょう。

要介護者がどのような状態なのかを見極め、どのような知識に特化したケアマネージャーと一緒にケアプランを立てていきたいのか、ケアマネージャーの資格経験をもとに選ぶ方法もあります。

2.「説明」や「具体的なプラン」の内容

ケアマネージャーの選び方で重要視することの一つに、話し上手で説明がわかりやすいか計画力があるかどうかという点もあります。

例えば、ケアプランを相談する際、難しい専門用語を並べて説明されてもよくわからないと思います。
そういった難しい言葉を使わないでも、簡単にわかりやすく教えてくれるケアマネージャーだと、こちらも安心ですよね。

3.「フットワークの軽さ」があるか

高齢者の方、特に介護が必要な方は、いつ体調や症状が変化するかわかりません。
また、急な怪我や病気によって認知症や老化が一気に進むということをよく耳にします。

そんな突然の事態、ケアマネージャーにはすぐ来てもらい、ケアプランの見直しをしてほしいと思いませんか?
フットワークが軽い方だと、何か急な問題が発生したときに安心でしょう。

また、フットワークの軽さは話をしただけではわかりません。
なにかあった時にすぐに駆けつけてくれるように近場に職場ある方、近隣に住んでいる方をケアマネージャーとして選んでもよいでしょう。

ただし、ケアマネージャーの方は介護に関わる専門知識家ですので、他にお仕事をしている方がほとんどです。
本当に困ったときだけお願いするようにしましょう。

4.真剣に考えてくれる「性格の相性」

人は誰でも、性格が合うあわない、話が合うあわないなど、性格の相性があります。
ケアマネージャーと患者の間柄も同様です。

そのため、一度お話をして性格が合うか合わないかを確認するのが大事です。
人同士のコミュニケーションですので、全く性格が合わない人は選ばない方が無難でしょう。

ケアマネージャーは介護を通して患者の生活と深く関わります。
この人にならお願いしたい!と思う方にお願いしてはいかがでしょうか。

ケアマネージャーを探す方法

介護

これまで、ケアマネージャーとはいかなる存在であり、どのようにしてケアマネージャーを選んだらよいかについてご紹介してきました。

さて、介護について相談したい方はどこでケアマネージャーを探したらいいのでしょうか?

結論から言うと、ケアマネージャーは自分で探さなければなりません。
どのようにしてケアマネージャーを探せば良いのかをご紹介します。

地方自治体の「福祉課」で探す

介護に関することは、地方自治体の役所で相談することが出来ます。
具体的な部署で言えば、「福祉」「保健」「介護」等の名称がつく部署です。

大抵の役所にはどの部署に相談すればいいか教えてくれる受付窓口、電話で言えば代表番号があります。
まずはケアマネージャーを探したい旨をお話しして、部署を案内してもらいましょう。

地域包括支援センターで探す

聞き慣れない名称かもしれませんが、介護関係の公的専門機関に地域包括支援センターという所があります。

ここは、厚生労働省が管轄する介護保険法で定められた施設であり、以下のように既定されています。

「地域包括支援センターは、(略)地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、その保健医療の向上及び福祉の増進を包括的に支援することを目的とする施設とする。(第115条46項)」

地域包括支援センターは、ケアマネージャーのリストはもちろん、介護支援関係の施設も紹介してくれます。

ケアマネージャーの利用料金は無料

人々

ケアマネージャーは介護生活に関しての相談から、ケアプランの作成まで数多くの介護に関する相談に乗ってもらうことになります。
では、そうした仕事量に対し実際どれくらいの料金をお支払いすれば良いのでしょうか。

実は、ケアマネージャーへの相談料は、実質無料なのです。
なぜなら、ケアマネージャーへの賃金はすべて介護保険から負担されているからです。

また、ケアマネージャーは、所属している介護施設などの事業所から給与を受けているので、個人へ相談料を請求することは決してありません

しかし、良い関係を築いていくために、日ごろからお世話になっている場合にはお歳暮やお中元の時期にはお礼をしてはいかがでしょうか。

ケアマネージャーは変更できるの?

人々

ケアマネージャーが決まり、ケアプランを立ててもらったと仮定しましょう。

そこで、疑問や新たな相談事が増えてくることもあるでしょう。
ケアマネージャーに相談したとしても、プランの見直しに納得が出来ないことがあるかもしれません。
また、最初に選び方を間違ってしまっている場合もあるのではないでしょうか?

「一度お願いしたケアマネージャーを変えるなんて申し訳ない…」
「新しいケアマネージャーがすぐに見つかると思えない。」

そんな風にお考えの方も多いではないでしょうか?
自分又は自分の家族の一生を左右するケアプランを一緒に考えてくれる方との関係性が悪ければ、生活そのものが大変になります。
ケアプランが合わない、違う人がいいと思ったその時はケアマネージャーの変更を検討しましょう。

ではどのようにケアマネージャーを変更したら良いのでしょうか?

ケアマネージャーの変更方法

ケアマネージャーを変更したいと思ったら、まずは現在のケアマネージャーと知り合うきっかけとなった地方自治体の福祉課や地域包括福祉センターに相談しましょう。

地域の介護全般に詳しいはずなので、ケアマネージャーとあなたの中立の立場をとり、他にどんなケアマネージャーがいるか紹介してくれます。

ケアマネージャーはたくさんいる

ケアマネージャーは、何人いると思いますか?
ある統計によれば、全国で60万人いると言われています。

ケアマネージャーの変更はかなり頻繁に行われていることです。
性格の相性ももちろんですし、要介護者の方の変化によっても必要な知識やケアプランがガラリと変わることもあるでしょう。
ケアマネージャーは複数の資格や経験を持っているので、今までと違うタイプの方へと変更を考えるのもいいと思います。

介護保険を助けるケアマネージャーの選び方

介護

いかがだったでしょうか。
介護保険のプロ、ケアマネージャーがどんな存在でどのような選び方で判断すれば良いのかご説明しました。

  • ケアマネージャーは介護支援専門員という、ケアプランを立ててくれる介護関係の資格や経験がある専門家のこと。
  • ケアマネージャーの選び方として、資格や経験、説明力や提案力の有無、所在地、性格の相性で決める方法がある。
  • ケアマネージャーは役所などで探し、相談は実質無料で、いつでも担当の変更可能である。

まずは自分や要介護認定を受けた方、ご家族の生活や希望を考え、ケアマネージャーを探し、一度話し合って相談しましょう。

希望に叶うケアマネージャーと相談をしていくことで、より良いケアプランが見つかり、適切な介護が受けられると思います。

手と手を取り合い介護についてケアマネージャーと考えていきたいですね。
この記事が参考になったならば幸いです。

「介護保険・ケアマネージャー・選び方」に関連する記事

「介護保険・ケアマネージャー・選び方」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

    介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

    所得を得ると税金を支払わなければなりませんが、余分な税金は納めたくありませんよね。介護保険料は、生命保険や個人年金保険料と同様に税金から控除を受けられます。しかし介護保険料や控除について、あまり詳しくない方も多いと思いますので、今回はその解説をいたします。

    1

シェアする

関連する記事

「介護保険・ケアマネージャー・選び方」についてさらに知りたい方へ

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

介護タクシーの運転手に必要な資格とは?取得方法などもご紹介!のサムネイル画像

介護タクシーの運転手に必要な資格とは?取得方法などもご紹介!

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?のサムネイル画像

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!のサムネイル画像

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

急増している公務員の介護職、必要な資格や年収などの疑問を解決!のサムネイル画像

急増している公務員の介護職、必要な資格や年収などの疑問を解決!

介護福祉士になるにはどうすればいいのか紹介!未経験でもなれる?!のサムネイル画像

介護福祉士になるにはどうすればいいのか紹介!未経験でもなれる?!

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説のサムネイル画像

介護老人保健施設での看護師の役割とは?働きやすさを解説

介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんかのサムネイル画像

介護保険ってどんなとき使うの?通所リハビリを覗いてみませんか

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめましたのサムネイル画像

深刻化する介護職員不足!その原因と解決策についてまとめました

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

1

関連する記事

「介護保険・ケアマネージャー・選び方」についてさらに知りたい方へ

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!のサムネイル画像

入院する際の介護保険の適用範囲について詳しく解説します!

介護タクシーの運転手に必要な資格とは?取得方法などもご紹介!のサムネイル画像

介護タクシーの運転手に必要な資格とは?取得方法などもご紹介!

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?のサムネイル画像

介護保険の単位の計算を詳しく解説!医療保険の点数と近い?

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!のサムネイル画像

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?のサムネイル画像

大変そうな印象が強い介護のお仕事!やりがいを感じる瞬間とは?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと