大切な家族、動物が亡くなった時の埋葬方法は?

家族の一員だった大切な動物にも、いつしか死はやってきます。大切にしてきたからこそ、しっかりと埋葬してあげたいと思いますよね。そこで今回は動物の埋葬について紹介していきます。いざという時に慌てないためにもしっかりと押さえておきましょう

目次

  1. 亡くなった動物を埋葬したい
  2. 自宅で埋葬することは可能?
  3. 埋葬する深さ
  4. 埋葬のやり方
  5. 気をつけるべきポイントは?
  6. 動物霊園のご紹介
  7. 動物の埋葬に関するまとめ

亡くなった動物を埋葬したい

犬や猫など、動物を飼っている人はみんな家族のように大切にしていますよね。
亡くなった動物を埋葬したいという方は多いのではないでしょうか?

そんな時にどうしたらいいのかご存知でしょうか?

自宅で埋葬する場合や、業者に頼んで霊園に入れてもらう場合など様々な方法があります。
大切なペットのために、一番良い方法を選んであげましょう。

自宅で埋葬することは可能?

埋葬するといっても、どこに埋葬しなければならないのでしょうか。
人のようにお墓を建てる必要があるのでしょうか?
それとも自宅で埋葬することはできるのでしょうか?

庭に埋葬する場合

一般的に、庭に動物を埋葬することは可能です。
しかし庭に動物を埋葬する際には、以下にあげるようなことに注意しなければなりません。

埋葬する深さ

庭に動物を埋葬する際には、深さに注意しなければなりません。
もし、犬を埋葬しようとする場合、最低でも3mは掘る必要があります。

なぜ深く掘らなければならないの?

もし、少ししか掘らずに埋葬してしまえば、動物に掘り起こされてしまうかもしれません。
動物たちは本能的に動物の臭いが分かるので、必ずということはありませんが、掘られてしまう可能性は高いといえるでしょう。

衛生面

また、庭に埋葬する場合、衛生面に気をつかう必要があります。
腐敗した動物に虫がたかるということもあるので、深く穴を掘る必要があるのです。

におい

庭に埋葬する場合、においも気を付けなければなりません。
やはり死体なので、時間が経てば腐敗します。
腐敗すれば腐敗臭がします。
腐敗臭が臭ってこないようにするためにも、穴は深く掘る必要があるのです。

埋葬のやり方

動物の埋葬方法をここで押さえておきましょう。

タオルで包むこと

埋葬する際、タオルで動物を包む必要があります。
もし使っていた毛布などがあれば、毛布でもかまいません。

土は盛る

堀った穴に入れたら土をかけます。
埋めた土はだんだん下がってくることが多いので、なるべく盛り上がった状態でかけるようにして下さい。
土をかけた後は、他の動物に掘り起こされないように重たい石などを置くといいでしょう。

気をつけるべきポイントは?

そして埋葬には、まだまだ気をつけなければならないポイントがあります。

法律はどうなっている?

気になるところは法律ですよね。
法律上で動物の死体は、一般的には廃棄物として処理されます。
しかし多くの人は火葬や埋葬をしています。
埋葬の場合、自宅に土を深く掘り、しっかり埋葬できるスペースがあるのなら、埋葬して構いません。
しかし、自宅にスペースがある場合のみに限られます。
自宅に庭がないからといって、公園や海、山、もしくは道路に埋葬することは認められていません。
もし見つかれば処罰されることもありますので、しないで下さい。

近隣に迷惑をかけないように

埋葬を行う場合は、近隣の方に迷惑がかからないようにしなければなりません。
ちなみに、埋葬していることを近隣の方に知らせる必要はありません。

しっかり穴を掘り埋葬することで近所の方に迷惑をかけることは避けられるでしょう。
衛生面にしっかりと気をつけなければいけません。

分解にかかる時間

では、埋葬した動物が分解されるのにはどのくらいの時間がかかるのでしょうか。
土の中に埋葬した遺体の腐敗スピードはゆっくりです。
1年経ってもまだ埋めたままなんてこともあるようです。
どのくらいで分解できるか、正確なことは分かりませんが、長い年月がかかるようです。
もちろん動物の大きさにもよります。

間違っても掘り起こしたりしないようにして下さい。

動物霊園のご紹介

庭がないけれど、動物を埋葬したいという方は動物霊園がおすすめです。
霊園で埋葬する場合には、火葬を行い埋葬するケースが多いです。

値段の相場はどのくらい?

動物霊園での相場ですが、地域や動物の大きさによって異なります。
だいたいですが、小動物で1~2万円、ネコや小型犬で2~3万円、中型犬で3~4万円、大型犬で5~6万円となっています。
あくまでも相場です。もっと高いという場合ももちろんあります。
霊園に連絡すれば、相場を出してくれるので聞いてみるといいでしょう。

東京

深大寺動物霊園

東京調布市にある深大寺動物霊園は、緑豊かな環境の中にある霊園です。
年間行事が豊富で、24時間365日いつでも訪れることができます。

東京動物霊園

東京北区赤羽台にある東京動物霊園は、37年の歴史を持つ霊園です。
さまざまな要望を叶えてくれることから、多くの人に利用されています。

大阪

大阪稲荷山動物霊園

大阪府東大阪市にある大阪稲荷山動物霊園は、緑豊かで見晴らしの良い霊園です。
園内には、ドックランやペットホテル、さらにはペット介護施設まであります。
生前からも利用することができます。

埼玉

埼玉動物靈園

埼玉県上尾市にある埼玉動物霊園は、緑に囲まれた霊園です。
他で火葬した遺骨の埋葬も行っているので安心して利用することができます。

動物の埋葬に関するまとめ

いかがでしたか?
大切な動物が亡くなってしまった場合のことについて理解することができたでしょうか?
そのようなことは考えたくないことかもしれません。
しかし動物を一緒に暮らしているからこそ、もしもに備えて準備しておかなければなりません。
いざという時に慌てて、一番良い対応ができなかった…。そのようなことは避けたいです。

生前からしっかりどうしたらいいのか知っておきましょう。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「動物・埋葬」に関連する記事

「動物・埋葬」についてさらに知りたい方へ

  • 動物の埋葬はどうやってやったらいいのか?

    動物の埋葬はどうやってやったらいいのか?

    かわいがっている動物も、いつか寿命を迎え埋葬しなければなりません。 そんな時、どうしたらいいのでしょう。 動物の埋葬についてまとめました。

  • ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

    ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

    ペットが亡くなってしまった時には埋葬してあげる必要があります。しかし、動物の埋葬の方法を知らないという人も多いかと思います。大切なペットが亡くなってしまった悲しみは深いですが、最期はしっかりと見送ってあげたいです。そこで今回は動物の埋葬法についてご紹介します。

  • 動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介

    動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介

    事故で動物が亡くなっているのを見かけた時や、自分が轢いてしまった時に、供養してあげたいと思われる方もいるでしょう。でも、どう対処すればわからない方もいるのではないでしょうか?そこで、動物が亡くなった時の供養法や、事故の時の対応の仕方を解説します。

  • 東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイト

    東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイト

    家族として一緒に暮らした動物たちとの別れはとても辛いものです。ここでは、病気の動物のための24時間体制の獣医師のネット相談サイトのご紹介や、各地の動物霊園のご紹介を通して、納得のいく霊園選びのための情報をお届けします。

  • 大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介

    大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介

    大切なペットを自宅に埋葬したいとき、自宅でのお墓の作り方を知っておく必要があります。自宅に庭があればお墓を作れそうですが、庭がないマンションでもお墓は作れるのでしょうか?正しいペットのお墓の作り方が分かれば、供養を適切に行うことができます。ぜひご覧ください。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!

    【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!

    都立霊園へはどのように申し込みをすれば良いのでしょうか?申し込みまでの流れ、今年度の募集要項、費用相場、都立霊園一覧、注意点、都立霊園のお墓の区分、特徴、手続きについても解説しています。資料請求や見学予約を無料で行うことも可能です。

    5

シェアする

関連する記事

「動物・埋葬」についてさらに知りたい方へ

動物の埋葬はどうやってやったらいいのか?のサムネイル画像

動物の埋葬はどうやってやったらいいのか?

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とはのサムネイル画像

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介のサムネイル画像

動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介

東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイトのサムネイル画像

東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイト

大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介のサムネイル画像

大切なペットを自宅で供養したい!お墓の作り方や埋葬方法をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!のサムネイル画像

【平成30年度】都立霊園の申込方法・募集要項・費用相場をご紹介!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと