葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

永代供養に期間があるって本当?!

お墓

利用者が急増中の永代供養
お墓について考えられてる方は誰しもが聞いたことがあると思います。

永代供養は文字どおり、「永遠に供養をしてくれるもの」

そう思っていませんか?

実は永代供養には「期間」が設けられてることも多いのです。

期間があることを知らずに、後で困ることがないようにこの記事を読んでしっかり勉強しましょう。

永代供養墓の正しい選び方や、費用の相場についても紹介しております。

永代供養が増えている?

永代供養の定義は各霊園やお寺によって細かい定義が異なります。

もともと、お墓は家族が継いでいくという概念があり、その概念で問題なかったからです。
墓を継ぐ子どもがいない家庭や、遠くに引っ越してしまいお墓参りに行けないなどの理由が増え、永代供養の定義も変わりました。

『永代』って?

『永代』とは国語辞典の考え方では長く続くことという定義がされています。
お墓に対して使われる永代供養とは、お寺や霊園などの管理者が、節目ごとにお経をあげるなどして供養してくれることを指していました。

現在は家庭環境が変わったため、この定義も変化しています。

永代供養と永代供養墓の違い

永代供養と永代供養墓は違いがあります。
永代供養は、個人のお墓で新しく建てた場合や、ご先祖様から続いてきたお墓でもそのお寺や霊園としている契約を指します。
永代供養墓は故人のお墓ではなくほかの方々と同じお墓ということを指している場合があります。
事前の確認が必要です。

実は期間が決まっている場合が多い

お墓

霊園やお寺など、お墓を管理している所によって、期間は異なりますが、ある程度で期間が区切られています。
霊園では亡くなってからの期間で決められますが、お寺は檀家が亡くなった時などが期間となります。

霊園とお寺

霊園とお寺では永代供養の期間の定義が異なります。
霊園では、亡くなった人の30回忌が終わった時点で、永代供養の期間が終わるという規定が多く設定されています。
お寺では、期間が明確に区切られているわけではありません。
子孫の方が檀家を離れた時点で永大供養ではなくなります。

永代供養墓のリスクとは

永代供養墓の最も大きいリスクは家族や親族としての、心理的な面にあります。
ほかの亡くなっている方との合祀という形のため、近しい人のお墓参りという心理的な面に影響があります。

また、永代供養墓とされていても期間があったりと、注意が必要です。

それでも、やっぱりメリットが大きい

メリットは、金銭的に格段に安いということです。
個人でお墓を建てないので墓石のための費用が安く、管理をしてもらえるので普段の負担が少ないのです。
永代供養墓で期間が区切られていたとしても、管理の手軽さと金額を合わせると、メリットが大きくなるのです。

永代供養墓の選び方

永代供養墓の選び方は、何を基準にするかによって変わってきます。
様々な視点での選び方があるのですが、行きやすい場所にあるのか、金額はどうなっているのか、各家庭に合わせて選び方があります。

期間

永代という名前がついていますが、期間が決まっています。
霊園では亡くなってから30回忌50回忌で区切られることもありますし、お寺では檀家である間という期間があります。
期間が決まっていることを前提に、これからの生活も視野に入れて考える必要もあります。

納骨方法

納骨の方法にも注意が必要です。
他の方と同じ場所にまとめて納骨されるのか、個人個人スペースがあるのかという違いがあります。
まとめてだとお骨を取り出すことも出来ませんし、故人に手を合わせるという感覚が薄くなるという心理的なデメリットがあります。

法要

お墓

法要はどのような期間で、どのようなペースで行われるのかという違いがあります。
個人の周忌に合わせて行われるのか、季節の節目ごとに行われるのかという問題があります。

諸経費

諸経費は今後も払い続けるのか、一括で最初だけ金額がかかるのかなど、管理する霊園やお寺によって違いもありますが、大きな問題です。
地域ごとによっても平均的な金額は大きく異なります。

相談などのサービス

亡くなった後であっても、節目ごとに行われる法要などで聞きたいことなども出てきますし、何かあった時に相談できるかどうかはとても重要なポイントです。
永代供養墓の営業代理店ではなく、お寺や霊園などによっても違いがあります。

場所

お墓

霊園やお寺のある場所も重要ポイントです。
お墓参りに行きやすい場所なのかも大切です。

また、故人の好きだった場所という選択基準もあります。

永代供養墓は交通の便がいい場所が多く、駐車場も整備されていることもあります。

宗教は?

お墓参りや管理をしないで助かるというメリットはありますが、法要や節目ごとに行ってもらえる宗教・宗派はどこなのかという問題もあります。

気にしないのであればいいですが、信仰していた宗教・宗派があるのであれば、どのように法要を行ってもらえるのかも重要ポイントになります。

永大供養墓にかかる費用

永代供養墓にも必要最低限の費用は掛かります。
個人でお墓を建てるための金額より、ずいぶん手が出しやすい金額ですが、項目ごとに費用が掛かります。
支払うのは、どの時期で、先々も費用が掛かるのか、永代供養の期限はいつまでなのかも確認ポイントです。

埋葬料

お骨を永代供養墓に埋葬するための費用です。
お骨をお墓に入れるときに必要なお経をあげてもらうために宗教関係者に手配することが当然です。

ですが、永代供養墓の費用にはお墓に埋葬するために行われる法要の金額も含んでいることがあり、1度に手配をしてもらえる霊園やお寺もあります。

永代供養料

永代供養墓で供養をしてもらうための費用です。
合同で法要などをするための、法要を行うための費用であり、故人ですべてを負担するわけではないので、金額が抑えられています。
霊園やお寺によって、日時を知らせてくれたり、参加してお経を一緒にあげることが出来ます。

永代使用料

永代供養墓を使用するための費用です。
永代使用料というと、長く永遠にという意味合いを感じますが、霊園やお寺によっては、期間が区切られているということに注意が必要です。
永遠にという意味で使われる霊園やお寺もありますが、基本は期間が区切られています。

管理料

永代供養墓を維持するために必要な管理料です。
掃除やお供えなども、それぞれに管理者がしてくれ、永代供養墓をきれいに保ってくれます。
管理の仕方や、日々どのように掃除されているのかなどは、事前に見学することが出来るので、納得のいくまで探しましょう。

刻字料

永代供養墓に納骨されたことを、墓誌に刻印するための費用です。
各霊園やお寺によって、どのような板に刻印をおこなうのか違いがあります。
石の板や鉄の板など永代供養墓のデザインや材質によって、金額が変わってきます。

納骨堂との違い

納骨堂と永代供養墓は大きく違いがあります。
納骨堂は室内にあり、故人ごとに安置することが出来ます。
永代供養墓は外にある事が多く、合同でお骨を安置するタイプも、個別にお骨を安置するタイプなどあります。

納骨堂のメリット

納骨堂のメリットは費用が安いという点と、引っ越しなど家族の事情にもすぐに対応できるというポイントです。
お墓としてお参りをすることもできつつ、墓石がないためすぐに違う場所に移動することが出来ます。

納骨堂のデメリット

保管期間が厳重に決まっているという点がデメリットになります。
保管期限が過ぎた後に、お骨がどうなるのかしっかり確認しておかないと、あとあと後悔することになります。

永代供養墓の期間 まとめ

  • 永代供養には霊園とお寺で種別は違えど期間がある。
  • 永代供養のメリット&デメリット
  • 永代供養墓の選び方
  • 納骨堂との違い

を説明しました。

それまでお墓参りをしていた人であっても、お墓を建てる、亡くなった方のお骨をお墓に入れるとなればわからないことばかりではないでしょうか?

永代という名前がついていても期間があったり、費用も選択基準になります。

お墓を選ぶ際は、じっくり考えてみましょう。

永代供養墓を選ぶメリットとデメリットをより詳しく学びたい方は以下の記事をご覧ください!

こちらも読まれています

永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「永代供養・期間」に関連する記事

「永代供養・期間」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「永代供養・期間」に関連する記事

「永代供養・期間」についてさらに知りたい方へ

最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

近年増えている永代供養ですが、その実態についてご存知でしょうか?費用が安いと良く耳にしますが、どのようなメリットがあるか知ってから選びたいものです。この記事では永代供養を選ぶメリットについて、費用や宗教の違いなど様々な面から解説いたします。のサムネイル画像

永代供養を選ぶメリットって何?費用が安い理由をお教えします

最近話題になることの多い永代供養ですが、永代供養がなにか分からない人もいると思います。宗派による違いはあるのでしょうか?また宗派が違えば永代供養してもらえなかったりするのでしょうか?ここでは気になる永代供養について詳しくまとめてみました。のサムネイル画像

違う宗派・無宗派での永代供養。納骨堂との違いやメリットを解説!

最近よく耳にする「永代供養」とは何でしょう?終活を考える上で避けて通れないのはお墓のことです。けれども、お墓を購入するのも維持するのにもお金がかかるし、大変ですよね。そこで行き着くのが永代供養です。今回は永代供養とはどんなものなのかを説明します。のサムネイル画像

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!

永代供養を選ぶ際に費用は気になりますよね。では、永代供養の費用の内訳や相場、また霊園の選び方とはいったいどんなものなのでしょうか?今回は永代供養にかかる費用の訳と金額の相場を解説していきます。お寺や霊園を選ぶ時の注意点も説明していますのでぜひお役立てください。のサムネイル画像

永代供養について費用の内訳や相場、選び方などを全て紹介します

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト