お墓に入れる人数に制限はあるのか。お墓がいっぱいになった時の対処

先祖代々のお墓も納骨が続けば余裕はなくなり意外と早くいっぱいになります。 いざ納骨のときになってお墓に入れないとなったら大変ですね。 先々お墓への納骨に困らないよう、お墓に納骨できる人数に制限があるか、入る人数を増やしたいたときの対処の仕方などについて解説します。

目次

  1. お墓に入れる人数について
  2. お墓の入れる人数に法律や規定はない
  3. お墓(納骨棺)の大きさと形状
  4. お墓により多くの人数を入れるには
  5. お墓への納骨方法
  6. お墓の骨壺の大きさ
  7. お墓に入れる人数についてまとめ

お墓に入れる人数について

お墓

先祖代々のお墓があるのでいずれはそこに入れるだろうと思っている方も多いと思いますが、お墓によってはお骨を納めるスペースにあまり余裕がない場合もあります。
普通のお墓ですと3~4体から5~6体は入るものが多いのですが、先祖代々のお墓ですから骨壺に入れたまま納骨を続ければ、お墓は意外と早くいっぱいになるものなのです。

納骨するときになったときに、本当にお墓に入ることができるのかという心配もあるのです。
そこで、今回終活ねっとでは

  • お墓に入れる人数について法律や条例規則などの制限はないのか。
  • お墓の(納骨棺)は、どのくらいの大きさでどんな形のものがあるのか。
  • お墓に入れる遺骨の数を増やせるとしたら、どんな方法があるのか。
  • お墓での納骨は、どのようにして行われるのか。
  • お墓に納める骨壺の大きさは、どのくらいなのか。

など、いざというときにお墓への納骨に困らないように、お墓の大きさや納骨できる人数、お墓に余裕がないときの対応の仕方、などお墓に入れる人数について解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

お墓を建てるにあたって、霊園を探したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓の入れる人数に法律や規定はない

お墓

お墓に入れる人数に制限はあるのか、気になる人は多いと思います。

お墓の設置や経営については墓地埋葬法がありますが、お墓に入れる人数については、お墓の大きさによる物理的な限度はあるでしょうが、法律的な問題や制限は何もないのです。
また、先祖代々のお墓であっても、何代まで祀らなければならないというような決まりや一般的な慣習も特にありません。

寺院墓地によっては、墓地での埋葬は永代使用権のある檀家にしか認めないところもありますが、お墓に納骨できる人数についてはお墓の大きさや納骨方法による違いがあるだけです。
ですから代々のお墓に納骨を続けるかどうかは、物理的に不可能でない限り、あくまでもその時々のご家族の方の意向によるものと言えます。

お墓(納骨棺)の大きさと形状

お墓

お墓に入れる人数は、お墓の大きさによって当然異なります。
実際にご遺骨を納めるところはお墓の墓石の下部にある納骨棺ですので、そのお墓の大きさや形状が納骨できる人数に影響します。

納骨棺とは

ご遺骨を納める納骨棺のことをカロートと言いますが、棺を意味する唐櫃(カラウド)が語源のようです。
納骨棺は普通は墓石の下の土の中にあり、上を石板で蓋をしています。
納骨棺の上部に墓石があり、墓誌と言われる法名や戒名を刻んだ墓標などが設置されているのが一般的なお墓です。

墓地によっては、納骨棺が墓地経営者により最初から設置されていることもありますが、普通は永代使用権を取得した人が納骨棺を含めたお墓の建設を石材店に依頼します。
ただ墓地によっては、納骨棺の形や大きさの決まりがある墓地もありますので注意が必要です。

納骨棺は、通常は地下に設置されますが、最近は墓地が狭くなってきているなどの事情から地上に設置する場合も増えています。 
また、ご遺骨の納め方も骨壷をそのまま納骨棺に納める場合と、骨壷からご遺骨を出して納骨棺の土の上に撒く場合があります。

一般的な納骨棺の大きさ

先祖代々の古いお墓の場合は納骨棺がないこともありますが、その場合でも大きさは1立方メートルくらいで5~6体分のご遺骨が納められます。

納骨棺は1段が奥行き3尺×幅2尺×深さ1尺が一般的な基準です。
埋葬されるのが1名だけか夫婦だけの場合には、個人墓・夫婦墓として一段構造のものが使用されますが、代々引き継ぐ家族墓の場合は納骨棺が2段あるいは3段になっているものもあります。

従来は一般的なお墓では2段式の納骨棺が多かったのですが、最近は1段式のものが増えてきているようです。
骨壺の大きさや入れ方にもよりますが1段に骨壷は4個~6個くらい入りますので、通常の大きさの納骨棺でも上下や前後などをうまく使えば10個くらいの骨壷を入れることができます。

納骨棺はお墓の最も大切なところですから納骨を予定している人数や納骨の仕方などをよく考えて納骨棺の大きさを選ぶ必要がありますね。

納骨棺の底が土のタイプ

火葬場から骨壺に入れて運んできたご遺骨は納骨棺にどのように納めたらよいのでしょうか。

ご遺骨の納め方は地域や寺院などの慣習の違いもがありますが、大別すると、骨壺のまま納める方法、骨壺から出して布などにくるんで土の上に置く方法、ご遺骨を直接土の上に置いたり撒いたりする方法などがあります。

納骨棺の底は普段あまり目にすることはありませんが、ご遺骨の納め方は納骨棺の底の作りとも関連しているのです。
納骨棺の底がコンクリートで打ち固められている場合には、ご遺骨を骨壺に入れたまま納骨するのが一般的でしょう。
骨壺に入れたままであれば仮に将来お墓の移転などをする場合でも遺骨が散逸する恐れがないという利点があります。

一方、ご遺骨を早く自然に還して上げたいと思う方も最近増えているようですが、その場合は骨壺からご遺骨を出して土の上に置いたり撒いたりすることが多いと思いますので、納骨棺の底は土にしておくのがよいでしょう。
また、納骨棺の底が土であれば、当面骨壺のまま納めておき、後は自然に任せるか、後々手狭になったときや一定の年忌法要を済ませてから土に還すこともできます。

納骨棺の底がコンクリートの場合も手狭になったら底を壊して古い遺骨を土に還すことで余裕を作ることができますが、結構大変な作業になりますのでそのような場合に備えあらかじめ底の一部を土にしておいたほうが良いかもしれませんね。

納骨棺をどのように作るかは、慣習も大切ですが故人の生前の希望やご遺族の方の思いを大切にしながら先々のことも考えて決めるようにしたいものです。

納骨棺が地上にあるタイプ

最近は納骨棺を地上につくるタイプが増えてきています。
特に都市部では、お墓の立地が困難になっており、狭い面積の所にお墓を建てなければならない場合が増え、納骨棺を地上に設置する例が増えています。

また、墓地が狭い場合だけでなく、地下水や排水の心配がある場合にも地上タイプがよいでしょう。
地上に納骨棺がある場合は、ご遺骨もかなり多く納められますので、家族墓としての使用が多くなっています。

お骨は地下に埋葬するものと思っている方には違和感があるかもしれませんが、納骨もしやすくお参りにも便利で排水などの問題もないというメリットがあります。

お墓により多くの人数を入れるには

お墓

お墓のご遺骨が増え、納骨棺が骨壺でいっぱいになったらどうしたらよいのでしょうか。
その場合は

  • お墓(納骨棺)のリフォーム
  • 納骨方法の見直し
  • 古い遺骨をどかす

などの方法があります。
ここでは、お墓により多くの人数を入れる方法について解説していきます。

お墓(納骨棺)のリフォーム

現在のお墓がある場所に余裕があれば拡張するなど納骨棺のリフォームをすることが考えられます。
しかし、納骨棺の面積的に無理なら既存の納骨棺には手を加えず、既存の納骨棺の上方に地上型の納骨棺を増設する方法もあります。

それも難しそうな場合には先祖代々のお墓は残しておき、新しいお墓を建てることも考えざるを得ないかもしれません。
ただ高額の負担を伴いますので、先々のことをよく考えて検討すべきでしょう。

納骨方法の見直し

お墓のリフォームの前に、まず納骨方法を見直すことで対応可能な場合が多いでしょう。
その方法としては、次の方法が考えらます。

  • 古いご遺骨をまとめる。
  • ご遺骨を粉骨する。
  • ご遺骨を土に還す。

ご遺骨をずっと骨壺に入れたままだと納骨棺に入れられる骨壺の数はどうしても限度がありますが、古いご遺骨をまとめて1つの骨壺に納めれば余裕を作ることができます。
その場合お骨を粉骨にすればさらにより多くの遺骨を納めることができます。

また、納骨棺にもよりますが底が土になっていれば、古いお骨を骨壷から出して土の上に撒くこともできます。
そうすれば、お骨をお墓に残したままご遺骨を土に還すことができ、しかも骨壷が減った分の余裕ができます。
ただ底がコンクリートや石で覆われている場合は、お骨を土に還すことはできません。

そして、ご遺骨を粉骨するという手段もあります。
お骨を砕くことを躊躇する人もいるかもしれませんが、一般的に行われることですので心配することはありません。
粉骨した後、複数のご遺骨を1つの骨壷にまとめれば、お墓の中に新たなご遺骨を納めるスペースを作ることができます。

複数の人のご遺骨を1つにまとめることには抵抗があり迷う場合や、別途お墓を作ることを検討する可能性がある場合などは、無理にお骨をまとめずに当面は粉骨して小さめの骨壺に移してスペースを確保するのも選択肢としてよい方法でしょう。

ご遺骨を一度まとめてしまえば元には戻せませんのんで、家族でよく話し合って納得できる方法に決めたほうがよいのです。

古いご遺骨をどかす

納骨方法を見直しお墓の土に還すなどすれば大抵の場合は骨壺を入れるスペースを何とか確保できると思います。
しかし、それでも納骨棺がいっぱいなら、古いご遺骨を別の場所に移すことも考えられます。
一般に三十三回忌あるいは五十回忌を迎えたら弔い上げといってその後は年忌法要を行わない習慣があります。

ですから、お墓がいっぱいにりどうしても新しいご遺骨を入れられないときは、墓地の管理者とも相談して、弔い上げがすんだ古いご遺骨を墓地の中の共同墓地などに移すことも考えられます。
古い骨壷は自治体の決まりに従って処分することになりますが、これも墓地の管理者に相談し意見を聞いてみるとよいでしょう。

お墓への納骨方法

お墓

それでは、お墓への納骨はどのように行うのか、具体的な方法について見てみましょう。

納骨の際は、ご遺骨が入った骨壺をそのままお墓に納骨する方法と、ご遺骨を骨壺から出してお墓の土に還す方法があります。

骨壺の形や大きさも納骨の仕方に影響しますので、まず骨壺について説明しましょう。

骨壺とは

骨壷は、言うまでもなく火葬したご遺骨を納める壷です。
また、骨壺の大きさや形は、地方によって大きく異なります。

骨壺の素材は普通は陶磁器が多く使われますが、大理石などの素材もあります。
白の円柱型が一般的ですが、最近は模様入や色つきのものなども出てきています。

ご遺骨が残る:骨壺のまま納骨

多くの地域では、ご遺骨を骨壷に入れたままお墓に埋葬します。
この方式であればそれぞれのご遺骨が誰のものか分かりますので、ご遺族の方の感情に沿うものと言えるかもしれません。

このような形で納骨する場合は納骨棺の底はコンクリートや石で作りますが、お墓がいっぱいになったときに古いご遺骨を底に撒けるようにと、納骨棺の底の一部が土になっている骨壷もあります

ご遺骨を土に還す方法で納骨

わが国では近年まで土葬であったこともあり、その名残りもあり、骨壷は火葬場からお墓までの間に使用するだけで、お墓ではご遺骨を土に還すのが慣習になっている地方もあります。
ただ、最近の霊園や公営墓地では骨壷のままの納骨しか認めない所も多いので確認が必要です。

お墓の骨壺の大きさ

お墓

骨壺の大きさは地域によって違いがありますので、どのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、お墓の骨壷の大きさについて紹介します。

一般的な骨壺の大きさ

骨壺の大きさは骨壺の直径の寸単位であらわします(1寸は約3cm)。

かっては6寸(直径約18cm)の骨壺が多く使われていましたが、最近では一般的な骨壷の大きさは7寸 (直径約21.7cm、高さ約25.5cm)のものを使う場合が多くなっています。

その上の8寸 (約25cm)と大きく立派な作りのものもありますが、古いお墓はそれほど大きな骨壺を入れることを想定していませんので、骨壺を選ぶ際は納骨棺に入るかどうか注意が必要です。

東西によって違う?

使う骨壺の大きさはご遺骨の量によって違いが出てきます。

東京など東日本では「総収骨」といって遺体のすべてのお骨を納めますが、西日本では頭・喉仏・胸・腕・腰・足などの体の主な部分のお骨だけを納める部分収骨ですので、お骨の量がかなり少なくなり骨壺も3寸~5寸の小さな壺で十分間に合います。
このように、骨壷の大きさは東西によって異なります

お墓に入れる人数についてまとめ

お墓

今回終活ねっとでは、お墓に納骨できる人数に制限があるか、お墓・納骨棺の大きさと納骨できる人数、人数を増やしたいたときの対処の仕方など、お墓に入れる人数について解説してきました。

この記事では以下のようなことが分かりましたね。

  • お墓に入れる人数については、墓の大きさによる物理的な違いはあるが、法律的な問題や制限はない。
  • お墓の遺骨を納める納骨棺は、地域などにより大きさのに違いがあるが、通常の大きさの納骨棺なら4体~10体くらいの骨壷を入れられる。
  • 納骨棺には底が土のタイプや、納骨棺が地上にあるタイプがある。
  • 納骨棺が骨壺でいっぱいになったときにお墓に入る遺骨の数を増やす方法としては、お墓の改修、古いお骨をまとめる・粉骨にする・土に還すなどの納骨方法の見直し、古い遺骨を移すなどの方法がある。
  • 納骨は、遺骨が入った骨壺をそのままお墓に納骨する方法と、遺骨を骨壺から出してお墓の土に還す方法がある。
  • 骨壺の大きさは地域によって違いがあり、東日本では一般的に7寸を使い、西日本では部分納骨で骨壺も3寸~5寸と小さいものを使うことが多い。

納骨棺にもいろいろなタイプがありますが、工夫することによりお墓に入れる人数は増やせるのです。
あらかじめよく調べておけば無駄な出費は抑えられます。
お墓に入れる人数についてお悩みの方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

今回終活ねっとでは、「お墓に入れる人数」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・人数」に関連する記事

「お墓・人数」についてさらに知りたい方へ

  • お墓の下の構造について解説!カロートって何?のサムネイル画像

    お墓の下の構造について解説!カロートって何?

    お墓といえば、石碑を思い浮かべる人がほとんどではないでしょうか。お墓の下には遺骨を納骨するためのカロートがあるということを知っている人は実は少ないのです。そこで今回は、お墓の下にあるカロートについてまとめてみました。

  • お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

    お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

    お墓や遺骨に関する疑問は、家族間の大きな問題でもあります。今回は納骨や遺骨の移動など、お墓の遺骨に関する問題について幅広く解説していきます。ぜひこれを読んでお墓と遺骨の問題について、詳しい知識を身に着けてくださいね。

  • 火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!のサムネイル画像

    火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!

    身内の方が亡くなった際に葬儀が行われると、最終的にご遺体は火葬されます。その後はお骨のお墓への納骨ということになりますが、それまでの詳しい流れについてわからないという方もいるのではないでしょうか。今回はお骨のお墓への納骨の流れや、改葬の方法などを見ていきます。

  • お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

    お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

    先祖代々続くお墓。いったいあと何人入れるんだろう?お墓に入れる人数について考えたことはありませんか?もしいっぱいになった場合、どうしたらよいのでしょうか?今回は、お墓に何人入れるのかを含め様々な疑問について解説していきます。

  • お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

    お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

    カロートとはお墓の半地下や地下の部分にある遺骨を納骨する部分です。この記事ではカロートの費用や開け方から、カロートで起こる様々な問題と解決方法についてご説明します。お墓の中でも遺骨を安置するという重要な役目をもったカロートについて一緒に学んでいきましょう。

  • お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?のサムネイル画像

    お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?

    ご遺骨はお墓のどの場所に納骨するかご存知ですか?納骨の時期はいつで、どういう手順で行うものなのでしょうか。納骨式のお布施の相場は?お墓の中でも一番大切な場所カロートの構造をはじめ、納骨に関するさまざまな疑問にお答えします。

  • お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?のサムネイル画像

    お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?

    みなさんはお墓の中というのがどうなっているのか気になったことはありませんか?どのくらいの広さで、かつどういう構造になるのかというのを知っている方はあまり多いとは言えないでしょう。今回はお墓の中についていろいろ書くとともに、緊急時の対策についても見ていきます。

  • お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?のサムネイル画像

    お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?

    お墓の内部の構造はどうなっているのでしょうか?入る遺骨の数に限りはあるのでしょうか?今回はお墓の内部はどのようになっているのかについて詳しくご紹介していきます。普段見ることのできないお墓の内部について、いざという時のためによく知っておきましょう。

  • 納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法などのサムネイル画像

    納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法など

    故人の遺骨を納める場所といえばお墓のカロートや納骨堂をイメージする方が多いです。ただ、納骨堂で納骨する場合、骨壷を選ぶのも苦労する方も少なくないでしょう。今回は納骨堂と骨壷にまつわるよくある疑問についていろいろと見ていきたいと思います。

  • 納骨にかかる費用の相場・内訳を一発で理解!詳細に解説しますのサムネイル画像

    納骨にかかる費用の相場・内訳を一発で理解!詳細に解説します

    お墓に納骨をするためには意外に費用が必要になります。ここでは一般的なお墓への納骨の際に必要となる費用やその相場、永代供養での相場について紹介します。相場や納骨方法を確認して事前準備の役に立ててください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「お墓・人数」についてさらに知りたい方へ

お墓の下の構造について解説!カロートって何?のサムネイル画像

お墓の下の構造について解説!カロートって何?

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!のサムネイル画像

火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?のサムネイル画像

お墓のどの場所に納骨すればいいの?カロートって何?

お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?のサムネイル画像

お墓の中でトラブル発生!満杯・水浸しになった時の対象方法とは?

お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?のサムネイル画像

お墓の内部の構造を紹介!カロートに入る骨壷の数は?

納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法などのサムネイル画像

納骨堂に納める骨壷についての疑問。サイズや遺骨をまとめる方法など

納骨にかかる費用の相場・内訳を一発で理解!詳細に解説しますのサムネイル画像

納骨にかかる費用の相場・内訳を一発で理解!詳細に解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・人数」についてさらに知りたい方へ

お墓の下の構造について解説!カロートって何?のサムネイル画像

お墓の下の構造について解説!カロートって何?

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!のサムネイル画像

火葬後お骨はどうすればいい?納骨や改葬等お墓とお骨について解説!

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!のサムネイル画像

お墓って何人まで入れるの?気になる疑問を徹底解説!

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと