お墓の建て替えの費用は?建て替えは御祝なのです。

お墓を新しく建て替えるには、どうしたらいいのでしょうか。 何度もある事ではないのでわからないことばかりのお墓を建て替えには、費用も時期も悩みどころです。 お墓を建て帰るために知っておきたいことをまとめました。

目次

  1. お墓を建て替えたい
  2. 法的な書類は必要?
  3. 建て替えの流れはどんな感じ?
  4. 建て替えまでにしておくべき準備
  5. 費用はどれくらいかかるのか
  6. 工事はいつやればいいの?
  7. お墓を建てることはお祝い事なの?
  8. 建て替えをしない方法はあるの?
  9. お墓の建て替えまとめ

お墓を建て替えたい

お墓

それぞれの家庭によって事情は異なりますが、先祖代々受け継いできたお墓などは墓石の劣化が激しくなり、建て替えることがあります。

しかしお墓の建て替えをする人は初めて、周りにも経験した人がいないという人が多いのではないでしょうか。

そんなみなさんの為にこの記事では

  • お墓を建てる際の基礎知識
  • お墓を建て替えるのに必要な手続き、流れ
  • かかる費用
  • お墓を建て替える際のマナー

について解説します。

終活ねっとではお墓に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事ではお墓の建立~相続までお墓のあらゆる内容についてご紹介しています。
お墓の費用についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

実際に、全国の霊園を探したいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓を建て替えられるのは誰?

お墓を掃除し管理している人物と、お墓の名義人は必ずしも一致するというわけではありませんよね。

そして、お墓を立て直すことができるのはお墓の名義人だけです。
霊園やお寺などお墓が置かれているところに名義人として登録してある名義人のみ、様々な手続きを行うことが出来るのです。

名義人は変更できる?

高齢のためお墓の管理を出来ない、亡くなった、様々な理由で名義人を変更することがあると思います。
お墓の名義人の変更はお墓を管理している墓地や霊園の事務所でできます。

ご先祖様のお墓だからこそ、親戚にも声をかけてから行うとあとあとスムーズにことが運びます。

変更のための書類

名義人を変更するためには、お寺や霊園に書類を提出する必要があります。

  • 墓地使用権承継申請書
  • 永代使用許可書
  • 名義人との続柄を確認するための戸籍謄本など
  • 住民票
  • 実印

霊園やお寺によって必要なものが変わることもありますが、この5つは必要です。

名義変更手続きの費用

名義人が高齢のためや、次のお墓の管理者として手続きをするための費用は、各霊園やお寺などによっても違いますが、平均的に1500円~5000円とされています。

地域や宗教・宗派によっても違いがありますが、名義人を変える手続きだけであれば、それほど高くはなりません。

法的な書類は必要?

もともとそこにあったお墓を新しく建て替える場合には、法的な市役所などへ提出する書類は必要ありません。

遺骨を違う場所に移動させる場合には法的な書類が必要になりますが、建て替えるだけであれば、霊園やお寺などに事前に声をかけるだけですみます。

どんな時に必要?

遠くのお墓を、近くの霊園やお寺などにまとめて供養するために建て替える場合、市役所などへ提出する書類が必要になります。

また、お墓を新しく建てる場合にも法的な書類が必要とされます。

建て替えの流れはどんな感じ?

お墓の建て替えの流れは、業者とお寺と親戚の各方面への連絡が必要になります。
業者側とお寺の基本の流れとしては

  • 見積り
  • 契約
  • 閉眼供養
  • 施行
  • 引き渡し
  • 開眼供養

の順番になります。

ただまずは親戚や関係者への連絡を最優先にしましょう。

墓石の契約はどうするの?

霊園やお寺によっては指定の石屋さんがある事もあります。
指定の石屋さんがない場合は、最低3社で見積もりを取ってから契約をすることをお勧めします。

どの石を墓石として使うのかによっても価格が変わりますが、値段と信頼できるのかも見定めましょう。

石材店の選び方は以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

良い石材店の選び方のポイントを解説!〜墓石購入の際の参考に〜

墓石を購入するとき、購入する先の石材店はどのように選んだら良いのでしょう?自分で石材店を選ぶことで安くお墓を準備することができます。今回は石材店を選ぶ際に知っておきたいポイントを解説しました。お墓を建てるときには是非参考にしてください。

見積もりのポイント

墓石の種類や形・文字の彫り方によっても値段が変わります。
宗教・宗派によってきまった形もあるので、石屋さんに宗教・宗派を事前に伝えておきましょう。

また最近は、新しく建て替えた状態をイメージしやすく3Dで表示してくれるところもあります。

魂抜き(閉眼供養)

お墓

お寺や霊園に事前にお墓の建て替えを伝えて置き、元の墓石を動かす前に行います。

遠い場所のお墓を、近くのお墓にまとめる場合は、閉眼供養を終えた後に遺骨を取り出し、新しく映すお寺や霊園などに相談するとあずかってくれる場合もあります。

建て替え工事

建て替え工事はそれまでの墓石の撤去と、新しい墓石の施工と運搬など様々な工程があります。
短くても1か月、長くても3か月かかります。

開眼供養(魂入れ)

信仰している宗教・宗派の方に伝えて、お墓の建て直しが終わった後に開眼供養をおこなってもらいます。
信仰している宗教・宗派がない場合やわからない場合は、お墓を建て替えた霊園やお寺の方に相談してみましょう。

建て替えまでにしておくべき準備

ここまでお墓の建て替えの流れを見てきましたが、それ以上に建て替えを考えた時に行う準備がとても重要です。
お墓を建て替えてもらう石屋さんも重要ですが、今までお墓を管理していたお寺や霊園への連絡と親族への連絡はそれ以上に重要です。

親族への連絡

代々伝わってきたお墓を建て替えるので親族への連絡がとても重要です。
これからもつきあって行くからこそ、出来る限り穏やかにことを進めたいですよね。

なぜ建て替えたいのか、建て替えるお墓の形(和式か洋式)、どれくらいの時期か、しっかりと説明をします。

お金の補助を願うなら早めに

お墓の建て替えはどれくらいの規模のお墓なのか、墓石のグレードなど様々な条件によっても異なりますが、費用は高いものです。
建て替えが必要であっても、高額になり賄いきれないのであれば、建て替える前に親族で話し合いを持ちましょう。

石材店への連絡

建て替えはめったにない事だからこそ、石材店への連絡の際は気になることはすべて聞きましょう。

お墓の建て替えは高くなると数百万円かかるとされています。
お墓の建て替えはめったにない事でわからないことだらけですし、決して安いものではありませんよね。
だからこそ、心配なことはどんなに小さなことでも全て質問するようにしましょう。

寺院への連絡

信仰している宗教・宗派への連絡は重要です。
遠くのお墓を墓じまいする場合は長くお世話になったことも考慮して、出来るだけ早めに連絡をしましょう。

檀家の場合

霊園に管理してもらっている場合は契約ですが、檀家としてお世話になっている場合は、ただの契約ではなくそれまでの関係があります。
それまでご先祖様を供養してくれていたお寺なので、親戚に相談を始める段階で同時に相談をするのがおすすめです。

お布施

お墓

お布施は各地域によっても平均の金額は異なりますが、安いところでは20000円~50000円と差があります。
お墓を建て替えるだけであれば、閉眼供養と開眼供養の時にお布施をお渡しします。
どうしても迷った場合は、お墓の建て替えの相談をする時に直接伺います。

封筒は水引?

お布施を入れる封筒は、水引が付いたものは使いません。
不幸があったわけではないので、白い封筒に御布施と表書きをしてお渡しします。

郵便番号の枠があるものは避けて、表が真っ白いものを使います。
裏側に名前を書き添えておくと、お寺側もわかりやすいので必要です。

お布施は薄墨で書く

薄墨で書くのは、近しい人がなくなったので墨が涙で薄れてしまいましたという意味があります。
お亡くなりになってから約1年ほどは薄墨を使うのですが、お墓を建て替える場合には、普通の墨で書いて問題ありません。

費用はどれくらいかかるのか

お墓の建て替えは、安く抑えることも出来ますが、高い場合は天井知らずです。

それまでのお墓の墓石を動かすための費用、処分するための費用、建て替えるための墓石代、彫刻代など細かい費用も含めると高くなります。

安くて10万円、高くて100万円です。

墓石代

墓石の代金は墓石に使われる石の種類とグレードによって決められます。
指定の石材店がある場合は、好みの石でどのグレードなのかを選び、指定のない場合は墓石の種類とグレードをした上で見積もり依頼をします。

墓石の価格は50万円~100万円と差があります。

工事代

お墓の建て替えについての工事費は施工をするお墓を見てからでしか価格が出せないこともあり、平均価格を算出するのは難しいです。

ただ、クレーンを使うスペースがあり、地盤がしっかりしているなどの条件がそろっている場合は、低く抑えることが出来ます。

お墓や墓石の費用相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

工事はいつやればいいの?

工事を行う時期に特に決まりはありません。
お墓を建て替える場所にもよりますが、最低1か月~3か月はかかるとされています。
どれくらいの工事期間がかかるのかを石材店に確認してから決めましょう。

避けるべき時期

お墓を建て替える時期にしてはいけない時期というのはありません。
近しい人が亡くなってすぐだから、元気な時に建て替えると亡くなるということはありません。
亡くなった方の棲み家を新しくするという事であり、避けるべき時期はありません。

工事にかかる期間

工事にかかる期間は、お墓を建て替える場所にもよりますが、1か月~3か月かかるとされています。
様々な条件によって工事期間は変わります。

また、地域によってはお墓の区画が大きく設置する墓石のパーツが多い場合などの事情があり、工事期間が変わります。

お墓を建てることはお祝い事なの?

お墓を建てることはお祝い事なのでしょうか。

これはお墓を建てる理由にもよります。

近しい人が亡くなったためにお墓を建てる場合は、悲しい事でありお祝いではありません。

しかし、それまでのお墓を建て替えることや、生前に自分のお墓を建てることはお祝い事になります。

お祝いとして渡すの?

近しい人が亡くなった場合にお墓を建てたり新しく建て替えた場合は、お祝いではなく「御仏前」と不祝儀袋でお渡しします。
しかし、新しく建て替えた場合や、生前に建てた場合は、祝儀袋でお祝いとしてお渡しします。

どんなのし袋を使うの?

お祝い事として、祝儀袋を使います。
水引は赤と白の物が一般的です。

全国的にもお祝い事としてとらえられていますが、特に関西ではほかの地域よりもおめでたい事としてとらえられています。
新しく建て替えた場合であっても、納骨も同時に行われる場合は不祝儀袋を使います。

のし袋には何と書く?

のし袋には「建碑御祝」もしくは「建立祝」と表書きをします。

しかし、もともと建て替えをしていたけれど、出来上がる前に近しい人がなくなった場合などもあります。
その場合は、祝い事よりも亡くなった方のことが優先されるので、注意が必要です。

金額の相場

包む金額は建て替えをされた方との関係性で変わってきます。
家族:3万円~10万円
親戚:2万円~3万円
友人:1万円

が平均的な金額とされています。
不安な時にはお墓がある霊園やお寺、もしくは葬儀場で教えてくれることもあります。

仏事と重なった場合

困った人々

仏事と重なった場合はお祝い事よりも、仏事が優先されます。

建て替えたというお祝いよりも、亡くなった方のことが優先されるのでお祝いとしては渡しません。
仏事として「ご霊前」や「ご仏前」をお渡ししたけれど、お祝い事としてもお渡ししたいという場合は、改めて違う日にお渡しします。

建て替えをしない方法はあるの?

建て替えをするとなると、費用も高額になります。

費用はないけれど、どうしても必要だと感じた場合は、クリーニングという方法もあります。
ただし、墓石の状態によっては、クリーニングよりも建て替えが向いている場合もあります。

クリーニングはどんなことが出来るの?

表面を磨いて、墓石を研磨して新品のような輝きに戻すことが出来ます。

また、通常の洗剤はシミになってしまうのですが、特殊な墓石用の洗剤を使って、長年溜まっていた汚れを取り去るということも出来ます。
細かい場所やいつもはきれいに出来ない場所も細かくきれいにしてくれます。

クリーニングについての詳しい情報は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

最近気になる墓石クリーニング 自分で磨く?頼んでみる?

墓石の汚れが気になりますか?ここでは墓石クリーニングのやり方を紹介します。落としきれない汚れや、なかなかお墓に行けない方は、業者に頼んでみませんか?墓石クリーニングの代行についても紹介します。

少しだけ直したい

お墓

すべてを直さなくても、ひび割れや傾きなど、ほんの少し直したい場合もあります。
大きく入ってしまったひびは新しく建て替える必要がありますが、小さなひびや表面の傷は補修で直す事も出来ます。

墓石がどれくらい古いのか、傷の大きさによって金額が異なるので注意が必要です。

軽い汚れなら掃除をしてきれいにしてみよう

建て替えたり、クリーニングをするのは費用がかかります。
墓石の状態がそこまで悪くないようでしたらご自身でお墓を掃除するのはいかがでしょうか?

以下の記事にお墓の掃除方法やグッズ、掃除手順を記載してますのでぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。

石材店へ相談

霊園などで指定の石材店がある場合は、指定の店で相談します。
指定の石材店がない場合は、信頼できるお店を探して見積もりを取ります。
傷やひびの具合によっては建て替える必要もあるので、3社ほどで見積もりを取ると安心です。

お墓の建て替えまとめ

この記事では

  • お墓の建て替えに必要な書類
  • 建て替えの流れ
  • 建て替えの準備
  • 建て替えの費用
  • 工事の時期
  • クリーニングも選択肢に

などについて解説しました。

お墓を建て替えるのは、めったにない経験だからこそ、わからないことだらけです。
ご先祖様の大切なお骨が眠るところですから、新しく建て替えて気持ちよく過ごしてもらいましょう。

お読みいただき誠にありがとうございました。

終活ねっとがみなさまのお役に少しでもたてたなら嬉しいです。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・建て替え」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・建て替え」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!のサムネイル画像

失敗しないお墓選びのポイントは?墓石の選び方などもご紹介!

お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えしますのサムネイル画像

お墓ができるまでの工程と必要な期間についてお教えします

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめましたのサムネイル画像

お墓の値段が高いと感じた時に確認すべきポイントをまとめました

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!のサムネイル画像

お墓作りのポイントは?お墓の作りって?お墓にまつわる知識を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・建て替え」についてさらに知りたい方へ

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!のサムネイル画像

お墓を買うには?購入にかかる費用や手順、注意点について解説!

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説しますのサムネイル画像

お墓を建てる際にかかる費用はいくら?費用の相場や内訳を解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと