墓じまいした後、遺骨はどうする?改葬骨を散骨をしても大丈夫なの?

「お墓を守ってくれる子供に負担がかかる」「お墓を継承する人がいない」 このような理由から今、墓じまいをして、宗教に囚われない供養方法を採る人が増えています。 散骨もその1つです。 ご先祖のために墓じまいと散骨のやり方を知っておきましょう。

目次

  1. 墓じまいとは?
  2. 墓じまいをしたい場合
  3. 墓じまいした後、遺骨をどうするか
  4. 散骨は合法?
  5. 散骨の種類と方法
  6. 日本で有名な散骨場所
  7. 墓じまいと散骨のまとめ

墓じまいとは?

墓じまいとは「お墓を解体し、撤去すること」です。「廃墓」と呼ばれることもあります。

核家族化・少子高齢化によりお年寄りの人数が増え、後に残される子供の数が減ってきています。
そのため先祖が眠っているお墓を維持するのが大変になってきています。

また経済的理由で、高価なお墓を買うことができない人も増えているそうです。

先祖が眠るお墓をしっかり守るためにも「墓じまい」という選択をすることも重要なことになってきました。

墓じまいに必要な準備、そしてその後先祖や故人の遺骨をどのように供養するか調べてみました。

実際に墓じまいを検討されている方は、終活ねっとの墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き
  • ご遺骨改葬先の手配
  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)

墓じまいをしたい場合

先祖と残された子孫のことを思い行なうのが、墓じまいです。
そのためには、事前準備が大事です。

墓じまいをしたい、主な理由

墓じまいをしたいという理由は、少子高齢化・晩婚化・お墓を購入する余裕がないという経済的な問題などがあります。
日本社会が抱えている問題が、そのまま反映されているのです。

お墓のことで子供たちに負担をかけたくない。
お墓を守ってくれる子供がいない。
このような理由から、墓じまいを考える人が増えています。

今まであったお墓を壊して、新たな供養をしっかりするのであれば問題ありません。

1番大事なのは、子供や子孫で供養すること。
そして、毎月・毎年先祖に手を合わせて、報告するということが大事なのです。

墓じまいをするにあたって必要な礼儀

墓じまいの手続きは、非常に大変です。

特に寺院にお墓を建てている場合は、住職さんにいち早く相談することが大事です。

お寺としては、お墓を無くしたくないというのが本音です。
住職さんと話がうまくいかなく、トラブルになることもあります。
慎重に対応することが大事です。

事前に、墓じまい後の供養方法・墓じまいの業者とも相談をしてください。
お墓を壊すということは、1人ではできません。専門の業者の手を借りる必要があります。
お寺には、用地を更地にして返すのが礼儀です。

住職さんとお話がついた段階で、いつでも墓じまいが出来ることが理想のスケジュールになります。

墓じまいについてより深く知りたい場合は、こちらの記事をご確認ください。

こちらも読まれています

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

墓石の撤去といわれても何をすればいいのか分からないと思います。いざそのときになってみると焦ってしまうかもしれません。また、費用もどのくらいかわかりませんよね?ここでは、そんな墓石の撤去の手順と費用について解説します。

墓じまいした後、遺骨をどうするか

墓じまいをする前に、遺骨をどのようにするか決めておかなければいけません。
沢山の供養方法があります。

散骨をする

海

散骨とは「個人の遺体を火葬した後、お骨を粉末状にして、海や空・山中等にまく埋葬方法」で、別名「自然葬」とも言われています。

散骨するにあたり、お骨は2mm以下からパウダー状と、きめ細やかな状態にしなくてはいけません。

近年、日本でも散骨に対する意識が高まっています。

自宅供養

「手元供養」とも呼ばれていて、コンパクトな仏壇にお骨と一緒に家に置いて供養する方法です。

亡くなった大事な家族のお骨と一緒に暮らし、1番近くで供養したいという思いから生まれた供養方法です。
宗教の考えよりも、家族の思いが重要視されています。

手元供養の仏壇も非常に増え、インテリアにも合うシンプルな仏壇も発売されています。

また、常に故人と一緒にいたいという思いから「遺骨ペンダント」もたくさん発売されています。
遺骨ペンダントは、遺骨・遺灰の一部をペンダントにします。
常に愛する故人が胸元に一緒にいるということで、遺骨ペンダントを作成する方が増えています。

お寺に供養してもらう「永代供養」

子孫がいなくなった場合や、お墓を守るものがいない場合に、供養をお寺に頼むのが「永代供養」です。

他の家族と一緒に、又は納骨堂に個別に安置されます。
永代供養として名前が石板の墓誌に刻字や、帳簿に名前を載せてくれます。

お寺によって供養の方法は変わってきます。

毎年の春彼岸・お盆・秋彼岸に合同供養をしてくれるお寺や、毎月1回供養をお寺で行なってくれます。

ある一定の料金を払えば、ずっと供養してくれるので安心してお寺にお任せできる供養方法です。

永代供養ができる霊園・墓地をお探しの方は、終活ねっとのお墓探しをぜひご利用ください。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

散骨は合法?

もし先祖のお骨を散骨したいと思った場合、問題が起こってくることもあります。

法律的にはグレーゾーン

もし陸地(樹木葬など)に散骨する場合、他人の私有地に散骨することは絶対にやってはいけません。

「墓地・埋葬に関する法律」という、定められた場所に埋葬しなければならないという法律はありますが、散骨(自然葬)という考えが日本でまだ周知されていない時期に出来た法律です。

そのため、この法律が散骨に適応されていないのではないかと言われています。

地域によっては禁止されているところも

どこでも散骨してはトラブルが続出するので、地方自治体によっては条例で散骨を定めている都市があります。

自然葬に関して、2005年に北海道長沼町で散骨を規制する条例が制定されました。

長沼町は、農業が盛んな地域です。
「きたくりん」というブランドがついたお米や、長ネギ、トマト、じゃがいもなど沢山農作物が作られています。

地元の産業である農地を守るために、散骨の条例が制定されました。

散骨の種類と方法

散骨といえば、海に散骨するというのが有名ですが、他にも散骨出来る場所があります。

散骨したい理由は、やはりお墓を守る子供・子孫たちがいなくなる。お墓が高いという経済的理由が多いです。

海洋散骨

海が大好きな人のために、自然に還るという考えから海へ散骨するという「海洋葬」が生まれました。

1家族で船をチャーターし散骨場所に行き、自分たちの手で散骨する個別散骨。
何組かの家族で船をチャーターして散骨する、合同散骨。
遺族が立ち会わず散骨業者に一任して散骨する、委託散骨との3種類の方法があります。

宇宙葬

散骨方法として、まだあまり知られていませんが「宇宙葬」というものを日本で1社のみ行っています。

遺骨の一部をロケットにのせて打ち上げ、宇宙空間に埋葬します。
埋葬の一つとしてある程度の節度をもってとり行われれば、法律的には問題ないと言われています。

ただ宇宙なので、自分で散骨することは出来ません。
ロケットの発射に立ち会うプランなどはあります。

モンブラン葬

モンブラン葬とは、フランスにあるヨーロッパアルプスの最高峰のモンブラン山頂で散骨を行う山岳散骨です。
日本とフランスの協力により、日本人でも依頼会社を通せばモンブラン山頂に散骨できるようになりました。

献花式はモンブラン山麓のシャモニーで行い、その後モンブラン上空からヘリコプターを使って散骨します。
遺族は1名フランスまで同行することができ、献花式とヘリコプターのお見送りが出来ます。但し、ヘリコプターに乗って散骨することは出来ません。

散骨については、こちらの記事でさらに詳しくご紹介しております。

こちらも読まれています

今、増えてきている散骨と費用についてのまとめ

ドラマや映画で亡き人の埋葬シーンで海の散骨シーンを見たことはありませんか?日本ではまだ散骨は浸透していないようですが、費用が安くなる事や自然志向の方などを中心に広がっているようです。今回はそんな散骨と費用についてご紹介いたします。

日本で有名な散骨場所

散骨による埋葬が日本でも周知された現在、自然葬の一つである樹木葬による散骨埋葬が出来るお寺があります。

日本初の樹木葬が行われた寺院

日本で初めて樹木葬が出来るようになったのは、岩手県一関市にある「祥雲寺」です。

初代征夷大将軍・坂上田村麻呂の末裔と言われている「田村家」の菩提寺です。
また独眼竜でお馴染みの、伊達政宗とも親交のあったお寺です。

その祥雲寺が、自然葬が出来るようにと別院・知勝院を建立しました。
1994年に樹木葬のための木を購入し、1999年から樹木葬を行っています。

日本で初めての散骨できる島

散骨の島として有名なのが、島根県にある小さな無人島「カズラ島」です。
大山隠岐国立公園の中に、散骨場があります。
カズラ島も1963年に国立公園の指定を受けました。

海の生物が豊富で、綺麗です。
隠岐諸島周辺は、数多くの神社もあり古くから信仰の厚い島だったと言われています。
また無人島のため、自然と一体になり散骨が出来る島として有名です。

施主散骨といって遺族自身が散骨できる方法と、委託散骨という国立公園の担当会社に頼む方法があります。

墓じまいと散骨のまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?
散骨にもいろいろな方法がありました。

  • 散骨をするという考えは日本でも一般的になってきているが、墓じまいの時にはお寺とトラブルになることがあるので注意
  • 遺骨の処理には、様々な方法がある。
  • 散骨は、現在の法律ではグレーゾーンになっている。

お墓を壊すということは、先祖に申し訳ないという気持ちが強く出ます。
しかし今後も子供やその子孫たちが受け継いでいくために、お寺による永代供養や自宅による手元供養を考えていかなければいけないです。

また散骨という埋葬方法も日本で広まってきているので、様々な形で故人やご先祖様を大事に思う気持ちを1番にして検討して頂きたいと思います。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「墓じまい・散骨」に関連する記事

  • 墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

    墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

    墓じまいした後に、散骨を選択できることをご存知ですか?散骨はお墓を建てる必要がないため、費用が安いというメリットがあります。一方、散骨する際には注意しなければいけない点もあります。ここでは、墓じまいの際にメリットが大きい「散骨」について詳しく説明します。

  • お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

    お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

    昔は埋葬と言うと、お墓に納めるだけでしたが、最近では永代供養墓、納骨堂、樹木葬をはじめとする自然葬など数多くの埋葬方法があります。中でも注目を集めているのが散骨などの自然葬です。お墓を持たない散骨は、どのようなシステムなのか気になります。

  • 散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

    自分の死後に「散骨」を希望する人が増えています。遺族に遺骨の管理・供養を負担させない散骨は、これからの永代供養の一つの形となっています。でも、散骨後に遺骨の管理がない散骨は、永代供養と考えて良いのでしょうか?それでは、少しややこしい言葉を含めて説明しましょう。

  • 終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

    終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

    終活を考える時、ご遺骨を散骨してご供養する方法をお探しになられる方が増えています。近頃様々なメディアで紹介されている散骨というご供養。より充実した終活となりますよう、散骨の種類やその費用についてご紹介したいと思います。

  • 散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

    散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

    故人の生前の遺志を汲み散骨を望む遺族が増えています。 でも散骨はまだまだなじみが薄く、散骨の仕方や場所、費用の見当もつかず、散骨して大丈夫なのかと戸惑っている方も多いと思います。 そんな散骨の種類や方法と費用の相場などについて、分かりやすく説明します。

  • 山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

    山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

    散骨という葬儀方法を御存じでしょうか。これは山や海で行う自然葬の一つで、遺骨をお墓に納めず、自然に還すという葬儀方法です。なじみがない方が少なくないと思いますが、山に散骨する方法をとられる方が増えています。ここでは山への散骨について紹介します。

  • 散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

    散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

    現代社会で価値観が多様化する中で自由な葬儀のやり方も増えてきていますが、その方法の1つが散骨です。海や山など好きなところに遺骨をまくイメージがありますが、許可がなくて大丈夫なのかと疑問に思う方も多いでしょう。今回は散骨の許可にまつわる疑問に迫っていきます。

  • 散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

    散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

    お墓を持たずに遺骨を自然へ返す、散骨という御供養を最近よく耳にするようになりました。しかし、この鎖骨という方法は法律的にはどのように解釈されるのでしょうか?散骨についての法律問題について一緒に考えてみましょう。

  • 散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

    散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

    散骨は、いろいろな種類がある供養方法のうちのひとつです。新しくお墓を建てなくていいことと、お墓を維持していかなくていいことが理由で、現代では散骨を選ばれる方が増えています。そこで、散骨について気になる疑問や方法についてご紹介させていただきます。

  • 散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!のサムネイル画像

    散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!

    散骨や樹木葬は最近注目されてきています。それぞれ多くの種類や特徴があり、実際はどのようなものなのか分からない方も多いでしょう。今回はそんな散骨と樹木葬について詳しく解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「墓じまい・散骨」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?のサムネイル画像

山に散骨してもいいの?必要な手続きや許可は?

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!のサムネイル画像

散骨するのに許可って必要?散骨のルールについて解説!

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って法律的に大丈夫なの?法律問題を分かりやすく解説!

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!のサムネイル画像

散骨の方法について流れや場所の選び方、マナーまで全てをご紹介!

散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!のサムネイル画像

散骨と樹木葬を知っていますか?違いや特徴について解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「墓じまい・散骨」についてさらに知りたい方へ

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!のサムネイル画像

散骨って永代供養の一種なの?ややこしい言葉を分かりやすく解説!

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!のサムネイル画像

終活の時に考えてみたい散骨についてその種類や費用を紹介します!

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用ものサムネイル画像

散骨の費用の相場を解説!種類ごとや、自分で行う場合の費用も

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと