永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆は故人の御霊(みたま)が初めて家に帰ってくる大切な期間です。でも、お墓の管理と供養をお任せする永代供養にした場合に、初盆の法要は行うべきでしょうか。今回は永代供養と初盆についての疑問を解決していきます。

目次

  1. 永代供養にしたけれど、初盆はやるべきか
  2. 初盆(新盆)とは
  3. 永代供養とは?
  4. 永代供養に初盆は必要ない?
  5. 永代供養でも初盆を行うには
  6. 初盆のお布施について
  7. 永代供養の初盆についてまとめ

永代供養にしたけれど、初盆はやるべきか

仏壇

この記事をご覧のみなさまは先のことを考えて、永代供養を選択されたのではないでしょうか?
しかし、初めての永代供養だから、初盆ををどうしたらいいかわからないですよね?

この記事では

  • そもそもの初盆の意義
  • 永代供養時の初盆はどうするか
  • 初盆をやる際に気をつけること

を解説しています。
初盆と永代供養に関する気になる問題を是非解決しましょう。

永代供養できる霊園を比較してみたいという方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

初盆(新盆)とは

お盆は、故人やご先祖様の御霊(みたま)が里帰りをする期間です。
まずは初盆(はつぼん)の定義について確認していきましょう。

初盆の時期

仏壇

初盆(はつぼん)とは、故人の死後四十九日の法要を過ぎてから初めて迎えるお盆のことを指します。

もともと初盆は7月に行われていたようです。
現在は7月13日から16日(新のお盆)または8月13日から16日(旧のお盆)に行われています。

お盆の時期には地域による差があります。
東京と一部の地域では7月に、関東を含めそのほかの地域は8月にお盆があります。

初盆のことを新盆(にいぼん)と呼ぶこともありますが、意味はまったく同じです。

初盆に行うこと

仏壇

初盆は、故人の御霊(みたま)が初めて帰ってくる大事な日にあたります。
一般的に初盆では、親族や親しい人を招いて盛大な供養を行います。
菩提寺のお坊さんにお経をあげてもらい法要を済ませた後は、参列者とともに会食を行ないます。

初盆で用意するものは、盆提灯精霊棚(しょうりょうだな)です。
盆提灯は初盆提灯といって白張りのものが使われていましたが、最近では特にこだわらず家紋や柄のついた盆提灯を使う人も増えています。

また、故人の御霊を迎えるものとして、割り箸を使ってキュウリとナスで作る馬と牛、精霊馬(しょうりょううま)をお供えします。

初盆での盆棚の飾り方に関しては以下の記事を参考にしてください!

こちらも読まれています

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!

新盆とは故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことです。初めてのお盆では、普段のお盆よりも手厚くご先祖様をお迎えするのが慣わしです。祭壇も新盆のときは飾り方が違うのでしょうか?新盆のときの祭壇の飾り方を確認していきます。

永代供養とは?

まずは永代供養について詳しく見ていきましょう。

永代供養とは

お墓

永代供養(えいたいくよう)とは、お寺が永代に渡り責任を持って、供養とお墓の管理をしてくれることを指します。

お墓を継ぐ人がいない、自分が亡くなっても子どもや親戚に迷惑がかからないなどの理由から、少子化や親族の減少に伴い、永代供養の手続きを希望する人は急速に増えています。
永代供養墓は宗旨・宗派を問わず利用できることも、注目を集めている理由のひとつです。

でも実は永代供養は「永遠」ではありません。
以下の記事も合わせて読んでおきましょう。

こちらも読まれています

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

大抵の供養は寺院・霊園側が行う

お墓

永代供養の場合、永代供養料一式を支払うことで、永代供養墓の管理と今後の供養のすべてを寺院・霊園に任せることができます。

ふだんの清掃やお墓の管理から、命日やお盆、お彼岸などの読経なども、寺院・霊園で責任をもって行なってもらえます。

永代供養に初盆は必要ない?

お墓

永代供養を行ってる場合、初盆の儀礼は必ずしも必要ではありません。
遺骨は共同で管理されてる場合もございます。
仏壇が家に設置されてるケースも永代供養の場合は少ないでしょう。

では永代供養を行なっていても初盆の儀礼を行うにはどうしたらよいでしょうか?

永代供養でも初盆を行うには

人々

ほとんどの供養を寺院・霊園へお任せできて、安心感のある永代供養ですが、大切な初盆は家族で迎えたいという方も多いのではないでしょうか。
すでに永代供養の手続きをしていても、初盆を家族で行うことは可能です。

寺院・霊園への連絡

初盆の法要を行いたい場合、まずは寺院・霊園へ連絡をします。
盂蘭盆会(うらぼんえ)があるため、お盆の時期のお寺は一年のうち最も忙しくなります。
初盆の法要を自分で行うことを決めたら、お寺・霊園には早めに連絡を入れましょう。

また、親戚や知人など法要に参列してほしい方々にも連絡を入れておきます。
葬儀の時にお世話になった方に声をかけるのもよいでしょう。

どこまで法要を行うか事前の打ち合わせが吉

初盆では故人の御霊が初めて我が家に帰ってきます。
永代供養の手続きを済ませていても、できる範囲で手厚く準備をして初盆を迎えたいものですね。

初盆の法要は、宗派や地域によって違いがあります。
地域によっては2年盆と称して、翌年のお盆にも法要を行う場合があるようです。
細かなしきたりについては、檀家やお寺に確認するのが確実です。

初盆の法要は、初盆の初日(8月14日、地域により7月14日)にお坊さんに読経していただくのが一般的です。
自宅の仏壇で読経を済ませた後、参列者とともにお墓参りをします。
その際、墓前でも読経をしていただき供養します。

当日の流れと読経のタイミングなどを事前に打ち合わせしておければ安心です。

初盆のお布施について

なかなか知りにくいお布施の事情。
初盆の法要でのお布施は、どうしたらよいのでしょうか。

別途で個別の初盆法要を行うならば必要

お墓

永代供養の場合は既にお寺・霊園側に永代供養料を納めているので、本来はお布施を包む必要はありません。
ただし、故人ひとりを個別に法要したい場合はお布施をお渡しする方がよいでしょう。

お布施の渡し方

仏壇

お布施を包む際は、水引のついたお布施用の袋、もしくは無地の白封筒を使います。
表書きを書く場合は「お布施」または「御経料」と書きましょう。
あるいは表書きには何も書かなくても大丈夫です。

表書きの下半分には、喪主の方の氏名または〇〇家と書き入れます。

お布施は直接手渡しするのでなく、小さなお盆に乗せてお坊さんにお渡しするのがマナーです。
ちょうどよい大きさのお盆がない場合は、お盆の代わりに袱紗を使ってお渡しするのがおすすめです。

永代供養の初盆、お布施の相場は?

保険・相続

お布施の額は宗派や地域によって差がありますが、初盆のお布施は3万円から5万円の目安で包む場合が多いようです。

また、お坊さんに家に来ていただいた場合には、お布施とは別に「お車代」として5千円から1万円をお渡しするのが一般的です。

お通夜の場合は新札ではなく古いお札を用意するしきたりがありますが、初盆は既に日程が決まっている法要のため必ずしも古いお札を入れる必要はありません。

のし袋の書き方は以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

お布施とは違う?永代供養の御礼金・のし袋の書き方・渡し方

いきなり起こることの中の1つに、お墓を買うということがあるのではないでしょうか。 今回は、永代供養のお墓をかった時ののし袋についてまとめます。 永代供養のお金を支払う時ののし袋の表書きや、渡し方についてまとめました。

永代供養の初盆についてまとめ

お墓を永代供養にした場合でも初盆を行うべきか?の疑問に対する答えをご説明してきました。
故人の御霊が初めて帰ってくる初盆には、特別な意味合いが込められています。

永代供養の手続きを済ませた場合でも、初盆の法要は従来通りに執り行うことができます。
お寺に依頼して法要を行う、あるいは法要は依頼せずに遺族だけで永代供養の墓所にお参りするなど、遺族が納得した形で初盆を迎えることが大切です。

今回の説明を参考に、いざという時に慌てないようにしたいものですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「永代供養・初盆」に関連する記事

「永代供養・初盆」についてさらに知りたい方へ

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

  • 初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

    初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

  • 慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

    慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

    初盆は、故人の死後、四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことです。初めてお迎えするため、僧侶や親族、知人を招いて盛大に法要を行うことが多く、準備も例年とは異なります。そこで、今回は初盆を迎える前に知っておきたい、初盆の準備や流れについてご紹介します。

  • 初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?のサムネイル画像

    初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?

    今回は初盆でのお供え物について紹介します。初盆のお供え物には、どんなものを贈ればいいのか、相場や贈り方などさまざまなマナーがあります。一度しっかり学んでおくと、いざという時に慌てなくてすみますね。

  • 初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

    初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

    初盆とは、故人の四十九日法要を終えて最初のお盆を指します。毎年のお盆よりも特に手厚くお迎えするのが、初盆の慣わしです。初盆の祭壇はどんなものを準備したら良いのでしょうか?直前に困らないように、宗派ごとの祭壇の飾り方の違いをご紹介します。

  • 永代供養の一周忌について徹底的に説明します!のサムネイル画像

    永代供養の一周忌について徹底的に説明します!

    供養と一口に言っても色々ありますが、永代供養を選択した人の場合、一周忌はやるのか、やるとして一般供養とどういった違いがあるのか気になっている方も多いかと思います。今回は永代供養の一周忌についてご説明いたします。

  • 永代供養墓にした場合、お盆では何をすべき?のサムネイル画像

    永代供養墓にした場合、お盆では何をすべき?

    お墓の管理を永代供養に決めた時、お盆のお迎えはどのようにすればいいのでしょうか?また、永代供養を選ぶ上での心構えはどのような事が必要なのでしょうか?今回は永代供養の時のお盆の供養の仕方をご紹介します。

  • もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のことのサムネイル画像

    もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のこと

    毎年夏にお盆はやってきます。お盆にご先祖様の供養をした経験がある方も、これから新盆を迎えて供養する方ももう一度知っておきたいお盆の豆知識についておさらいしてみましょう!

  • 永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!のサムネイル画像

    永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!

    永代供養料とお布施、この二つは本来別物であり、違いがあることについてご存知でしょうか。どちらもお墓や、供養などのためにに必要な費用です。ここでは、永代供養料とお布施の詳細について解説し、その違いについて説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・初盆」についてさらに知りたい方へ

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?のサムネイル画像

初盆時のお供え物は何が良いの?お金を供える場合は?

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

永代供養の一周忌について徹底的に説明します!のサムネイル画像

永代供養の一周忌について徹底的に説明します!

永代供養墓にした場合、お盆では何をすべき?のサムネイル画像

永代供養墓にした場合、お盆では何をすべき?

もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のことのサムネイル画像

もう一度おさらいしておきたいお盆の供養のこと

永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!のサムネイル画像

永代供養料とお布施は別?永代供養料の内訳も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと