墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説

近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

目次

  1. 墓じまいの費用相場はいくらなの?
  2. 墓じまいはどうやって行うの?
  3. 墓じまいにかかる費用相場・内訳
  4. 改葬・お墓の引っ越しのための手続き
  5. 墓じまいをする際に注意するべきこと
  6. 墓じまいの費用まとめ

墓じまいの費用相場はいくらなの?

お墓

近年お墓を承継する人がいない、遠方にお墓があって管理するのが難しいといった理由から墓じまいを行う人が増えています。

墓じまいとは、その名の通りこれまで受け継いできたお墓を撤去する(しまう)ことです。
ご遺骨を新たに納骨するまでの一連の流れを、墓じまいという場合もあります。

墓じまいにかかる費用は、お墓を撤去するだけの場合10〜30万円ほどが相場になっています。
ですが、お墓の撤去費用以外にも墓じまいをするためには様々な費用が必要になります。
今回終活ねっとでは、墓じまいをする際に必要となる費用について詳しく見ていきます。
具体的には、

  • 墓じまいの方法
  • 墓じまいの費用相場・内訳
  • 墓じまい・改葬をするための手続き
  • 墓じまいをする際の注意点

といったことを中心に解説していきます。
ぜひ最後までお読みください。

また、墓じまいした後は新しく納骨先を決めなければなりません。
終活ねっとのお墓探しでは全国の霊園をアクセス・費用・口コミなどで比較できますのでぜひご利用ください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

墓じまいはどうやって行うの?

お墓

墓じまいの費用を知るためには、まず墓じまいの流れを把握しておく必要があります。
費用を見る前に簡単に墓じまいの流れをご紹介します。

  • 骨壷の状態を確認する
  • ご遺骨を新たに納骨する先を探す
  • 墓地・霊園の管理者に相談・連絡をする
  • 墓石を撤去してくれる石材店を探す
  • 閉眼供養(魂抜き)
  • ご遺骨を取り出す
  • 墓石を処分・撤去して墓所を更地にする(原状回復)
  • 役所に届け出を出す
  • ご遺骨を移動させ、納骨を行う

墓じまいにかかる費用相場・内訳

お墓

墓じまいの方法・流れを確認した上で、実際に墓じまいにかかる費用の相場とその内訳を見ていきましょう。
墓じまいをするためには、主にこれらの費用が必要になります。

  • お墓の解体・撤去費用
  • お布施代
  • 諸手続きに必要となる書類の代金
  • ご遺骨を新たに納骨するための費用

以下でそれぞれ詳しく確認していきましょう。

お墓の解体・撤去費用

墓じまいをする際に必ず必要となるのが、このお墓の解体・撤去費用です。
ほとんどの場合、石材店の方に頼んで解体作業を行ってもらいます。

お墓の解体・撤去にかかる費用の相場は、先ほどご紹介した通り10万円〜30万円ほどになります。

お布施代(閉眼供養・開眼供養)

お墓を解体する際には、ほとんどの場合閉眼供養(魂抜き)と呼ばれる儀式を行います。
閉眼供養とは、墓石に宿っている魂を抜くための儀式のことです。

閉眼供養を行う際には、僧侶の方を呼んで読経をしてもらう必要があり、その際にお布施を用意することになります。
閉眼供養のお布施代の相場は、1万円~5万円ほどになります。

また墓じまいをした後に、新たにお墓を建てるのであれば開眼供養(魂入れ)という儀式を行う必要があります。
開眼供養のお布施代の相場も同じく、1万円~5万円ほどになります。

手続きに必要な書類

墓じまいを行う際には、改葬という手続きを踏む必要があります。
(ただし再びご遺骨を埋葬しない場合は必要ありません。)

改葬をするには、改葬許可申請を行う必要があり、受入証明書・埋葬証明書を用意する必要があります。
これらの書類の用意には、数百円の手数料が必要になります。

ご遺骨を新たに納骨するための費用

墓じまいをしてご遺骨をお墓から取り出したら、新たに供養をするための納骨先が必要になります。
どこに納骨を行えばいいのでしょうか?
墓じまい後の納骨先としては、従来からのお墓だけでなく、近年永代供養墓・納骨堂といった新しいタイプのお墓を選択する方も増えています。

納骨先のタイプによって必要となる費用が異なります。
以下でそれぞれ簡単に見ていきます。

お墓を建てる場合

従来からのお墓を用意する場合、平均で145万円〜205万円ほどの費用がかかります。

お墓を建てる際にかかる費用についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

また、実際に納骨するお墓を探したいという方は、終活ねっとのお墓探しもぜひご利用ください。
無料で資料請求を行うことが可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

永代供養墓

永代供養墓とは、承継者を必要としない新しいタイプのお墓です。
永代供養墓を利用する場合は、平均で10万円〜150万円ほどの費用が必要になります。

永代供養にかかる費用についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

また、実際に永代供養ができる墓地・霊園を探したいという方は、終活ねっとのお墓探しもぜひご利用ください。
無料で資料請求を行うことが可能です。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

納骨堂に納骨する場合

納骨堂とは、建物の中にある納骨施設のことです。
墓じまい後の納骨先として、納骨堂は費用も抑えられることもあって非常に人気があります。
納骨堂に納骨する場合には、平均で10万円〜100万円ほどがかかります。

納骨堂に納骨する際に必要な費用についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

また、実際に納骨する納骨堂を探したいという方は、終活ねっとのお墓探しもぜひご利用ください。
無料で資料請求を行うことが可能です。

納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは納骨堂を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

樹木葬をする場合

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓のことです。
樹木葬をする場合には、平均で5万円〜80万円ほどの費用が必要になります。

樹木葬にかかる費用についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

また、実際に樹木葬ができる墓地・霊園を探したいという方は、終活ねっとのお墓探しもぜひご利用ください。
無料で資料請求を行うことが可能です。

樹木葬をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは樹木葬を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

散骨をする場合

散骨とは、ご遺骨を海や山などで撒くタイプの供養方法です。
散骨をする場合には、平均で10万円〜30万円ほどの費用が必要になります。

散骨をする際に必要な費用についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

手元供養をする場合

手元供養とは、ご遺骨を家庭で供養する方法になります。
手元供養品には、数千円のものから中には数十万円するものまで、様々な種類があります。

手元供養をする際に必要な費用についてもっと詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

こちらも読まれています

手元供養にかかる費用について相場・内訳などを解説します

最愛の人のご遺骨は、毎日身近に感じられるように、手元供養したいと思いますよね。でも、そのためには費用がどれぐらいかかるのか、相場や内訳をしっかり把握しておきませんか?今回は、手元供養の費用についての内訳や相場を開設したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

場合によっては必要になる費用

ここまでで挙げた項目以外にも、場合によっては必要となる費用があります。

離檀料

寺院墓地で檀家になっている場合には、離檀料と呼ばれる費用が必要になることがあります。
離檀料とは、お世話になった寺院に対して感謝の気持ちを表すためのお金のことです。

離檀料は、必ずしも支払う必要のある費用ではありませんが、相場は5万円〜20万円ほどだとされています。

こちらも読まれています

離檀料の相場とは?檀家をやめるのにはいくらかかるのか

お寺の檀家になっていたり、お寺にお墓を持っている人が改葬をする場合、気になるのは離檀料の相場ではないでしょうか?近年、改葬をめぐり高額の離檀料を請求されることがあるようです。今回は離檀料の相場、高額な離檀料を請求された場合の対処法について解説していきます。

墓石の移動費用

墓じまい・改葬をする際には、普通墓石を新しく用意することがほとんどです。
ですが、現在ある墓石をそのまま利用したいという場合、墓石の移動費用が必要になってきます。

墓石の移動にかかる費用の相場は、移動距離にもよりますが最低でも5万円〜10万円ほどは必要になります。

ただし、墓石の搬入が許可されていない墓地・霊園も多数あるので注意が必要です。

改葬・お墓の引っ越しのための手続き

お墓

改葬・お墓の引っ越しのためには、先ほど紹介した改葬許可申請をして改葬許可証を取得する必要があります。
改葬許可申請という手続きを行うには、受入証明書・埋葬証明書を準備しなくてはなりません。

受入証明書の発行

受入証明書とは、「改葬先の墓地・霊園の管理者がご遺骨の納骨を許可した」ことを示すための書類です。
移転先の墓地・霊園の管理者に依頼をして、交付してもらう必要があります。

埋葬証明書の発行

埋葬証明書とは、「誰のご遺骨が墓地・霊園に埋葬されているか」を示すための書類です。
現在のお墓がある墓地・霊園に依頼をして、交付してもらう必要があります。

公営霊園であれば、各自治体が問い合わせ先になっている場合があります。

改葬許可証の発行

受入証明書・埋葬証明書を発行したら改葬許可申請を行う必要があります。
改葬許可申請書は、受入証明書・埋葬証明書とともに現在お墓のある市区町村へ届け出ます

改葬許可申請書の書式は、提出する市区町村によって異なります。
申請書は、各市区町村の窓口で直接受け取る、もしくはホームページでダウンロードすることができます。

墓じまいの際に必要な手続きについてもっと知りたいという方は、こちらもご覧ください。

こちらも読まれています

墓じまいの際の手続きを全て解説します!必要書類の入手方法など

少子高齢化などの影響による後継者がいないなどの理由で、いっそのこと墓じまいをして、お墓や遺骨のことに整理をつけようと考える人が増えています。しかし、墓じまいには所定の手続きを踏むことが必要です。今回は墓じまいにまつわる必要な手続きについて見ていきます。

墓じまいをする際に注意するべきこと

お墓

ここまで、墓じまいをする際に必要となる費用や方法・手続きについて確認してきました。
意外と高額な費用がかかることがわかりました。

決して安くはない費用を支払うのですから、失敗はしたくないですよね?
ここでは、実際に墓じまいをする際に注意するべきことを項目別に解説します。

墓地・霊園の管理者への連絡

墓じまいの際には、墓地・霊園の管理者への連絡をする必要があります。
その際、以下の点に注意する必要があります。

  • 墓じまいを決定してから連絡しない
  • 高額な離檀料が請求された場合は、第三者に相談する
  • 納骨先を決めていないとスムーズに墓じまいできないことも

長年お世話になっている墓地・霊園の管理者への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

親族への連絡

また親族への連絡も忘れないようにする必要があります。
連絡なしで墓じまいを行い、トラブルが発生したという方も少なからずいます。

必ず報告・相談を家族・親族にしてから墓じまいを行うようにしましょう。

墓石撤去を行ってくれる石材店への連絡

墓石の撤去は石材店に依頼する必要があります。
日程の調整など、連絡を忘れずにするようにしましょう。

費用の見積もりなどをしてもらう必要もあります。

墓じまいの費用負担は誰がするのか?

墓じまいの費用は誰が負担するのでしょうか?
基本的には墓じまいにかかる費用を支払うのは、お墓を守っていく立場にある人です。

ですが、費用を全額出すことが金銭的に厳しいといった理由がある場合は、親族・兄弟で分担することもあります。
ただし分担する場合は、お墓を承継できる人はあくまで1人であることを忘れないようにする必要があります。

土葬の場合

日本では、ほとんどの場合火葬されたのちにお墓に埋葬されます。
ですが昔からあるお墓などの場合、土葬が行われている場合もあります

土葬されていた場合は、そもそもご遺骨が発見できるかどうか不明な上、深くまでお墓を掘り起こす必要があるため、費用が追加でかかることもあります。

墓じまいの費用まとめ

お墓

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、墓じまいにかかる費用について主に以下のことを紹介してきました。

  • 墓じまいをするためには、様々な手続きを踏む必要がある。
  • 石材の撤去は石材店に依頼する必要があり、費用は10〜30万円ほどがかかる。
  • 墓石の撤去費用以外にも、お布施代や書類代、納骨に費用などがかかる。
  • 改葬のためには、改葬許可証が必要。
    改葬許可申請をするために、受入証明書・埋葬証明書を用意しておく。
  • 墓じまいの際には、墓地・霊園の管理者や親族への連絡を忘れない。

お墓をしまうために必要な費用には、墓石の撤去にかかる費用だけでなく、新たな納骨先の準備のための費用もあるのですね。
お墓の移動・引っ越しには意外と高額な費用がかかります。
このことを事前に知っておくことで、前もって準備をしておくことができます。

終活ねっとでは、他にも墓じまいやお墓の費用に関する記事を多数掲載しております。
ぜひそちらもご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・費用」に関連する記事

「墓じまい・費用」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説

    墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「墓じまい・費用」についてさらに知りたい方へ

墓じまいの際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説のサムネイル画像

墓じまいの際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!のサムネイル画像

墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!

墓じまいの方法は?これを読めば墓じまいのやり方が全てわかります!のサムネイル画像

墓じまいの方法は?これを読めば墓じまいのやり方が全てわかります!

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまいをする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?手続き方法や納骨先の探し方も解説

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと