礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

目次

  1. お葬式の礼服について
  2. 礼服と喪服の違いは?
  3. お葬式での礼服の種類
  4. お葬式での男性・女性の服装マナーについて
  5. お葬式と結婚式は同じ礼服でもいいの?
  6. 礼服がない場合はどうする?
  7. お葬式の礼服についてまとめ

お葬式の礼服について

葬儀

お葬式に着ていく礼服について考えたことありますか?

いざその時になってみると、何を着ていけばいいのか迷ってしまいますよね。
場をわきまえていない服だと、相手を不快にさせてしまうかもしれません。

そこで今回終活ねっとでは、お葬式で着る礼服について

  • 礼服と喪服の違いについて
  • お葬式で着る礼服の種類について
  • お葬式での服装マナーについて
  • お葬式と結婚式の礼服について
  • 礼服がないときには?

という順番で、ご紹介していきます。

礼服と喪服の違いは?

人々

冠婚葬祭に欠かせない礼服ですが、和装が主流だった昔と違ってデザインが豊富な洋装が加わってきました。
このような変化に伴って、礼服の言葉自体が曖昧な表現になってきています。

ここではまず礼服と喪服の違いからみていきます。

礼服とは

礼服の「礼」の元の字である「禮」は、示偏(しめすへん)であることから神事を表します。
礼服という言葉は、かつての天皇家や位の高い貴族が儀式の中で着ていた古式正装である「らいふく」を由来としているのです。

つまり、それぞれの儀式にふさわしい服装が礼服であり、礼服を着用した状態を礼装とも言います。

礼服はフォーマルウエアとも呼ばれブラックとカラーの両方がありますが、洋装・和装のどちらにもあります。

喪服とは

礼服の中でもお葬式などの弔事や法要で着るものを喪服と呼びます。
ブラックスーツやブラックフォーマルと呼ばれる黒い衣装です。

基本的に、どの角度から見ても光らないタイプの無地の生地で、色褪せない漆黒が弔事用になり慶事用とは区別されます。

また和装での喪服は今では黒が当たり前のようになってきていますが、純白の白喪服も正式な喪服になります。

お葬式での礼服の種類

葬儀

儀式の正装として着る礼服ですが、礼服にも格がありますので着るときには注意が必要です。

礼服の格の高さは正礼服→準礼服→略礼服という順になり、慶事・弔事に限らず主催者やそれに近い人が格の高い装いをします。

お葬式の場合は、喪主やご遺族など亡くなられた方の近親者は格の高い装いをし、一般の参列者の方は喪主よりも格が高くならないように配慮するのが礼儀です。

ここではお葬式での礼服の種類を見ていきたいと思います。

正礼服

最も格の高い礼服を正礼服と呼びます。

正礼服に該当する正喪服ですが、葬儀・告別式・一周忌では喪主や近親者のみが着用します。
ですが、一般的にお通夜や3回忌以降では着用しません。

かなり大きな規模の葬儀・告別式の場合では参列者も着用することがありますが、一般的な葬儀の場合では参列者は着用しません。

男性の正礼服

男性の正礼服は洋装と和装とがあります。
多くの方は洋装を選びますが、地域や家のしきたりによって和装することもあります。

洋装

お葬式の場合の洋装はモーニングコートしか着用できません。

  • モーニングコート(上着)
  • ズボンは黒か縞のコールズボン。裾はシングル
  • ベスト(ジャケットと共布の黒を着用)
  • レギュラーカラーの白いシャツ。カフスはシングル・ダブルどちらでもよい
  • ネクタイは黒無地
  • カフスやネクタイピンをつけるなら黒か真珠
  • チーフは不要
和装

男性の場合、紋付きの羽織袴が和装となります。

地域によっては男性も白い袴の白喪服を着るところがありますが、一般的には黒です。

ここでは黒喪服をご紹介します。

  • 長着・羽織は黒羽二重で染め抜き五つの紋付き
  • 袴は仙台平か博多平
  • 羽織紐は丸組み、または平打ちで色は白か黒
  • 半襟・長襦袢は羽二重で白か黒かグレー
  • 帯は博多の角帯
  • 足袋は白か黒
  • 草履は畳表付き。鼻緒は白か黒
  • 扇子は不要

女性の正礼服

今までは喪主を務める方に和装が多くみられましたが、女性の正礼服のマナーとしては洋装・和装どちらでも構いません。

洋装

正礼服の洋装はアフタヌーンドレスですが、日本のお葬式ではほとんど見かけることはありません。

女性の場合は襟の詰まったデザインで、スカートはくるぶしまでのロング丈でも構いません。

  • 漆黒で透け感や光沢のない無地の生地に限る。ワンピース・アンサンブル・スーツなど形は問わないがパンツスーツはNG
  • ブラウスを着用する場合は黒
  • 夏でも長袖か肘が隠れるくらいの袖の長さ、スカート丈は短くても膝下などにして露出を少なくする
  • 帽子は宗教による。キリスト教であれば、黒のベールかベールのついたトークハットと黒い手袋
  • アクセサリーは一連のネックレス。素材は黒か白の真珠・黒曜石・オニキス。イヤリングも同様のものなら可
  • コートは黒ならなんでも構わない。ただし毛皮は避ける
  • バッグは袱紗などが入る大きさで光沢のない黒いもの。皮の場合はワニ・蛇の爬虫類系はNG
  • 靴は布でも皮でも構わないが爬虫類系の皮はNG。装飾のないシンプルなものでエナメルやヒールの高いものは避ける
  • ハンカチも白か黒で
和装

女性の正礼服の和装は黒喪服が一般的です。
ここでは黒喪服についてご紹介します。

  • 着物は黒無地染め抜き五つ紋付き。黒の羽二重(関東)か一越縮緬(関西)
  • 半襟・長襦袢は白
  • 帯は袋帯か名古屋帯の黒喪帯
  • 帯締めは黒の平打ちか丸くげ
  • 足袋は白
  • 草履は布製の黒または畳表付き。鼻緒は黒
  • 紙飾りや帯留めは不要。アクセサリーはつけない

妻が喪主となるときに和装である白喪服を着る方がいらっしゃいます。
また、地域によっては喪主だけでなく近親者も白喪服を着ることがあります。

準礼服

正礼服に準ずる装いを準礼服と呼び、正礼服の代わりとして着ることができます。

一般的に喪主と近親者はお通夜と三回忌から七回忌まで着ることになっています。
ですが、正喪服の代わりとして葬儀・告別式でも着てもかまいません。

また、準礼服は一般の参列者の方も着用することができ、葬儀に行けないからとお通夜で着る方も多くみられます。

準喪服は喪主から参列者まで幅広く利用できるので、一般的に喪服と呼んでいるものは準喪服を指しています。

男性の準礼服

巷で「略服」と呼ばれているブラックスーツは、実は準礼服であることが多いです。

洋装

洋装の場合、一般的にはディレクターズスーツですが、ブラックスーツも準喪服にあたります。

もし参列者としてディレクターズスーツを着るなら、喪主が格上のモーニングでなくてはいけませんので注意が必要です。

  • 漆黒で光沢のない生地に限る。ディレクターズスーツで衿に光沢があるものはNG
  • ディレクターズスーツならコールズボンは可
  • あとは正喪服と同じ
和装

和装では、正喪服と準喪服では見た目に特別な違いはありません。

ですが、生地の素材や紋の入れ方や数によって格が変わり、三つ紋付きや一つ紋付きは格下になります。

和装はブラックスーツよりは格上になりますので、参列者の場合は注意が必要です。

  • 無地か細い縞地の着物
  • 染め抜きでない五つ紋付きの羽織
  • あとは正喪服と同じ

女性の準礼服

女性の場合の準礼服は、正礼服との区別がほとんどつきませんが、デザインや生地の素材が少し緩くなります。

洋装

女性の準礼服の洋装は、正喪服同様にブラックフォーマルになります。
スカート丈はロングを避けて膝下か膝が隠れるくらいにします。

生地は漆黒にしますが、派手でなければ織り柄のある生地や一部にレースが使われていても構いません。

  • 光沢のない黒のワンピース・アンサンブル・スーツ
  • その他は正喪服と同じ
和装

喪主や近親者の場合は黒喪服ですが、参列者の場合は黒でなくても構いません。

和装の場合に色無地で紋が入れば格が上がりますが、着物も帯もお葬式にふさわしい色合いに限られ喪帯と呼ばれるものを締めます。

  • 黒無地の着物に色喪帯または色無地の着物に黒喪帯
  • あとは正喪服と同じ

略礼服

礼服と名がついていますが、正礼服や準礼服の代わりにはなりません。

「平服でお越しください」と言われたときは略礼服のことを指します。

略礼服はお通夜や突然の弔事での弔問、また三回忌以降の法事に出席するときに着用します。
また、喪主や近親者の場合は七回忌からが略喪服になります。

基本的に略喪服はお葬式では着ませんが、ご近所など地域の葬儀への参列などの場合は略礼服でも構わないとされています。

男性の略礼服

男性の場合の略礼服はビジネススーツで代用できますので、略礼服として用意する方は少ないです。

洋装
  • ブラックスーツまたは地味な色合いのダークスーツ
  • ネクタイは黒でなくてもダークな色合いであればOK
  • シャツは織り柄が入っていても構わない
和装

略礼服の和装は生地による格付けもありますので、略喪服の場合は紬で構いません。
また略礼服の場合、袴は必要ありません。

  • 黒い紋羽織
  • 着物は紺や濃い鼠色など地味な色合いであればOK

女性の略礼服

女性の場合の略礼服も、格式張らないスタイルで構わないことが多いですが、落ち着いた色合いとデザインのものを選び、派手にならないことが大切です。

洋装

女性の略礼服の洋装は黒でも構いませんが、紺やグレーなどの地味な色目で生地に織り柄が入っていても大丈夫です。

  • 黒または地味な色合いのワンピース・アンサンブル・スーツ
  • ブラウスは黒か地味な色合いのもの。白でもOK
和装

女性の略礼服の和装は黒でなくても、グレー・茶・紺・紫・緑などでくすんだ色合いのものが多いです。

  • 無地で一つ紋か三つ紋の付いた半喪服もしくは色無地の長着。小紋でも構わない
  • あとは正喪服と同じ

お葬式での子供や赤ちゃんの礼服は?

子供の喪服は身長80cmから販売もレンタルもされています。

ですが、新生児や乳児の場合は派手でなければ特に礼服にこだわらなくても失礼に当たりません。
普段着の中から落ち着いた色合いのものを選んで着せれば大丈夫です。

子どもの場合は制服があればそれを着用しますが、制服を着て弔事に出かけるのは高校生までにしておきます。

制服がない場合は、白に黒や紺やグレーなど地味な色合いを合わせるなら問題はありません。

男の子ならネクタイ不要でYシャツ、女の子ならブラウスにカーディガンくらいまでにし、それ以上カジュアルにはならないようにします。

靴は派手な色でなければ運動靴でも構いません。

お葬式での男性・女性の服装マナーについて

葬儀

お葬式は何度もあることではないので、案外知らないことも多かったりするのは仕方がないことです。

ですが、お葬式でのマナーは故人に対してもご遺族に対しても失礼のないよう、終活の一つとして確認しておきたいところです。

先に述べたように、光物(ゴールドや光沢のあるシルバーなど)や素材がわかってしまう皮革製品はNGです。

男性の場合

カフスやネクタイピンなどはお洒落としてではなく実用として意味がありますので、絶対にダメというわけではありません。

男性の場合、黒蝶貝やオニキスなど黒いものならOKですが、土台に使われる金属は最小限のものが好ましいです。

艶消しのシルバーなら大丈夫という話もありますが、念のため避けておいたほうが無難です。
真珠は黒か白ならOKですが、やはり土台に多くの金属を使っているならやめておきましょう。

ビジネススーツはNG?

ビジネススーツは着ても大丈夫なのでしょうか?

ビジネススーツはブラックスーツとは別物です。

衿の形状やベントのあるなしだけでなく、生地の質や黒い色の深さや光沢が違いますので、ビジネスとお葬式での兼用はしません。

ですが、地味な色合いのビジネススーツを略喪服として着用することはできます。

スーツはシングル?ダブル?

スーツの上着はシングルがいいのでしょうか?
それともダブルがいいのでしょうか?

上着のシングルとダブルに格の違いはありませんのでどちらでも構いません。

若い人はシングル、年配の方はダブルというイメージがありますが、ブラックスーツは着る機会が少なく何年も着るので、体形が気にならないダブルを選ぶ方が多いようです。

ズボンの裾の折り返し(ダブル)は喪服ではNGですからシングルにします。

ワイシャツは白の無地にしましょう

ワイシャツはブロードの白無地にし、ストライプや模様柄はNGです。

ワイドカラー・レギュラーカラーのどちらでもOKですが、ボタンダウンはNGです。

ベストを着るのはNG?

正喪服や準喪服ではベストを着るのが正装で、黒い生地を表にして着用します。

ブラックスーツや略喪服の場合は、慣例として着用しないことのほうが多いようですがNGではありません

女性の場合

肌の露出はNGですので肘や膝が隠れるようなデザインを選びましょう。
胸元が開いたデザインのものは避けるか黒のチーフなどを巻いて隠します。

女性の場合ストッキングは30デニール以下でうっすらと透ける黒が正装になります。
タイツはカジュアルですので黒でもNGです。

お化粧も地味にしてマニキュアは取り、故人を送るのにふさわしい装いを心がけます。

女性もスーツを着るの?

女性もスーツでも構いませんが、パンツスーツはNGです。

黒だからといっても、リクルートスーツは黒の深さや素材が正・準喪服には向いていませんので、お葬式では着用できません。

アクセサリーは身につけてもいいの?

基本的にはアクセサリーを身に着ける必要はありません。

長い髪はひとまとめにし見苦しくないようにしておき、髪飾りも黒にしてシンプルなデザインのものにします。

お葬式と結婚式は同じ礼服でもいいの?

葬儀

お葬式と結婚式は、同じ礼服でもいいのでしょうか?

男性が着るブラックスーツは、もとからネクタイを変えれば冠婚葬祭のどのシーンでも着られることが売りで作られていますので兼用ができます。

ですが、女性のブラックフォーマルの場合は、お葬式と結婚式では素材やデザインが明らかに違うので兼用はできません。

男性用のブラックスーツのような目的で作られたものがありますが、一般参列者としてなら兼用できます。

以下に男性の場合と女性の場合でまとめておきます。

  • 男性の場合:兼用できます
  • 女性の場合:ブラックフォーマルだと兼用できません

礼服がない場合はどうする?

困った人々

礼服がない場合でも、一般参列者ならお通夜に平服で出かけることができます。
喪主は当然のことですが、近親者も必ず喪に服さなければなりませんからお通夜でも喪服を着用します。

持っていなければすぐに購入しましょう。
購入が難しいようなら喪服のレンタルを利用するか、友人から借りるかしてなんとか用意してください。

礼服は何度も着る機会がないとはいえ、突然のことであわてないように事前に準備しておくのも大切な終活です。

お葬式の礼服についてまとめ

葬儀

お葬式の礼服についてみてきましたがいかがでしたか?

若い時になんとなく必要にせまられて礼服を買ったという方もいて、礼服に対して正しい知識をもたないまま年を重ねることもあるかもしれません。

既にお持ちの礼服が正・準・略のどれに当たるのか、一度確認してみることも終活として大切なことかもしれません。

今回終活ねっとでは、

  • 喪服は礼服の一部であり、礼服同様に正喪服・準喪服・略喪服がある
  • 正喪服や準喪服はビジネススーツで代用することはできない
  • 正喪服は喪主・ご遺族などの近親者がお葬式と一周忌まで着用する
  • 準喪服は親族・参列者がお葬式で着用し、喪主・近親者はお通夜と一周忌で着用する
  • 準喪服は正喪服に準ずるので、喪主・近親者がお葬式で着てもかまわない
  • 略喪服は参列者はお通夜に、また喪主・近親者は七回忌以降に着用し、お葬式では着用しない

ということがわかりました。

お葬式での装いは宗教を問いませんが、お葬式で正礼服や準礼服を着ることはお洒落ではなく礼儀ですから、出席する立場やシーンにあった装いを選ぶようにしたいですね。

今は昔ほど礼儀を大切にしなくなり、都会ほど多くの儀式を簡略化してしまう傾向がみられます。
それに合わせるように装いもいい加減になりつつあります。

知っていて簡略化するのと、知らないで簡略化するのでは意味が違ってきます。
なので、お子様にもちゃんと伝えておきたいことでもあります。

故人を送る気落ちが一番大切にされることです。
なので、送り出す側としてもう一度襟を正してみることも終活として大切ではないでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。

「礼服・お葬式」に関連する記事

「礼服・お葬式」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「礼服・お葬式」についてさらに知りたい方へ

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!のサムネイル画像

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!のサムネイル画像

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!のサムネイル画像

17回忌にはどんな服装をすればいい?女性用と男性用に分けて解説!

今更聞けない。失礼のない、お葬式に適した服装は?のサムネイル画像

今更聞けない。失礼のない、お葬式に適した服装は?

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説のサムネイル画像

法事の服装についてご紹介!基本的なマナーからアクセサリーまで解説

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説のサムネイル画像

7回忌の服装はどうする?男性と女性の服装やアクセサリーも解説

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「礼服・お葬式」についてさらに知りたい方へ

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!のサムネイル画像

礼服と喪服ってなに?間違えやすい服装について解説します!

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説しますのサムネイル画像

葬儀で着るメンズ礼服としての喪服についてわかりやすく解説します

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。のサムネイル画像

お通夜に着る礼服について、ふさわしい服装について解説します。

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!のサムネイル画像

葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!のサムネイル画像

夏に13回忌を行う時の服装は何を着るべき?夏の法事の服装を解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと