管理の手間が少ない、永代供養の納骨堂を選ぶ方が増えています

突然ですが、皆さんは亡くなった親族の方の遺骨をどこに埋葬しますか?先祖代々のお墓に埋葬するという人が多いかと思います。しかし、ここ最近では永代供養の可能な納骨堂に埋葬する人も増えています。今回は永代供養できる納骨堂への埋葬について見ていきましょう。

最近増えている永代供養

人は誰もがいつかは必ず死を迎えます。
そして、亡くなった人は葬儀の後に火葬され、その骨はたいがい先祖代々のお墓に埋葬されるものです。

これまでは上記のように先祖代々のお墓か、もしくは無縁仏の場合は寺院の敷地に供養の後で墓を立てて埋められるというのが通例でした。

しかし、近年では状況は大きく変わってきています。
これまでのやり方に加えて、墓地にお墓を立てることすらやらない永代供養というやり方も出てきているのです。

永代供養は少子高齢化社会の到来とともに、子供がいないという人や一生独身の人が自分の死後にお墓の面倒を見てくれる見込みのない人、そして子供はいるが自分の死後にあまり迷惑をかけたくない人を中心に広まっています。

今回は、その永代供養とその場である納骨堂について見ていきましょう。

永代供養とは?普通のお墓との違い

納骨堂

最近増えている永代供養が可能な納骨堂。管理するのはすべて専門の業者やお寺がやってくれます。

まずは、永代供養というものについて説明していきましょう。
永代供養とは、文字の示す通り、永代、つまり長い年月にわたってお寺や専門の業者が供養するタイプの供養のことです。

もともとは子孫たちが先祖代々の墓を守り、供養を絶やさないことを意味していました。
が、近年ではお寺や専門の業者が故人の子孫たちに代わって故人を供養する代行サービスを意味する営業用語となっています。

永代供養が増えている背景

それでは、なぜ近年になって永代供養が増えているのでしょうか。
それにはいくつか理由がありますが、今回はそのうちの主なものを3つ紹介します。

管理者の不足

お墓 荒れた

子供がいないなどでお墓を守る人がいなくなると、写真のように荒れ果て、無縁墓という扱いになります。

最大の要因は、故人の子孫などといったお墓の管理者が不足していることです。

少子高齢化が言われて久しい日本社会ですが、その影響で子供のいない家庭が増えたり、また子供が独立して他の地域で暮らすようになり、故郷に帰ってくる当てがなくなったりするケースが増えています。

この結果、故郷の先祖代々のお墓を守る人が少なくなる事態に直面する家庭が増えました。
お墓を守り管理する人がいないと、当然ながらお墓そのものが荒れ、無縁墓になっていくためです。

霊園 お墓

お墓がお寺や霊園にあるというケースも少なくないため、これらのお墓が無縁墓になると、管理するお寺や霊園にとっても深刻な問題になります。

中には先祖代々のお墓がお寺や霊園にあるという人もいますが、お参りに来る人が絶えるとそのお寺や霊園の人にとって非常に不都合なことになります。

というのも、お寺や霊園にあるお墓の管理費はそのお寺や霊園が支払う義務があるためです。
このため、せっかく管理しているのに放置されているお墓というのは、お寺や霊園からしたら悩ましい問題となります。

このような問題を避けるために、生前から土地もお墓も必要のない永代供養で納骨堂に骨を納めるというやり方をとる人が増えているのです。

親族が全国各地に引っ越してしまう

特に地方で生まれ育った人は、地元の学校を卒業すると就職や進学を機に全国各地へと引っ越し、そのまま独立するケースが多くなります。

一度故郷とは別の土地で独立した場合、そのまま移り住んだ土地で定職に従事し、家族をつくる人が多い傾向です。

このため、故郷には時折帰ってくることはあっても、そのまま故郷に移り住むという人は少ないといえます。

その結果、親族が亡くなり先祖代々のお墓に入れたとしても、それを日常的に管理しようという人は多いとはいえません。

そのうえ、移り住んだ土地に新たにお墓を建てる人や、そこで永代供養ということで納骨堂に入れられるケースもあるため、なおさら故郷のお墓を守る人が少なくなりがちなのです。

都市部(東京など首都圏)における土地不足

実は大都市圏、特に首都圏の霊園の数は、お墓を建てる霊園を探す人に十分に供給できるほど多くはありません。

都市部でお墓を建てようという人は、多くの場合、わざわざ遠い故郷に帰って先祖代々のお墓を管理するのが難しいという人や都市部に定住して故郷に戻る見込みのない人などです。

しかし、近年では霊園の方が法規制や近隣住民との関係で新しく開園できないという事情があるため、お墓の敷地の空きがないうえ、今後も増えにくい見込みになっています。
従来の方法に代わる手段として、屋内の納骨堂への埋葬が注目され、増えているのはこのためです。

永代供養の納骨堂を紹介

以上の事情から、永代供養の可能な納骨堂を利用する人が増えています。
それでは、永代供養の納骨堂とは実際のところ、どのようなものなのでしょうか?

まず納骨堂は屋内にあるため、天候に関係なくお参りが可能です。
そして、納骨堂には仏壇式とロッカー式、自動搬送式の3種類があります。

仏壇式は、お墓の形に近く下の段に遺骨を納めるスペースが、上の段に仏壇がしつらえてあるものです。

ロッカー式は、ちょうどコインロッカーのように、同じ大きさのお壇が集合しているもの、そして自動搬送式は専用のタッチパネルなどで番号を入れれば遺骨が参拝口に運ばれてくるタイプを指します。

費用はどれくらい?

永代供養のための納骨堂を利用するといっても、やはりそのためのお金の心配が出てくるのは誰でもあり得ることです。
結論から言えば、普通にお墓に埋葬するよりもはるかに費用は安くなります。

というのも、まず土地代や墓石代がかかりません。
そのうえ、管理や供養は業者やお寺の方ですべてやってくれます。

実際にかかってくる費用は、永代供養や管理費込みで50万円から100万円が相場で、ロッカー式にいたっては安くて10万円ほどです。

ただ、実際にお墓を建てるなどした場合で100万円から300万円するため、この点では非常に安上がりといえます。

永代供養墓と納骨堂の違いは

永代供養墓

永代供養墓はお寺や霊園が管理する共同のお墓で、納骨堂に比べると無期限で利用できるうえ、管理や供養はお寺などがやってくれるというメリットがあります。

永代供養には納骨堂に納めるケースのほか、永代供養墓と呼ばれる共同のお墓に埋葬するケースもあります。

これは、お墓参りしたくてもできない人にかわって、墓を管理するお寺や霊園が管理や永代供養を引き受ける形式のお墓です。

納骨堂と違うのは、お寺や霊園にある永代供養墓は基本的に他の人の遺骨とともに埋葬する、いわゆる合葬であるため、遺骨を取り出したくてもできないという点が挙げられます。

ただし、納骨堂の方は納骨期間に上限がある一方で、こちらの永代供養墓にはそれがないため、遺骨の移動うんぬんで心を煩わせる必要がありません。

永代供養の納骨堂のまとめ

永代供養の納骨堂についていろいろみてきましたが、いかがでしたか?

故郷を離れたり、子供がいなかったりなどの事情で先祖代々のお墓を管理できない人を中心に増えている永代供養の納骨堂利用ですが、費用もそんなに掛からないうえ、管理や供養はすべてお寺などがやってくれます。

このため非常に便利であるため、今後とも増えていくことが予想されます。
簡便であっても、きちんと遺骨を埋葬したいという方は検討されてみると良いでしょう。

関連する記事

これらの記事も合わせて読んでください

ランキング

よく読まれている記事です

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト