永代供養ってどうやったらいいの?必要な手続きを全部解説します!

最近何かと良く耳にする永代供養ですが、どのようなものかご存知でしょうか。既にお墓はあるし、手続きが複雑そうで踏み切れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では永代供養のやり方や、必要な手続きについて詳細にまとめています。

目次

  1. 永代供養を選ぶ人が増えています
  2. 改葬の場合の手続き
  3. 生前に申し込みをする場合
  4. 永代供養の種類による手続きの違いもある
  5. 永代供養の手続きまとめ

永代供養を選ぶ人が増えています

人々

近年、新しい供養の方法として「永代供養」が人気を集めています。お寺に供養を一任し、永代に渡って供養をしてもらうというものです。

個々にお墓を持つ必要がなくなるので、後継者問題でお墓の将来に悩んでいた人たちや、故郷への帰省が困難になった世代に人気がでています。

そんな永代供養ですが、今あるお墓の処理を含めて、一体どのような手続きをする必要があるのでしょうか。

この記事では、

  • 改葬して永代供養する場合に必要な手続き
  • 生前に永代供養を申し込む場合に必要な手続き
  • 様々な永代供養の種類による手続きの違い

について詳しくまとめてみました。

いまいち手続きが不安で敬遠していたという方もぜひご一読ください。
これからのお墓のあり方を考えるきっかけになれば幸いです。

改葬の場合の手続き

お墓

では既に一族のお墓があり、それを改葬して永代供養する場合の手続きから見ていきましょう。

準備するもの

基本的には必要な書類は改葬許可証だけです。
ただ各所に確認を取る必要があります。

改葬許可証

遺骨を今あるお墓から違うお墓に移す場合は、「改葬許可証」が必要となります。
今遺骨のある市区町村から交付を受けましょう。市区町村の役場でもらうことができます。

そこに必要事項を記入して、今あるお墓の管理者から印を頂きます。
これを市区町村に提出して、不備がなければ改葬許可証が交付されます。

墓じまいをして、お墓のあった土地を更地に戻す必要がありますので、改葬許可証に印をいただく前に必ず相談しておきましょう。

墓じまいをするのに必要な処理はお墓によって違いますので、処理方法や必要事項などを聞いておかないとトラブルにつながります。

閉眼法要の依頼

準備するものと言えば改葬許可証のみですが、手配しておかないといけないものは他にもあります。

まず遺骨を取り出し、お墓を処分するためには閉眼法要が必要です。菩提寺や、お墓のあるお寺に依頼をしましょう。
そしてお墓のあった土地を更地にしないといけませんから、石材店に依頼をしましょう。

お墓によっては指定の石材店がありますから、指定があるかどうかも確認しておいたほうが良いです。

お墓の管理者に墓じまいの連絡をし、改葬許可証を作成して、法要と墓石の処理の相談をすると覚えておきましょう。

手順

まずは永代供養先を見つけましょう。
それと同時に、今あるお墓の管理者に墓じまいをする旨を伝えます。

遺骨を移すには先に述べた改葬許可証が必要となりますから、墓じまいと一緒に進めましょう。
改葬許可証の書式はお墓のある市区町村役場で入手し、お墓の管理者から印を頂くようにします。

基本的にはお墓を更地にして戻す必要がありますから、お墓から魂を抜く閉眼供養の申込や、石材店へ墓石の撤去と処理のお願いをしましょう。

閉眼供養が終わり、遺骨を取り出し、墓石の処分を行います。
取り出した遺骨は、すぐに永代供養先に移さなくても問題ありません。

永代供養先が見つかればそこに支払いを済まし、改葬許可証を提出します。
遺骨を納めたら永代供養証明証を頂き、一連の手続きは終了となります。

生前に申し込みをする場合

お墓

今お墓がなく、生前から永代供養を申し込む場合の手続きはどうすれば良いのでしょうか。

永代供養墓は生前にも申し込める

お寺にもよりますが、生前から永代供養の受付をしてくださるところもたくさんあります。

子孫に墓の管理を任せることを考えておらず、自分の代から永代供養を選択すると決めた場合は、生前からお寺探しをしておくと良いでしょう。

生前予約の良いところは、自分のお墓を自分で決められる所にあります。
自分が納得できる所に入れるメリットはもちろん、後世にお墓を決めさせたり悩ませたりする心配もなくなります。

宗教にこだわりがあればその宗教のお寺を探すこともできますし、生前ゆかりのあった土地のお寺を選ぶこともできます。

生前申し込みは年々増えています。永代供養を希望している場合は、なるべく早く予約した方が希望の場所に入れやすいとも言えます。

手続き

生前予約できるお寺を探す

まずは自分たちの希望に合った永代供養をしてくれるお寺を見つけましょう。

永代供養をお願いしたいお寺が見つかれば、生前予約をしたいことを伝えましょう。今はほとんどの場合、生前予約が可能となっていますので気軽に問い合わせをして大丈夫です。
資料などを貰いじっくりと検討してみましょう。

お寺を決めたら契約書の記入になります。そして支払いとなります。

家族に伝え、契約書を保存する

支払いが済めば契約書の控えや支払い済みという証明証が届きます。
必ず自分の家族にこのことを伝え分かる所に控えなどを保存しておくようにしましょう。

これで自分の死後、家族がそのお寺に納骨をすることができるようになります。
場所も決まっていますし、費用の支払いも発生しませんから、後世に負担をかけることなく納骨されることが可能と言えます。

永代供養の種類による手続きの違いもある

お墓

お墓を建てる場合は民営墓地公団墓地寺院墓地などの種類があることを知っている方は多いと思いますが、永代供養先にも種類があります。

民営墓地

民営経営している永代供養墓地も存在しています。
金額が比較的安く墓地も整備されていることが多いのがメリットです。
ただし公営の永代供養墓地よりも金額は高くなってしまいます。

公営の永代供養墓地よりも制限が少なく、競争率も下がりますが、民営ですからいつ経営が滞るか分かりません。

永代供養といえども、「経営が続く限りの永代供養」という意味になっています。
まだ民営墓地の経営が破たんしたという事例はありませんが、この先何が起こるかは分かりません。

民営の永代供養墓地を選ぶ際には、なるべく経営状態についても見ておいたほうが良いと言えるでしょう。

寺院墓地

一般的に永代供養と言えばお寺に依頼することが多いと思います。
その場合、お寺の境内の中に墓地ができますので寺院墓地という扱いになります。
寺院内にあることで管理が行き届くと言う安心感があります。

ただし、お寺によっては永代供養するときに檀家になる必要がある場合があります。
そうなれば個々にお墓を持った時のように、年に一度御布施を必要としたり、供養ごとに御布施をしないといけない可能性があります。

この場合は、お墓での個々としての供養からあまり変化がなく、メリットを感じにくいかもしれません。

また、お寺の経営も檀家からの御布施で成り立っています。

昨今檀家離れでお寺の経営が難しくなっているということを聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。

お寺も民営墓地と同様、廃寺になってしまえば永代供養はできなくなります。
お寺の状態や方針は様々ですので、事前にお寺に行き、じっくりと話を聞いておくとトラブル回避ができます。

樹木葬

墓石がいらず、かつ永代供養にありがちな合祀墓ではなく個別にスペースを設けることができるのが樹木葬です。

大体はお寺が管理していることが多いのが特徴です。
墓石の代わりに樹木を植え、遺骨もそこに一緒に埋めます。

遺骨の埋葬方法は霊園により違います。
そのまま埋め、遺骨を土に還す霊園もあります。
期限を設け、その間は骨壷を埋め、期限がきたら合祀する霊園もあります。
希望にあった供養をしてくれるところを探してみましょう。

自然に優しく自然に還ることができるのがメリットなので、今とても人気があるのが樹木葬です。
メリットはたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。

その場に遺骨を埋めた場合は、もう取り出すことができなくなります。
後からお墓を変えることや引き上げることができなくなりますので注意しましょう。

樹木葬については、こちらの記事で詳しく解説しています。

こちらも読まれています

死後は土に還る…散骨をはじめとする自然葬、樹木葬について

散骨をはじめとする葬送方法。その一つが樹木葬です。死後は土へと還り大自然の一部となることは、命の自然な形でもあると考えられます。海や空、宇宙などへの様々な散骨と共に、今後ますますニーズの高まるであろう樹木葬について、ご紹介します。

散骨

故人にゆかりのある地や海などに遺骨を撒くことを散骨と言います。
ある意味永代供養と呼べる散骨ですが、個人で行うことも可能で特に手続きも不要です。

ただし、自治体によっては散骨について条例を設けているところもありますから、必ずホームページなどを見て行うようにしましょう。

散骨は個人でできると言いましたが、手間はとてもかかります。

まず遺骨を粉状になるまで砕く必要があります。
そうしないと撒けませんし、大きいものがあれば事件などを疑われて大変な事態を招くことがあります。

一般人が故人の骨を砕くのは精神的につらいものがあると思います。
できれば業者に任せたほうが良いと言えるでしょう。

日本は遺骨の管理について大変厳しい国です。
火葬をした後も火葬証明書を発行し、誰の骨であるかはっきりと分かるようにします。

遺骨を分ける際にも分骨証明書、お墓を改葬するときは改葬証明証を交付し、必ず骨が誰のものであるか分かるようにしています。

そうしないと死体遺棄として書類送検される可能性があるからです。

では散骨も死体遺棄になるのでは?と思われがちですが、非常にグレーゾーンになっています。

散骨は最近できた供養方法であり、日本の法律ではしてはいけないともしていいとも記載がされていないからです。
一部の自治体がはっきりと明記している以外、やっていいとも悪いとも定められていないのが散骨です。

こう書いてしまうと散骨は避けようと思われる方もいらっしゃると思いますが、散骨をしたという人は意外と多いのです。

マナーとルールさえ守れば散骨をしても問題ないと言うのが現状です。
そのマナーとルールを守る為にも、散骨を検討している場合は業者に依頼をするのがベストと言えます。

この記事では、散骨の違法性について検証しています。

こちらも読まれています

近年注目の高まる散骨 でも違法性はないの?

今、核家族化や少子化といった現代事情などにより、お墓を持たない散骨という葬送方法に注目が集まってきています。遺骨を好きなところに撒いていいの?違法じゃないの?など疑問に思う方に向けて、散骨の方法や違法性などについてご紹介します。

永代供養の手続きまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。

既にあるお墓を墓じまいし、永代供養先に入れると考えると何だかとても大変な作業な気がして気が引けてしまいますよね。

でも意外と永代供養にする手続きは簡単なものです。
今回の記事では以下のことを紹介していきました。

  • 改墓する場合:改葬許可証の準備と閉眼用法の依頼をする
  • 永代供養墓の生前の申し込み:受け入れてくれるお墓を探し、家族に契約書を渡す
  • 民営墓地:金額が安いが営状態についても見ておいたほうが良い
  • 寺院墓地:手入れは行き届くが、供養ごとに御布施をしないといけない可能性がある
  • 樹木葬:自然に優しく還ることができるが、埋めた遺骨を取り出すことができない
  • 散骨:グレーゾーンなので、検討してる場合は業者に依頼するのがベスト

これからのお墓の管理に悩んだり、子孫に手間をかけさせたくないとお考えの場合は、あなたの代でお墓じまいをしておき永代供養に踏み切っておけば思い残すこともありません。

また後継ぎがおらず、お墓の問題で困っていた人も、生前予約で永代供養の手続きをしておけば死後心配が残ることもありません。
生前の手続きのみで支払もしておけば、後世に面倒を残すことにもなりません。

是非この機会に、新しいお墓や供養の方法として永代供養をご検討してみてはいかがでしょうか。

永代供養に必要な料金については、こちらの記事でも詳しく解説しています。

こちらも読まれています

永代供養にかかる料金の相場はいくらなの?内訳や人気の理由を解説

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「永代供養・手続き」に関連する記事

  • 永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

    永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

    先祖代々檀家の家系の場合、永代供養墓に移りたいとなると大変です。一体どんなことが大変なのか知っていますか。今回は、檀家の場合永代供養墓に移るためになにをしたらいいのかなにが大変なのかを紹介していきます。

  • 永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

    永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

    お墓の継承者がいないため、永代供養を選択して墓じまいをする人が増えてきました。しかし墓じまいするためには、墓石を処分したり遺骨を取り出す必要があります。そこでこの記事では、遺骨を永代供養する際の墓石の処分法と必要な手続きについて説明していきます。

  • 永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

    永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

    跡継ぎのことなどお墓の今後をいろいろと考え、永代供養に変更しようと考える方や実際にそうする方が増えています。しかし、実際に永代供養に変更するためにはどのようなことをする必要があるのでしょうか?今回は、永代供養に変更する際に必要な手順や費用を見ていきます。

  • 永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

    永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

    故人を供養する方法の一つである永代供養をご存知ですか? 高齢化や核家族化の加速に伴い、より注目を集めつつあります。 しかし、「墓じまい」と聞くと馴染みのない言葉で手順も大変そうですよね? ここで複雑な手順や手続き方法、永代供養のポイントを押さえておくと安心です。

  • 墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

    墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

    自分がいなくなったあとの一家の墓についてどうするか。墓じまいや永代供養も、選択肢として考えられますね。ここでは、墓じまいと永代供養の違いや、それぞれの手順、必要な費用などについて説明します。どうぞ参考にしてください。

  • 改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

    改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

    後継ぎがいないなどの理由から、改葬して永代供養ができる霊園にお墓を移そうと希望される方が増えています。永代供養はメリットのある埋葬方法ですが、改葬の仕方などが分からず、お困りの方も多いと思います。永代供養への改葬はどのように行うのか、手続きも含め解説します。

  • 永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

    永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

    近年、承継問題などでお墓に対する考え方が変わってきました。従来の家族や一族がお墓を守っていく形ではなく、個人や夫婦単位で決められた期間だけ供養してもらう永代供養も増えてきました。この記事では、永代供養の流れについて紹介します。

  • 永代供養の申し込みについてすぐに役立つ情報を紹介します!のサムネイル画像

    永代供養の申し込みについてすぐに役立つ情報を紹介します!

    みなさんは永代供養という言葉を耳にしたことがありますか。 近年終活の一環としてご自身のお墓のことについて考えられる方が多くいらっしゃいますが、永代供養とは供養方法のひとつです。 今回は永代供養の申し込み方法、申し込みの注意点について詳しく解説していきます。

  • 永代供養は生前予約できるの?メリットや手続きを紹介!のサムネイル画像

    永代供養は生前予約できるの?メリットや手続きを紹介!

    お墓の維持管理の負担がなくなる方法として、永代供養があります。そして自分のお墓は自分の目で確かめて決めたいという方には、永代供養墓の生前予約がおすすめです。今回の記事では永代供養の生前予約について、そのメリットや手続きの面から詳しく解説していきます。

  • 永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

    永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

    終活の項目のなかで永代供養が注目を集めています。永代供養はお墓の継承者がいらない新しい供養方法です。ご希望の寺院・霊園に永代供養を申し込む場合、どのような時期が最適でしょうか?永代供養をお願いする時期について詳しく解説いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「永代供養・手続き」についてさらに知りたい方へ

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説のサムネイル画像

改葬して永代供養をするにはどうしたらいい?今すぐ役立つ情報を解説

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!のサムネイル画像

永代供養までの流れについて申し込みから埋葬後まで全て解説します!

永代供養の申し込みについてすぐに役立つ情報を紹介します!のサムネイル画像

永代供養の申し込みについてすぐに役立つ情報を紹介します!

永代供養は生前予約できるの?メリットや手続きを紹介!のサムネイル画像

永代供養は生前予約できるの?メリットや手続きを紹介!

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「永代供養・手続き」についてさらに知りたい方へ

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のことのサムネイル画像

永代供養なら檀家を抜けられる!?宗派問題と供養のこと

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説のサムネイル画像

永代供養で実家の墓じまい。墓石の処分方法と改葬手続きについて解説

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!のサムネイル画像

永代供養に変更するにはどうしたらいい?手順や費用・注意点を解説!

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!のサムネイル画像

永代供養の手順はどうする?そのポイントについて解説!

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬と永代供養の違い、手順、費用について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと