墓石の文字入れってどうしたらいいの?時期や費用は?

墓石に刻まれる名前。墓石には文字入れを行い、誰のお墓か分かるようにします。ではその文字入れは、いつ行い、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?今回は、墓石に文字入れを行う際の気になることをまとめました。

目次

  1. 墓石に文字を彫りたいけど…
  2. 墓石に文字入れをする時期
  3. 文字入れの手順
  4. 洋風のお墓の文字入れは?
  5. 生前から文字入れは可能?
  6. 値段はどれくらい?
  7. 墓石の文字入れまとめ

墓石に文字を彫りたいけど…

墓石とは、お墓の目印として建てる石材のことをいいます。
この墓石には、文字入れを行い、誰のお墓か分かるようにするのが一般的です。

しかし、やはり気になるのは文字を彫るのにかかる費用ですよね。

そこでこの記事では

  • 文字を入れる際に必ず知っておきたいこと
  • どんな文字が一般的に入れられているのか
  • それぞれにかかる費用

を解説しています!ぜひこの記事を読んで文字を入れるた後に後悔することのないようにしましょう!

お墓を建てるにあたって、全国の霊園を比較したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

墓石に文字入れをする時期

墓石に文字入れを行うのは、一般的に死後です。
生前から墓石に文字入れを行うこともできますが、多くの人は死後入れていきます。
いつ文字入れを行うかは決まっていませんが、いつまでに行うかは決まっています。

納骨式の時

墓石に文字入れを行う時期は、法律などで決まっていません。
しかし、納骨式が行われるまでに文字入れを行うのが一般的です。

四十九日の法要時に納骨式を行わない場合

納骨式は、四十九日に行われることが多いです。
しかし、お墓を用意することができなかった、手元にまだ遺骨を置いておきたい、などの理由がある方は四十九日に納骨しなくても問題ありません。

そのため、四十九日に納骨式を行わないのなら、急いで墓石に文字入れを行う必要もないのです。
もし1回忌や3回忌などで納骨式を行うのであれば、その納骨式に間に合うように文字入れを行うようにして下さい。

文字入れの手順

では墓石に文字入れを行うには、どのような手続きが必要なのか見ていきましょう。

石材店への連絡

墓石に文字入れを行うためには、まず石材店に連絡します。
名前を入れる為に、一度墓石の竿石の部分を石材店に持って帰るのです。

持ち帰って、石材店で作業を行い、そしてまた設置する作業を行うのですが、全て2~3週間ほどはかかります。

墓石を持ち帰る前に

石材店が墓石の竿石の部分を取り外す時には、お坊さんによる閉眼法要を行わなければなりません。
閉眼法要は、遺骨をお墓から取り出す時に行われることが一般的です。
なので、墓石を取り外すだけなら、必要ないのではないかと思われるかもしれません。

しかし墓石のとくに竿石には、仏様が宿っているといわれています。
仏様が宿っている墓石を動かすため、閉眼法要を行う必要があるのです。

入れる文字をどうするか

墓石に文字入れする文字ですが、墓石に入れる文字といえば、「〇〇家之墓」といったようなものをイメージされる方が多いでしょう。
しかし実は決まりはないのです。
名前を知られたくないといった方は「先祖代々之墓」と文字入れする場合もあります。

最近は、洋風のお墓も増えてきています。

個人名でもOK

個人墓や夫婦墓の場合には、故人の戒名や俗名が文字入れされます。

好きな文字を入れる場合も

名前を入れるのが定番ですが、中には好きな文字を入れる場合もあります。
宗教に則って、名号や題目、そして経文を文字入れする場合もあります。

洋風のお墓の文字入れは?

最近は、洋風のお墓が増えてきています。
一般的なお墓の墓石は、四角いものが多いです。
しかし、洋風のお墓は横長いものや、丸いものなどユニークな形のものがあります。

ローマ字の文字入れも可能

洋風のお墓の場合、ローマ字で文字入れを行う場合も多いです。
横長や丸い形の墓石には、ローマ字がぴったりですよね。
ローマ字で俗名を入れ、そして好きなメッセージを入れる場合が多いです。

生前から文字入れは可能?

実は墓石の文字入れは、生前から入れることができるのです。

赤い文字、または塗りつぶす

生きているうちから、文字入れを行うことができます。
生きている人の名前には、赤いペンキで名前を塗りつぶしたり、また赤く名前を書いたりします。
そして亡くなった場合には、その赤色を落とします。

値段はどれくらい?

墓石に文字入れを行う場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

相場

戒名や俗名を入れる場合、そしてメッセージなどを入れる場合によって値段は変わってきます。

戒名や俗名の場合

墓石の竿石の部分に文字入れを行う場合は、1名につき6万円が相場となっています。
墓石に文字入れを行う場合は、文字入れを行う場所によって料金が異なります。
墓石の横に設置されることが多い霊評に文字入れを行う場合は、竿石に文字入れを行うよりも費用を抑えることができます。

霊評に文字入れを行う場合は、1名当たり5万円が相場となっています。
このように、戒名や俗名を入れる場合は、1名2名など人数で料金が変わってきます。

好きな文字を入れる場合

そして、墓石に好きな文字を入れる場合は、文字数によって料金が変わります。
もちろん文字数が多い方が料金は高いです。

墓石の移動費

墓石に文字入れを行う場合、石材店に持って帰って作業を行う場合が多いです。
その場合には、墓石の運搬料がかかります。

墓石の顔となる竿石を運搬する場合、先ほど紹介した閉眼法要を行わなければなりません。
すべて含んで相場は2万円ほどとなっています。

運搬料は、墓地から墓石までの距離によって変わることもあります。
一度石材店に問い合わせてみるといいでしょう。

お墓の移動を考えている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓石の文字入れまとめ

いかがでしたか?今回は墓石に文字入れを行う時について紹介していきました。
文字入れについて理解できたでしょうか?

しっかり理解しておくと、いざという時にすぐに対応することができます。
また、もし墓石に自分の好きな言葉を入れて欲しいといった場合は、生前に家族にしっかりと伝えておくようにしましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓石・文字入れ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墓石・文字入れ」についてさらに知りたい方へ

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?のサムネイル画像

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!のサムネイル画像

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!のサムネイル画像

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?のサムネイル画像

意外なお墓事情!お墓の文字って何色にする?金!?赤!?

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?のサムネイル画像

お墓を建てる時、デザインを選べるって本当?デザイン墓とは?

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?のサムネイル画像

墓石に彫刻する【文字の例】どんなものがあるの?

お墓の魂入れ・開眼供養について、基本事項を全部解説!のサムネイル画像

お墓の魂入れ・開眼供養について、基本事項を全部解説!

墓石の彫刻について解説!人気の文字やデザイン、気になる費用は?のサムネイル画像

墓石の彫刻について解説!人気の文字やデザイン、気になる費用は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓石・文字入れ」についてさらに知りたい方へ

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?のサムネイル画像

墓石に文字を入れるのに必要な値段はいくらぐらい?

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!のサムネイル画像

お墓の文字について彫刻の決まりや費用、掃除の方法まですべて解説!

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!のサムネイル画像

墓石に彫刻する文字は人それぞれ…その一例を紹介します!

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識のサムネイル画像

墓石に彫る文字や言葉を決める時に知っておきたい基礎知識

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方のサムネイル画像

お墓の彫刻はどうしよう?刻む文字の選び方

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと