故人とともに過ごす、納骨用のペンダントを紹介します

納骨ペンダントとは、亡くなられた大切な方の遺骨をペンダントに密封して身につけるものを言います。手元供養ができる納骨ペンダントは、いつでも一緒にいられる気持ちを持つことができ、家族・ペットの新しい供養方法の一つです。

故人を手元で供養しましょう

愛する者の遺品を身につけたり、写真を見て偲ぶこと、それは故人と同じ時を過ごした時間を忘れない事です。そして感謝の気持ちを表すことでもあります。
納骨ペンダントは、残されたものが偲ぶ想いを大切にできる物です。

納骨ペンダントとは?

手元供養をすることで、故人を忘れないようにできる逸品です。
ペンダントの中に、わずかな遺骨を納骨できるようになっています。
物によっては、遺骨を加工してペンダントにするタイプもあります。

ペンダントは、完全密封型と、納骨する場所をネジで止めるタイプがあります。
使用していると、ネジが緩むことも考えられます。
アフターフォローがしっかりしたお店で購入をしましょう。

分骨して少し手元に

納骨ペンダントは、ごく少量の遺骨でペンダントにすることができます。
お墓埋葬や本山納骨をする前に、少しだけ取り出しておきます。
遺骨を納められた骨壺から少量取出し、手元供養用にすることは違法ではありません。

火葬場で納骨ペンダント用に貰う

葬儀をする時に、火葬場で拾骨した残りを用意したケースに分けてもらうこともできます。
火葬場では、骨壺に収まりきらなかった遺骨を処分してもらう形を自動的にとっています。
「分けてください」と言えば、少量なら用意したケースに入れることも可能です。

少量の遺骨をどうするの?

納骨ペンダントは、わずかな量の遺骨を砕いて粉上にしてペンダント内部に納骨します。
小さなかけらであれば、ペンダント内にそのまま収まる場合もあります。
後はしっかりとネジで止めましょう。

手元供養は良くないこと?

手元供養は良くないという意見を聞きますね。
何故そのような考え方があるのか、ご説明致します。

手元に置くと成仏できない?

仏教のお釈迦様の聖骨は、世界に多数分骨されています。
お釈迦様は成仏できていないのでしょうか?それは違いますよね。
手元に置くことで成仏できないというのは、迷信にすぎません。

風水では、遺骨は良くないエネルギー?

風水で造花などは、生気がなく、良くないエネルギーと言った考え方をします。
では、遺骨はどうなのでしょうか?

家族やペットは、死後に守護となる考え方

宗教では、残した家族や飼い主を守護する存在となると言います。
従って遺骨を置くことで、良くないエネルギーを家に撒き散らすという事はありません。
もし遺骨があることで、気分的に不快になるのであれば、納骨されることをお勧めします。

自分と接触のなかった動物の骨・はく製

時々、動物の標本として骨や、はく製を飾ることがあります。
これは風水上、あまりお勧めできないと言います。
理由は、殺生があったことにより、製品化された物の可能性が高いからです。

遺骨を入れるペンダント紹介

遺骨を入れるペンダントには、いろいろな名称があります。
登録商標の品もあります。

納骨ペンダントの名前

カロートペンダントは、未来創想の登録商標の名前です。
従って、現在は別名で納骨ペンダントが多数出ています。
遺骨ペンダント、納骨ペンダント、メモリアルペンダント、ソウルペンダントなどがあります。

HOUSWEETY ステンレス製 大容量 メモリアル ペンダント ネックレス リングデザイン (シンプル)
HOUSWEETY ステンレス製 大容量 メモリアル ペンダント ネックレス リングデザイン (シンプル)

商品価格4150円

遺骨を入れて手元供養することができます。
可愛らしい色の物があり、オシャレですね。

この商品を購入
◇特別価格!!◇【ドイツ MERZ社】 シルバーカロートペンダント (母子カメオ)
◇特別価格!!◇【ドイツ MERZ社】 シルバーカロートペンダント (母子カメオ)

商品価格19800円

カメオのデザインとなっているカロートペンダントです。誰が見ても遺骨ペンダントと、はわからない洗礼されたものが多くあります。

この商品を購入
遺骨ペンダント・アワーグラス(シルバー925・刻印できます)
遺骨ペンダント・アワーグラス(シルバー925・刻印できます)

商品価格24840円

砂時計スタイルで、遺灰が見えるタイプです。
密封されると、遺骨が見えなくて寂しい方には、おすすめです。

この商品を購入

金属アレルギーを起こしにくいもの

納骨ペンダントは、素材にも拘っています。
大切な人の遺骨を入れるので、頑丈な素材、高級素材など考えられています。
また、金属アレルギーの方に優しい素材もあります。

素材は、ゴールド、プラチナ、シルバー、ステンレスが多く出回っています。

ペット用のものも

納骨ペンダントは、ペット用の物を多くあります。
いつもそばで、癒しを与えてくれた大切なペット。
簡単に忘れることもできないでしょう。

愛犬、愛猫の写真を入れられるタイプ

ペット用納骨ペンダントは、犬、猫用と分けられたかわいいデザインが多くあります。
ロケットペンダントトップに、写真を入れることもでき、いつでも身近にいるような気持ちになれます。

納骨用ペンダントのまとめ

手元供養は、残されたものの心を癒してくれます。
納骨ペンダントも、いつでも一緒にいる気持ちを抱きながら、また、故人がきっと見守ってくれる祖大きな存在にもなることでしょう。

納骨ペンダントで、手元供養をしてみませんか?
きっと、心が落ち着き、故人も喜んでくれることでしょう。
忘れてはいけない、大切な存在のために…。

関連する記事

これらの記事も合わせて読んでください

ランキング

よく読まれている記事です

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト