お墓を持たないことってできるの?お墓なしの供養の方法も解説!

お墓の継承者がいない、子供に迷惑をかけたくないなどの理由から、お墓を持たない選択をする人が増えています。お墓を持たないことは可能でしょうか。今回はお墓を持たない選択に至る背景と、お墓を持たない場合の供養方法について詳しく解説していきます。

目次

  1. お墓を持たない人が増えている?
  2. なぜお墓を持たないのか
  3. お墓を持たないときの供養
  4. 冷静な判断を
  5. お墓を持たないことについて まとめ

お墓を持たない人が増えている?

お墓

長らくの間、日本では亡くなった後はお墓に埋葬され、供養されるのが、ごく一般的とされてきました。
しかし、少子化や核家族化が進んだ現在、「お墓を持たない」という選択肢について考える人も少なくないのではないでしょうか。

お墓は持たなくてはいけないものという固定観念にとらわれていると、視野が狭くなってしまうかもしれません。

今回は、「お墓を持たない」という考え方についてリサーチしていきます。

この記事を読むと

  • お墓を持たないという選択をとる理由
  • お墓を持たない場合の供養方法
  • お墓を持たないという判断をする際に注意すべき点

などについてわかるようになります。

お墓を持ちたくない理由からお墓を持たずに故人を供養する方法まで、いざという時に慌てないような役立つ知識を記載していますので、ぜひ最後までご覧ください。

なぜお墓を持たないのか

お墓

「お墓を持たない」「お墓はいらない」と考える人は急速に増えています。
人によって細かな事情は異なりますが、その理由は、おおまかに次の4つが考えられます。

お墓の承継者の不在

日本の場合、かねてからその家の長男がお墓を継ぐ習慣があり、現在もほとんどの場合で長男あるいは長女がお墓の承継者となります。

しかし、少子化と核家族化によって、継承者となる子供がいないケースが増えています。
近い血縁者の中でお墓を継げる人がいればいいですが、血縁者自体が少ない、またはいない場合は、お墓の継承者が不在ということになってしまいます。
例えば子供のいない老夫婦の場合、後に残された方が亡くなるとお墓を継ぐ人がいなくなってしまいます。

費用が高額

2点目の理由は、お墓の費用負担が重いことです。
墓石代のみの平均費用で約135万円というデータもあります。
お墓を建てる費用だけでなく、工事費や、寺院・霊園などの墓地管理者に支払う管理費もあります。

お墓を建てるのにかかる費用については以下の記事に、より詳しく書いていますので気になった方はぜひこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

一度あるかないかのお墓づくり、その手順や費用の相場は?

一生のうちでそうそうあるものではないお墓づくり、それだけにしっかりした知識を持って後悔しないようにしたいものです。初めてのお墓づくりのために、お墓の基礎知識、お墓づくりの手順やその費用の相場、更には費用の相続対策にも触れてみました。

必要性を感じない

お墓への遺骨の埋葬と供養は法律で定められたものではなく、ただの慣習上のしきたりです。

火葬をしてから遺骨を自宅で管理することも法律上問題はありません。
従って、お墓を建てることに合理的な理由を見いだせず、お墓の必要性を感じないと考える人が増えてきています。

子供に迷惑をかけたくない

お墓

仮にお墓を継ぐ立場の子供がいる場合でも、お墓の維持や管理で子供に迷惑をかけたくないと考える人が増えています。
現在は、少子高齢化や核家族化、非婚化が進んでいます。

お墓がある場所から遠方に子供が住み、生活の拠点を置いている場合、お墓参りやお墓の管理は困難なものになります。
お墓を持たない理由として、継承する立場の子供に迷惑がかかるからという点があります。

お墓を持たないときの供養

お墓

法律上は遺骨を自宅で保管できると言うものの、先祖代々の御霊とともに亡くなった方の御霊を供養したいというのは、ごく自然な気持ちです。
墓石を建てるお墓を持たない場合でも、供養する方法はいくつもあります。

お墓を持たない供養方法

お墓を持たない場合の供養方法は、近年その種類を増やしています。
ここでは、具体的な例をいくつか見ていきましょう。

永代供養

お墓の継承者がいない場合でも、寺院あるいは霊園が管理と供養をしてくれるお墓です。
契約時に料金を支払うと、その後の管理費やお布施はかからないことがほとんどです。

永代供養墓では、初めから合祀墓に遺骨を埋葬する場合と、例えば33回忌というふうに期間を区切り、個別のお墓から合祀墓に遺骨を移す場合があります。
納骨後は、お彼岸、お盆、命日などに寺院あるいは霊園が供養をしてくれます。

永代供養墓のニーズは急速に増えていて、都市を中心に、従来の墓地の方式だけでなく室内納骨堂の形でのお墓も増加中です。
永代供養の費用は納骨の方式や寺院・霊園の設備などによって大きく変わってきます。
10万円から150万円が目安となります。

永代供養についてもっと詳しく知りたい人は以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!

最近よく耳にする「永代供養」とは何でしょう?終活を考える上で避けて通れないのはお墓のことです。けれども、お墓を購入するのも維持するのにもお金がかかるし、大変ですよね。そこで行き着くのが永代供養です。今回は永代供養とはどんなものなのかを説明します。

散骨

散骨の代表的なものに、砕いた遺骨を海にまく海洋散骨があります。
現在のところ、散骨をするにあたっての公的機関への届けなどは必要ありません。
しかし、海洋散骨の場合でも、散骨できる場所は限られています。

また、遺骨は直径2㎜以下の粒状に粉砕するのが決まりです。
粉骨を行わなかった場合、死体遺棄罪になる場合があるので注意が必要です。

専門の業者に依頼すると、遺骨を粉砕し粒状にしてもらえて、チャーターした船から散骨ができます。
内容により費用に幅がありますが、おおまかな相場としては、散骨の代行を依頼する場合で約5万円、乗船して遺族が散骨する場合で約20万円が目安です。

樹木葬

木や草の下に遺骨を埋葬する樹木葬は、お墓を持たない選択肢の中でも、特に自然に還るイメージを持ちやすい埋葬法です。
樹木葬では、樹木が墓標の代わりとなります。
樹木葬をした後は、墓地の管理者によって永代供養されます。

樹木葬の費用相場は約10万円から80万円と幅があります。
一人の遺骨につき一本の樹を植栽する場合のほうが、当然一本の樹の下に複数名の遺骨を埋葬する場合に比べて費用は高額となります。

自宅供養

従来では寺院や霊園の墓地に埋葬する遺骨を、文字通り自宅に保管して供養する方法です。
生前と同様にいつでも故人と一緒にいられる、遠方のお墓に出かけなくても自宅で供養ができるという長所があります。

遺骨の保管は、専用の骨壺に納めたり、ペンダントなどのアクセサリーに加工するなどの方法があります。
費用はアクセサリーへの加工の場合で約3万円からです。
なお、自宅供養と同じ意味で、手元供養という言葉もあります。

葬儀を行わない

お墓を持たないだけでなく、葬儀を行わない方法もあります。
この場合、ごく近親者だけが集まり火葬のみを行ない、従来通りの葬儀は行ないません。
この方法は直葬(ちょくそう)と呼ばれることもあります。

冷静な判断を

人々

お墓に限らない供養の方法が増えてはいるものの、お墓を持たない選択はやはり重要な決断です。
冷静な判断ができるように、こんな工夫はいかがですか。

遺族間の相談が大切

少子高齢化や核家族化により、現代の家では親族の顔ぶれが減っていることもよく聞きます。
しかし、顔ぶれが減っているということは裏を返せば遺族の一人ひとりの重要性が上がっているということでもあり、遺族間の相談を欠かすことはできません。

後から知って考えが違ったなどと揉めてしまうことのないように、親族間での相談と意思の疎通はしっかりと行いましょう。

エンディングノートの準備

人々

万一の場合に残された家族が判断できるように、エンディングノートを作成しておくのもおすすめです。
エンディングノートに書いておくことで、お墓を持たないという意思を明確にすることができます。

ただし、エンディングノートには遺言書のような法的効力は持っていません。
その点だけ気をつけましょう。

お墓を持たないことについて まとめ

人々

ここまで、お墓を持たないという考え方とその場合の供養方法についてご案内してきました。

ざっとこの記事の内容をもう一度振り返ってみましょう。

  • お墓を建てない理由は、承継者がいない・費用が高い・必要性を感じない・子供に迷惑をかけたくないなど様々である
  • お墓をたてなくても、永代供養や自宅供養などで供養をすることは可能である。
  • お墓を建てない場合は、家族や親族としっかりコミュニケーションをとっておくことが重要である

お墓を持たない供養法を選択する場合、メリットとデメリットの両方から判断する必要があります。
経済面だけでなく、継承の負担やお墓の維持管理の負担など、総合的な判断が欠かせないと言えるでしょう。
遺族間での相談やエンディングノートなども活用しながら、お墓を持たないことについて、後悔のない判断をしたいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・持たない」に関連する記事

  • 『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

    『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

    少子化や非婚化が進む流れの中、維持や管理に負担がかかるお墓はいらないと考える方が急速に増えています。そこで今回は、お墓を作らない場合の供養の仕方や墓じまいの方法について解説します。お墓はいるのか?いらないのか?の決定に役立つ、知っておきたい知識です。

  • もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

    もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

    先祖代々のお墓を守ったり、お墓を建ててそのお墓にご遺骨を納骨するという供養方法ではなく、最近では新しいスタイルの供養方法を選ぶ人が増えてきています。ここではお墓の新しいスタイルについて紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

  • お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

    お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

    今、お墓をめぐる様々な問題があふれています。継承者のいないお墓が増加する一方、お墓を持たないことを選ぶ人も少なくありません。少子高齢化や未婚率の上昇、経済の低迷など、目まぐるしい社会の変化と共に表面化してきたお墓が抱える問題についてご紹介します。

  • 近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

    近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

    お墓に対する考え方は日々変化しています。少子高齢化や核家族化など、その理由は様々です。近年のお墓事情はどのようになっているのでしょうか?昔と変わったことや海外のお墓事情まで、お墓についてを詳しく解説していきます。

  • お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

    お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

    お墓を持たないということについて考えたことはありますか?お墓の後継者がいなかったりしてお墓を必要なしとする人が増えているそうです。お墓を持たないといってもどうすればいいのか分かりませんよね。そんなお墓を持たないことについて今回は調査してみました。

  • お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

    お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

    お墓を作らないのは一般的ではないと思われている方も多くいらっしゃいます。しかし実は今、お墓を作らない人たちが増えています。これは現代の様々な問題によってお墓のあり方自体が変わってきていることを表しています。この記事では現代のお墓の在り方について見ていきます。

  • お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

    お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

    最近では、お墓そのものを不要と考える方が急激に増えてきています。はたしてお墓を持たないというのはいったいどのようなものなのでしょうか?今回はお墓を不要と考えることがどういうことであるかについてや、お墓無しでの供養の方法について見ていきましょう。

  • お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介のサムネイル画像

    お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介

    子供に迷惑をかけたくない、後継者がいないなど様々な理由により、お墓をいらないと考える人が増えてきてる今、従来のお墓やお葬式といった制度にとらわれない自由な供養の形に注目が集まっています。お墓がいらないと思った時、どのような選択肢があるのかご紹介します。

  • お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

    お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

    一生に一度の大きな買い物といってもよいお墓。お墓を建てるにはかなりの費用がかかります。しかし、そもそもお墓を建てないという選択肢はありなのでしょうか?今回はお墓を建てない供養について、様々な方法をご紹介していきます。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・持たない」についてさらに知りたい方へ

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方のサムネイル画像

お墓を作らない?変化しつつあるお墓のあり方

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!のサムネイル画像

お墓は不要と考える人急増中?お墓なしでの供養方法をご紹介します!

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介のサムネイル画像

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?のサムネイル画像

お墓を建てないことってできるの?建てない場合の供養方法は?

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・持たない」についてさらに知りたい方へ

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!のサムネイル画像

『お墓はいらない』という方が知っておきたいこと!新しい供養の形!

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?のサムネイル画像

もうお墓は必要ない?故人を供養する新しいスタイルとは?

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。のサムネイル画像

お墓を取り巻く【継承者問題】と解決策を紹介します。

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!のサムネイル画像

近年のお墓事情はどうなっているの?最新情報をお伝えします!

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと