永代供養の後のお墓参りってどうすれば良い?【持ち物の準備編】

核家族や独身世帯の増加に伴い、永代供養の利用が増えています。合同葬、合祀墓などと呼ばれ、他の人と同じお墓や納骨堂に安置される永代供養ですが、お墓参りの際の準備や持ち物はどうすれば良いのでしょうか。この記事では、永代供養後のお墓参りと持ち物についてご紹介します。

目次

  1. 永代供養のお墓参りの持ち物について
  2. 永代供養のお墓参りって、何が違うの?
  3. 通常のお墓参り(屋外家族・個人墓)の場合
  4. 永代供養の場合
  5. お寺・霊園(屋外)の永代供養
  6. 霊園・納骨堂(屋内)での永代供養
  7. 永代供養墓のお供え物のおすすめは
  8. 永代供養の墓参り:準備・持ち物についてまとめ

永代供養のお墓参りの持ち物について

お墓

少子高齢化が問題となりつつありますね。
そのため、お墓を継ぐ子孫がいない方や独身の方など、ご先祖の供養を家族に代わってお寺にお願いするという人が増えてきています。

利用する人が増えつつある永代供養ですが、実際はどんな風にお墓の管理をしてくれるのかを知らないという人も多いのではないでしょうか。

実は、お墓参りの方法も、一般のお墓とは少々異なる点があるのです。
そこでこの記事では、永代供養のお墓参りでの持ち物について、特徴やその方法をご紹介します。

  • 永代供養と一般墓のお墓参りはどんな違いがあるの?
  • 特徴別・永代供養のお墓参りには何を準備すべき?
  • お供え物はどんなものが適しているの?

これらの疑問について説明していきます。
永代供養墓とひとことに言っても、実に様々な種類があるのが現状です。
それぞれのお墓の特徴を見ながら、準備するべきものや持ち物をご紹介していきます。
ぜひ、最後までご覧ください。

永代供養のお墓参りって、何が違うの?

お墓

そもそも、永代供養と一般のお墓ではお墓参りにどんな違いがあるのでしょうか?
永代供養は、お寺が責任をもって供養と管理をしてくれるという点で、普通のお墓と異なります。

家族や親族など、お墓参りをする人がいなくても、お寺で継続的に供養と管理をしてくれるため安心ですね。

お寺によっても違いはありますが、お盆やお彼岸の時期に合同供養を行ったり、毎月もしくは年に一回の供養を行ったりしています。

毎年の祥月命日や回忌供養に対応しているお寺もあります。

通常のお墓参り(屋外家族・個人墓)の場合

お墓

まずは、一般墓の通常のお墓参りの方法について見ていきましょう。
毎年お墓参りをしていても、見落としがちなマナーやルールもあります。
特別な作法はないとは言え、基本的な作法や心得は覚えておきたいものですね。
お墓参りの手順についてもご紹介していきます。

お墓を綺麗に掃除

まずはお墓の敷地内の掃除から始めましょう。
枯葉や線香の燃え残りなど、落ちているゴミを拾います。
雑草が生えている場合はむしってしまいましょう。
樹木を敷地内に植えているお墓もあるかもしれません。
その場合は、墓石が覆われてしまわないよう枝葉を切る必要があります。
剪定ばさみを持参すると良いですね。

次に墓石の掃除です。
墓石というのは意外にデリケートにできており、家庭用の洗剤を使用するとシミの原因にもなってしまいます。
そのため、墓石を洗うときには水を使いましょう。
また、スポンジや布を持参すれば汚れを落とすこともできます。
タワシは使っても大丈夫ですが、金タワシは墓石を痛める原因になりますので注意しましょう。

お供えの準備が必要

次にお供えの準備についてご紹介します。
お墓のお供えとしては、かけ水、仏花、線香が一般的です。地域によっては灯明を用意するところもあります。
かけ水は、お寺に桶と柄杓が準備されているのでそれを使いましょう。
仏花については、お供えするお花に特に指定はありません。

お墓参りの時期になるとお店でもセットで売られているのでそれを利用しても良いでしょう。
個人が好きだったお花や、お参りする人がお供えしたいと思う花でも問題ありません。

ただし、匂いのきついものやトゲのある植物は一般的に避けたほうが良いと言われています。
線香は家から持参するという方が多いでしょう。

こちらも特に指定はないので、お店で売られているもので十分です。
また、墓前に線香と共に灯明としてロウソクを立てるご家庭もありますね。
火を使うので、燃えやすい枯葉や仏花の包み紙などを近くに置かないように注意が必要です。

日焼け・虫除け等の対策も

墓地の多くは、屋外にあります。
そのため、準備物として忘れがちですが、日焼けと虫除けの対策も必要になってくるでしょう。
特にお墓の掃除をする場合、時間がかかることも考えられます。
夏のお盆の時期などは暑い日も続きますから、しっかりと日焼けと虫除けの対策をしてお墓参りにいくことをお勧めします。
虫に刺された場合を考えて、虫刺されの薬も持ち物のリストに入れておくと安心ですね。

永代供養の場合

お墓

永代供養の合祀墓の場合、一般のお墓とは違って共同の場所で管理されています。
そのため、一般のお墓とはお墓参りの方法も違ってきます。
特徴別に見ていきましょう。

常に整備され、綺麗な場合が多い

永代供養のお墓は、ロッカー式や霊廟型、最近ではマンション式と呼ばれるものもあり、屋内に設置されていることも多く、非常にきちんと管理されています。
屋外型のものも、納骨堂の形であったり、モニュメント型であったりと、常に整備され、綺麗な状態であることが特徴です。
お寺が一括して日常的に管理しているということもあり、掃除も行き届いています。

契約内容によっては道具一式貸出も

永代供養の場合、合同で管理されているためお墓に備えるお花や線香は持参しなくても良い場合があります。
契約の内容によっては、お墓参りの時に必要な道具を一式貸し出してくれるというお寺もあります。
こちらは、お寺によって様々ですので、持ち物は事前に確認することが大切ですね。

お寺・霊園(屋外)の永代供養

お墓

永代供養とひとことで言っても、実に多くの種類があるのが現状です。
形式や特徴によって、お墓参りの際に必要な準備や持ち物も変わってきます。

そこで、それぞれの特徴別に、お墓参りの際の持ち物として用意するべきものをご紹介していきます。

まずは、お寺や屋外の霊園といった場所でのお墓参りについてです。

家族・個人墓

永代供養は遺骨の安置方法によって様々なタイプに分けられます。
まず、家族墓、個人墓と呼ばれるものについて説明していきます。

特徴

これは、骨壷を個人ごとに分けて専用の場所に安置し、墓石を立て、カロートと呼ばれる納骨スペースに収めるものです。

17年、33年、55年といった期間を経たのちにその多くが共同墓に改葬されるタイプです。
家族墓の他に夫婦墓としても利用されています。
個別安置型、もしくは単独墓とも呼ばれます。

お墓参りの持ち物

永代供養の個別安置型、単独墓のお墓参りの場合、故人を識別するための名前や戒名がプレートに刻まれるなどして、誰が、どこに眠っているのかが比較的わかりやすくなっています。

そのため、お参りの際はそのお墓の前で手を合わせてお祈りをするということになります。
線香や仏花は、お供えできるところとできないところがあります。
お寺によってお供えの可否が変わってくるので、きちんと確認をしてから伺いましょう。

合祀墓

合祀墓というのは、簡単に説明すると、他の方の遺骨と一緒に一つのお墓に埋葬されるタイプのことをいいます。
永代供養墓と聞いて、合祀墓をイメージするという方も多いかもしれません。

特徴

合祀墓は塔やモニュメントの形をとっていることが多いのが特徴です。
他の方の遺骨と共に埋葬されるという点では、改葬ができません。
費用は他のお墓よりも安くはなりますが、その点には注意が必要となります。

準備・持ち物

集合型のお墓である合祀墓は、お墓の前に大き目の香炉や供花台が設置されているのが一般的です。
その台の前で線香をあげたり、お花を供えたりするのですが、場合によっては供物が禁止されているところもあります。

その場合は、お供え物を持参せずにお参りのみ、という方法になります。
また、集合墓の場合は、遺骨が納められているスペースには入ることができないお寺もあります。

樹木葬

樹木葬というのは、里山などの一部に設けられている墓所や、シンボルとなる樹木の下に遺骨を埋葬することをいいます。

特徴

一番の特徴は、故人が自分の眠る場所を指定できるというところです。
山登りが好きだった方や自然が好きだったという方にはお勧めかもしれません。

故人がもっとも望んでいた形でのお墓参りが可能になりますが、お墓というわかりやすい目印がないため、お墓参りをする際に埋葬場所がわかりにくくなってしまうことも考えられます。

準備・持ち物

樹木葬の場合、場所が屋外になるというケースがほとんどです。
そのため、食べ物などのお供え物は断られるケースも多いとお考え下さい。
また、場所によっては山火事の危険もあり、線香を備えることが禁止されていることもあります。
自然に囲まれたエリアのため、お墓参りの際には歩きやすく、汚れてもいい服装で行く方が安心でしょう。

そしてもう一つ、特に里山墓所で重要なのが、水分補給です。
行き帰りの道中でしっかりと水分補給をし、休憩も取りながらお参りに行きましょう。

霊園・納骨堂(屋内)での永代供養

お墓

次に、都市部での利用者が増えてきている屋内の永代供養墓をご紹介していきます。

屋内墓苑(自動・可動式)

ここ数年の間に、特に都市部で増えてきているのが屋内型の墓苑です。

特徴

主な特徴としては、都市部の駅から歩いて行ける場所にあることや、天候を気にせずにお墓参りに行けることなどが挙げられます。
また、セキュリティがしっかりしているというところも魅力ですね。
その一方で、お盆やお彼岸などのお墓参りのシーズンは混雑しやすいという点もあります。

準備・持ち物

屋内墓地とも呼ばれる墓石式納骨堂の場合は、墓石はありますが屋内のため一般墓ほどの掃除は必要ありません。
基本的に屋内墓地の場合は、手ぶらで行ってもお参りが可能です。
一般的なお墓参りのような持ち物はなくても大丈夫と言えるでしょう。
ただし、墓石式の場合は墓石を簡単に拭くこともできますから、乾いた布などを持参するのが良いかと思います。
簡単な掃除程度で十分とお考え下さい。

仏壇型

お墓

仏壇式の納骨をするお墓は、寺院が運営する納骨堂では主流のタイプです。

特徴

納骨スペースを仏壇と同じような装飾にし、本尊や仏具を設置することができる上に、位牌の安置も可能です。
上段に位牌を設置し、下段に納骨するというスタイルです。

準備・持ち物

仏壇式のお墓の場合は、線香や供物を個別にお供えできるという特徴があります。
そのため、持ち物としては、仏花や線香ということになるでしょう。

写真立てや記念品を置くことのできるスペースがある墓所も増えています。
故人との思い出の品を持参するのも良いかもしれません。

ロッカー/棚式

お墓

ロッカー式というのは、その名の通り、納骨の収蔵庫が縦横に並んだロッカーのような形状のお墓のことです。

特徴

コインロッカーのような収納方法の墓所もあれば、小さな墓石や仏壇が設置されているものもあります。
また、棚式というのは棚に骨壷を並べて収納してある墓所のことをいいます。
棚式の場合は、専用の礼拝スペースが設けられており、そこからお参りをする形です。
そのため、ご先祖様に直接祈りを捧げるという一般的なお墓参りの感覚は持ちにくいかもしれません。

準備・持ち物

ロッカー式、棚式の墓所にお墓参りをする場合は、基本的には仏壇式と同じと考えても問題ないでしょう。
持ち物としては、仏花や線香が良いと思います。
墓石のお掃除は必要がないので、お掃除の道具を持って行かなくても大丈夫です。
ただし、専用のロッカーキーなどが必要になる場合もあります。
忘れずに持って行きましょう。

永代供養墓のお供え物のおすすめは

お墓

永代供養のお墓にお参りをするときにはどんなお供え物を持っていけば良いのでしょうか?

やはり、一般的におすすめなのは、お花や食べ物、故人が生前好んでいたものということになるでしょう。

何も持たずに手ぶらで行ってもお参りはできますが、せっかく故人と相対する場ですから、生前に好きだったものをお供え物として持っていけば、きっと喜ばれるでしょう。

ただし、墓所によって、お供え物が制限されている場所もあります。
お墓参りに行く前に、必ず確認をしてから伺うことをおすすめします。

永代供養の墓参り:準備・持ち物についてまとめ

お墓

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事では、永代供養のお墓参りに行く際の準備や持ち物についてまとめました。

  • 一般のお墓参りと永代供養のお墓参りでは、準備するものや持ち物に違いがある
  • 永代供養の墓所による、持ち物の違い
  • 永代供養の形式ごとでどのように準備・持ち物が変わってくるのか

上記の内容について説明させていただきました。
一般のお墓と永代供養のお墓では、その特徴やお墓参りのときに必要なものも変わってきます。
いちばん大切なのは故人を偲ぶ気持ちですが、マナーをしっかり守って気持ちよくお墓参りができると嬉しいですね。

終活ねっとではこのように、永代供養をはじめ終活に関する全ての情報を発信しております。
他の記事も合わせてお読みくださいませ。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養 の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・持ち物」に関連する記事

「永代供養・持ち物」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「永代供養・持ち物」についてさらに知りたい方へ

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養墓へのお墓参りの仕方やマナーをお教えしますのサムネイル画像

永代供養墓へのお墓参りの仕方やマナーをお教えします

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養でもお供えは必要なの?納骨時・お墓参りの際の注意点を解説のサムネイル画像

永代供養でもお供えは必要なの?納骨時・お墓参りの際の注意点を解説

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!のサムネイル画像

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!

永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!のサムネイル画像

永代供養墓の選び方、選ぶ際のポイントをお教えします!

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは?家族墓の特徴・費用などをご説明します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安く抑えられる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・持ち物」についてさらに知りたい方へ

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!のサムネイル画像

永代供養の家族墓とは? その特徴とメリットについて紹介!

永代供養墓へのお墓参りの仕方やマナーをお教えしますのサムネイル画像

永代供養墓へのお墓参りの仕方やマナーをお教えします

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

永代供養でもお供えは必要なの?納骨時・お墓参りの際の注意点を解説のサムネイル画像

永代供養でもお供えは必要なの?納骨時・お墓参りの際の注意点を解説

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと