墓じまい・改葬の際、遺骨はどうしたら良い?タイミングと方法を解説

代々受け継いできたお墓だけど、管理するのが難しくなってきて墓じまいを検討したとき、困るのは遺骨の行き先です。この記事では墓じまいの意味から遺骨をどうすべきかまで詳しく解説していきたいと思います。

目次

  1. まずは墓じまいについて知りましょう
  2. 墓じまいとは?
  3. 墓じまいの際の遺骨の扱い方
  4. 遺骨の処理方法
  5. 墓じまい代行サービスも
  6. 墓じまいの際の遺骨についてまとめ

まずは墓じまいについて知りましょう

お墓

墓じまいという言葉、一度は耳にしたことがあるワードではないでしょうか?

都会に住んでいるから実家のお墓の管理が難しい... 
跡継ぎがおらず、このままではお墓を管理する人がいなくなる...

そんな時、墓じまいという選択肢を思い浮かべる方もいるでしょう。

でも具体的に墓じまいって何をすればいいのでしょうか?

この記事では、

  • 墓じまいとは何か
  • 墓じまいしたときの遺骨の扱い方
  • 遺骨の処理方法
  • 墓じまい代行サービスのこと

について詳しくまとめています。

お墓を維持していくのが難しくなるのは誰にだってありえることです。

今まさにお墓の在り方を考え直している方や、いざというときの知識が欲しい方にぜひご一読頂ければと思います。

墓じまいした後の納骨先を探されてる方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

墓じまいとは?

そもそも、墓じまいとはどういったことを指すのでしょうか?
まずは墓じまいとは何か、どういったタイミングでどんな理由で行うのかを知っていきましょう。

よくある墓じまいのタイミング

墓じまいとはまさにお墓をたたむこと、お墓をなくすことを指します。

よくある墓じまいのタイミングとしては、故郷にあるお墓の管理が大変になったことや墓守がいなくなってしまうことが挙げられます。

特に古いお墓などは土葬で残っていたり、山の中にお墓があったりします。
都会で生活するに当たり、故郷にお墓があるままでは十分な供養やお墓の管理ができないのが実情です。

また、昨今の少子高齢化により、今まで墓守をしてくれた人たちも墓守ができなくなり、お墓を継ぐ人がいなくなるのも原因です。

そこで供養ができなくなる前に墓じまいをして、お墓が無縁墓とならないように今から墓じまいをしてしまおうという考えが広まっています。

ただし、今あるお墓から別のお墓に移す改葬は墓じまいには含まれませんので注意しましょう。

墓じまいをする前に考えておきたい事

墓じまいとはあなただけの問題ではなく、一族全員に関与することですから親族には必ず相談をしておきましょう。

先祖代々受け継いできたお墓をなくす、ということに拠り所を無くすような喪失感に襲われる人も少なくありません。
管理できない理由をきちんと説明し、墓じまいした後の遺骨の処理方法も考えておきましょう。

それを話したうえで、親族の意見も取り入れ、話し合った内容は必ず書面にして残すようにしましょう。

全員が同意したことをサインで示すようにしておくと後々トラブルがあった場合に解決策として使用できます。

墓を持つ理由

そもそも私たちは何故お墓を持つのでしょうか。

古代縄文時代から、人は死ぬと埋葬されてきました。
その流れを今も受け継ぎ、私たちは死ぬとお墓を建立しますが、実はお墓を建立しないといけない根本的な理由は決まっていないのです。

日本の法律にはお墓を持たなければならない、という定めはありません。

火葬後の遺骨だって、管理さえきちんとしていればいつまでも手元で供養していても問題ありません。
お墓に縛られる必要はどこにもないのです。

それでも慣習に従い、亡くなった人を慕い、供養するためにお墓を建立してきました。
しかし時代が変われば弔い方も変わっていくものです。

根本的にお墓がないといけない理由はないですから、供養できない、お墓の維持が難しいのであれば思い切って墓じまいをするのも一つの手と言えるしょう。

墓じまいの際の遺骨の扱い方

お墓

いざ墓じまいをする!となっても決めなくてはいけないことがたくさんあります。
流れに沿ってひとつずつ見ていきましょう。

遺骨の行方を決める

まずは次の遺骨の行方を決めなければなりません。

もしも祭祀継承権を持った方が健在で、身近にあれば管理していけると言うのであれば納骨堂に入れてしまうのも良いでしょうし、近くのお墓に改葬するという手段もあります。

ただ墓じまいを決断される方の理由として多いのが、供養をできる人がいないために墓じまいをしたいという要望です。

つまり永代供養、手元供養、散骨などが今後手のかからない遺骨の処理方法と言えます。

墓の管理寺院・霊園との話し合い

親族とは墓じまいを検討している時点で話し合いをしておきましょう。
できれば書面で同意を得たことを残しておくとトラブルになりそうなときに有効です。

親族の了承を得たなら、次はお墓のある寺院や霊園、墓地の管理者への連絡です。

墓じまいをするとなると今あるお墓の処分のために土地を更地にして戻す処理が必要な場合が多くあります。

また、遺骨を取り出す際に供養等が必要となる場合もあります。

よく管理者に話を聞いて、必要な手段をとるようにしましょう。

墓じまいの際にお墓の管理者と揉めるトラブルが発生することが度々あります。

これらは全て話をきちんと聞いて、取るべき手段を取れば回避ができますので、なぜ墓じまいをしたいのか、墓じまいの費用の話など曖昧にしないようにしましょう。

管理者としてはお墓がなくなると金銭面で困る場合もあるので、遺骨の行先をある程度固めていたほうがスムーズには話合いがすすむでしょう。

特にお墓が寺管理だった場合、檀家をやめるかどうかも問題になりますので、じっくりと今後のことを話し合っておきましょう。

墓じまい方法に指定があることも

お墓のあった土地の戻し方などは、管理者によって違いますのでどのようにして戻さないといけないのかよく話を聞く必要があります。

またお寺が管理しているお墓だった場合は、閉眼供養などもそのお寺に依頼しないといけない可能性があります。

お墓の処理も指定石材店以外行えない場合がありますから、管理者とはゆっくりと時間をとって話を聞いておきましょう。

遺骨の年代・状態によって方法は様々

納骨した遺骨はずっとその形状を保っていると思っている方が多いのではないでしょうか。

実はお墓の形状にもよるのですが、地面より下に納骨場所があってそこに骨壷を保管していた場合、お墓の場所や石材の管理状態により水が溜まって遺骨が溶け出していることがあります。
そもそも、お墓自体雨風に晒されているものですから、半地下に納骨していても雨や泥が入ってしまうのです。

いざ墓じまいをすべく、お墓をあけて骨壷を取り出したら水が入っていた、遺骨がカビている、汚い、というのはよく耳に知る話です。

また、昔のお墓では骨壺を利用せずにそのまま遺骨を埋めている場合があります。その場合には、遺骨がほとんど土に還ってしまっていることもあります。

今後の処理の方法にもよりますが、納骨する場合は一度乾燥させたり綺麗にしてあげる必要がでてきます。
その場合はお墓の管理者に相談しどうすれば良いか判断を仰ぐか、専門の業者サービスに頼むというのも良いでしょう。

遺骨の処理方法

親族に同意を得て、お墓の管理者に墓じまいの旨を伝えたら、いよいよ処理方法の決定をします。

①永代供養墓(合祀墓・合葬墓)へ

永代供養とはお寺に遺骨を預け、永代に渡って供養・管理してもらうことを言います。
無縁仏もこの方法で供養・管理されています。

お寺によりますが、永代供養となった遺骨は最終的に一箇所にまとめて土に還されます。
これを合祀墓と言います。

お寺の決めた回忌までは骨壷に入れたまま供養し、それが終われば合祀墓に移すお寺もあります。
法要期間は管理者により違うので、永代供養をしたいお寺や霊園に話を聞いてみるのが一番です。

②手元供養

墓じまいをした後、全ての遺骨を手元で供養をするのであれば手元供養になります。

取り出した遺骨を一度綺麗に洗い、乾燥させ新たに骨壷などに移しましょう。
手元供養であれば特に凝った供養をしない限りは費用もかなり抑えることができます。

しかし親族一同の遺骨を手元に集めたとなると相当量になっている可能性もありますし、置き場所に困ることもあるでしょう。
最近では再火葬して遺灰にしてもらう方法や、粉骨をして遺骨を管理しやすくする方法もあります。

骨壺やアクセサリーにするなど、手元供養の管理には多くの方法がありますのでぜひご検討してみてください。

①②ともに、移動には「改葬」手続きを

手元供養をする場合は改装許可申請書は不要と思われがちですが、お寺や墓地の管理者によっては要求してくる場合があります。

永代供養、手元供養どちらの場合も揉め事を避けるためには改葬許可書を提出したほうが無難です。

まず永代供養先で受入証明書をいただきます。手元供養の場合は不要です。
そしてお墓のある市区町村役場にて改葬許可書をもらいます。

その後、お墓の管理者から埋葬許可書を発行してもらったら、以上の2つとあわせて市区町村役場に提出します。
ここで改葬許可証が発行されて、はじめてお墓から遺骨を取り出すことができます。

③粉骨を行い、散骨する

取り出した遺骨を細かく粉骨して、海や山に散骨する方法も存在します。
このあたりは散骨業者や葬儀業者に依頼をしたほうがスムーズです。

というのも、散骨は法律で禁止はされていないですが、非常にグレーなゾーンに位置するからです。

基本的に今あるお墓から遺骨を取り出すには改葬証明証が必要になります。

手元供養や永代供養、納骨堂への移動であれば証明証も出されやすいのですが、理由が散骨であると許可がおりない可能性があります。

市区町村により違いがありますので、まずは自治体へ相談するのが一番でしょう。

墓じまい代行サービスも

お墓

先にも述べた通り近年、墓じまいは増えています。
少子高齢化によりお墓を継ぐ人がいないことや、墓守が高齢化して管理できなくなるからです。

今あるお墓を近くお墓へ改葬する方法ももちろんありますが、もう管理をしていくことが難しいので墓じまいを行う人が多いのが実情です。

この記事では墓じまいの流れについて記載しました。
文字にしてみると簡単なのですが、いざ行動に移すとなるとかなりの日数とお金と手間がかかります。

供養のための法要も必要ですし、お墓を開けるためには石材屋の都合も関係するからです。

しかし、都会で日々に追われているからこそ墓じまいをしたいのが実情ですので、それほど時間や手間をかけていられないでしょう。

そんなときに頼りになるのが墓じまい代行サービスです。

業者によってサービスは異なりますが、墓じまいの相談から、お墓を更地にするところまで請け負ってくれる業者もいます。

平日にいかなくてはならない市町村役場の手続きまでも代行してくれます。

これは平日に仕事をしている方にとっては、非常に助かりますね。

また全部やってもらわなくても、一部だけお願いすることもできます。

次の遺骨の納め先を探したり、供養方法を考える余裕がでるので一度検討してみる価値はあるかと思います。

墓じまいの際の遺骨についてまとめ

いかがでしたでしょうか。

  • 墓じまいは親族の意見も取り入れて考える
  • 遺骨の行先を決めてから、お墓の管理者と話し合う
  • 遺骨を永代供養墓や手元供養する際には改葬手続きをきちんと行うのが良い
  • 墓じまい代行サービスを利用するのも一つの手段

このようなことをお話してきました。

先祖代々受け継いできたお墓を自分の代で終わりにしてしまうことは勇気が必要です。
またお墓がないという世間体を気にすることになったり、後ろめたい気持ちを感じることもあるかもしれません。

先祖あってこそ、今の私たちが存在します。
そして、私たちの生活が成り立ってこそ、先祖に感謝や供養の気持ちを持つことができます。

しかし現代社会において墓じまいは、必要になりつつあります。
供養をするために、管理する人の自由がなくなってしまうことは先祖も望んではいないでしょう。

一番大切なのはお墓のありなしではなく、先祖を敬い供養をする気持ちです。
お墓がなくとも、その気持ちがあれば十分ではないでしょうか。

あなたと、あなたの一族にとって、より良いお墓の在り方を見つける手段になれば幸いです。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「墓じまい・遺骨」に関連する記事

「墓じまい・遺骨」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「墓じまい・遺骨」についてさらに知りたい方へ

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!のサムネイル画像

墓じまい・改葬の方法とは?やり方・費用・注意点をすべてご紹介!

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?のサムネイル画像

放置されたお墓のその後について。跡継ぎが居ないお墓をどうする?

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!のサムネイル画像

お墓の跡継ぎがいない場合はどうする!?解決策や費用を解説!

墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!のサムネイル画像

墓じまいの費用の相場を解説します!改葬や墓石の処分も!

墓じまい・改葬をする理由とは?様々な理由をご紹介します!のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする理由とは?様々な理由をご紹介します!

墓じまい後の遺骨をどうすればいいのか、改葬の手続きを詳しく解説!のサムネイル画像

墓じまい後の遺骨をどうすればいいのか、改葬の手続きを詳しく解説!

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?のサムネイル画像

お墓は必要なし?お墓を持たない人は遺骨をどうするの?

墓じまい・改葬の際にお渡しするお布施について解説しますのサムネイル画像

墓じまい・改葬の際にお渡しするお布施について解説します

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?のサムネイル画像

墓じまい・改葬をする時に、どんなトラブルが起こりうるのか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと