葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

お墓の掃除方法や、墓石の掃除グッズを一挙紹介します!

墓石掃除にはいつも時間がかかると感じる人もいるのではないでしょうか。便利なグッズを利用すればこの墓石掃除も楽にすることができます。ここでは、墓石の掃除の仕方、100均で手に入る便利グッズを紹介します。

お墓掃除の参考にしてください!

お墓

お盆やお彼岸の時には、綺麗に墓石掃除をする人も多いことでしょう。
ご先祖様のお墓を綺麗に掃除をしようと思っても、数ヶ月もの間外で雨風にさらされている墓石は汚れていて、真剣に掃除をしていると、気づけば数時間もかかっていたといった人もいるのではないでしょうか。

そんな時に役に立つのが便利グッズです。
100均などでも手に入り、お手軽価格でありながら、これが意外に役に立つものばかりです。
ここでは、時間短縮ができる墓石掃除の便利グッズを紹介します。

便利グッズを活用して、短時間で、しかも綺麗に墓石掃除をしてみてはいかがでしょうか。

お墓掃除の順番!下から上に!

お墓

通常、家での掃除などでは、上から掃除をしていくのが基本です。
下を掃除してから上を掃除すると、上からほこりなどが落ちるため、また下が汚れてしまい、二度手間になるためです。

しかし、お墓掃除の場合には、通常の家の掃除とは違い、まずは下から掃除をしてから上を掃除し、再び下を掃除するのが正式な掃除の仕方という考え方があります。
なぜ、お墓掃除では下から上に掃除をするのかと思う人もいるかもしれません。

お墓掃除では、下を掃除することは下界の汚れを清めるという意味があるようです。
そのため、まずは下界を示す下を清めてから、上から掃除をし、そして再び下界を清めるというのが正式な掃除の順番となっているようです。

①まずは敷地内

下からしていくお墓掃除では、まずは敷地内からの掃除から始めましょう。
草取りをしたり、玉砂利を洗う、周辺にある植木の剪定などをします。

草の処理に除草剤はOK?

墓地に除草剤を使うのはバチが当たるのではと思う人もいるかもしれませんが、お寺でも除草剤を使っているところもあります。
年配の方では草取りが大変なもので、この除草剤を使うときには、ご先祖様に「除草剤を任せてください」と、一言お願いをしてから撒いているといった人もいるようです。
除草剤なんて、安全性を考えると家の庭にまく人は少ないのに、お墓に除草剤を使うのか、といった考え方もあります。

そんな人は別の方法も考えてみましょう。
除草剤を使わなくても、玉砂利を敷いたり、除草シートを敷く、土の部分をコンクリートで覆ってしまうなど、色々対策の仕方はあります。
自分に合った方法で草の処理をしてみてはいかがでしょうか。

玉砂利は洗うより買い替えを検討

玉砂利を敷くことで草も生えにくくなるため、お墓の周辺に敷く人は多いです。
ただ、玉砂利を敷いたことで落ち葉や松葉などを拾うのが面倒になったり、玉砂利が汚れていることで見栄えが悪くなることもあります。

お墓掃除の時には玉砂利を洗う人も多いのですが、仕事が忙しく時間がないといった人は、玉砂利を洗うのではなく、買い替えを検討してみましょう。
洗うよりは買い替えた方が時間の短縮になり、一緒に落ち葉なども取り除けるので、楽に敷地内の掃除を済ませることができます。

植木の剪定

お墓によっては植木などを植えている人も多いです。
この植木を剪定するとお墓の印象も大きく変わります。
また、植木をほおっておくと、隣のお墓にも迷惑がかかることがあるので、お墓掃除の際には、この植木の剪定も忘れず行いましょう。
剪定ばさみ一つあれば素人でも簡単に剪定はでき、背の高い木でも、高枝切りばさみを用意すれば簡単に剪定ができます。

②香炉の掃除

周辺の掃除が終われば、墓石に置いてある香炉の掃除をしていきます。

固くなった土を柔らかく

香炉の中の土(灰)が固いと、上手く線香を立てることができません。
この場合には、新しい香炉灰と交換するのも良いですし、灰ならしで掃除をするだけでも柔らかくすることができます。

③水鉢・花立の掃除

水鉢や花立の掃除も忘れてはいけません。
水鉢には雨水が溜まり汚れていることも多いですし、花立にも古い水が溜まり、中には枯れた花などが入っています。
水鉢は、故人に対して水をあげるためのくぼみですし、花立も花をお供えるする場所ですので、綺麗に掃除をしましょう。

取り外しができるなら

取り外しができるタイプであれば、近くの水道に持って行って綺麗に掃除をすることができます。
ステンレス製であれば、お墓掃除用のクロスなどを棒などに巻き付けてゴシゴシすれば簡単に汚れを落とすことができます。

取り外しができない場合

取り外しができないタイプも柄付きブラシで掃除をすると綺麗になります。
まずは枯れている花などがあれば取り出し、中の水も雑巾などを使って取り除きましょう。
そのあと、柄付きブラシを使って掃除をしていきます。
この時に綺麗な水をバケツに汲んでおくと掃除がしやすいです。

④目地の掃除

目地は汚れが溜まりやすい部分です。
目地を歯ブラシで掃除する人も多いかと思いますが、目地は歯ブラシでは掃除しにくい場所です。
おすすめなのがサッシの溝を掃除するサッシ用ブラシです。
これなら歯ブラシを使うよりも楽に目地掃除ができます。

⑤墓石全体の掃除

敷地内の掃除、香炉や花立、目地などの掃除が終われば、墓石全体の掃除をしていきます。

墓石の素材と加工を確認

墓石には、ザラザラした表面の墓石もあれば、ツルツルしている鏡面加工のお墓もあります。
墓石の素材には、大理石や石灰岩、砂岩など色々種類があり、砂岩は耐久性が高く、大理石や石灰岩は酸に弱いという特徴があります。
また、墓石によっては表面加工をしてあるものもあります。
お墓掃除をするときには、墓石の素材や加工を確認して、使う道具や洗剤などを選ぶことが必要です。

まずは大まかな汚れ掃除

数ヶ月も掃除をしていないと墓石には様々な汚れが付着しています。
その中には、泥であったり砂なども付着していて、その状態で墓石を磨いてしまうと表面が傷ついてしまいます。
墓石掃除をするときには、まずは大まかな汚れ掃除をしましょう。

水垢を綺麗に

墓石についた水垢を何とかしたいと考えている人も多いでしょう。
水垢はタオルやタワシでこすっても簡単には落とすことができない汚れです。
この水垢を落とすために、家庭用洗剤や塩素系、酸性の洗剤を使う人もいるようですが、これらの洗剤はシミの原因となります。

墓石用の水垢やシミを落とせるグッズも販売されていることから、この水垢が気になる人は、このような専用グッズの利用をおすすめします。

サビを綺麗に

水垢は専用グッズで擦ることで落とすことができる汚れですが、墓石についたサビは擦って落とせる汚れではありません。
墓石用でサビ取り専用の薬剤を使って浮かび上がらせてから、除去する必要があります。

苔への対策は

苔であれば、基本的に擦れば落とすことができます。
しかし、この時に金属製のタワシなどを使うと墓石を傷づけてしまうため、使用は控えるようにしましょう。
石材専用の苔やカビを落とす洗剤も販売されているので、一緒に使うと効果的です。
苔は湿気を好むことからも、掃除をした後はからぶきをして墓石の水分をしっかりととるようにしましょう。

お墓掃除の定番道具

お墓

お墓の掃除に必要な定番道具を紹介して参ります!

ホウキとチリトリ、ゴミ袋

お掃除の定番中の定番の道具がこの3セットです。
お墓にはゴミを捨てる場所はないので、ホウキで掃いてゴミをチリトリに取ったら、ゴミ袋に入れて持ち帰るようにしましょう。

バケツ

墓地では水道がある場所が限られているため、墓石を洗うためにはバケツも必需品です。

墓石用洗剤

洗剤によっては、墓石を傷つけたり、シミとなってしまうこともあるので、墓石を洗うときには墓石洗剤を使用しましょう。

タオル

墓石を洗ったら乾いたタオルでからぶきをするのが理想です。新品のタオルを何枚か用意して水分をとると良いでしょう。

剪定ばさみ

植木などが植えてあるのなら剪定ばさみを用意して、剪定をすれば見た目にもスッキリとします。

軍手、虫よけスプレー

その他にも、軍手や虫よけスプレーも用意すると快適に掃除をすることができます。

傷つけるものはNG

掃除道具を用意するときには、墓石を傷つけることがない道具を揃えることが大切です。

なかなか落ちない墓石の汚れを落とすときには、金属製のタワシや研磨効果のある洗剤などを使いがちですが、このことで墓石に傷がついてしまうことがあります。

墓石を洗うときには、傷つける道具や洗剤には注意をしましょう。

100均で買える、新3大道具のご紹介

お墓

100均には、加工食品であったり文房具、日用品なども多く販売され、便利なお掃除グッズも販売されています。

お墓掃除をするための道具は色々揃える必要がありますが、この100均を利用することで、お得に道具を買い揃えることができます。

お墓掃除をするための便利グッズは色々ありますが、その中でも新3大道具について紹介します。

①歯ブラシ:細かい墓石の汚れ落としに

100均で買える道具で便利なのが歯ブラシです。
墓石のつなぎ目であったり、墓石の文字の彫刻部分にはこの歯ブラシが役に立ちます。
タワシでも十分と考える人もいるかもしれませんが、墓石のつなぎ目などではタワシでは上手くあたらないため、気になる汚れを落とすことができません。
そんな時にでも歯ブラシならしっかりとフィットし、汚れを落とすことができます。

②メラミンスポンジ:落ちにくい水垢に

家庭の掃除では、手軽に茶渋や水垢を落とせるとメラミンスポンジが人気があります。
このメラミンスポンジは100均で手軽に購入でき、この価格の安さも人気の理由となっています。
水垢に効果的なメラニンスポンジは墓石にも有効ですが、砂などが残っていると墓石を傷つけてしまうので、使うときにはしっかりと汚れを落としてから使うようにしましょう。
文字などが彫ってある部分ではすぐにボロボロになってしまうので、このような場所ではブラシ系が最適です。

③柄長ブラシ:花立を綺麗に

100均でぜひ買っておきたいのが柄長ブラシやパイプブラシです。
柄長ブラシやパイプブラシとは、コップや水筒、排水口などを掃除するためのブラシなのですが、その形状から、花立の掃除などでは大きな助けとなります。
花立の筒には長い間水が入っていたため、ヌメリが気になっていても、奥の方までは歯ブラシなどでは綺麗に掃除ができません。
パイプブラシを利用すればヌメリもしっかりと取り除くことができ、綺麗な水で花をお供えることができます。

お墓掃除のタイミングは?

お墓

多くの人がお盆やお彼岸などのタイミングで掃除をしているかと思います。
お墓の掃除のタイミングはいつでも良いのですが、参拝者のことを考えると、春と秋のお彼岸や夏のお盆前にはお墓掃除を済ませておきたいところです。

参拝者がお墓参りに来たときに、綺麗にお墓が掃除をしてあるのとないのとでは印象も大きく違ってきます。

気持ちよくお墓参りをしてもらうためにも、早めにお墓掃除を済ませておきましょう。
近くにお墓があるのであれば、月に1回程度はお墓参りもかねて軽く掃除をしておくと、お彼岸やお盆前の掃除も楽に済ませることができます。

お墓掃除の服装について

お墓

ご先祖様の前ということもあり、掃除の時にも適切な服装があるのかと思う方もいるかもしれませんが、掃除目的であればラフな服装で向かいましょう。

お墓掃除では草取りをしたり、水や洗剤なども使うことから、服が汚れることが多いです。
そのため、汚れても構わない服装でお墓に行きましょう。

しかし、周りのお墓ではお墓参りをしているケースも考えられることから、できるだけ落ち着いた色の服装が望ましいです。

供物にタブーはある?

お墓

お墓参りの時やお墓掃除が終わった後には、お菓子や果物、故人が好きだったものをお供えすることでしょう。

ですが供物の供え方を間違えば、お墓が荒れる原因になったり、暮石のシミの原因になったりします。

お墓を掃除しても、供物のマナーを破ることによって汚してしまっては元も子もありません。
お墓を綺麗に保つことを心がけましょう。

では、供物の注意点やタブーや注意点を紹介していきます。

食品を供える際の注意点

供物では、肉や魚など殺生につながるものはタブーとされています。

また、お墓に備えた時にそのままにしておくものと、そうでないものがあります。
線香やお花はそのままにしておくのですが、食べ物などは持ち帰るのが基本です。

そのままにしておくと、腐ってしまったり、せっかく掃除をしたのに、カラスなどの動物によってお供え物が荒らされお墓が汚れてしまうことも考えられます。

このことで、周辺のお墓や管理者に迷惑となることもあるので、食べ物などのお供え物は持ち帰って、家で食べるようにしましょう。
持ち帰ったお供え物を食べることは故人への供養にもなると言われています。

お酒を供える際の注意点

故人がお酒が好きな人だった場合では、良くお墓にお酒をかける人がいます。
お酒を飲ませてあげたいという気持ちは分かりますが、お酒を墓石にかけるとシミの原因となります。

お酒を供えるなら、おちょこなどを用意してお酒を入れると良いでしょう。
ビールやジュースなどの缶も長期間放置をすればサビが墓石についてしまうので良くありません。

タバコもよくない?

タバコが好きだった人には、タバコを供える人も多くいます。
このタバコもタールやニコチンによってシミの原因となります。
タバコはパッケージを開けなくても染み出すことがあるので、お供えをしてから帰るときには持ち帰るようにしましょう。

ご先祖様を想って丁寧に

お墓

便利グッズを使えば、短時間の掃除も可能ですが、丁寧さも重要です。
ただ掃除をするだけではなく、過去の思い出であったり、今の近況など、様々なことを想像しながら、ご先祖様と会話をするつもりで掃除をすることも良い供養になるのではないでしょうか。

お墓の掃除まとめ

お墓
  • お墓掃除の手順は下から上
  • お墓掃除の定番道具
  • お墓掃除に使える100均アイテム
  • お墓掃除のタイミング
  • お墓掃除の際の服装
  • お墓参りの供物のマナー
  • 供物のマナーを守ることでお墓が綺麗に保たれる。

などについて説明しました。

お墓の掃除の方法について一通りわかったのではないでしょうか?

100均にもお墓掃除に役立つ便利グッズが多く販売されていますね。

100均なら手軽に購入できるので、次のお墓掃除ではこの便利グッズを活用してみてくださいね。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「墓石・掃除」に関連する記事

「墓石・掃除」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「墓石・掃除」に関連する記事

「墓石・掃除」についてさらに知りたい方へ

墓地・霊園でのお墓掃除の手順や注意点をご存知の方はどのくらいいるでしょうか?間違った方法で掃除をしてしまうと、かえって墓石をだめにしてしまいます。墓地・霊園での正しいお墓掃除情報を知って、これからのお墓掃除をとことん簡単に楽にしてしまいましょう!のサムネイル画像

墓地・霊園の掃除方法についてまとめました!便利なグッズも紹介!

お墓参りをする時にお掃除をされる方は多くいらっしゃると思います。そこで、掃除の仕方や、用意する道具、あったら便利な物やマナーについて解説させていただきたいと思います。いざという時のため、改めてお墓参りの時の掃除の仕方を見直したい、そんな方には必見です!のサムネイル画像

お墓参りの時の掃除の仕方って?用意する道具やマナーなども解説!

お墓掃除していますか?今回はお墓の正しい掃除の仕方を紹介していきます。また現在お墓の掃除は代行サービスを利用する方も多いようです。代行サービスについても紹介していきます。のサムネイル画像

お墓を綺麗にしよう。お墓掃除についてのあれこれ

お墓には水垢や苔、ホコリなどの汚れが意外と積もっています。正しい手順で掃除をすることでお墓はきれいな姿によみがえります。そこで今回は、お墓掃除に用意したい持ち物と正しい手順について説明します。注目が集まるお墓掃除専門の代行についてもご紹介します。のサムネイル画像

お墓掃除の持ち物や手順、そして今流行りの掃除代行などを紹介

墓石が綺麗に掃除されていると気持ちいいものですよね。実際掃除をするとなるとさまざまな疑問が出てきます。今回は掃除の準備品、墓石の掃除の仕方などの疑問を解説していきます。是非最後まで読んで墓石を掃除する際の参考にしてみてくださいね。のサムネイル画像

墓石の掃除方法を解説!正しい手入れの仕方を知ってお参りしましょう

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト