動物の埋葬はどうやってやったらいいのか?

かわいがっている動物も、いつか寿命を迎え埋葬しなければなりません。 そんな時、どうしたらいいのでしょう。 動物の埋葬についてまとめました。

目次

  1. 動物を埋葬したい
  2. 場所は?
  3. 動物を埋める深さ
  4. 亡くなった時にどうする?
  5. 埋葬の時気を付けるポイントは?
  6. 動物霊園
  7. 動物埋葬のまとめ

動物を埋葬したい

かわいがっていた動物がなくなってしまった時、どう埋葬したらいいのでしょう。
自治体で処理してもらうと、焼却炉がありますが、自治体としてはゴミとして処理するという方法しかなく、遺骨は帰ってきません。
自宅の庭に埋めるとしたら、どうしたらいいのでしょうか。

場所は?

動物がなくなった時も、人間と同じように、どこにでも埋められるというわけではありません。
公共の場や私有地以外に動物を埋葬することは、法律によって禁止されています。
ですが、個人で所有している家の庭などに埋めることは問題ありません。

庭

かわいがっていた動物が好きだったから、自宅の庭に埋葬したい。
個人で所有している土地でしたら問題ありません。
ですが、借家や借りている土地の場合は引っ越す可能性もありますし、個人の持ち物ではないので埋葬するのは避けた方が無難です。

動物を埋める深さ

土葬する場合と、火葬してから骨を埋葬する場合は、穴の深さが違います。
動物を土葬で埋葬するために必要な穴の深さは、小型の動物でも1メートルは必要だとされています。
動物が匂いにひかれて穴を掘らないためにも深く掘る必要があります。

衛生面

土葬の場合、動物の遺体が土にかえるためには想像よりも長い年月がかかります。
動物の大きさにもよりますが、小さな動物であっても30~40年ほどかかるとみられます。
衛生面を考えると、土葬ではなく火葬での埋葬がいいとされています。

臭い

衛生面だけではなく、臭いも気になるポイントです。
あまり浅く埋葬すると、臭いがどうしても気になることがあるので、深く埋葬する必要があります。
大型の動物については、深く埋葬しなければならないので、火葬をするか専門の業者に任せる方法もおすすめです。

亡くなった時にどうする?

愛する動物が自宅で亡くなってしまった場合いきなりの事でどうすればいいのかわからなくなることもあると思います。
しかし、かわいがっていた動物だからこそ丁寧に埋葬まで看取りたいものです。
いざという時のために火葬業者が迎えに来てくれるまでにできることをまとめます。

用意する物

亡くなってから埋葬するまでや火葬業者の方にお任せするまでにできることがあります。
用意する物は、
・タオル
・保冷剤(あればドライアイス)
・段ボール(亡くなった動物を入れられるもの)
段ボールは使っていたケージでも対応できます。

最初にすること

亡くなったら、タオルで包みます。
もしノミがいた場合、動物の体温が下がってくると逃げ出すので、一先ずタオルで包みます。
体温が感じられなくなったら、このタオルはそのまま捨ててください。
ノミがいないと思っていても、念のためにタオルで包みます。

きれいに

身体をきれいに清めます。
しっかり絞ったタオルで動物の体を拭き清めます。
死後硬直が始まるまでに、タオルできれいにします。
また、この間にまぶたを閉じさせ、手足を寝ている時のようにととのえます。
中型犬の場合は、特に抱きかかえやすいようにしておきます。

移動させる

身体をきれいにしたら、段ボールやケージなどに移動させます。
安らかに動物が眠れるように、愛用していたタオルやぬいぐるみなどにおいが付いたものも一緒に入れてあげても大丈夫です。
大型犬の場合、足を延ばしたままだと家から出せない場合もあるので、注意が必要です。

冷やす

動物を埋葬や火葬させるまでの間、冷やしておきます。
内臓や頭を重点的に冷やすために、保冷剤やドライアイスを当てておきます。
また、冷気が逃げないように、下側と上側にタオルをかけておきます。
夏場は1~2日、冬場は2~3日のうちに火葬をするか埋葬をしてください。

ドライアイスは注意

保冷剤よりもドライアイスの方が十分冷やすことが出来ますが、取り扱いには注意が必要です。
直接触るとやけどをしてしまうので、軍手などをして取り扱ってください。
また、濃度が上がると有害なので風通しのいい場所で使うようにしましょう。
車などの密室で使う場合は、喚起を常にしてください。

埋葬の時気を付けるポイントは?

かわいがっていた動物を、亡くなった後も近くに埋葬したいという気持ちはわかります。
しかし、法律による規制もありますし、今後も住み続ける場所だからこそ隣近所への配慮も必要です。
隣近所との関係が悪くなっては、亡くなった動物も安心して旅立てません。

法律はどうなってる?

動物の遺体は、地方自治体ではゴミという扱いになってしまいます。
また、法律では公共の場所やほかの人の私有地に埋葬することは禁止され、無断で行うと軽犯罪法違反という扱いになります。
個人で所有している私有地に埋めるのであれば法律的な問題はありません。

自治体としては

自治体の焼却炉に持っていくと、焼却として動物の遺体を焼いてもらうことは出来ます。
しかし、償却したの動物の骨を持って帰ることは出来ない自治体が多いのが現状です。
ペット専用の焼却炉がある自治体もありますが、基本はゴミとして処理されるので問い合わせが必要です。

近隣に迷惑をかけないように

動物を庭に埋葬することは法律的に問題はありません。
ですが、かわいがっていた動物を埋葬してすぐに引っ越すことはないと仮定して、隣近所との関係も重要です。
臭いや衛生面はしっかり配慮して埋葬しましょう。

分解にかかる時間

土葬した場合、分解にも時間がかかります。
小鳥やリスなどの小型の動物であっても、土葬で埋葬した場合は30~40年かかるとされています。
埋めたら掘り返さないこと、その期間引っ越さないことがわかっている場合には埋葬もおすすめです。

動物霊園

各地域で動物霊園が置かれるようになりました。
地域ごとに金額に差があり、会社ごとによっても差があります。
何を基準にして動物霊園を選ぶのかはそれぞれの考えですが、かわいがってきた動物だからこそ、重要なポイントです。

値段

値段は地域差もありますし、火葬してもらうだけなのか、納骨堂に入れてもらうのか、どのようにするのかによっても金額が変わります。
かわいがっていた動物が小鳥なのか、大型犬なのかによっても値段が違うので、要確認です。
豪華な納骨堂に安置するのか、各社を比較して選びます。
1万円でもできるところもあれば10万円かかるところもあります。

動物埋葬のまとめ

お墓

かわいがってきた動物だからこそ、ていねいに埋葬したいものです。
土に埋めておけばいいと考えていても、分解するためには長い年月がかかります。
思い出のある大切な家族ともいえる動物だからこそ、悔いのないようにお別れをできるように準備しましょう。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「動物・埋葬」に関連する記事

「動物・埋葬」についてさらに知りたい方へ

  • 大切な家族、動物が亡くなった時の埋葬方法は?

    大切な家族、動物が亡くなった時の埋葬方法は?

    家族の一員だった大切な動物にも、いつしか死はやってきます。大切にしてきたからこそ、しっかりと埋葬してあげたいと思いますよね。そこで今回は動物の埋葬について紹介していきます。いざという時に慌てないためにもしっかりと押さえておきましょう

  • ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

    ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

    ペットが亡くなってしまった時には埋葬してあげる必要があります。しかし、動物の埋葬の方法を知らないという人も多いかと思います。大切なペットが亡くなってしまった悲しみは深いですが、最期はしっかりと見送ってあげたいです。そこで今回は動物の埋葬法についてご紹介します。

  • 動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介

    動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介

    事故で動物が亡くなっているのを見かけた時や、自分が轢いてしまった時に、供養してあげたいと思われる方もいるでしょう。でも、どう対処すればわからない方もいるのではないでしょうか?そこで、動物が亡くなった時の供養法や、事故の時の対応の仕方を解説します。

  • 埋葬方法について 色々な埋葬方法まとめました!

    埋葬方法について 色々な埋葬方法まとめました!

    日本では、埋葬の方法については法律で定められています。火葬も土葬もできますが、土葬の場合には、許可などの条件が厳しいです。そのため、日本の埋葬は、ほとんど火葬です。この記事では、埋葬の方法について、動物の埋葬も含めて説明します。

  • 東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイト

    東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイト

    家族として一緒に暮らした動物たちとの別れはとても辛いものです。ここでは、病気の動物のための24時間体制の獣医師のネット相談サイトのご紹介や、各地の動物霊園のご紹介を通して、納得のいく霊園選びのための情報をお届けします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

    最近、永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。お墓を維持するのは難しいけれど、永代供養って費用が高いのでは?と考えている方も多いことと思います。今回はそんな永代供養の費用の相場をまとめました。あわせておすすめの墓地・霊園もご紹介します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    4
  • 人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

    都立霊園で人気の墓地霊園を8つランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、都立霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。都立霊園への申込の方法・流れ・手続きはもちろん、霊園の特徴やお墓の区分一覧まで全て解説しています。ぜひご覧ください。

    5

シェアする

関連する記事

「動物・埋葬」についてさらに知りたい方へ

大切な家族、動物が亡くなった時の埋葬方法は?のサムネイル画像

大切な家族、動物が亡くなった時の埋葬方法は?

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とはのサムネイル画像

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介のサムネイル画像

動物が亡くなった時に供養は何をすればいいの?事故時の対応も紹介

埋葬方法について 色々な埋葬方法まとめました!のサムネイル画像

埋葬方法について 色々な埋葬方法まとめました!

東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイトのサムネイル画像

東京・大阪・神戸・札幌の動物霊園、獣医師の相談サイト

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくらなの?内訳や料金が上下する理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

4
人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介のサムネイル画像

人気の都立霊園ランキング!申し込み方法や手続き・費用相場をご紹介

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと