キリスト教の納骨式 流れ・服装・費用・マナーを覚えて安心の式を

キリスト教の納骨式に参列する際、仏教の納骨式とは少し雰囲気が違います。どのような流れで行われるのでしょうか?服装は?費用は?マナーは?香典は必要なの?その他気になるキリスト教の納骨式について見ていきます。

目次

  1. 初めてキリスト教式の納骨式にいく
  2. キリスト教の二大勢力と聖職者
  3. キリスト教にとって”死”とは
  4. 納骨式はいつ行われるか
  5. 納骨式の流れ
  6. 納骨式の服装
  7. 香典にあたるものは存在する?
  8. 香典の代わりに持っていくなら
  9. キリスト教式の納骨式まとめ

初めてキリスト教式の納骨式にいく

お墓

日本の葬儀や納骨式は、基本的に仏教式で行われることが多いです。
もし、あなたがキリスト教の納骨式に参列することになった時のことを考えてみてください。

どのような流れで式が進むの?
マナーや服装は仏教式と一緒でいいの?
香典って必要なの?

様々な不安や疑問がでてくることでしょう。

キリスト教は世界三大宗教とも言われており、日本でもたくさんの人が信仰しています。

今回は、

  • キリスト教の式について
  • キリスト教にとって“死”とは
  • 納骨式の時期
  • 納骨式の流れ
  • 納骨式の服装
  • 香典にあたるものは存在する?
  • 香典の代わりに持っていくなら

など、キリスト教の納骨について、ご紹介していきます。

これから、多くの外国の方が日本で生活をしていくことが予想されます。
いずれはキリスト教式の葬儀に参列することもあるでしょう。
最後までしっかりと目を通していただき、キリスト教の納骨式について理解しておきましょう。

納骨先の霊園をお探しの方は終活ねっとをご利用ください。
キリスト教の霊園はもちろん、宗教不問の霊園も多数掲載しております。
また、費用やアクセスで霊園を比較でき、一括の資料請求や電話対応も可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

キリスト教の二大勢力と聖職者

キリスト教の式には、聖職者と言って式を取り仕切る人が存在します。
式の最中、祭壇に立っている姿を見たことのある人も多いのではないでしょうか?

この聖職者には大きく分けて「神父」と「牧師」が存在します。
この2つの違いは、簡単に言えばカトリックかプロテスタントかという宗派の違いです。

どんな違いがあるのか、より詳しく見ていきましょう。

カトリック=神父様

神父というのは神様に認められた人だけがなれる聖職です。
神様に一生を捧げるのだという覚悟の上、厳しい修行をすることで神父になることができるのです。
位階制度もあり、助祭、司祭、司教の順に位が高くなります。

よく世界のニュースなどで耳にする「大司教」と言うのは司教のさらに上ですから、カトリックにおける最高位ということになります。

神父には日常生活においても厳しい制限があります。
贅沢をできなかったり、恋愛や結婚も許されていません。
一生独身で、一般信者の手本となる行動をしなければならないというわけです。

プロテスタント=牧師様

プロテスタントの場合は、カトリックほど厳格ではありません。
位階制度もほとんど存在しません。
恋愛や結婚に関しても自由となっています。

牧師様は、「指導者」や「お手本」と言うよりは、「信者の代表」に近いかもしれません。
とは言っても、プロテスタントはもともとカトリックから派生したものだということも覚えておいて下さいね。

キリスト教にとって”死”とは

キリスト教は「死」の意味そのものが仏教とは違います。
こちらもカトリックとプロテスタントでは考え方が違いますので、順に説明していきましょう。

カトリックにおける”死”とは

カトリックでは、死ぬことで魂が体から離れ、神様のところへ行くとされています。
そして、生きている間の行いによって死後どこへ行くかが決まります。
天国へ行った魂は、地上に戻ってくることができ、これを「復活」と言います。

なので火葬ではなく土葬をすることが多いのです。
戻ってくる媒体を焼いてしまってはいけない、ということです。

プロテスタントにおける”死”とは

プロテスタントの場合は、人は生まれた時から罪人なのだという考えです。
しかし、キリスト教を熱心に信仰することで天国へ行くことができます。
死ぬことは悲しみではなく祝福であるということです。

ですから、プロテスタントにおける葬儀は亡くなった人のためではなく残された人のためという意味合いが強くあります。

納骨式はいつ行われるか

困った人々

仏教式では、納骨式はいつ行わなければいけないという決まりは特にありません。
しかし一般的には四十九日の法要に合わせることが多いようです。
では、キリスト教の場合はどのように納骨式を行うのでしょうか?

だいたいは火葬から約1か月後

キリスト教も納骨の時期に関しては特に決まりはありません。

カトリックの場合は1か月後に追悼ミサを行います。
プロテスタントの場合は同じく1か月後の召天記念日に納骨式を行うことが多いようです。

納骨式の日までは、遺骨を自宅の祭壇などに置いておきます。
遺影や花を飾り、お祈りもします。

日曜の礼拝後に行うことも

キリスト教では、日曜日に教会で礼拝を行います。

特別な事情がない限り参加するのが当たり前、というのがキリスト教における考え方です。
この場合も日曜礼拝に合わせて納骨式を行うあるようです。

前述したように、特にこれと言った決まりはありませんので、参列者の都合などに合わせて設定されていきます。

納骨式の流れ

次にキリスト教においての納骨式の流れについて解説します。

神父・牧師立ち合いで行う

納骨式は神父や牧師の立ち合いで行われます。
基本的にはどんどん進めていってくれますので、周囲に合わせていれば問題ありません。

讃美歌を謳う

黙祷をしてからみんなで讃美歌を歌います。
結婚式と同じように、歌詞を配布される場合が多いです。
もしされなければ、聴いているだけでも構いません。
讃美歌はたくさんありますが、一般的には312番『いつくしみ深き』を歌うことが多いです。
よく耳にする讃美歌ですので、事前に聴いていくのもよいと思います。

聖書朗読を拝聴

次に神父様や牧師様が聖書朗読をします。
参列者は、聴いているだけで大丈夫です。
場合によっては説教が行われることもあります。

お祈り

次に参列者全員でお祈りをします。
お祈りの作法も宗派によって違いますので不安な場合は遺族や神父、牧師を見て真似するようにしましょう。
作法が違っていたからと言って咎められたりということはありませんので、安心して下さいね。

納骨式の服装

お墓

では、キリスト教の納骨式での服装はどのようなものがよいのでしょうか?

教会によってまちまち

キリスト教の場合、その教会や宗派によって考え方が違います。
そのため、服装もまちまちです。
葬儀の場合は喪服が多いようですが、納骨式となると普段着の人もいます。
礼拝の後にそのまま霊園へ移動し、納骨式を行う場合などは普段着の場合が多いです。

喪服が無難

とは言っても、やはり納骨式に普段着で行くのは…と思う人は喪服が無難だと思います。
きちんとした喪服でなくても、準喪服のような黒っぽい格好で構いません。

葬儀の際にそれとなく聞くのが一番

どうしても不安な場合は、葬儀に参列した際に聞いてみるのがよいと思います。

施主や神父、牧師に仏式にしか参列したことがないことを伝え、服装について尋ねてみれば丁寧に教えてくれるはずです。

香典にあたるものは存在する?

葬儀

仏教式では法要の際に香典を持っていくのがマナーですよね。
では、キリスト教の場合はどうなのでしょう?
そもそも香典という考え方は存在するのでしょうか?

キリスト教に香典はない

簡単に言えば、キリスト教に「香典」はありません。
亡くなった人に線香をお供えするという習慣がないからです。
お金を渡したいのであれば、キリスト教では「弔慰金(ちょういきん)」と言います。
もし持っていく場合は袋に「御香典」ではなく「御霊前」と書きましょう。
しかし弔慰金も宗派によっては拒否される場合があります。
事前に確認が取れないようなら、「お花料」などにしておくのがよいと思います。
最近ではキリスト教用の袋も販売されています。

渡す場合の金額・費用はいくらほど?

弔慰金の費用の相場は5000円-10000円とされてます。
身内の場合は10000円-20000円くらいです。

香典の代わりに持っていくなら

御霊前やお花料など金銭の代わりに持っていくなら、花か茶菓子などがよいと思います。
花ならば納骨式で手向けることができますし、茶菓子等ならば納骨式ごの集まりで食べていただいたり、分けて持ち帰っていただくことも可能です。

納骨式で手向ける「花」

キリスト教の場合、香炉の代わりに献花台が設置されることがあります。
一般的には白い百合がよいようですが、亡くなった方が好きだった花にしてもよいと思います。
花屋さんで相談すれば、キリスト教用に作ってくれる場合もあります。

納骨式後の集会があるなら「茶菓子等」を

納骨式の後に集会があるなら、茶菓子等もよいと思います。
参列者の方々に召し上がっていただいたり、分けて持ち帰っていただくこともできます。
人数を把握し、不足のないように準備しましょう。

キリスト教式の納骨式まとめ

いかがでしたか?
キリスト教の納骨式について、流れや服装、マナーを見てきました。
ここで分かったのは、

  • キリスト教の式を行う聖職者はカトリックの場合は神父、プロテスタントの場合は牧師と呼ぶ
  • そもそも「死」にする考え方が仏教とは違う
  • 納骨式はだいたい葬儀から1か月後の追悼ミサや召天記念日に行われる
  • 納骨式がどのように進んでいくのか
  • 服装は喪服が無難だが、教会や宗派によって違いがある
  • 「香典」という考え方はないが、「御霊前」「お花代」として持っていくことは可能

ということでしたね。
これから先、キリスト教の納骨式に参列する機会があるかもしれません。
作法などで不安になった場合は事前によく調べたり、遠慮せずに周りの人に聴いたりしてもよいと思います。
亡くなった方や遺族を思う気持ちを忘れずに参列できるとよいですね。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「キリスト教・納骨」に関連する記事

「キリスト教・納骨」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養は費用を抑えることのできる供養方法だと言われていますが、本当なのでしょうか?今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのか、その内訳や料金が上下する要因とともに紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「キリスト教・納骨」についてさらに知りたい方へ

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説しますのサムネイル画像

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説します

プロテスタントの葬儀に参列する時のマナーについてのサムネイル画像

プロテスタントの葬儀に参列する時のマナーについて

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法のサムネイル画像

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法

納骨式っていつ行うのがいいの?時間はどれくらいかかる?のサムネイル画像

納骨式っていつ行うのがいいの?時間はどれくらいかかる?

服装や献花のマナーなど、キリスト教の葬儀についてご紹介します!のサムネイル画像

服装や献花のマナーなど、キリスト教の葬儀についてご紹介します!

キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのかのサムネイル画像

キリスト教の納骨堂とはどんなもの?仏教とは違うのか

キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説のサムネイル画像

キリスト教での葬儀の流れって?宗派別の流れやマナーについても解説

キリスト教の葬儀で渡す香典の書き方とは?マナーなども紹介します!のサムネイル画像

キリスト教の葬儀で渡す香典の書き方とは?マナーなども紹介します!

納骨式の準備から納骨式当日までの流れを解説!のサムネイル画像

納骨式の準備から納骨式当日までの流れを解説!

カトリックの納骨堂に関してその特徴や費用などの疑問を解決します!のサムネイル画像

カトリックの納骨堂に関してその特徴や費用などの疑問を解決します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「キリスト教・納骨」についてさらに知りたい方へ

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説しますのサムネイル画像

キリスト教の葬儀ってなに?葬儀費用や仏式との違いも解説します

プロテスタントの葬儀に参列する時のマナーについてのサムネイル画像

プロテスタントの葬儀に参列する時のマナーについて

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法のサムネイル画像

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法

納骨式っていつ行うのがいいの?時間はどれくらいかかる?のサムネイル画像

納骨式っていつ行うのがいいの?時間はどれくらいかかる?

服装や献花のマナーなど、キリスト教の葬儀についてご紹介します!のサムネイル画像

服装や献花のマナーなど、キリスト教の葬儀についてご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと