遺品整理で見つかった遺骨の処分法を解説!

誰のか分からない遺骨が出てきた時、処分に困りますよね。遺骨は正しい処分方法で処分しなければ違法になってしまいます。ごみとして捨てるなんて絶対にしてはいけません!そこで今回は遺骨を処分する方法を、価格順に紹介していきます。

目次

  1. 遺品整理で遺骨が見つかった、、
  2. 遺骨を発見したら?
  3. 届け出は必要?
  4. 価格順、遺骨の処分方法
  5. 処分しないという選択肢も
  6. 遺骨処分の仕方 まとめ

遺品整理で遺骨が見つかった、、

人々

単身世帯のお年寄りが増えている中で、故人の死後、普段自分が住んでいない家の遺品整理をすることも同時に増加しています。

そんな中で、遺品整理をしている時に、誰のか分からない遺骨が見つかってしまった…。
また、お墓にはおじいちゃんおばあちゃんの遺骨しか入っていないはずなのに、遺骨が入った骨壺が3つある…

そんなケースが最近多いんだとか。
誰のか分からない遺骨をどうしたら良いか、わかりませんよね。

そこで今回は遺骨の処分についてお話したいと思います。

  • 遺骨の処分でまずすべきこと
  • 遺骨処分の届け出について
  • 価格別の遺骨処分の方法
  • 処分しないという選択

これからも高齢化と単身世帯化は進み続けます。
知らない遺骨がみつかった時に、どうすれば良いのか一緒にみていきましょう。

遺品整理の費用の相場は以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

遺品整理の費用の相場を徹底解説!優良な業者を見分けましょう!

遺品が大量にある場合には、家族だけで整理するには時間的にも難しいといった人もいるでしょう。そんな人の大きな助けとなるのが遺品整理会社です。ただ、このような会社に依頼をする場合には費用の相場が気になるものです。 ここではこの遺品整理の相場について紹介します。

遺骨の納骨先の霊園を探したい方は終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。
一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

遺骨を発見したら?

お墓

では遺骨が発見された場合はどうしたらいいでしょうか?

遺骨を勝手に処分してはいけない

遺骨を処分というと聞こえが悪いですが、身元の分からない遺骨をずっと置いておくわけにはいかないので、処分しなければなりません。

しかし、処分といっても遺骨はごみのように処分することができません。
まずは、警察署と市役所に届け出をしましょう。

誰のか分からない遺骨だからといって、ごみのようにゴミ袋に入れる。
また勝手に庭などに埋めるなどして勝手に捨てれば法律違反になり逮捕されてしまうのです。

お墓から知らない遺骨が出てきた場合は?

もしお墓から、誰のか分からない遺骨が出てきた場合は改葬許可証が必要になります。

改葬許可証はお墓から遺骨を動かす時に、必要な書類です。
改葬許可証には遺骨の氏名や本籍などを記入しなければなりません。

しかし身元が分からない遺骨であれば、氏名や本籍が分かりません。
その場合は、改葬許可申請書の該当欄に「不詳」と記載すれば、対応してくれるので大丈夫です。

届け出は必要?

遺骨を処分する場合、届け出などは必要なのでしょうか。

仏壇、遺骨は祭祀財産

祭祀財産とは、祖先を祀るための財産のことをいい、仏壇や遺骨が祭祀財産です。

処分の権限は祭祀継承者

遺骨の所有権は、祭祀継承者が持っています。
そのため遺骨をどのようにするのかは、祭祀継承者に権限があるのです。

もし、遺骨を散骨したいと思った場合でも祭祀継承者の許可がないと行うことができません。
遺骨の身元が判明したならば、親族へ祭祀継承者の問い合わせをしましょう。

無縁仏を受け取ってしまった場合

無縁仏とは、お墓の継承者がいなくなった故人のことをいいます。

遺骨の身元がわからない無縁仏を受け取ってしまった場合、いくら無縁仏でも勝手に処分することができません。

といっても無縁仏に高い費用をかけたくないですよね。
お金のかからない、適切な方法で処分するしかありません。

ちなみに無縁仏について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

無縁仏が増加中!無縁仏を防ぐための手続きはどうすればいいの?

近年、無縁仏が増加傾向にあります。無縁仏を防ぐ為に行った方がよい手続きとは何か、墓じまいや永代供養の手続きについて解説いたします。

価格順、遺骨の処分方法

遺骨を処分するためには、お金がかかるというイメージが強いと思います。
しかし、実は低価格で遺骨を処分することができるのです。
そこで、遺骨を処分する方法を紹介していきます。

自力で処分する場合(0円~)

ではまずは、多くの人が知りたいであろうお金がかからない、遺骨処分の方法を紹介します。
身元不明の遺骨の処分に、お金をかけたくないという人がほとんどですよね。

遺骨の処分にはお金がかかり、業者にお願いしなければならないというイメージがあるでしょう。
しかし実は業者に頼んだりしなくても、自分で遺骨を処分することができるのです。
自分で遺骨を処分すれば、お金をかけずに処分することができるのです。

遺骨遺棄罪にならないように

遺骨を勝手に処分すれば、遺骨遺棄罪という罪に問われてしまいます。
そのため、罪にならない遺骨の処分方法を知っておかなければなりません。

骨が残ったまま勝手に埋めてはいけない

自分で遺骨を処分する際、遺骨のまま、骨が残ったままの状態で処分してはいけません。
もちろん、いくら自分の土地であったとしても、骨が残ったまま勝手に骨を埋めてはいけないのです。

粉骨処理をして散骨

遺骨を処分する際、骨が残っている状態のまま処分することは認められていません。
しかし、遺骨を粉々にし、粉にした状態でなら処分することが可能です。
法務省は散骨について、「葬送の目的で節度を持って行えば問題ない」としています。

自分で粉骨するには

業者に頼む方法が一般的ですが、価格を抑えるために自分で粉骨し、散骨することも可能です。
自分で粉骨するためには、以下の道具が必要です。

  • 厚手のビニール袋
  • タオル
  • ハンマーやトンカチ
  • すり鉢とすりこぎ

まず遺骨を骨壺から出し、遺骨を厚手のビニール袋にいれます。
そしてビニール袋をタオルで包み、ハンマーやトンカチなどを用意し粉々にしていきます。
最後に粉々にした遺骨を、すり鉢とすりこぎを使用しパウダー状にしていきます。

粉骨には決まりがある

自分で粉骨を行う場合に、注意しなくてはいけないことがあります。

それは、粉骨は、一片を2㎜以下にしなければならないという決まりがあることです。
そのため、自分で粉骨を行う場合、すり鉢等を使いかなり細かく砕かなければならないのです。

散骨する場所

粉骨した遺骨は散骨することができます。
散骨は一般的にで行うことが一般的ですが、海ならばどこでも良いというわけではありません。

また、私有地であっても、散骨可能な場所はあります。

どこで散骨をするかは、風向きをみて周囲の環境や家がないか等を確認し、風評被害の起きない所で行うことが重要です。

焼き切りで遺灰処分を

一般的な火葬は、遺骨を残して火葬を行います。

しかし、火葬には遺骨を残さない焼き切りという火葬方法があるのです。
焼き切りという火葬方法を行うと、遺灰になるため、遺骨は残りません。

火葬許可書の発行手続き

まず、市役所に行き担当部署に問い合わせてから、火葬場の予約を取ります。
火葬を申請してから、火葬許可書を入手します。

遺灰の処分は火葬場で

焼き切りで遺骨を遺灰にした場合、その遺灰は火葬場で適切な方法で処分してくれます。

火葬場で処分してくれるので、その後散骨を考えたりする必要がないのです。
火葬場に遺骨を持って行くだけで、帰りは身軽に帰ることができます。

費用は、火葬場によりますが、どこも数万円といったところでしょう。

散骨代行サービス

散骨業者に遺骨処分をお願いすることもできます。
費用はかかりますが、手間がかかりません。
時間を取られたくないという方におすすめの遺骨の処分方法となっています。

散骨サービスを行うためには

  • 遺骨
  • 火葬埋葬許可証
  • 依頼者の身分証のコピー

が必要になります。
特に火葬埋葬許可証がないと散骨を行うことはできないので注意しましょう。

散骨代行サービスでは、海に散骨をしてくれるところが多いです。
散骨サービスの業者に寄りますが、沖縄の海やハワイの海、また東京湾で散骨を行うことが可能となっています。
もちろん、沖縄やハワイは料金が高いです。

しかしそれでもお墓を建てるよりは費用はぐっと安く済ませることができます。

粉骨から行ってくれるところも

遺骨を散骨するためには、粉骨しなければなりません。
この粉骨の作業も全て行ってくれる業者もいます。

もちろん追加料金はかかってしまいますが、全て任せることができるので手間はかかりません。

日にちを指定することはできない

散骨代行サービスに依頼する場合、散骨する日を指定することはできません。

海への散骨は、海が荒れる冬場は行われません。
また順番があるので、すぐに散骨を行うことができない場合もあります。

しかし、必ず1年以内には散骨が可能ですので、散骨をいつ行うかは業者との連絡で知ることができます。

永代供養の散骨はこちらを参考にしてください。

こちらも読まれています

永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!

永代供養として散骨を選択される方も増えています。けれども、散骨という言葉の通りに遺骨を撒くことは、法律に違反することになりかねません。散骨する場合には、粉骨することが必要なのです。そこで、今回は永代供養と粉骨について解説していきます。

墓・霊園での永代供養

お墓や霊園に持って行き、永代供養してもらうという方法もあります。

送骨という方法

永代供養というと手続きの手間やお金がかかるイメージがありますが、格安で手間いらずの永代供養の方法があるんです。

それが送骨です。
全国各地のお寺でこの送骨が普及し始めています。

遺骨を送る方法なのですが、お寺に送られた遺骨は、お経を読んでもらい永代供養します。
そのあと合祀に収骨という流れになっています。

送骨の注意点

送骨の場合、合祀墓に収容します。

合祀墓の場合、遺骨が他人の遺骨と混ざってしまいます。
また、どんな宗派でも構いませんと書いてあっても、故人の宗派に合ったお寺に送らないと、親族間で揉めてしまうことがあるかもしれません。

故人の身元がわからずとも供養してあげたい場合には、送骨することも良いでしょう。

永代供養できる霊園をお探しの方はこちらをご利用ください。

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

樹木葬

樹木葬とは、埋葬方法の一つで、墓石の代わりに樹木を墓標とするお墓のことをいいます。
最近増えてきている埋葬方法となっています。

樹木葬ですが、樹木の下であればどこでも行っていいというわけではありません。

きちんと墓地と埋葬に関する法律による許可を得たところでしか行うことはできないのです。
樹木葬に関しては以下の記事も参考にしてください。

こちらも読まれています

死後は土に還る…散骨をはじめとする自然葬、樹木葬について

散骨をはじめとする葬送方法。その一つが樹木葬です。死後は土へと還り大自然の一部となることは、命の自然な形でもあると考えられます。海や空、宇宙などへの様々な散骨と共に、今後ますますニーズの高まるであろう樹木葬について、ご紹介します。

散骨とどう違うのか

一見、樹木葬は自然と一体化するという意味で散骨と同じような感じがします。

しかし、樹木葬は墓地として許可を得ている場所に埋めるのに対して、散骨は墓地以外の場所に撒くという違いがあります。

どのように行われるのか

決められた墓地で行われる樹木葬は、決められた樹木の根元に遺骨を埋めるため、30㎝四方の区画をお墓のように購入することがほとんどです。

樹木葬は、永代供養墓という認識ですので、料金は安くはありません。
しかし、やはりお墓を建てるよりはリーズナブルとなっています。

お墓を建てる

お墓を建てることは、最もリッチなお墓の処分方法です。

なぜなら、お墓を建てる時にかかる費用は平均100万~200万円となっています。
また都心では、墓地が少ないため墓地の価格が高騰しています。
お墓を建てる時にかかる費用は、永代使用料+墓石の代金+工事費+管理費です。
もちろん墓石のグレードによって料金がより高くなることもあります。
そのため、新しくお墓を建てるためには多額の費用がかかるのです。

お墓を建てるためには、墓地を選び、また石材店を選ばなければなりません。
石材店で墓石を選んでからお墓の工事に入るのですが、お墓の工事には1~2ヶ月はかかります。

石材店の選び方は以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

良い石材店の選び方のポイントを解説!〜墓石購入の際の参考に〜

墓石を購入するとき、購入する先の石材店はどのように選んだら良いのでしょう?自分で石材店を選ぶことで安くお墓を準備することができます。今回は石材店を選ぶ際に知っておきたいポイントを解説しました。お墓を建てるときには是非参考にしてください。

処分しないという選択肢も

今回は、遺骨の処分方法を紹介しました。

しかし、遺骨は必ず処分しなければならないというものでもありません。
実は遺骨は、自宅で保管しておいても問題はないのです。

自宅で遺骨を保管しておく場合にはお金の心配はいりませんが、やはり先のことを考えると不安なことも多いでしょう。

やはり、なんらかの形で遺骨を供養することが一番だと思います。

遺骨処分の仕方 まとめ

いかがでしたか?
今回は誰のか分からない遺骨の処分方法について紹介しました。
内容をまとめると、以下のようになります。

  • 遺骨がみつかったならば、警察署と市役所に届け出をだした上で改葬許可書を申請する。
  • 遺骨の身元がわかったならば、その後は祭祀継承者にまかせる。
  • 遺骨の処分は、自分で行うならば0円から行うことができる。散骨するには、遺骨を2mm以下まですり鉢等で粉骨し風評被害が起きないように散骨する。
  • 処分せずに手元供養をする方法もあるが、身元不明の遺骨ならば後世のことも考えてなんらかの形で手元から離して供養するほうが良い。

遺品整理で知らない遺骨が出てきた場合は、手始めに警察と市役所に届けて身元を探すことが大事です。
遺骨の処分や供養方法は多くありますが、ご自身や家族の金銭面だけでなく、それぞれの気持ちや忙しさに合わせて選択してはいかがでしょうか。

遺骨を手元供養するという選択もあります。
以下の記事も参考にしてください。

こちらも読まれています

遺骨を手元供養するという選択!金額別供養方法もご紹介します

遺骨供養に手元供養という選択肢があるのをご存知ですか?今回は手元供養についてメリット・デメリットから、手元供養を行う際の書類、金額別の遺骨供養方法まで、手元供養に関する情報をまとめてみました。あなたにぴったりの手元供養の方法が見つかるかもしれません。

永代供養について詳しく知りたいあなたへ...

30秒でおすすめ霊園を資料請求

簡単な4つの質問に答えるだけで、あなたにおすすめな霊園を診断します。それらの霊園を無料で資料請求することも可能です。安くてアクセスのいい霊園を紹介します。また2万円のキャッシュバックキャンペーンも行っております。

「遺骨・処分」に関連する記事

「遺骨・処分」についてさらに知りたい方へ

「遺骨・処分」に関連する専門家

「遺骨・処分」について知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説します。

    5

シェアする

関連する記事

「遺骨・処分」についてさらに知りたい方へ

不要な遺骨はどうやって処分すればいいのか?遺骨の供養方法のお話のサムネイル画像

不要な遺骨はどうやって処分すればいいのか?遺骨の供養方法のお話

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!のサムネイル画像

お墓とご遺骨の問題について!納骨やご遺骨の移動など幅広く解説!

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像

新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!のサムネイル画像

永代供養として散骨をするときには注意!粉骨がとても大事!

墓じまい後の遺骨をどうすればいいのか、改葬の手続きを詳しく解説!のサムネイル画像

墓じまい後の遺骨をどうすればいいのか、改葬の手続きを詳しく解説!

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点のサムネイル画像

墓じまい・改葬に散骨を選択できる?散骨のメリットと注意点

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!のサムネイル画像

お墓を持たない散骨とは?散骨の種類・費用・注意点を説明します!

お墓からご遺骨を出すことはできるの?手続きや費用なども解説!のサムネイル画像

お墓からご遺骨を出すことはできるの?手続きや費用なども解説!

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」・「改葬」とはなんなのかのサムネイル画像

お墓を処分してしまう!?「墓じまい」・「改葬」とはなんなのか

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像

お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと