葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト

管理の手間が少ない、永代供養の納骨堂を選ぶ方が増えています

突然ですが、皆さんは亡くなった親族の方の遺骨をどこに埋葬しますか?先祖代々のお墓に埋葬するという人が多いかと思います。しかし、ここ最近では永代供養の可能な納骨堂に埋葬する人も増えています。今回は永代供養できる納骨堂への埋葬について見ていきましょう。

最近増えている永代供養

人は誰もがいつかは必ず死を迎えます。
そして、亡くなった人は葬儀の後に火葬され、その骨はたいがい先祖代々のお墓に埋葬されるものです。

これまでは上記のように先祖代々のお墓か、もしくは無縁仏の場合は寺院の敷地に供養の後で墓を立てて埋められるというのが通例でした。

しかし、近年では状況は大きく変わってきています。
これまでのやり方に加えて、墓地にお墓を立てることすらやらない永代供養というやり方も出てきているのです。

永代供養は少子高齢化社会の到来とともに、子供がいないという人や一生独身の人が自分の死後にお墓の面倒を見てくれる見込みのない人、そして子供はいるが自分の死後にあまり迷惑をかけたくない人を中心に広まっています。

今回は、その永代供養とその場である納骨堂について見ていきましょう。

永代供養とは?普通のお墓との違い

納骨堂

まずは、永代供養というものについて説明していきましょう。
永代供養とは、文字の示す通り、永代、つまり長い年月にわたってお寺や専門の業者が供養するタイプの供養のことです。

もともとは子孫たちが先祖代々の墓を守り、供養を絶やさないことを意味していました。
が、近年ではお寺や専門の業者が故人の子孫たちに代わって故人を供養する代行サービスを意味する営業用語となっています。

永代供養が増えている背景

それでは、なぜ近年になって永代供養が増えているのでしょうか。
それにはいくつか理由がありますが、今回はそのうちの主なものを3つ紹介します。

管理者の不足

雑草

最大の要因は、故人の子孫などといったお墓の管理者が不足していることです。

少子高齢化が言われて久しい日本社会ですが、その影響で子供のいない家庭が増えたり、また子供が独立して他の地域で暮らすようになり、故郷に帰ってくる当てがなくなったりするケースが増えています。

この結果、故郷の先祖代々のお墓を守る人が少なくなる事態に直面する家庭が増えました。
お墓を守り管理する人がいないと、当然ながらお墓そのものが荒れ、無縁墓になっていくためです。

中には先祖代々のお墓がお寺や霊園にあるという人もいますが、お参りに来る人が絶えるとそのお寺や霊園の人にとって非常に不都合なことになります。

というのも、お寺や霊園にあるお墓の管理費はそのお寺や霊園が支払う義務があるためです。
このため、せっかく管理しているのに放置されているお墓というのは、お寺や霊園からしたら悩ましい問題となります。

このような問題を避けるために、生前から土地もお墓も必要のない永代供養で納骨堂に骨を納めるというやり方をとる人が増えているのです。

親族が全国各地に引っ越してしまう

特に地方で生まれ育った人は、地元の学校を卒業すると就職や進学を機に全国各地へと引っ越し、そのまま独立するケースが多くなります。

一度故郷とは別の土地で独立した場合、そのまま移り住んだ土地で定職に従事し、家族をつくる人が多い傾向です。

このため、故郷には時折帰ってくることはあっても、そのまま故郷に移り住むという人は少ないといえます。

その結果、親族が亡くなり先祖代々のお墓に入れたとしても、それを日常的に管理しようという人は多いとはいえません。

そのうえ、移り住んだ土地に新たにお墓を建てる人や、そこで永代供養ということで納骨堂に入れられるケースもあるため、なおさら故郷のお墓を守る人が少なくなりがちなのです。

都市部(東京など首都圏)における土地不足

実は大都市圏、特に首都圏の霊園の数は、お墓を建てる霊園を探す人に十分に供給できるほど多くはありません。

都市部でお墓を建てようという人は、多くの場合、わざわざ遠い故郷に帰って先祖代々のお墓を管理するのが難しいという人や都市部に定住して故郷に戻る見込みのない人などです。

しかし、近年では霊園の方が法規制や近隣住民との関係で新しく開園できないという事情があるため、お墓の敷地の空きがないうえ、今後も増えにくい見込みになっています。
従来の方法に代わる手段として、屋内の納骨堂への埋葬が注目され、増えているのはこのためです。

永代供養の納骨堂を紹介

以上の事情から、永代供養の可能な納骨堂を利用する人が増えています。
それでは、永代供養の納骨堂とは実際のところ、どのようなものなのでしょうか?

まず納骨堂は屋内にあるため、天候に関係なくお参りが可能です。
そして、納骨堂には仏壇式とロッカー式、自動搬送式の3種類があります。

仏壇式は、お墓の形に近く下の段に遺骨を納めるスペースが、上の段に仏壇がしつらえてあるものです。

ロッカー式は、ちょうどコインロッカーのように、同じ大きさのお壇が集合しているもの、そして自動搬送式は専用のタッチパネルなどで番号を入れれば遺骨が参拝口に運ばれてくるタイプを指します。

費用はどれくらい?

永代供養のための納骨堂を利用するといっても、やはりそのためのお金の心配が出てくるのは誰でもあり得ることです。
結論から言えば、普通にお墓に埋葬するよりもはるかに費用は安くなります。

というのも、まず土地代や墓石代がかかりません。
そのうえ、管理や供養は業者やお寺の方ですべてやってくれます。

実際にかかってくる費用は、永代供養や管理費込みで50万円から100万円が相場で、ロッカー式にいたっては安くて10万円ほどです。

ただ、実際にお墓を建てるなどした場合で100万円から300万円するため、この点では非常に安上がりといえます。

永代供養墓と納骨堂の違いは

お墓

永代供養には納骨堂に納めるケースのほか、永代供養墓と呼ばれる共同のお墓に埋葬するケースもあります。

これは、お墓参りしたくてもできない人にかわって、墓を管理するお寺や霊園が管理や永代供養を引き受ける形式のお墓です。

納骨堂と違うのは、お寺や霊園にある永代供養墓は基本的に他の人の遺骨とともに埋葬する、いわゆる合葬であるため、遺骨を取り出したくてもできないという点が挙げられます。

ただし、納骨堂の方は納骨期間に上限がある一方で、こちらの永代供養墓にはそれがないため、遺骨の移動うんぬんで心を煩わせる必要がありません。

永代供養の納骨堂のまとめ

永代供養の納骨堂についていろいろみてきましたが、いかがでしたか?

故郷を離れたり、子供がいなかったりなどの事情で先祖代々のお墓を管理できない人を中心に増えている永代供養の納骨堂利用ですが、費用もそんなに掛からないうえ、管理や供養はすべてお寺などがやってくれます。

このため非常に便利であるため、今後とも増えていくことが予想されます。
簡便であっても、きちんと遺骨を埋葬したいという方は検討されてみると良いでしょう。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。

終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家のページはこちらから

「納骨堂・永代供養」に関連する記事

「納骨堂・永代供養」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「納骨堂・永代供養」に関連する記事

「納骨堂・永代供養」についてさらに知りたい方へ

様々な供養の形が広がりを見せる昨今、納骨堂や永代供養という言葉が注目を集めています。納骨堂と永代供養とは一体どういうものなのでしょうか。この記事では、納骨堂と永代供養の違いや納骨堂で行うことのできる永代供養についてご紹介していきます。のサムネイル画像

納骨堂と永代供養の違いとは?納骨堂でできる永代供養があるの?

お墓を選ぶ基準は何でしょうか?
近年では、一般的なお墓とは違い「納骨堂」や「永代供養墓」など、ご遺族の方に負担が少ない選択肢を選ぶ人が増えています。
それでは、どのお墓を選べば良いのでしょう?
ここでは、納骨堂と永代供養墓の違いや、それぞれの特徴を解説します。のサムネイル画像

納骨堂と永代供養墓の違いについてわかりやすく解説します!

最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

最近よく耳にする「永代供養」とは何でしょう?終活を考える上で避けて通れないのはお墓のことです。けれども、お墓を購入するのも維持するのにもお金がかかるし、大変ですよね。そこで行き着くのが永代供養です。今回は永代供養とはどんなものなのかを説明します。のサムネイル画像

永代供養とは何でしょう?気になる疑問を解説します!

独身でいることでお墓のことに不安を感じている人もいるのではないでしょうか。
お墓がある人でも承継者がいない、お墓がない人は自分でお墓を建てるのかと不安を感じている人に最適なのが永代供養です。 
ここでは、独身の方でも安心な永代供養について解説していきます。のサムネイル画像

永代供養は独身でもできるの?独身に永代供養が向いている理由とは

ランキング

よく読まれている記事です

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。のサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
終活では、お墓のことについて考えている方も多くいらっしゃいます。
それは費用であったり、納骨場所であったり様々ですが、お墓にも色々な形態があり、お寺の納骨堂もそのひとつです。
お寺の納骨堂の費用は?特徴は?など知っておいた方が良いことがここにあります。のサムネイル画像

お寺の納骨堂について費用や特徴などを解説します

3
お盆のお墓参りへは、いつ行けば良いの?
「そもそもお盆とはいつ?」という基本的な疑問から、お墓参りの際に役立つ様々な情報まで、お盆のお墓参りに関することを1つずつ解説していきます。
お盆の時期に慌てる事がないように、ぜひ最後までご覧ください。のサムネイル画像

お盆のお墓参りに行くべき時期はいつ?その他お参りの方法も解説!

4
終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備など、いろいろと疑問や要望も出てくると思います。ここでは、霊園・墓地の種類や違い、費用、申し込み方法などについて説明していきます。ぜひ最後までお読みください。のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜|葬儀・お墓・仏壇・介護・相続・保険など終活の情報を発信する記事サイト