永代供養に管理費はかかるのか。永代供養・納骨堂の費用を解説します

供養の仕方に、永代供養という選択肢があります。この永代供養に管理費がかかるかどうかご存知でしょうか。故人を墓地に埋葬し管理してもらうには、寺院等に管理費を支払う必要があります。この記事では納骨堂で永代供養をする場合にかかる費用について解説します。

目次

  1. 永代供養での管理費について
  2. そもそも永代供養とは
  3. 永代供養で管理費はかかるのか
  4. 永代供養で必要になる費用・相場
  5. 納骨堂でも管理費はかからないの?
  6. 永代供養での管理費まとめ

永代供養での管理費について

お金

皆さんは永代供養とその費用についてどの位ご存知でしょうか?

また、永代供養をするためには、管理費がかかる場合があるということを聞いたことはありますか?

現在、家族墓をお持ちの方で、将来的に永代供養に切り替えようと考えてる方もいらっしゃると思います。

また、終活の一環として、将来的に家族墓を持つのではなく、永代供養という選択をしようとしている方もいらっしゃるでしょう。

本記事では、永代供養及び納骨堂に係るその費用について、次の点に注目しながらわかりやすく解説していきます。

  • 永代供養とはどんな供養の仕方なのか
  • 永代供養に管理費はかかるのか
  • 永代供養に係る費用には、管理費以外にどんなものがあるのか
  • 納骨堂を利用した場合には管理費がかかるのか、またその契約内容について

永代供養と納骨堂を利用して供養をするためには当然費用が掛かり、真っ先に思い浮かぶのが管理費かもしれません。

永代供養がどんなものであるのかを改めて確認しながら、その管理費を中心に費用について解説します。
最後まで読んでいただければ幸いです。

そもそも永代供養とは

お墓

そもそも永代供養とはどんな供養方法なのか説明できますか?

先祖代々に渡り、亡くなられた家族は家族墓に遺骨を埋葬している方が多いと思います。

永代供養とは、受け継がれてきた墓が管理できなくなった場合、または墓の継承者がいない、または継承者が高齢になってきた場合に利用される供養方法です。

具体的に言うと、家族墓が家族親族で管理していくのに対し、永代供養は寺院や納骨堂を運営しているところに管理を一任する供養方法です。

永代供養にしておくことで、周回忌やお盆等には寺院が供養してくれるので、家族で墓参りや供養をする必要はありません。
しかし、だからと言ってお墓参りをしなくてもいいというわけではなく、お墓参りは故人を重んじるものなので行くのが良いです。

以下詳しく解説しますが、永代供養では墓石が必要ないため、新しくお墓を建てる費用も必要ありません。
また、管理費など費用の支払いが初回1回の場合が多いですし、お布施なども必要ないので、供養方法としては安価で済みます。

永代供養で管理費はかかるのか

お金

さて、永代供養をお願いする際は、どんな費用がかかるのでしょうか。

ここでは、管理費の要不要について解説します。

また、永代供養では納骨堂や共同墓地(合祀)を利用することが多いですが、家族墓がある場合は寺院などの墓地を利用します。

これら納骨堂にしろ、一般的な墓地にしろ、維持するためにはお金がかかります。
墓地では利用者のために参道を掃除したり、水回りや照明設備を充実させたりと維持費がかかっています。

こういった維持費も、永代供養で利用される納骨堂や共同墓地にも必要ですが、初回に永代供養料に含まれた形で支払うのが一般的です。

なお、永代供養料の初回費用の用途は、墓地と大差ありません。
納骨堂であればその修繕費、共同墓であればその掃除費用など、職人の人件費に加えその技術料や材料代などに充てられます。

基本的な考え方として、永代供養料は初回で一括支払う、このように覚えておきましょう。
ここでは管理費と維持費についてみていきましょう。

基本的に管理費はかからない

結論から言えば、永代供養では管理費は基本的に必要ありません。

なぜでしょうか。

これは永代(半永久的)に渡り供養をお願いするわけなので、利用者に対し何度も支払いをお願いすることを避けるためです。

また、利用者側からすれば、永代供養は供養を長きに渡って寺院や霊園などに託すのが目的です。

初期費用に管理費が含まれていると考えることも出来ますが、毎年或いは周回忌など供養のたびに支払いやお金を包むのを避ける意味合いもあります。

一部維持費が必要な場合も

永代供養料に管理費は基本的に含まれないと紹介してきましたが、実は管理費が必要となる場合があります。

なぜなら、寺院や墓地、納骨堂を管理していくためには維持費がかかります。

それは、寺院や納骨堂の劣化に伴い、建物の補修や修繕が必要になる場合です。

また同様に、墓地や納骨堂までの参道や敷地内(電飾や水道など)は、使えば使うほど、年月が経てば経つほど破損したり汚れたりします。

以上のような場合には、維持費としての管理費がかかってきますので、納骨先によっては初期費用などに加算されることがあります。

また寺院や納骨堂によっては、管理費としていくら徴収する、という具体的な提示がある場合があるので注意が必要です。

永代供養で必要になる費用・相場

お金

さて、永代供養の管理費について述べてきましたが、永代供養料は実際どのような費用が必要となるのかご存知でしょうか。

終活でお悩みになることの一つは、費用についてかもしれません。

ここでは、永代供養料がどのような仕組みになっているのか紹介していきます。

  • 永代供養料が高いケースと安いケース
  • 墓石のサイズや種類によって料金が増減する墓石代
  • 入檀料が必要か否か

以上3点にわけ、永代供養に必要な費用や相場について紹介します。

永代供養料

繰り返し述べてきた永代供養料ですが、実際の内訳はご存知でしょうか。

これは、基本的に永代供養費+納骨時のお布施+刻字料の三つの費用から成ります。

永代供養費は永代に渡る供養料(お経など)です。

また、一般墓地にしろ共同墓地や納骨堂にしろ納骨時にはお布施がかかってきます。

そして、刻字料といって、共同墓地や納骨堂に戒名などを入れたり、墓誌に名を入れるための費用が発生します。

永代供養料は、寺院や納骨堂によって料金はまちまちですが、一般的に10万円から100万円と幅があります。

この違いは何によるかというと、寺院の大きさや規模、以下に紹介する墓石の種類やタイプによりますが、一番は立地条件に左右されがちです。

大きく分けて、西日本より東日本の方が相場は高いですし、東京都を中心とする首都圏は最も高いと言われています。

また例外として、歴史的寺院が並ぶような土地、京都府や奈良県なども相場が上がっています。

いずれにしても、寺院や納骨堂、または葬儀社などの運営先により料金はかわりますので、事前に問い合わせたり比較しておくことが賢明です。

墓石代

永代供養は合祀するものと思われがちですが、実は個人墓など墓石を建てる場合もあります。

永代供養は、主に後継ぎがいない方や墓地の管理が出来ない方向けの供養方法ですが、個人や親族の意志で生前に墓石を建てるタイプを選択しておく方も少なくありません。

例えば、供養方法は永代供養ですが、個人墓を建てるケースです。

個人墓を建てる場合、家族墓を建てるのと同程度の墓石代がかかりますので、土地代を含めれば100万円程度はかかると言っていいでしょう。

個人墓を建てる場合は、凝ったデザインにする場合もありますので、墓石代にデザイン料が加算されるので、場合によっては何百万円もかける方もいらっしゃいます。

また、夫婦二人向けに夫婦墓を建てるケースもあります。

この場合も個人墓同様に、土地代がかかる場合があり、墓石の種類やデザインにこだわればこだわるほど費用は大きくなります。

補足になりますが、納骨堂や共同墓地を選択した場合は、墓石代はかからないのが一般的です。

入檀料

さて皆さんは、檀家に入っていますか。
また、永代供養を選択した場合、檀家になり入壇料を支払う必要があるのでしょうか。
檀家や入壇料とは何かを説明しつつ、永代供養との関係について紹介します。

(先祖代々の)お墓を寺院などに新たに作る際には、寺院の檀家に入るのが基本です。
檀家とは、その寺院や霊園にお布施をし、維持管理を助ける共同体のような家々を指します。
そして檀家に入る際には、まず初めに入壇料を納める必要があります。
入壇料の相場はだいたい10~30万円と言われています。

もちろん、檀家に必ずなる必要はありませんが、お布施をもらっている寺院側からすれば墓地所有者は檀家と見なされます。

ここで、寺院にしろ納骨堂にしろ、永代供養をお願いした場合について説明します。
この場合、檀家に入る必要もなければ、当然入壇料を支払う必要もありません。

供養を永代に渡ってお願いするために、お布施を含んだ高い初期費用を支払うわけなので、入壇料は不要です。

永代供養の費用相場や内訳について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

納骨堂でも管理費はかからないの?

お墓

ここで、納骨堂での永代供養にかかる管理費について説明します。

納骨堂では、遺骨を納骨スペースに埋葬したり、合同墓に合祀したりするので、一般墓地に比べ埋葬がシンプルで場所もとりません。

ですが、納骨堂も寺院と同様に、設備維持費がかかります。
よって、納骨堂の永代供養では維持費としての管理費もかかる事も少なくありません。

勿論この管理費には、永代供養費が含まれていると考えることも出来ますし、遺骨の保管料と捉えることも出来ます。

以下、詳しく紹介します。

基本的には最初にまとめて支払う

納骨堂に永代供養をお願いする場合、契約期間が定められている場合があるのをご存知でしょうか。
永代に渡る供養とはいえ、実は期間が決まっている場合が多いのです。

期間はまちまちですが、33回忌までとしたり50回忌までとしたり、30~50年間契約にする場合が見受けられます。

数十年の供養をお願いするのですから、その間の管理費用がかかるのは自然なことです。

このように契約期間を定めることで、管理費含めた初期費用をまとめて払うという、「契約金」のような形がとられています。

管理料を支払う納骨堂も

契約期間がなく管理料を含めた永代供養料が一括払いの場合でも、毎年管理料が必要となる場合もあります。

納骨堂により契約形態は異なりますが、故人の親族などが生存している場合は、管理料を毎年請求されます。

これにはいくつか理由があり、一つは身寄りがいなくなり親族と全く連絡が途絶え、故人が無縁仏になるのを避けるためです。

また、掃除や修繕費用や維持費は情勢により変動することがあり、毎年請求せざるをえない納骨堂もあります。

トラブルを避ける意味でも、管理料の支払いが初回1回なのか、年1回または月単位なのか、必ず確認しましょう。

永代供養での管理費まとめ

お墓

いかがだったでしょうか。

永代供養の管理費について解説してきました。
この記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 永代供養とは、家族墓を継承出来ない方などが寺院や納骨堂に供養をお願いする方法のこと
  • 寺院では永代供養に管理費がかからないのが一般的
  • 寺院での永代供養料は、供養費+納骨時のお布施+刻字料からなり、供養方法によっては墓石代もかかるが、管理費は含まれていると考えてよい
  • 納骨堂での永代供養料は、墓石代を除けば寺院の場合と基本的に同じだが、契約形態によっては年単位や月単位で管理費がかかる場合がある

昨今、お墓の継承者が少なってきており、永代供養を選択する人が増えてきています。
そこでどんな費用がかかり、どう支払っていけばいいのか知っておくのはとても大切なことです。
本記事で永代供養の理解を深めて頂き、将来の選択のお手伝いになれば幸いです。

今回終活ねっとでは、「永代供養の管理費」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載しています。
よろしければそちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

納骨堂について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・管理費」に関連する記事

「永代供養・管理費」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!のサムネイル画像

    永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!

    永代供養料とお布施、この二つは本来別物であり、違いがあることについてご存知でしょうか。どちらもお墓や、供養などのためにに必要な費用です。ここでは、永代供養料とお布施の詳細について解説し、その違いについて説明します。

  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

  • 永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

    永代供養・共同墓地について解説いたします!

    核家族化と少子高齢化が進んだ近年では一般的なお墓を持たず、永代供養の共同墓地を選択する人が増えています。 共同墓地に入った場合に供養はどうするのか気になりませんか? 永代供養と共用墓地の疑問について解説いたしますのでぜひ最後までお読みください。

  • 永代供養に年間費用はかかるの?永代供養について知っておこう!のサムネイル画像

    永代供養に年間費用はかかるの?永代供養について知っておこう!

    永代供養は、一般的なお墓よりも費用が安くなるのでしょうか?気になる初期費用は?年間の維持費用はかかるの?永代供養と一口に言っても、いろいろな種類があります。それぞれの特徴と、年間費用について詳しくご説明していきます。是非ご覧ください。

  • 納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!のサムネイル画像

    納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

    残された方への負担が少ないと言われている永代供養。 中でも納骨堂は、雨風にさらされないことで注目を集めています。 では納骨堂での永代供養は、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか? 費用の相場を詳しく見ていきたいと思います。

  • 墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

    墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

    家族形態やライフスタイルの変化などにより、一家に一つあった家墓の形ではなく、永代供養を選ぶ人が増えてきています。でも、墓地・霊園によって違いがあることをご存知ですか?個人の意向に合った永代供養をするために、最適な墓地・霊園を選ぶためのお手伝いをします!

  • 永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

    永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

    先祖代々檀家の家系の場合、永代供養墓に移りたいとなると大変です。一体どんなことが大変なのか知っていますか。今回は、檀家の場合永代供養墓に移るためになにをしたらいいのかなにが大変なのかを紹介していきます。

  • 知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択のサムネイル画像

    知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択

    人は亡くなった後、どう供養されますか?寺院にある先祖代々の墓で、という意見が多いかもしれません。遺骨を寺院にあるお墓以外で供養出来る「永代供養」をご存知ですか?ここでは、知っていると得する、寺院で出来る永代供養という方法をご紹介します。

  • 永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

    永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

    故人を埋葬するときに、心配になるのがお墓の管理と費用です。お墓を建てるには墓代や墓地の使用料、管理料と様々な費用がかかりますし、お墓の管理も必要です。そんな方に知ってもらいたいのが永代供養という埋葬方法です。この記事では、永代供養の方法についてご紹介します。

  • 永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

    永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

    ご遺骨の管理について考えたことはありますか?亡くなった後、遺骨の管理ができな方の為に永代供養という方法があります。永代供養についての知識を身につけておきませんか?「臨済宗なんだけど…」と宗教に不安を感じている方へ、永代供養を行っている臨済宗の寺院も紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・管理費」についてさらに知りたい方へ

永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!のサムネイル画像

永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

永代供養・共同墓地について解説いたします!のサムネイル画像

永代供養・共同墓地について解説いたします!

永代供養に年間費用はかかるの?永代供養について知っておこう!のサムネイル画像

永代供養に年間費用はかかるの?永代供養について知っておこう!

納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!のサムネイル画像

納骨堂での永代供養はいくらかかる?費用について全部まるわかり!

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!のサムネイル画像

墓地・霊園での永代供養にかかる費用や注意点について解説します!

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択のサムネイル画像

知ってると得する!寺院で出来る永代供養という選択

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!のサムネイル画像

永代供養の方法ってどんなもの?永代供養について詳しく解説します!

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!のサムネイル画像

永代供養してもらえる各地の臨済宗のお寺についてまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと